一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月31日(日)  センティナリアン・・・絶対ムリ。

昨夜は「saver busy」とかで、さっぱりつながらず、あきらめました。
どのくらいの人が利用すると「忙しい状態」になるんでしょうね?

8月もいよいよ今日で終わり。
この1週間、クソ暑かったり、涼しすぎたり、土砂降りになったり・・・もう心身ともに萎え萎えで、自律神経が波打ち、ハラヒレホレ~~なとんがりねずみでございます。
オリンピックが終わって、気が抜けたせいもあるかと。

くり1
     「ただの年のせいなんじゃないの~?」 あんたに言われたくない!

そんな時、生気がよみがえりそうな本の紹介を新聞で見つけました。
『百寿百語ー生き方上手の生活法』(海竜社)。著者は私の母校・某大学の前坂俊之教授でした。

現在、日本人の平均寿命は男=80歳、女=85歳。
100歳以上も約32,000人もいるそうで。
ちょっとがんばりゃ、みんな「百歳人=センティナリアン」になれるわけですよ。
ちなみに90歳はノナジェナリアンというそうです。横文字だとオサレですね~。

ま・・・この数字にはベッドで呼吸しているだけの人も含まれているとは思いますが。

全国の夏バテバテバテで、やる気萎え萎え萎え~な方々のために、彼らのすばらしい名言を一部ご紹介。

せんちゃん
     「鶴は千年、亀は万年といいますが、すごいサバ読みですよね。」
     まぁあなたは縁起物なんですから、そういわずに。

木彫家・平櫛田中(ひらくしでんちゅう  107歳)
「60、70はなたれ小僧、男盛りは百から百から。今やらねばいつできる、わしがやらねば、だれがやる。」

京都清水寺元貫主・大西良慶(107歳)
「ゆっくりしいや。ほっといたって、人間いつか死によるんやから、死ぬことなんか考えてないの!」
彼の長寿の秘訣は「よく食べ、よく眠り、よく働く」ことだそうです。

国文学者・物集高量(もずめたかかず 106歳)
「恋ってのは長生きするには一番いいものですよ。」
彼は100歳過ぎて36人目の恋人(26歳)との恋愛を謳歌したしたそうで。

女性解放運動家・加藤シズエ(104歳)
「1日に10回は感謝するの。感謝は、感動、健康、幸せの源なのよ。
 昼寝はダメです。」

べるぴー
     「昼寝がダメな理由がわかりません。」 ・・・私も。
     って、あんたら、昼間も夜も寝てんだか起きてんだかわかんないんだけど。

真珠王・御木本幸吉(96歳)
「食を選んで大食せず、うまいものなら二箸残し、胃腸と一緒に寝る。」

植物学者・牧野富太郎(94歳)
「わが姿、たとえ翁と見ゆるとも、心はいつも花の真盛り。」

いかがでしょう?
多くの人の共通点は、①食事は粗食で腹八分、②したいことをする、③楽観的で前向き、ということらしいです。

あまりにもハッとさせられるようなスバラシイ言葉ばかりで・・・どれひとつ実践できそうもない私、いつお陀仏になっても不思議じゃないような気がしてきました・・・。
読まないほうがよかったのか・・・。

くり2
     「どうせすぐ忘れちゃうくせに・・・ふぁぁぁ・・・。」

とは言え、心身とも萎えた時に、彼らの言葉を思い出せば、多少なりとも生気が沸いてくるかもしれませんね。

これらの中で私が気に入ったのは、清水寺の大西貫主の言葉ですかね。

私の「好きな言葉帳」に書き留めることにします。


では本日の「福」。
言葉帳
好きな言葉、心に残った言葉を書きとめた「言葉帳」。今日はしみじみこれを読み返します。
名言と言っても、まったく正反対のことを示唆しているものもあるんだけど・・・その辺が人間の多様性を反映していて、面白くもあります。
ノートがダサいって? 中学の時からノートはキャンパスって決めてるんだ!

スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

8月29日(金)  白馬と黄ばんだくりと・・・冥福を祈る。

馬とは、なんという美しい生き物なのでしょう。

それを改めてしみじみと感じたのは、映画『シービスケット』を観たときです。
ちなみに私のめったに乗らないママチャリは、なぜか「ビスケット」という車銘。暴走可。

シービスケット
    しばらく競馬本読み漁りましたが、1銭も賭けずじまい。
    賭け事は、やはりパチンコか花札。

小学校の低学年の時、馬術を扱った少女漫画があって、それを読んでからずーっと馬、とりわけ馬場馬術に憧れていました。

さらに当時の同級生が、なんと自宅で馬を飼っていた!(農耕馬じゃないですよ!)
少し郊外ではあったけど、普通の住宅街で馬が飼えるなんて・・・しかもお父さんは、毎朝馬に乗って散歩していたそうだ。

なので、馬なんて飼育場所さえあれば、そこらでも簡単に飼えるものだと思っていたわけですよ。
ま、彼女のお父さんは社長さんでしたが。(金も必要だ・・なんて子供は考えないのだ)

初めて馬に乗ったときは、そりゃもう天にも昇る気持ちでした。
ヨボヨボの引退馬だったので、暴れん坊将軍みたいパッパカパッパカ駆けることはできませんでしたが。

馬の鼻を馬草でくすぐって、ものすごいくしゃみをされ、頭からたっぷりとよだれを浴びるという珍事も経験しました。(会社の慰安旅行で)

くり1
     「そういうの、“馬+鹿”な人って言うんだよー。」

一昨日、教育テレビで、(たしか)リピッツァというオーストリアの馬の話をやっていました。
王家にも愛された、由緒正しき、しかも非常に貴重な種である白馬です。

オリンピックでは中継がなかったので残念ですが、馬場馬術に適した馬だそうで、競走馬みたいに猪突猛進するのではなく、難しい足踏みとか、列を組んで鼓笛隊のドリル演奏みたいな動きをします。
一体どうやって調教するのか、ヒジョーに興味をそそられましたね。

馬場1
     これ、舞踏会の広間じゃなくて馬場ですよ。シャンデリアって・・・。

馬場2
     首を持ち上げる角度までそろってます~。

馬場3
     白というより銀白色。でも生まれた時は真っ黒。

白馬というと、王子様・・ではなく、ここ数年で「白馬=北の将軍様」というイメージが脳裏に刷り込まれてしまいましたが、やはり白馬というのはこの上なくロマンチックで美しい生き物だと思います。

キムジョンイル
     ええい!おまえは馬なんぞにのるなっ!!

暴れん坊将軍
     こっちの将軍様なら許せます。

白馬・・・金正日、ペガサス、王子様、オスカル、暴れん坊将軍、スキー場・・・思いを馳せるものはいろいろとありますが。
上の二つをあわせると、こんなことになるらしい。

将軍
     かなりピンボケですが・・・北の暴れん坊将軍様。

ま、なんですね、白馬の美しさをしみじみと味わえた番組でしたが・・・ふと横を見たら、つくづく思いましたよ。
くりは黄ばんでいると

くり2
     なんちゅう格好してるんじゃ!


昨日書こうと思ったのですが、さすがに凹んでしまい、書けませんでした。
今日は「福」ではなく「冥福」を祈りたいと思います。
し~ちゃん1
昨日の朝、ペパーミントツノガエルの師走こと、し~ちゃんが私の元から旅立ちました。
原因はよくわかりません。
1週間前、餌を食べた直後に突然舌が出たままになってしまい、ずっとその状態が続いていました。
元気はあったのですが、やはり口を開いて舌を出したままでいるなんて・・・さぞかし辛かったことだろうと思います。

旅立つ前の晩、突然私の方に向かってバシャバシャ暴れだし、何かをアピールしているようでした。
今思えば、最後のお別れを私に告げていたのかもしれません。
ところが翌朝みると、舌は口の中に収まり、いつもの可愛い顔に戻っていました。
きれいなお顔で逝ってくれたことが、せめてもの救いです。

し~ちゃん2
     去年12月にうちに来たときは、こんなにちっちゃかったの。

なにしろ初めて飼ったカエルだったので、愛着もひとしおでした。
ぐぇ~ぐぇ~と明け方鳴いてくれた時は、楽しくて毎朝耳をすませて鳴くのを待っていたり。
10数gだったのが、もうすぐ100g越えそうだったのに・・・なにもしてあげられなくて、ホントにごめんね。
私にカエルの可愛らしさ、面白さ、そしてはかなさを教えてくれてありがとう。
忘れないよ、し~ちゃん。

テーマ:日記 - ジャンル:ペット

8月27日(水)  五輪後にイスラムテロを語る。

五輪終了と共に、期間中は隅っこに追いやられていた感のあるイスラム問題が、再び新聞やテレビのトップを飾ることに・・・。

アフガニスタンでは、また武装組織による日本人誘拐事件。
こともあろうに、わが静岡県出身のNGOボランティアの方が犠牲に。なんてこった。

くり1
     天高く“くり”肥ゆる秋・・・。

五輪期間中は、意外にもウイグル地区でも大きな事件は起きなかったけど、さてこれからどうなることか。(わくわく♪・・・う、うそです。でもちょっとホント。)

