一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手は頑張ってたのに、政府は何やってんだ?

松尾芭蕉は「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」と詠みましたが、オリンピックも閉幕し、「ロンドンや つわものどもが夢の跡」といったところでしょうか。

テレビ観戦に没頭していた人々は、今頃は寝不足のツケで、会社や居間で「夢の中」かもw

終わってしまえばメダルの数の事なんか忘れ去られてしまうでしょうが、この度、私が痛感したのはコーチや監督など指導者の重要性ですかね。
ついでに審判員の質の重要性も。

シンクロナイズドスイミングの過去数年の成績を見て、しみじみ思ったわ&ムカついた。

シンクロ

井村監督が、どんな理由からかは知らねぇが、中国チームの監督になってから、日本の成績はガタガタ落ち、一方中国の方はメキメキ上昇。
自国に尽くすことを放棄してまで、外国、しかもライバルor敵対国ともいえる中国の指導を選ぶってどーゆーこと?
国際親善?友好のかけ橋になりたい?・・・けっ、笑っちゃうよ。お金?

くり1
     おニューのクールマックスをよく見ていただけるスタイル
     にしました。ペンギンです。

選手の入れ替わりもあるけど、女子サッカーやバレーは、監督の交代後すごく強くなったと思う。

一方、高橋尚子さんは小出監督から独立して、独自の練習を始めてからあっというまに(言い方は悪いけど)落ち目になった。
今回は、水泳の北島選手もコーチ無しで、独自の方法でトレーニングした結果・・・。
そして、その北島選手の元コーチに新たに師事した寺川綾さんは、28歳にして記録を伸ばしメダル獲得。

ある程度の経験をもち、それなりの成績を残すと、自分自身の力でやってみたくなる気持ちはよくわかるけど・・・やはり「餅は餅屋」。
競技する人と指導する人は、分業制の方がいいのかもしれない。

さらに競技と指導と家庭までもがごちゃごちゃに入り混じってる浜口京子さんは・・・あのオヤジから離れない限り、もうダメな気がする。
あれじゃオンとオフもなさそうだ。

ローズ1
     「おか~さんは僕の事をデブだと言います・・」

ローズ2
     「首も尾の付け根も同じ太さで寸胴だって・・ぐすん」

しっかし!腹立つのは・・・なんなのさ、あの韓国の男子サッカー選手は!?
「独島(竹島)は我々の領土」と書かれたプラカード掲げて・・・観客に渡されたらしいが、それに応じたってことはお前も同罪だ!
当然規約違反で、メダルはく奪等の処分がなされるらしいが。

そんなところへ、韓国大統領が竹島訪問。

日本政府は、直前まで知らなかったのか? 密偵もいないのよね、どうせ。
政府がしたのは、せいぜい大使を呼び戻したくらいで、あとはお得意の「遺憾である」発言。
遺憾なのはあんたら政府の対応だ!
メドベージェフが北方領土に行った時も「遺憾である」。
バカの一つ覚えかよww

さらに追い打ちをかけるように、今度はアメリカ大統領選のロムニー共和党候補が「我々は日本ではない。10年あるいは1世紀にわたる衰退と苦難に陥っている国にはならない」だって。
メドベージェフも「日本が何を言おうと、どうとも思わない」とか言ってたよな?
おまけに15日には香港・台湾などの団体が、尖閣諸島に着いちゃうのよ!どうすんのさ!?

民主党って「なめられるのがお好き」? M体質か!?

BB1
     「僕はアスリートです!キリリ」 うそばっか。

BB2
     「この脚を見てください!」  膝のあたりが
     人間っぽいのよねぇ。大粒の鳥肌がたった人の脚w

・・・あ、あら、オリンピックが国粋主義者みたいな話に・・w
しかし、政府の奴らには、次回の五輪誘致やら内輪もめなんかに時間を割くんじゃなくて、世界からコケにされない政治をしてもらわないと困るのよっ!