イスラム教徒って、もともとは平和的な人々で、彼らの独特な生活規範(1日5回メッカに向かって祈るとか、偶像礼拝しないとか、豚を食べないとか、酒を飲まないとか、女は肌を出さないとか・・)を侵害されない限り、どんな宗教、民族の人たちともうまく共存しているそうです。
その生活スタイルを脅かされることで、怒りに満ちた過激派が生まれちゃうのね。

くり2
     無人販売も秋一色=ナスばっかり。

ウイグル族のイスラム社会に進出してきた中国人は、カラフルな仏像に家族の繁栄を祈願し、毎日豚を食らい、酒を飲み、旧正月には爆竹鳴らして大騒ぎをし、チャイナドレスには大きなスリットが入っている。

イスラム教徒から見たら、これは確実に地獄に堕ちる生活なわけよ。

無神論者の私が客観的に考察するところ、イスラム教こそ、一番まじめで質素な宗教(女性には厳しいけど)って気がしますよ。

無神論者などと言ってるくせに、ワタクシ、妖しげで摩訶不思議な宗教グッズには目がないので、家中、世界各地の八百よろずの神々グッズが氾濫してますが。

仏画
     チベット密教の修行僧が描いた仏画。直筆よ!

クロスのピアスして手首に念珠巻いてるような私、まちがいなくテロの標的となり、地獄行きでしょうな。わはは~♪サイテーだ。

しかし何ですな、中華民族、とりわけ漢民族ってのは欲の深い連中ですな。
自国の経済発展のためなら、埋蔵資源目当てに自治区であるはずのチベットやウイグルにまで欲の手を伸ばし、そこで穏やかに暮らしていた仏教徒やイスラム教徒の世界をも漢民族の汚い足で踏みにじる・・・いい死に方しませんよ。

でもその目覚しい発展のおかげで、原油消費量の激増→原油の国際価格の急騰→イスラム産油国の経済的躍進→イスラムテロ組織への潤沢な資金供給→テロの増加・・・こういうの、自らまいた種って言うんじゃないですか?

くり3
     コニシキソウに自家製有機液肥を散布する3秒前。

他の民族や異なるの価値観との共存なんて、ハナクソほども考えない漢民族・・・いずれ己で己の首を絞めることになるのは必定。
とはいえ、漢民族でも普通に善良に暮らしている一般人まで巻き添えになるのはお気の毒ですよ。

各地で起こる宗教紛争、何でも拝んじゃう日本人には到底理解不能。
いっそ地球上から宗教なんて厄介なものがなくなっちゃえば、少しは平和になるんじゃないですかね。

哲学だけで十分じゃないですか。
ただ、中国や北朝鮮の共産党哲学は迷惑千万ですが。

べるぴー
     「何を言いたいのか、わかってるの?」・・・全然わかりません。

こんな話になるはずじゃなかったんですが・・・疲労困憊。バタリ。


こんな日はゆるいおやつで和もう。本日の「福」。
東京バナナ
一度食べてみたいと思っていた「東京ばな奈」、だんなに買ってきてもらいました。
バナナクリームのほんわかしたカホリが和みます。
・・・って、私の胃のムカムカはさっぱりなおりませ~~ん。ヘルプ・ミー!

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

8月26日(火)  五輪の名残。

私のオリンピックは男子マラソンで終了した(男子バレーボールの決勝は観たけど)ので、閉会式は翌日のワイドショーでチラッと見ただけですが、まぁ相変わらず“やらせ感”たっぷりの演出で、最後まで中華民族の意地(?)を貫きましたね。

閉会式
     胡錦涛さんの言う“中華民族”って少数民族も含まれるんですか?

開会式に現れた少数民族の子供たちだって、実はニセモノで漢民族の子だってばれちゃったのに、閉会式にも懲りずに出してくるあたり、たいしたもんですよ。
だから日本は中国に勝てないんだ!(なんのこっちゃ)

テレビには映らなかったけど、プレスセンターのある五輪公園一帯はフェンスに囲まれ、装甲車や地対空ミサイルまで配備されて、すごい物々しさだったそうですね。
幸い大会中は使用されずに済んだけど、今後、オリンピックの蚊帳の外だった人々の不平不満が一気に爆発しないか・・・ちょっと心配。

イチジク
     イチジクの木に赤いリボンがいっぱい結んでありました。
     一体何のまじないですかね?黄色いリボンならわかるけど。

オリンピックのために家や畑を強制収用された人々や、この建設工事に駆り出され、工事終了後にはあっさりポイされちゃった人々・・・「犠牲と我慢に支えられた五輪」だと、誰かが言ってました。

それにデモがひとつも起きない五輪は初めてだと、ロゲ会長が言ってましたよ。
(国家当局が厳重に禁止したらしい)

良くも悪くも強大な国家権力がまんまとまとめ上げ、無事閉会式までこぎつけたのだから、、結果的には成功と言うことになるのでしょうか。

せみ
     2日ぶりに散歩に出たら・・・
     ファイナル・カウントダウンのクマゼミ。よく頑張りました。

けむし
     一方では、意気揚々と桜の木を徘徊する毛虫。
     知らぬ間に移ろいゆく季節・・・。

閉会式には出ずに帰国した星野JAPAN、宮本主将が「韓国との差は“思いの差”だった」言ってたけど、その通りだよね。今頃感じても遅いんだよっ!!
あんたら、最初からペナントレースの方が気になって「思い半分」だったんだろ?
ソフトボールの上野投手は、3試合の過酷な連投を「気持ちで負けない自信があった。気持ちで投げた」と言ってましたよ。カッチョエエ♪

まー今の日本には、一体感とか挙国一致の気運なんてぜ~んぜんないもん。
特に若い年代は良くない意味でクールだったり。
私も若いからクール。

もんちゃん
     「うそこけ。」

ジャマイカでは、首相が「ボルト記念日」をつくり国民の休日にするって、マジで言ってるそうじゃないですか。
日本も国民栄誉賞なんて曖昧なものじゃなくて「五輪北島の日」でも制定し、その日は国を挙げてメンチカツを食べる・・な~んてどうですかね?

くり
     「鰻はムリだけど、メンチカツならうちでも食べられるよね。」
     ムリじゃありませんよっ、鰻だって!(汗)

次はロンドン。
時差の関係でテレビ観戦は厳しいものになりそうだなぁ。

ロンドン五輪の予算は約2兆円で、北京の半分以下・・・それで「大人の演出」を目指すそうです。
緊縮予算を「大人の演出」なんて表現すること自体、なかなか大人です♪

ベッカム
     閉会式にはデヴィッド・ベッカムも登場したんですね。
     火野正平かと思った・・・。

シンプルな五輪セレモニー、いいじゃないですか。I like it much more.


わかる人にしかわからない本日の「福」。
肉球
高温多湿だと、ひときわ引き立つ肉球の芳醇なカホリ♪
「うほ~~、くせぇ!」と言いつつ、何度も嗅ぎたくなる。アブナイアブナイ・・・。


テーマ:北京五輪 - ジャンル:スポーツ

8月24日(日)  私の夏が終わった・・・。

朝からバケツひっくり返したような土砂降りです。

くり1
     「この雨がおか~さんのオリンピック熱を冷ましてくれるよ。」  
     そうかもしれません・・・。

私の中ではオリンピックの締めくくりであった男子マラソン、残念ながら日本はまた一人棄権ということになりましたが、優勝したケニアのワンジルさんは日本が育てたランナーだそうですね。
日本語ペラペラじゃないですか。

日本の2選手は(予想通り)入賞ならずでしたが、まぁ日本にゆかりのある人が金メダルを取ったということは喜ばしいことです。

マラソン
     液晶画面て、デジカメでもきれいに撮れるんですね~。

昨日はシンクロナイズドスイミングのチーム・フリールーティーンでしたが、1984年以来初めて日本はメダルを失う結果に。

でも外国を強くしちゃったのは、日本人じゃないですか!
日本の上に立った中国、スペインといった国は、コーチに日本人を迎えた後、急激に力をつけたそうですよ。

中国の井村コーチは前回の五輪まで日本を指導していたのに、中国に引き抜かれ(カッコいい言い訳してましたが)、「(中国の)選手たちの夢だった舞台でメダルを取らせてあげられてよかった」って・・・あんた、中国に帰化すれば?・・・って言いたくもなるじゃないですか。

井村
     あんたの真意は何だ? ムカつくぜ。

スペインのコーチも日本人で、技術指導を依頼されたとか・・・で、芸術性に優れたスペインに足りなかった技術力が加わり、一気に強くなっちゃったわけさ。

いい指導者をホイホイ放出しちゃう日本もお人よしと言うか、おバカというか・・・。

男子サッカー決勝のアルゼンチン対ナイジェリア戦、正午キックオフという過酷な条件下であの白熱したゲーム。
お互い勝利への情熱がぶつかり合い、こういうのが一流のサッカーなんだなぁとしみじみ思いましたよ。

前半の給水タイムにも、彼らは水の飲み方とか、どこに水をかければ効率よく疲労を回復させられるかを熟知しているんですね。
給水後の動きが一気によくなったのには驚きました。

もんちゃん1
     たっぷり給水し、もんちゃん玉子焼きのできあがり♪

日本のサッカーは・・・まだまだお子様レベルなのかも。

野球の決勝、韓国がキューバを破っちゃってさー!金メダルだってさー!
これでサッカーも野球も、韓国の方が上にいっちゃったわけ?
「テーハミング!」の大合唱が頭の中でこだましてるぜ。
あーーーーーーー悔しい!
あーーーーーーー情けない!


くり2
     「おか~さん、愛国心なんかかけらもないくせに。」
     4年に1度くらいは芽生えてくるのよっ! ただの闘争心かも。

ま・・・・文句言いたいことも色々あるけど、選手の皆さん、勝った人も勝てなかった人も、この舞台に立つまでの努力には大いなる敬意を表したいと思います。

ただ!
誰とは言いませんがね、ろくな成績もおさめられなかったくせに、「楽しめたからよかったです」なんちゅー発言はやめていただきたい。
我々国民は血税を注いであんたらを戦いの場に送り出しているのであって、万国博覧会に遊びに行かせているわけではない!

せめて「くやしい」の一言を加えていただきたい。

もんちゃん2
     「あんまり言うと嫌な女だと思われるよ。」
     4年に1度くらい言わせてください! って4日に1度くらい言ってるけど。

これで私の暑かった・・いや熱かった夏も終わった気がします。
当分抜け殻生活に入りますよ・・・。


過ぎてみれば夢の如し。本日の「福」。
五輪
勇気も希望も夢ももらわなかったけど、感動はたっぷりといただきました。 
猛暑を吹き飛ばす熱戦の余韻・・・思い出すとなんだか切なくもあり、寂しくもあり・・・。



 

テーマ:北京五輪 - ジャンル:スポーツ

8月23日(土)  色々あるけど・・・あと1日。

まだまだ熱戦で盛り上がるオリンピックですが・・・世界各地では、いまなお「北京なんか関係ねぇ!」とばかりに痛ましい戦いが続いているようで、悲しいことです。
パキスタンではまた自爆テロで多くの死者が出、チベットでも中国当局がチベット系住民に発砲し、こちらも100人を超える死者が出ているとか。
グルジアでも、撤退するといったロシア軍が居座り、解決のメドも立たず・・・。

オリンピックなんて、地球規模でみたら、ごくごく小さな「人工的平和の世界」なんだな~・・・と痛感してしまいます。

べるぴー
     「ここも人工的な世界だ・・・。」
     何言ってるんですか、人工的な生まれのくせに。

さて、人工的でも何でも明日まではオリンピックで引っ張りますよ。

今終わった野球に関しては、ノーコメント。
心の整理をつけてからでないと、罵詈雑言を書き連ねそうなので。
「よくやった」と言ってやりたいけど・・・昨日の負けっぷりも考えると・・・うぐぐ・・ノーコメントッ!!

では気を取り直して・・・。
昨日はちょっと珍しい競技を堪能しましたよ。
今回から正式種目になったと言うBMX。
これ、バカ面白いっすね。

スノボやスケボーのXゲーム自転車版て感じで。
日本は男子が一人出場していたらしいですが、欧米ではかなりメジャーなスポーツなんですね。

私がもう少し若くて、腰が悪くなかったら、ぜひやってみたいところです。

くり
     「おか~さん、ゴーカートでもコースアウトでクラッシュするくらいだから、
      すぐあの世行きだよ・・・。」 ・・・そ、そうかしら。

競歩もマジで見たのは初めてです。
日本男子の山崎さん、50km競歩で7位入賞だそうで、おめでとうございます。

しかし・・・なんつーか不思議な競技ですねぇ。
こう言っちゃ失礼ですが、あの腰をくねくねさせる独特な歩き方、なんとも奇妙と言うか滑稽と言うか・・・走りゃいいじゃん!って言いたくなりますが、選手の皆さんは、何でこの競技をやろうと思ったんですかね?
普段うっかり会社の廊下とかで、あの歩き方しちゃったりしないんでしょうか?

かめ1
     先日いただいた大きな桃を、カメたちにもおすそ分け。
     初体験の桃、いかがですか?

50kmも歩くのに、マラソンと違って同じ直線コースを24往復って・・・なんちゅー退屈な。
そんなぐるぐる歩きを3時間半から4時間も続けるなんて・・・彼らの忍耐力には敬服いたします。
何考えて歩いてんだろ?

トラック競技もそうだけど、ぐるぐる回るレースって、人間の場合はなんでみんな反時計回りなんでしょう?
競馬は逆回りもあるんだから、人間だって逆回りもやってみればいいのに。
左利きと右利きで、何らかの差が出る可能性ありそうじゃない?

あ、さらにですね、この競歩を見たおかげではじめて“あるもの”を見つけましたよ。
腹出しタンクトップ姿の男子選手。
ただ女子みたいにピッタリとしたものじゃなく、ランニングシャツちょん切ったみたいだったんで、かえってビンボー臭さをかもし出していましたがね。

かめ2
     「甘くて美味しいですぅ♪ またお願いします♪」

雨の土曜日、だんなだけ東京へ遊びに行きやがりました。
罵詈雑言は、星野と彼のためにためておくことにしますよ。
     

では本日の「福」。陸上競技に日の丸が!
リレー
男子400mリレー、日本チームが“見事にラッキーな”銅メダル!
アメリカが出ていたらビミョーだけど、ま、運も実力のうちですし。
朝原さん、数年前、静岡での競技会を見に行った時ドタキャンしやがったのでムカつきましたが、36歳の激走はカッチョエかったですよ。



テーマ:北京五輪 - ジャンル:スポーツ

8月22日(金)  涼しいけど、今日も燃えてます!

今日の涼しさは何なんですか?
猛暑続きでもまいるけど、突然こんなに涼しくなられても、自律神経のほうが対応できないので困るんですよね。
・・・ま、一番困ったことは、暑いの寒いのと文句ばかり言うような年になってしまったことですか。

くり1
     暑くても寒くても、すこやかに眠れる人がうらやましい。

今日も懲りずにオリンピックですが、その前に私事で申し訳ありませんが、この場をお借りして、本日“チワワ界の怪食ボルト”こと我が家のくりが、めでたく7歳の誕生日を迎えたことをご報告させていただきます。
幸いにもこれまで病気ひとつせず、スクスクスクスク・・と育ってくれたことに感謝しております。

我が家では誕生日だからと言って特別なご飯とか犬用ケーキとかを用意してもらえるわけではなく、せいぜいいつもよりワイルドなおやつ(鶏のトサカとか羊の耳とか・・)が用意される程度なんですが・・・今年は何にもないんですよ、許せよ、くり。

くり2
     犬が自分の誕生日を認識していないことはありがたいです。
     7歳の朝の他犬のシッコのニオイは格別かね?

昨夜はくり6歳最後の夜を演出するかのような、ソフトボールの大金星!
いや~興奮しましたね。
6回の一死満塁の時はどうなることかとキモを冷やしましたが、さすがエース大野、冷静な配球でみごとな試合運び。

この4年間「打倒アメリカ」一筋でやってきたそうですが、あのユニフォームにはちょっとした秘密があったんですね。
素材がどうのっていうんじゃなく、ベルトのないズボンを採用したそうです。
ベルトがあると、アメリカ対策で磨きをかけた変化球を投げる際に、右ひじ内側がベルトに当たって支障が出るからだそうで。

ソフトボール
     豪快に笑った白い歯がすがすがしいですね。
     やはりスポーツマンも歯が命。

チーム一丸となって勝ちとった悲願の金メダル、心から祝福したいと思いますよ。

一方、女子サッカー、やはりドイツの前には力尽きましたね。
でもこれで、日本女子も世界と戦えることは証明できたわけですから、次につながることでしょう。

GOGO!なでしこJAPAN!

サッカー
     なんだか・・・カンフーのような、少林サッカーのような場面・・。

陸上競技は、またまたハプニングが。

なんとトラックの最後を飾る400mリレーで、アメリカが男女共にバトンを落とすなんちゅーつまらんミスで予選敗退。
やはり魔物の仕業ですかね。

短距離を征したのは男女ともジャマイカだし、今回のオリンピック陸上は妙にアメリカの陰が薄かったように思いますが。

べるぴー
     「サブプライム問題が足を引っ張ったんだよ。」
     べるぴー、説得力のある分析ですね。後ろのもんちゃんが不気味。

気がつけば、オリンピックも残すところ後2日・・・。
閉会式とかセレモニー的なものにはまったく興味がないので、賞味1日半ですか。
燃え尽き症候群になる選手もいるだろうけど、私がそうなることは想像に難くないです。

燃え尽きる前に、しておくことは・・・掃除か。


本日の「福」。
くり3
そりゃこれでしょ、ニッポンソフトボール世界一!ばんざ~~~~い!!!
ついでにくりよ、ハッピバ~スデ~イ!! 