くり2
     「あの人たちに言ってもねぇ・・・遺憾に思うだけでしょ」

さて、話をオリンピックに戻しますと・・・会場の外では相変わらず戦争や天災、不況、貧困が渦巻き、「な~にが平和の祭典だ!」ってな人も多いんじゃないかって気がするけど・・・私もちょっと思う。
競技はいいんだけど、開会式は国史ミュージカル、閉会式はディスコ大会と化すのはなんで?なんのため?
そーゆーの、金の無駄だし、派手すぎて時間長すぎて、なんだかかえって興醒め。
なんて思うのは私だけか? 歪んでてスイマセンw

くり3
     「スイマセンなんて思っちゃいないくせに♪」ウホホw

それに、本チャンのオリンピックはずっと生中継があるのに、パラリンピックとなると、ほとんど中継なし。結果すら新聞にしか載らなかったり。
バリアフリーとか言いながら、メディアの不公平さにはムカつく。
視聴率取れないから? 韓国ドラマばっかり放送してんじゃねぇよ!

私はパラリンピックこそ“驚異のスポーツ(アスリート)の祭典”だと思う。
目の見えない人や足の無い人等々が、なんであんなプレーができるのか・・・生じゃなくてもいいから、ぜひ沢山放送してもらいたいものだ。


では本日の「福」。
今朝早く、とても珍しい出来事が。
ツノガエル
3匹が一斉にウンコしました。
こんな事は飼いはじめて初めてです。何かのお告げでしょうか・・・「福」ならいいのですが。

それにしても、べるぴーが去年から急にデカくなった。
もんちゃんの半分くらいだったのに・・・3年たっても成長中?
スポンサーサイト

テーマ:ロンドン五輪 - ジャンル:スポーツ

キレイ事には裏がある。

新聞にでっかく載っていた・・・

広告

この広告。
「どこぞの“組”の人材募集か?」(最近人手不足らしい)と思いましたw
とても元野球選手とは思えない、妙な迫力(特に右のヒト)と日サロで焼いたような黒光りするお肌・・・怖すぎw

さて、フィギュアスケートシーズンも終わり、国民の関心は夏のロンドン五輪に向かうのでしょうか。
水泳・平泳ぎの北島選手、29歳とはいえ、素晴らしい泳ぎでした・・・が、本番には「魔物が潜む」と言われるので、どうなることやら。

くり&BB1
     「おまえも何かパフォーマンスしてみろよ」
     回し車を回せるようになったB.B.、態度がデカくなった。

サッカーやマラソン代表も決まり、だんだん盛り上がってきたのに・・・嫌な記事を読んでしまった。

北京五輪の時も、会場を作るために住民の強制移住が問題になったけど、あれは「中国だからな」と思ってました。
が、ロンドンでも同じことが起きてる。

ロンドン東部のイーストエンド(テムズ川北岸地域で、17世紀頃から貧しい移民が過酷な労働者生活をしていた場所。かの有名な“切り裂きジャック”事件もここで起きた)が、その対象地区。
そのあたりの公団住宅は五輪会場候補地にあったので、市に強制収用され、約450世帯の住民は周辺にバラバラに安っぽい住居をあてがわれ、コミュニティーは崩壊。
その仮住まいたるや、カビだらけのアパートで、そのうえ、そこで暮らすには月に約6500円も生活費が余分にかかり、捻出に苦労する人々・・・彼らの暮らしの変化にマスコミや市民の関心は集まらなかった。

くり&BB2
     「ホレホレ♪」
     「仕方ないなぁ・・とっておきの秘技だからね!」

ロンドン五輪は、確か「倹約型」が売りだったはずだが?
なのに、開会式の入場券は最高2000ポンド(約26,000円?)もするし、地元民には家賃半年分をつぎ込んでも買えない高額チケットも。

立ち退きを強いられた人々の言葉は、北京の人々と同じだ。
「巨額のテレビ放映権や再開発事業など、近年の五輪は巨大企業のために存在する。地元住民は何の利益も享受できない・・」

さらに五輪スタジアム入り口付近には、昨年欧州最大級の宝石や高級衣料店がひしめくショッピングセンター(ウェストフィールド・ストラトフォードシティー)がオープンしたため、近くの商店街にはつぶれる店も目立ち始めたそうだ。

また、イギリスと言えばナショナル・トラストの本家。
それが生態系を守る湿地帯にまで補助練習場が建てられ、市民からもかなり批判の声があがったらしい。

くり&BB3
     「よーーーし・・・気合を入れて・・」
     ぎっくり腰には気を付けてくださいよ!

年々ド派手になる五輪の開会式や閉会式、高騰するチケット代、会場設営にまつわる暗い裏話・・・五輪って、平和の祭典じゃなかったっけ?
どこの国でも、裏では同じような悲劇が起きているのだろうか?

スポーツは大好きだけど、(やり過ぎ感のある)お祭り騒ぎは大嫌いな私にとって、残念ながら五輪の魅力は回を追うごとに薄れていくのも事実・・・。

[広告] VPS

     「そりゃ~~~~~っ!!」(R指定・・・かもw) 


では本日の「福」。
文句ばっかり言ってるので、たまには「ほ」が必要だ。
ほ
ぽそぽそのシフォンケーキにゆるゆるのクリーム入り。
安っぽい味が痛い胃と腰、くしゃみのしすぎでこりこりの首筋に安らぎを与えるw

&本日の「不福(服)」!
昨日の亀田兄のタイトル防衛戦・・・なんじゃありゃ?
ワタクシ、何を隠そう熱烈な亀田ファンなのですが、昨夜の試合にはいささか不満爆発。
あれで防衛なのか? 審判団の八百長かよ~・・・なんだかなぁ。

テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

ガッツポーズは武士道にそぐわない?

大相撲の春場所も終わり、また外国人大関が一人増えた。
何をしとるんだ、日本男子は・・・。

ま、私の相撲への関心は朝青龍の引退と共に消えたので、どーでもいいのだが。

高校野球も、今回は地元が出ていないからどーでもいいし・・・Jリーグも、海外サッカー観てると「なんだかなぁ・・」って感じだし・・・むしろなでしこジャパンの方がアグレッシブで“学習力も高く”面白い。

ローズ
     春眠暁を覚えず。
     脱力系寝相組ローズ。手が赤ちゃんみたい♪

ツイ
     水苔シェルターの中で眠りこけるツイ。

ところで、スポーツでもなんでも、喜びや達成感を「図らずも体現してしまう」動作が“ガッツポーズ”だと思う。
ガッツポーズが出る瞬間って、プレーをした選手と客席やテレビで見ている観客の気持ちが一つに、「やった!」という気持ちになった時ではないかと思うのだが・・・なぜか日本では、これをすると、一部のお偉いさんや形式ばった人々から白い目で見られ、スポーツマンシップやら品格やらを問われるものがある。

朝青龍で問題になった相撲、それに高校野球でも結構うるさいらしい。
プロ野球では楽天のマー君の雄叫び&ガッツポーズにもクレームが付けられた。

サッカーでは、シュートしたら変なダンス踊ってもいいのにねぇ・・・なんだかなぁ。
サッカーの他に、水泳や卓球、テニス、ゴルフ、体操、陸上・・たしか柔道でもガッツポーズに文句言う人はいないと思うけど?
なぜに相撲と高校野球??

相撲なんかさ・・・ガッツポーズ以前に、あのお尻丸出しの姿に品格を問いたいような気がしなくもないw

BB
     無理な寝相組 B.B. リュージュですか?