テーマ:北京五輪 - ジャンル:スポーツ

8月21日(木)  パニクってるけど、まだまだがんばる私。

今日こそ頭と体を休めようと思ったんだけど、4年に1度くらい自分に負荷をかけないと、アホウになるかもしれないし、ちょっと一筆いくことにしました。

昨夜のソフトボール、ああいうのを見ごたえのある試合というのですね。
他チャンネルで野球やってるのなんか、すっかり忘れてました。

延長12回、3時間半近くに及ぶ大熱戦、勝ったから良かったものの、このゲーム落としてたら・・・いやはやオーストラリアチームの心中いかばかりか・・・。

くり1
     「きっとカンガルーの腹ポケットに入りたい気分だよ。」
     ・・・なんでだ?

しかしオーストラリア戦の数時間前にはもう1戦こなしてるんだよね。
オーストラリアとて同じ条件だけど、エース上野さん、26歳の働き盛り(?)とはいえ2試合連投で計318球も投げたそうじゃないですか!
最後まで制球の乱れも球威も衰えも見せず・・・・すげーすげーすげー!!

上野さんいわく、「こういうことは慣れてるし、集中してるから疲れは感じない」ってへー然と言ってたけど、・・・おい、聞いたか?プロのベースボールマンよ?女のパワー、どんだけ~!?

ま、オーストラリアの投手も連投らしいけど、彼女36歳だとか。恐るべし。

くり2
     「おか~さん、ほんとは150歳くらいじゃないの?」 ・・・そうかも。

陸上競技では本日のメインイベント、男子200m決勝、万民の期待を裏切らない素晴らしいパフォーマンスでしたね。
ウサイン・ボルトさん、19秒30の見事な世界新記録。

1996年にアトランタでマイケル・ジョンソン(米)が出した19秒32は「不朽の大記録」と言われていたけど、ボルトにかかりゃ、そんなの関係ねぇ♪みたいな快走・・いやあれは怪走だな。

ボルト
    ”2163”のカーナンバーとか電話番号とか、人気でるかな?

マイケル・ジョンソンも、ボルトのことを「スーパーマン2だ」(100mが「スーパーマン1」?)とたまげていたよ。

この200m決勝で、はじめて彼が「最後までまじめに走る」姿を見たような。
これからもそうやってゴールライン切るまで、全力疾走でお願いしますよ。

まだ若干21歳の彼、更なる記録更新を期待したい。

くり3
     あんたはなんでも超高速で完食だな。チワワ界の怪食ボルトか。

日本の陸上陣は・・・残念ながらかなりわびしいことになってますな。
しょっぱなで、一番期待を背負っていた女子マラソンがあんなことになったのが、その後の日本陸上の行方を示唆していたかのようだわ。

私も陸上競技をやっていた時期があるので、「予選落ち」という言葉の響き・・・イヤですね~。
無念と言うより、惨めだった気分がよみがえりますよ。

くり4
     「で、おか~さん、メダル持ってんの?」 
     5年間で銅ひとつですが、何か? ほっといて。

実は今日は朝から突発的事件がありまして・・・私がパニクってて、ブログ書くような気分じゃないんですけど、たまには己に試練を与えようとオリンピック終わるまでがんばります。
事件についてはまた折をみて・・・。


では本日の「福」。日本のおんなの底力を見たぜ!
ソフトボール
まだ決勝があるけど、なんだかこの試合を征したことが誇りに思えますよ。
今回でソフトボールは五輪競技から外れるのは残念ですね。

ア~ンド京都からお土産が♪
みやげ
すぐ売り切れちゃって入手困難なんだって?あじゃりもち。


テーマ:北京オリンピック - ジャンル:スポーツ

8月20日(水)  グデグデだけど今日も五輪。

昨日の「福」、爽やかなルリマツリの花くらいじゃ私のオリンピック熱は下がりきらなかったので、今日もいきますよ。もう息も絶え絶えだけど。

いやいや日本の男子レスリング、そんなに強かったなんて初耳です。
1952年のヘルシンキ五輪以来、14大会連続でメダル取っているそうじゃないですか。
知らなかった私が非常識ですかね?

何だか女子ばかりが話題になるので、今大会も男子が出場していることすら知りませんでした。
すいません。

しかも55kg級で銀メダルに輝いた松永選手は、私の住む市のお隣の市出身だそうで。
Oh,my God!

くり1
     灯台下暗し・・です。
     うちの車、実はすごいエコcarでしたよ。エコは足から。(は?)

闘志むき出しのレスラーが多い中、彼はその闘志を内に秘め、黙々と顔色一つ変えず戦うタイプ。
さすが、寺の次男坊。
色即是空の境地を体得してるんですね。(なんのこっちゃ)

日々感動的に繰り広げられるアスリートたちのドラマの裏で、スポンサー企業の間では早くも経済効果をめぐる闘いが始まっているようですね。

水泳で8冠達成のフェルプス選手なんか、各国企業から広告契約の申し入れが殺到し、彼の代理人は金メダル8個の価値を「(彼の)一生で1億ドル(約110億円)を下らない」と皮算用しているとか。

すでに数社と年間300万~500万ドルのスポンサー契約を結んだそうです。
水泳みたいにあまりテレビに露出しないスポーツで、この金額は破格らしいですよ。

ちなみにゴルフのタイガー・ウッズは年間推定1億ドルだって・・・年間よっ!!
パンツや靴下は使い捨てですか~?

くり2
     「父ちゃんの年収の何倍?」 ・・・聞くな。

一方、ハードルで無念の棄権となった劉翔選手は、アテネで金を取って以来、コカコーラやナイキ、中国のコンピューターや電話会社のCMに起用され、国民的英雄となっていたけど、マーケティングの専門家によれば、今回のことで彼の広告的価値は激減したとか。

コカコーラ社は彼の起用を継続する方針らしいけど・・・人間の「広告的価値」って何よ?

劉翔
     あ、あら、よく見たら結構イケメン♪

選手本人の知らないところで、勝手に自分の金銭的価値を決められ、それによって祭り上げられたり、ボロ雑巾さながらにポイされたり・・・。

くり3
     「私だって犬的金銭価値は結構なものだったわよ、当時は。」
     アイ○ルの不祥事のおかげで随分人気も値段も下がったわねぇ。

芸能人ならまぁいたしかたないことだけど、プロ以外のスポーツ選手がそんなことで精神的ダメージを受けるのはホントお気の毒。
もしかしたら金の卵かもしれない逸材を潰してしまうかもしれないのに。

ひょっとしたことで有名になると、知らぬ間に本人にはたいしたメリットもない(ある人もいるかもしれないけど)社会経済のサイクルに取り込まれ、人生の歯車を狂わされてしまう・・・なんだか空恐ろしいわ。

くり4
     「おか~さんも何か一発デカいことして、うちの経済に貢献したら?」
     今の時代それはペットの仕事なんだよ! 無芸大食は不経済なだけじゃ!

スポーツでも何でも、人より抜きん出てしまうと、色々と厄介なこともありますな。


では本日の「福」。地元のヒーローにエールを!
松永
松永選手、銀メダルとは言え、ホール勝ちで昨年の世界王者を破っての決勝進出、GOOD JOBです♪
これで引退し、コーチになるため留学するとか。良い後輩を育ててください。お疲れ様。

     

テーマ:北京オリンピック全般 - ジャンル:スポーツ

8月19日(火)  やっぱり魔物はいるのか?

「加油」と書いて中国語で「がんばれ」という意味だそうですが、最近、料理で鍋に油を注ぐたびに「がんばっている」ような気分になるとんがりねずみでございます。

アラレ
     「バッカじゃないの?」 フン、根性悪いわね、相変わらず。
     モロヘイヤを貪り食うアラレ(♀)。目つきも悪いですよ。

女子サッカー、やはりアメリカはそう易々とは落ちませんでしたね。さすがランキング1位。

なんでも早い時間帯に日本が先制してしまったのがまずかったとか。
それでアメリカを早々と本気モードにさせてしまったらしいですよ。

ただダメもととは言え、ゲーム終了間際に1点ぶち込んだのはいい根性です。
4-1で負けるのと4-2とでは、かなり印象が違うように感じますし。
男子ならきっと4-1のまま終わっていたことでしょう。

次のドイツは、体もでかいし、相手をなぎ倒してドリブル突破していくような野蛮な、ド迫力のチームらしいけど・・・健闘を祈ろうではありませんか。

サッカー
     足だけ見ると、男か女かわかりませんな。

あ、そういや、スタジアムに黄色いTシャツの中国人軍団が続々と入っていきましたが、彼らは国家によって編成された「応援隊」だそうで。
友好ムード演出の一環でしょうか。

だけど、大勢で同じ色の服を着て応援するのを禁じたのはあんたらじゃないのかね?
鳴り物もダメって言ってたけど、水泳場で太鼓叩いてたのは中国の人でしたが。
そういうのを日本語で「自分のことは棚に上げる」って言うですよ。

し~ちゃん
     「某国の美女応援団は来ないのかい?」
     さぁ見かけませんねぇ。経費削減じゃないですか。

陸上競技では、また大波乱が。
男子110mハードルで、中国一番の希望の星・劉翔さんが1回目の(他の人の)フライング後、アキレス腱の痛みでまさかの棄権。

アジア人で初めて陸上短距離競技で金メダルを取り2連覇を狙う彼、自国開催ということもあるし、本人の意気込みも国民の期待も並々ならぬものだったでしょう。

オリンピックには魔物が棲んでいる・・と言われますが、ホント何が起こるかわかりませんねぇ。

べるぴー
     「マモノが足に吸い付いたのか?」 魔物はヒルかよ?