アラ
     とっても無理な寝相 アラ。
     最近胴が太ったのか、通り抜けが厳しくなったようだ。

そういえば、イチローがあるテレビ番組で、こんな持論を披露したそうだ。
「ヘッドスライディングは美しくない。自分の必死さを相手に知られてしまうから。」
そして第2回WBC決勝戦での最後のヒットを振り返り、「あの打席は野球人生で最も大きな恐怖を味わった。ヒットが出たことは、めちゃめちゃうれしかったが、ここでガッツポーズをすれば敵に胸の内を悟られてしまう。だからベンチの仲間も見なかった。」

いかにも彼らしい美学。
「武士は食わねど高楊枝」ってところですかね。
考える前に思わず出てしまうのがガッツポーズなのに、それを意思の力で封じ込めるのは容易なことではなかろう。

アラ&BB
     そろそろタケノコの季節。
     背比べ?で張り合う二人、B.B.(左)とアラ。

しかし・・・実は私もこのタイプだったりするかも。
人間以外の生物に対しては素直に感情表現できるのに、相手が人間、こと身内となると(他人には愛想がいいw)なぜかイチロー化してしまう。
身内に武士道魂(単に愛想がないだけ)を見せつけて何の意味があるのか、自分でも理解に苦しむのだが・・・まぁ少々、子供の頃におかれた環境によるところはあるかもしれない。

最近ガッツポーズをしたのは・・・
 ・拒食してたもんちゃんが砂肝を食べた時
 ・べるぴーがウンコした時
 ・くりに口輪なしでうまく目薬をさせた時
 ・ラムズホーンがサンゴ砂の床材で活発に動くようになった時
 ・ブラシの木の根っこにいたコガネムシの幼虫を発見し、排除した時

・・・私の人生って・・・。

ラムズホーン
     新体操のリボンのようなウンコをするラムズホーン。
     まさに芸術♪


本日の「福」。
ムショ~に甘酒が飲みたくなって、スーパーで買ってみた。
私は麹の甘酒は苦手なので、酒粕のやつ。
甘酒1
全然塩気が足りん!
塩をバサッと足したら、それなりに旨くなった♪
甘酒2
しかし・・・甘酒を「清涼飲料水」と書かれると、なんだか味気ないような・・ノンアルコールだと全部清涼飲料水なの?








テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

キレイ事ばかりじゃどんな社会も成り立たない。

あぁ・・・これも私を喜ばせるための“八百長”だったらいいのに・・・。

くり1 
     萌え萌え today also.

そしてこっちは、夢まぼろしであったらいいのに・・・。

杉
     発射オーライ。たわわに実った?杉花粉。

もー、明けても暮れても八百長八百長。
何を今更・・・と思うけど、文章としてメールにそのまんま残っていると、やっぱ生々しいね。

相撲の八百長なんて、子供の頃からプロレスの八百長と同じくらいしょっちゅう耳にしていたよ。
横綱・ウルフ千代の富士が、あんな小さな体で勝ち続けられるわけがないって、父がよくブー垂れていたっけ。

国技だかなんだか、しかつめらしく言ってるけど、元々“興行”と名のつくものは単なる見世物。
歌舞伎だって、伝統や格式があるのは認めるけど、やっぱり興行。

興行は“裏の世界”とか“闇社会”とのつながりがあって当たり前、それがあるから成り立っているようなもの・・・な~んて思っちゃうんだけどね。
キレイ事言っても、必要悪は世の中に絶対存在するのだ。
八百長が必要悪とは言わないけど・・・「浜の真砂は尽きるとも 世に悪の種は尽きまじ」なのさ~。

しかし、麻薬に賭博に暴力事件、そこへ息つく暇もなく八百長証拠・・・これはさすがにイタイw

くり2
     歩いてても走ってても、私を見る目は熱く・・w

サッカーなどでも引退後の生活が不安視されているように、スポーツ界って束の間の花形時代と落ちぶれた・・いや、第一線を離れた時の生活環境の格差がありすぎるんだよね。
相撲でも、十両と幕下では天と地ほどの差がある。

給与
     こんなに給料が違う~。

幕下は、本場所手当てとして2ヶ月に1度、1場所15万円が支給されるだけなんだってさ。
これじゃ妻子を持つ力士が生活できるはずもなく、独身者だってかなり厳しい。

一方、十両以上になれば、2、3人の付き人に個室も与えられ、風呂や食事の順番も優先され、立派な大銀杏を結いきれいな化粧まわしを締めて土俵入りし、取り組みでも好きな色の絹のまわしを締めて相撲を取れる。

幕内から幕下まで落ちた事のある元関取の言葉は、しみじみ現実味を感じる。
「まわし1本を包んだ風呂敷を持ち、1人で場所入りする惨めさは二度と味わいたくないと思った。」

惨めさを味わいたくなければもっと稽古しろー!・・とは言っても、怪我したり、各々限界ってモノもあるし・・・。
プロスポーツは厳しくて当然だろうけど、この待遇の差は、少なからず八百長を助長しているような気もする。

くり3
     焦点の定まらない薄笑い・・・。

芸能界やモデル業界など華やかに見える世界ほど、第一線から転落した時の悲惨さは大きいというけど、いくら格式だの伝統だのといっても、現実をもう少し考えてやらなければ相撲界も変われないんじゃないだろうか。
以前、プロ野球の選手会が古田敦也選手会長のもとで待遇改善を訴え、反旗を翻したことがあったけど、あれはアメリカ由来のスポーツだからできたのかな?
いろんな意味で旧態依然とした日本の伝統社会の中では、下の者が上の者に物申すなんて「もってのほか」だという風潮が残っているような・・・。
どうせ理事会のお偉いさんは、それなりの地位にいた人ばかりなんでしょうしね。

春場所休止は決まったものの・・・さて、その後どうなることやら相撲界。

くり4
     ついに2足歩行w “萌え”はなんでも可能にする!?

ちなみに八百長って言葉・・・
明治初め、相撲会所(今の日本相撲協会)に出入りしながら相撲茶屋も経営していた根本長造という八百屋が、当時伊勢ノ海親方に取り入りたいと思っており、親方の囲碁好きに目を付けて、わざと負けて機嫌をとったのが「八百長」の始まりと言われているそうな。



では本日の「福」。
しばらくぶりに、懐かしい(ってほどでもないけど)友に会ってお茶した♪
一昨年バツ一になり、早くも来月には違う姓になって身2つになるという“やり手”(笑)
色々苦労もした彼女、幸せになって欲しい。
友人の出産は「くやしい」ような気がした頃もあったけど、ようやく心から祝福できる心境になった・・・って、年取ったってことか!?

くり5
アンタにも産んで欲しかったよ!
脚上げてシッコしろとは教えていないっ!この犬は自分の中でオスメスを臨機応変に使い分けてるw

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

あ~~れ~~~っ、勝っちゃったー!!

まさかとは思いましたが、デンマーク戦・・・

くり
     「勝っちゃったねー♪」

うぱ
     「天国から応援していた甲斐がありました♪」うぱ、久し振り!

イモリ
     「ばんざ~~~い!!」 ホールドアップみたいだけどw

もんちゃん
     「まさか3点も取るとは・・・。」

うめ
     「もういっちょ、かましたれーー!」

かめ
     「僕が生きてる間に勝って欲しかったよ~」 
     せんちゃん、ホントだね。

アフ
     「あ~~めでたいめでたいw」 
     どすこいどすこい・・の間違いでは?

ジーン
     「オメデトウ、Fuck'nじゃぱ~~ん♪」 どうもw

牡丹
     「万歳万歳ばんざ~~~い!!」     

べるぴー
     「決勝戦まで行くぞーーー!!!」 それは・・w


岡ちゃん、さんざんボロクソに言ってごめんなさいっ!
ニッポンにもストライカーはいました。


本日の「福」。
とりあえず、第1関門突破!
サッカー
生で観た甲斐がありました。

テーマ:2010年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。