6,7年前からの古傷らしいけど・・・こういう事態はマラソンでも他の競技でもそう珍しいことじゃないですよね。
誰が一番口惜しい思いをしているかって・・・そりゃ4年間、この日のために苦しい練習を積んできた選手本人でしょう。
そりゃサポート陣だって、彼に注いだエネルギーとマネーが水泡に帰すわけだから、なんともいえない気持ちだろうけど。

しかしだ。外野に彼をなじる資格があるのか?
中国のインターネット上に大量に集まったのは、「走れなくてもゴールまで歩け!」「中国人の恥だ!」などど、惨酷な罵声ばかりだったそうですよ。

このオリンピック、裏話も色々と出始めているけど・・・こんなの、国家規模での個人に対するネット上のイジメじゃないの。

うぱ
     「そういう事する人たちが自国の民度を下げてるんですよね。」
     
そのような輩は、ワタクシが大鍋に放り込んでラー油で炒めてやるざんすよ!
恥を知りなさいっ!!


では本日の「福」。ちょっとここんところ過熱気味なので・・・
ルリマツリ
涼しげなルリマツリの花でも見て、心を鎮めます。
この猛暑の中、すがすがしすぎるほど爽やかに咲いておりますよ。





テーマ:北京五輪 - ジャンル:スポーツ

8月18日(月)  年なんか関係ねぇ!女はたくましい!

いやはや昨日も腹筋に力が入る1日でした。

63kg級の伊調馨さんはアテネに続き見事な2連覇。
72kg級の浜口京子さんも再び銅メダル。
アテネ以後の長い不調を克服し、30歳で大復活の表彰台、スバラシイ!

くり1
     「これを観るために水泳訓練を午前中で切り上げたんだね?」
     ピンポ~~ン♪

私、心がささくれた人間なので、マスコミがストーリーに仕立てたがる感動のファミリー根性物語ってかなり引いてしまうんですが、伊調姉妹と浜口親子に限り許すっ!

しかし・・・アニマル家、実は父さんより母さんの方が豪傑らしいですね。
応援振りも、アニマルさんは固まってたけど、母さんは立ち上がってぎゃんぎゃんすごかった。

リアルキアイダー
     いまだにこの空き缶、捨てられません・・・。

すごい注目されてメダルだメダルだと騒がれていた卓球は、男女共に表彰台ならず。
ま、こんなことになるんじゃないかと、わたしゃ思ってましたが。

ハンマー投げの室伏さん、ホントに残念でした。
やはり腰痛が災いしたんですかね。
でもお父さんは41歳まで現役だったらしいし、彼にもまだまだ頑張って欲しいです。鉄人34歳。

せんちゃん
     「おか~さんは室伏とダルビッシュ、どっちがタイプなんですか?」
     もちろん室伏よっ! でもあの肩じゃショルダーバッグは落ちちゃうわ。

何の競技でも、故障を抱えて頑張っている選手はいるけど、マラソンみたいに長丁場の競技はやはりキビシイですねぇ。
土佐にしても野口にしても高橋にしても、皆ギリギリのところまで練習するから、本番にきっちりピークを合わせられるか、疲労が出てしまうか・・・賭けみたいなところもあるのかな。

足を引きずりながらもゴールしたラドクリフさんのド根性、リッパです。
しかし、優勝したルーマニアのトメスクさん、13歳の息子がいるシングルマザーで、38歳だってー!?
すげー!すげー!すげー!

トメスク
     この無駄のない引き締まったボディ。年齢不詳の肉体美、サイコー!

ヌデレバさんだってそんなに若くないけど、ゴール前のラストスパート、なんじゃありゃ。
解説者が「エンジンが違います」って言ってたけど、まさにその通り。
スーパーチャージャー、ターボ突き。

パワーだけじゃなく駆け引きも重要なマラソンは、やはり若さより経験がモノを言うんですね。

38歳もすごいけど、水泳女子50m自由形やリレーで3つも銀メダルを取ったアメリカのトーレスさんは、41歳ですってよっ!
一昨年長女を出産してカムバック。
女はすごい!母は強い!

もう感動と興奮と驚きで鼻血が出そうですよ、プハー!

41歳に圧倒され、(私の中では)フェルプスさんの8冠達成が霞んでしまいましたよ。

水泳で出た25の世界新記録中、23はレーザーレーサー着用の選手だそうですが、マジすごい水着なんですねぇ。

くり2
     ぜひくりにも着せてみたいものです。はぎれで作ってくれないかしら。

陸上の100mは男女ともジャマイカ天国。
ジャマイカつーと、ガリガリ体型でドレッドヘアのラスタマンがヘ~ラヘラとレゲエ歌っているイメージなんですが・・・違う人種ですか?ってほど、たくましくパワフルで。恐れ入りました。

でも決勝なのに、ゴール前でわき見して流しているあたり、やっぱジャマイカ~ンですね~。
最後までまじめに走れば、9.5秒台が出たはずだと言われてますが。
ま、そこが彼ららしくて微笑ましくもあり。

ジャマイカ
     私の中のジャマイカ。「楽しきゃいいじゃ~~ん♪」

もう話は尽きないので終わりします。
私のゲリンピックは閉幕したんですが、腹筋使いすぎたせいか、胃のムカムカが再開しました。
オリンピックの聖火が消える時、自分も消えそうで心配です。


では本日の「福」。
伊調
天才といわれている伊調馨さん、お姉さんが引退をほのめかしてるからって、一緒にやめないでくださいよ~。
2連覇、ばんざ~い!!
浜口さんも銅メダルだけど、ばんざ~い!
これで女子レスリング陣は全員メダル。すげーすげー!







テーマ:北京オリンピック全般 - ジャンル:スポーツ

8月17日(日)  強い女と泳ぐ犬が好き♪

昨日は午前中から疲れました。
何って・・・女子レスリングの観戦で。

ボクシングやプロレスは冷静に観られるんだけど、なぜか女子レスリングだけは妙に体に力が入っちゃって・・・私が腹筋硬くしてどうする?って感じです。

48kg級の伊調千春さん、はじめの3戦であんなに体力使わなければ、金メダルもイケたかもしれないのに・・・残念でした。とは言え、アテネに続き銀ですから大したもんです。
小柄なのに、容姿も声もコメントも凛々しくて、女にしておくにはもったいないような男前でカッチョえかった。

くり1
     朝からくりに押さえ込まれ、暑くて死にそうです。

吉田沙保里さんは相変わらずのの貫禄。
今年初め、アメリカの選手に連勝記録をストップさせられた時には随分と凹んだらしいけど、さすがですね、きっちり心身ともに修正して見事な勝ちっぷりでした。
はい、みんなで万歳三唱~~~~!!

くり2
     「わ~~~~い!バーベキューだー!!」

今日はもうオリンピックを語るのは疲れたので、くりの水泳訓練の様子でもお楽しみください。

くり3
     「え、バーベキューじゃないの?」 ニオイだけ楽しみなさい。

くり4
     さあイクで!

くり5
     「わっせわっせわっせ・・・」

くり6
     犬かき泳法では、しっぽは使わないようですね。

くり7
     脚も意外と動かしてません。

くり8
     「あと何往復?」 指をめいっぱい開いています。
     水かきが欲しいところですね。

くり9
     「父ちゃん、胴が伸びちゃう・・・」 お疲れさんでした。

と言うことで、マラソン中継を無念の思いで聞きながら帰宅。
たった30分程度の水泳訓練なのに、泳いでいない私が結構疲れました。


では本日の「福」。
吉田
強い女はサイコーじゃ~♪ 
吉田沙保里26歳、まだまだ連勝街道まっしぐらで頑張ってくれ~!

さらに、帰宅後、友からこんなうれしいお届けモノが♪
桃
でっかい桃が6つも。うほっ♪


テーマ:北京五輪 - ジャンル:スポーツ

8月16日(土)  終戦記念日<オリンピック、すいません。

昨日は終戦記念日だったんですね。
頭も体もスポ魂一辺倒で、オリンピックばかり観ていたので、新聞見るまですっかり忘れてました。
すいません。

今年はオリンピックのおかげで、原爆の日も終戦記念日も甲子園も、かなり影が薄くなってしまいましたね~・・・って、私だけですか? すいませんagain。

ついでにお盆でもあり、各地で灯篭流しなど趣のある催しが行われていますが・・・あの灯篭って、最後はどうなるんですか?
河口で投網かなんかで回収するのかしら。
でないと、海に流れ込んで、大いなるゴミと化してしまうじゃないの。

灯篭
     回収されて焼却処分じゃ、タマシイも浮かばれませんねぇ。

いや~昨日はやっと柔道男子の最重量級で金メダル。よかったよかった♪
女子の塚田さん、ホントにもうチョイで金だったのに・・・残念でした。
しかも相手は中国(の怪力女)。チョー悔しいっす!

し~ちゃん
     今後の給餌間隔と量を決定する重要な体重測定。
     師走さん、100gまであと3gとなりました。ウン○後なので軽め?

この柔道に関しては、いろいろと考え方の違いがあるようですね。

谷本歩実のように徹底的に一本勝ちにこだわるタイプと、昨日金を取った石井慧みたいにメダルにこだわり、世界の柔道の傾向を研究して、それに対応した形の技を磨くタイプ。

もんちゃん
     先月とあまりかわらず44g。
     5月は19gでしたが、思ったより大きくなってませんね。

個人的にはやはり一本を取りにいく攻めの柔道が好きだけど、今の時代、それは“武道”としての柔道のスタイルになりつつあるような・・・。
何のスポーツでもそうだけど、時代と共にルールや技が進化したり変化したりするのは常。

国際的スポーツとしての柔道で勝つためには、石井君のように臨機応変に戦い方を変えていかないと勝つのは難しくなってくるのかな、これからは。
なんだかレスリングと似たり寄ったりの格闘技になっちゃいそう。

べるぴー
     べるぴーさん、大きくなる気があるんですか?
     1月初めにお迎えしたのに、まだ34g?

まだメダルを語るのは早いけど、女子サッカー・なでしこJAPAN、すげー!4強入りだ!
あの(パスばっかり回している男子と違って)ビシバシとシュートを打っていく攻めの姿勢が潔い。

これからは男子チームをなでしこJAPAN、女子チームをサムライJAPANと改名すべきだ。

べるぴー2
     「サイババみたいな頭の人もいたよ。」
     だ、だめよっ、そんなこと言っちゃ・・・。アリババかも。

バドミントンの末綱・前田組も、中国の強豪相手によく健闘しました。
テレビやスポーツ紙はオグシオのことしか取り上げないから、2組出場しているなんて知らなかったよ。

マスコミって、ちょっと可愛かったり、ビーチバレーみたいに露出の多いスタイルの競技選手ばかりもてはやすんだよねー。
可愛くてもセクシーでも、負けちゃったらしょーがないじゃん。
(卓球のアノ人だって、ちやほやされるわりには優勝できないよねぇ・・・)

くり
     「女は色気があってナンボなのよ~ん♪」
     おまえ、メスのくせに女の敵だな。セクハラだ!


他にも色々あって選ぶの大変だけど、本日の「福」はこれ!
サッカー女子
この沢のすごい頭突き・・じゃなくてヘッド! 男前で(?)カッチョエエ!
勝手に改名サムライJAPAN、次のアメリカもぶっ飛ばせー!!


テーマ:北京オリンピック - ジャンル:スポーツ

8月15日(金)  北京悲喜こもごも。

マイケル・フェルプスさん(フェルペスじゃなかったんですね)、今日も200m個人メドレー、世界新で金メダル。
8冠まであと2つ。イケイケGOGO!!

彼がスタートレックのMr.スポックに見えてしまうのは私だけですかね?

スポック
     スポック役のレナード・ニモイ氏。

毎日北京では、悲喜こもごもなドラマが繰り広げられていますが、しかしあれだけ期待されていた男子柔道陣、どうしちゃったんでしょうねぇ。

バレーボールも女子は健闘しているけど、男子たるや見事に全敗中。

大舞台で本来の力を出し切るってのは難しいですね。
でも負けは負けじゃ。

鈴木
     鈴木君、そんな姿は見たくなかった・・・。ええい!うずくまるなー!

昨日は北島の2個目の金メダルのおかげで、意気揚々と(私が張り切ってどうする)夜の水泳女子800m自由形予選(の観戦)に臨んだ私・・・まさかまた心に大穴を開けることになろうとは。

アテネ以来応援していた柴田亜衣ちゃん、400mもダメだったけど、もっとキツイ800mは・・・やはり厳しかったですね。
アテネ以後調子が上がらず、今回も調整がうまくいっていなかったみたい。

800mもラスト近くなり先頭からかなり離れてしまった頃、「柴田はどんな気持ちで泳いでいるんでしょうね」との司会者の問いに、解説者が語った言葉が耳に残る。
「きっとゴーグルの中は涙であふれているでしょう」
いろんな含蓄のあるコメントだけど、私も涙が出そうになりました。

柴田
     何を思ったのか・・・。

大会前に、彼女はコーチからこんな言葉を贈られたそうです。
「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し」(徳川家康)

コーチは、彼女の肉体的状況からみて「このレースがラストレースだ」と。

だったらさ~、もっと亜衣ちゃんの気持ちが軽くなるような事を言ってやれよな~。
本人が一番自覚しているであろう不調な体に、さらに重い石を負わせるような・・・その言葉は重すぎるよ、コーチ。

し~ちゃん
     「たまには優しいこと言うんですね。」 
     あら、そんなに厳しいかしら、私?

まぁ第一線でやっていくということは、そのくらい厳しいということなんでしょう。

たとえこれで引退ということになっても、あなたの頑張る姿と控えめな笑顔や発言が好きでしたよ。
ごくろうさま。

そうそう、男子体操はニューホープの誕生ですね。
しかもとってもかわいい坊ちゃん、内村航平くん。
少年のような童顔とマッチョなボディのアンバランスさがなんとも・・・。

くり
     「若い男だと目の色が変わるのね・・・。」
     おだまりっ! なんだってそんな34度の窓辺で寝てるのさ?

実はですね、男子の体操に関して常々不思議に思っていたことが明らかになったんですよ。

女子のレオタードは股からつながっているから水着みたいにぴちっとしているけど、男子のタンクトップはなぜずり上がっていかないのかしら?

・・・見てしまったんです、ちょうど選手が短パンからロングパンツに着替えるところ。
あのタンクトップもレオタードみたいに股がつながっていて、スクール水着状になっているんですね。

なんだか殻から出たヤドカリとか、化粧前の黒柳○子さんとか・・・見てはならないものを見てしまったような・・・ちょっとキモ。

べるぴー
     「相変わらずどうでもいいことばかり見てますな。」
     失礼な。好奇心旺盛と言って欲しいわね! 

男子は全種目ロングパンツでやってください。
毛むくじゃらの脚じゃ、演技のクオリティーが下がるような気がして・・・。(すごい偏見)


パンツ脱がなければキモくないです。本日の「福」。
内村
まだ19歳の内村君、銀メダルおめでとう!
男子体操の個人総合では24年ぶり、具志堅幸司(現男子体操監督)の金メダル以来の表彰台だとか。快挙ですね。

私の方も、昨夜はゲリンピック敗者復活戦にエントリーせずに済み、穏やかな朝を迎えることができました。これ幸い♪


テーマ:北京オリンピック全般 - ジャンル:スポーツ

8月14日(木)  私の闘い・・・ゲリンピック。

柔道のゼッケンを見て、「スポンサーはファミリーマート?」とマジで思っていたとんがりねずみでございます。

昨日も女子70kg級で、上野雅恵さんが5戦中4戦を1本勝ちで2連覇。
チョー気持ちいいっす♪

上野
     スカッと爽やか! これが柔道。

実は、ちょうどこの決勝戦が行われている頃、私もある闘いの真っ只中でした。

数日来の胃のムカムカが若干収まってきたので、朝、くりを散歩に連れて行った後、カメの入浴サービス、カエル部屋の掃除と、精力的に働き、夕方ドラッグストアへ買い物に行ったのですが・・・なんだか下腹部に違和感が。
やがてその緊急性を認識し、あわてて帰宅。

そして闘いの火蓋は切って落とされた・・・。

もんちゃん
     「ちょっと良くなると、すぐウロチョロするんだから~。」
     子供はおだまりっ!

体中の臓物がすべて重力に従って下方へと向かい始めたかのような感覚。

ゲリンピック一回戦・・いえ、第一次下降期をなんとか征し、とりあえず一人、賞味期限が10日ほど過ぎた「○ちゃん 昔ながらの焼きうどん」(カップ麺)を食べ、さあレース編みでもしながらオリンピック観戦・・・。

そのとき、下腹部における2回戦のゴングが。
この闘いは脂汗を伴うほど熾烈なものでした、

20分経っても小部屋から出てこない私を気遣って(ホントか?)、くりが何度も様子を見にきました。

せんちゃん
     「弱っている時に賞味期限切れのカップ麺はやめたほうがいいですよ。」
     返す言葉もございません・・・。

なんとか上野さんの決勝戦には(茶の間で)立ち会うことができました。
しかも40数秒という手早い仕事をしてくれたのも幸いで。

自分の闘いのしんどさと、またもや0点負けした男子サッカーへの憤りで、9時にはカラータイマーが赤に変わりベッドへ。
おかげで野球が負けるのを観ずに済みましたよ。

ベスト
     こんなチュニック・ベスト編んでみました。誰が着るんだ?

ところが事はそう甘くはなかった・・・。

夜中にも2回ほど闘いのために小部屋にこもったので、今朝はもう心身ともにカラッポで、猛烈な疲労感・・・なのですが、朝から北島康介が200m平泳ぎでも金メダルをゲットしてくれて、スッカラカンな私を感動で満たしてくれました。
チョーありがとう♪

きっと今日も実家のメンチカツは、飛ぶように売れることでしょう。
そのうち通販でも買えるようになるかな?

くり2
     「カップ麺の前に食べたアイスのせいかもよ。」 相乗効果か・・・。

↓向きなネタですいませんでした。
今夜、敗者復活戦がないといいんですけど・・・恐。


本日の「福」、北島again!
北島
4年前に比べると、コメントや態度もすごく大人っぽくなりましたね。
でも、あの切れ上がった鋭いけどヤンチャな目はおんなじ♪
2冠、ホントにおめでたい!!

     

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

8月12日(火)  がんばる・・とは。

アメリカ水泳のマイケル・ヘルペス・・じゃなくてフェルペス選手の活躍ぶりには、ただただ目を見張るばかりですが・・・25レースくらい泳ぐって?体力どんだけ~~~。

当然ドーピング検査してるはずですが、ほんとにモンスターだわ。
ぜひ8冠めざして頑張っていただきたいわ。

くり1
     今日は背負い投げの練習ですね。

テレビで放映されない競技でも、各選手頑張っていらっさると思いますが、先日、ブラジル人のある教授が「がんばる」についてこんなことを書いておりました。

「日本では勉強や仕事をがんばる人は偉く、がんばらない人はそうでない。
でも、何に対してがんばっているのか、そのがんばりの成果は何か、があまり問われない。」
(さらに日本には“判官びいき”という「負けたが勝ち~!」みたいな妙な考え方もあり)

うめ1
     こちらはねんりんピックに向け、カーテン登り特訓中のうめ。

日本の義務教育に落第制はないので、成績の良し悪しによらず卒業できるし、サラリーマンはいくら夜遅くまで働いても結局基本給は年功序列。
要するに、がんばってもがんばらなくても、結果に大差はないってわけさ。

外国育ちの方でなくても、がんばったって結果や報酬が同じなら、アホ臭くてやる気も出ないわな。

うめ2
     「3冠目指して頑張りまっせ!」 他に何の種目にエントリーを?

私の高校では、テストの成績を廊下にドバーーーっと張り出していたけど、何の苦情も出なかったし、登校拒否になる奴もいなかったし、良かろうが悪かろうが、結構成績の話で盛り上がった。
ま、当時は竹刀持った先生はいたけど、モンスターペアレントはいなかったからな・・・。

とにかく大雑把に言うと、みんなと同じようにがんばれば、無難な生活が送れる日本。
がんばる=みんなに合わせる・・・これじゃ本来の「努力をして成果を出す」と言う意味とは矛盾する。

くり2
     練習後のマッサージを要求するくり選手。

でも、スポーツの世界では、その「がんばる」が本来の意味を成すわけだよね。
他人より多くがんばった人は(先天的能力は別にして)、それだけ強くなり、結果を出して賞賛される。

オリンピックで予選落ちした人だって、選抜されるまでには血ヘドを吐くような練習といろんな挫折を乗り越えてきたはず。
何もかも中途半端な私としては、選手全員にプラスチックでもアルミでもいいから(ケチすぎか?)メダルをあげたい気分だ。


と言いつつ、やっぱり金メダルはいい!
本日の「福」。これしかない!
谷本
アテネで金メダル取った時、コーチの古賀に抱きついて喜んでいた姿が可愛くて、ずっと応援していた谷本歩実ちゃん!スパッと気持ちの良い内またで1本!サイコーだ!
アレこそ柔道。万歳三唱~~~♪

しかし・・・野口みずきさんの欠場はホントに残念。なによりも辛いのは彼女自身でしょうけど。
しっかり治して、またレースで勇姿を見せて欲しいね。

テーマ:北京オリンピック全般 - ジャンル:スポーツ

8月11日(月)  きっかけはオリンピック。

怒りではなく、胃の不調でムカつきながらも、日々オリンピック観戦にいそしむとんがりねずみでございます。

くり1
     今日も本番前の調整に余念がないくり選手。

レーザーレーサーのおかげか、やはり水泳ではすごい好タイムが続々と出ておりますが、ひとつ気になる・・いや、気にくわねぇことが。
同じレーザーレーサーなのに、アメリカのばっかりやけにデザインがイケてるじゃんよ。
他の国はみんな黒なのに、アメリカのは星条旗柄。ずるい~~~~!!
これ、イギリスのメーカーじゃないのか? なんでだー!

せんちゃん
     「どうでもいい・・・ZZZZZ・・・」
     リクガメって、野生でもこんな無防備な寝方するんですかね?

さて、今回はくりを迎えて2度目のオリンピックとなるわけですが・・・。
思えば、今のような「ミソもクソも一緒」・・いえ、「もうどうでもいいや」的、人犬入り乱れた生活に突入してしまったのは、前回アテネ五輪の時からでした。

それ以前はちゃんとケージの中の小屋(段ボールをひっくり返して入り口を開けたやつ)で寝、朝、ご飯の時に出してあげていたんですが・・・。

くり2
     「知らん顔・・・」
     本の上に顔のせて寝るなっちゅーのに! 鼻水でビロビロになるんじゃっ!

ケージのある居間で、私が深夜にテレビでオリンピックを見ながらソファに寝転がっていたら・・・そりゃそーだよね、くりだって寝られたもんじゃなかろう。
結局一緒にテレビ観戦。

以来、どんなに厳しく「ハウス!」と言おうがおやつで釣ろうが、けっしてケージ内では寝なくなりました。
今や、ケージは贅沢な広いトイレと化しております。

ハウス
     こんなあばら家に住むチワワも珍しいでしょう。

なぜ可愛いベッドじゃなくて段ボールかと言うと、買った時入っていた段ボールをそのままハウスにしてやると“はじめのうちは”落ち着くから、というブリーダーさんのアドバイスを忠実に守ったわけで・・・ただ、市販のベッドへの切り替えのタイミングがわからず、結局そのまんま・・・。

段ボールハウスの場合、定期的に作り変えないとボロボロに破壊されるため、私の父がベニヤ板で食いちぎられない小屋を作ってくれた。
食いちぎられはしなかったが・・・かじられて入り口は変形。

中で寝ないなら撤去すれば・・とお思いだろうが、これはこれで使い道があるので。
うん○の出が悪い時、小屋の上に飛び乗ったり飛び降りたり、それを繰り返すうちにスムーズな便通が得られるという、ベンピ解消台として今なお役立っている。

とはいえ・・・最近の家具調ケージやゴージャスなベッドに比べ・・・どうでしょう、これって?

くり3
     「そんなにみっともないならさぁ・・・」

くり4
     「もっとオシャレでカッコいいケージをさぁ・・・」

くり5
     「買ってくれればいいじゃん。」
     あんたにゃこれがお似合いだ。あぁもったいない。

このケージ(ただのトイレか?)が設置されている限り、我が家の居間が洗練されたオサレな空間となることは絶対×10ありえない・・・(と、インテリアセンスのなさをケージのせいにする)。


小泉元首相じゃないけど、北島君、「4年間、痛みに耐えてよく頑張った!感動した!」
本日の「福」。
北島
100m平泳ぎ決勝を世界新で征した北島康介。
鬼の目にも涙・・じゃないけど、あの強気な男が「何も言えない・・」と涙で声を詰まらせた。
ヤンチャな男の涙は「チョー気持ちいい!」 おめでとう!

     



テーマ:北京オリンピック全般 - ジャンル:スポーツ

8月9日(土)  簡潔な法要。

平和の祭典がけばけばしく、いや華々しく開幕した一方で、グルジアでは南オセチア自治州独立をめぐる戦闘が激化。
ロシア軍の空爆で1400人以上もの死者が出たとか。なんてこった・・・アーメン。

くり1
     くりも祈っています。
     犬って、自分で手を合わせられるなんて思わなかったよ。

今日は祖母の37回忌法要。
父方の身内だけ10人足らずなので、まぁ気楽なものです。

結構街中にある浄土宗のお寺さんなんですが、何がいいって、お経が短い。ア~ンド、住職(40代前半か?)が話し下手なのか、説教が無い。
読経の後に、世間話といった方がいいような事を2,3分しゃべり、「では、本日はご苦労様でした」。

先代も同様で、読経の声は朗々としてすばらしかったが、説教はなし。
「法要」というなすべき仕事はリッパにこなし、参列者の「早く終われ」という心の声までちゃんと汲み取ってくださった。う~~~ん、できたお方だった。

くり2
     「留守番・・・」 だからって、そんなところで寝てなくても・・。

それに引き換え、だんな方の寺の住職は元教師ということもあってか、まーしゃべりたがる。
ありがたい説法じゃなくて、教師時代の自慢話や思い出話。
誰も聞いちゃいねーよ・・・なのに、KYな坊さんは、自分の話に自分で爆笑しながら延々と1時間近くしゃべっていた。

その間、蚊に刺されることおびただしく・・・。(すごい古刹なので)

私、僧侶ってのは丸坊主であることをよしとする、古い人間でございます。
この教師あがりの坊さん、黒く染めた毛がフサフサ・・・いっそう読経にも説教(雑談)にもありがたみを感じられないわけです。

もんちゃん
     「はじめて覚えたマウスの味・・・♪」
     もんちゃん、は、はやくはみ出たマウスを飲み込みなさいっ!

お寺の本堂っていうと、蒸し暑くて、広い畳敷きの部屋に座布団がずら~~っと並べられるってイメージだけど、今日法事をしたお寺さんは、なんと畳の上にカーペットを敷き、座布団じゃなくてパイプ椅子。坊さんも椅子。

膝が悪いお年寄りを思ってか、自分の足がしびれるのが嫌なのか、・・・こういう現代志向は歓迎です。
だたエアコン効きすぎで、昨日から胃腸炎気味だった私、気味じゃなくて本格モードに突入。
夜はカステラパン1個食べて、また吐き気・・・ゲロ~~~。

べるぴー
     「2度あることは3度ある。」
     土鍋と化したべるぴー。どなべるぴー。

そう、これで3年連続「お盆に胃腸炎」。たたられてるのか、私?
ナンマイダ・・・。

あ、余談ですが、後ろ向いてお経あげている坊さん、参列者全員のお焼香が終わったことをどうやって察知するのでしょう? ひそかに鏡で見てるのか? 常々疑問に思ってるんですよ。


では吐きそうだけど、本日の「福」。
「香典返し、何がいい?」っていうから、これを所望。これが実家の法事の利点。
発泡酒
発泡酒だと2ケースもらえます♪(どこまで貧乏性だ!?)

おまけで、本日の「不服」。
谷亮子の準決勝の相手、なんだありゃ?
アレは柔道じゃなくて、猫パンチ合戦だな。あんな勝ち方で喜ぶ外国人って、「柔道」知ってるのかしら? 国際レベルで柔道のあり方、見直すべきだと思うわ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

8月7日(木)  腰抜けJAPAN。

予想通り・・とは言いたくないけど、なんとなく脳裏に漂っていたイヤ~な予感は的中。

男子サッカー
     アメリカに1-0で負け。あれだけ攻めてて・・・。

前半なんか何度もチャンスがあったのに、どうしてあんなゴール前でまともに枠内にボールを入れられないんだっ!?
アメリカの1点だって、猛シュートというより日本側のチョロい失点。

解説者も、決してアメリカのプレーが素晴らしかったわけではないと言っていた。
妙な貫禄を発揮していたのは、オーバーエイジつーより、36歳オッサンのGKだけじゃん。
あぁ情けなや・・・。

くり1
     こちらは妖しいレスリングのゴングが鳴りました。

結局1点も取れず負けた男子。
一方、ギリギリで2点もぎ取って引き分けに持ち込んだ女子。

ワタクシが遺伝子学的に考察するところ・・・女子ははるか昔、子供の頃は弟妹の子守をさせられ、嫁ぎ先では姑にこき使われて臨月まで野良仕事をし、10人もの子供を産み育て、しぶとく生きてきた。
やはり女の持つ底力=粘り強さ&忍耐力のDNAは、今なお脈々と受け継がれているのである。

しっかりせんかい、大和男!

くり2
     強靭な腰を使い、相手を激しく揺さぶる日本チワワ代表くり。

しっかりして欲しいのは日本政府もだ。

中国でも起きていた毒入りギョーザ事件、一ヶ月もの間、国民はおろか、関係部署の大臣にすら知らせていなかったなんて・・・これを隠蔽と言わずしてなんと言う?

外務大臣の言い訳。「今後の捜査に支障が出るから黙っていてくれ、と中国側に言われていた。マスコミだって、報道規制を敷かれたら守るでしょ?」
・・・ねぇ、それってちょっと次元がちがくね?

くり3
     押さえ込みに入ったようです!

さらに、ブッシュ大統領が韓国訪問直前に、それまでアメリカで「主権未指定」となっていた竹島(独島)を、ツルの一声で「韓国領」と変更させたことに対しても、日本はな~んの異議申し立てもせず。

アメリカが韓国に胡麻をするのは勝手だし、国益にかかわることだから当然かもしれない。

しかしだ!
何を言われてもされても、公に文句のひとつも言えず、ヘーコラしている日本政府の態度には大いにムカつく。腰抜けJAPAN。

くり4
     くり選手のホール勝ちです!「フン、鍛え方が違うのよ。」

私、ブログ始めてから、いつも何かに怒っているような気がします。
己の中に眠っている不満分子は、活字にするとよくわかりますね。

偉そうに国益とか言ってても、ホントは我が家の利益に直接関係しないことはどーでもいいんですけど・・・。


では本日の「福」。こういうのを見ると、怒りや不満も消失します。
くり5
エアコンがブンブンあたる場所で、試合の疲れを癒すくり選手。

こっちのくりもレトロな味でGOOD♪中身は栗入り白餡。
まんじゅう


テーマ:サッカー五輪代表 - ジャンル:スポーツ

8月6日(水)  善意は計測可能か?

小学校の時、「小さな親切運動」というのがあった。

小さな親切・・・例えば、お年寄りの手を引いて横断歩道を渡ったとか、拾った財布を交番に届けたとか、泣いてる子供に声をかけてあげたとか。

べるぴー1
     あっ、べるぴーが大変なことに!

よく考えてみると・・いや考えなくたって、そんなの親切つーか、当たり前にすべきことなんだけど、とにかくその行為を「他人によって目撃され推薦された」児童に、双葉の絵が付いた“親切バッジ”なるものが、朝礼の時全校生徒の前で授与される。

つまり、同じことをしてもバッジもらえない子の方が圧倒的に多いわけよ。

そもそも親切って、運動としてするものなのか?
子供心に「アホくさ」と思ってた。

べるぴー2
     ガスでも溜まっているんでしょうか、まるで風船です。

そんな小学生のガキでも「アホくさい」と思うようなことを、某団体が大人相手にやってるらしい。

「善行賞 募ります」って。

募集するのは、明るく住みよい社会作りを目指し活動している人たち、他の模範となるあらゆる善意の行為を長期に渡り続けている個人・団体(小中学生は除く)。
「平成12年度 第30回(げー、30回もやってたのか)○○新聞社・○○放送善行賞」の候補者である。

彼ら全員を表彰するんじゃなくて、審査の上、受賞者を決定するそうだ。

べるぴー3
     どうやら脱皮のようです。後ろから見るのは初めてだわ♪

どうなの、これって?

そりゃ表彰されたら、今後の活動の励みにもなるし、やってきてよかったとも思うだろうけど、審査で「落ちた」場合って・・・。
選ぶ基準は何よ? 善行や善意って、秤にかけられるものなの?

お年寄りの張り合いや生きがい作りに貢献して、平均寿命の更新にはつながりそうだけど、人目に触れないところで細々と地道になされている善行が軽んじられているようで、個人的には
なんだかなー・・・と思ってしまいますが。

べるぴー4
     脱皮の前には気合を入れるために膨らむんですか?

こういうの、大げさに表彰するのって、北朝鮮の十八番(オハコ)かと思ってました。
もっと他に何かいい敬意の表し方とかないんでしょうか?

ま、表彰されるとしたら「悪口雑言大賞」くらいで、善行賞などまるで候補対象外のワタクシにはあーだこーだ言う資格などありゃしませんが。

もんちゃん
     「脱皮なんて人様の前でするもんじゃないと思うんだけど・・・。
      なんだか同じツノガエルとして恥ずかしいなぁ。」
     もんちゃん、一度も脱皮を披露してくれません。 

それにしたって・・・アホくさ。
私、ひねくれ者大賞もいけそうですか?


では本日の「福」。といっても、おみくじで言ったら“末吉”だなぁ。
サッカー
なでしこJAPAN、オリンピック予選第1戦の対ニュージーランド戦、とりあえず「負けなくて」よかった。
2点先取された時はもうダメだと思ったけど、すごい気合でした。頑張れ、大和なでしこ!

もうひとつ、こちらは「冥福」を。
松本サリン事件の被害者、河野さんの奥様が14年の闘病を経て他界されました。
ご主人の献身的な介護を見て、泣けてきましたよ・・・愛って、こういうものなんだなぁと。
ご冥福をお祈りいたします。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。