一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月29日(月)  あのヒトたちがやってきた♪

いやいや麻生さんもしょっぱなからご苦労なことで。

中山国交相の「ごね得」「日本は単一民族」「日教組はガン」の3連発で、首相就任1週間もしないうちに頭を下げるはめになろうとは。
まぁ、麻生さん自身も問題発言の申し子みたい人だけど。

麻生
     苦虫をかみ殺したようなお顔。

しかし、この渋面・・・果たして本当に「国民に申し訳ない、大変な失言だ」と思っているのか、それとも「ホントの事言って何が悪いんだよ」と心の中でぼやいているのか・・・。

ちなみにだんなが見た某SNSサイトでは、「中山さん、よくぞ言ってくれた!」との絶賛の声が圧倒的だったそうだが。

針のむしろの麻生さんに対し、満面の笑みで跡継ぎの次男を講演会で紹介する小泉さん・・・。

うめ
     「小泉さんもいってたじゃろ、“人生色々”じゃ。」
      ちょっと、もう年なんだから、落ちないでくださいよ!

さて、荒れ模様の政界を尻目に、我が家にはとうとうあの「ゆる~いヒトたち」がおいでになりました。

アフツメ1
     またもや発泡スチロールのお荷物が。

アフツメ2
     箱の中にじかに放り込まれ、はるばる兵庫県から。

Xenopus leavis アルビノ種RP系の皆さんです。
ま、簡単に言うとアフリカツメガエルなんですけどね。
お店であまり見かけないのは、彼らの主たる使命は解剖や研究に貢献することだからです。

アフツメ3
     体長4,5cm、カエルになって6ヶ月ほどだそうです。
     背中のマーブル模様は光の加減で色が変化しますよ。

なんとうれしいことに、もっと小ぶりな黒い子が1匹おまけで入っていました♪

アフツメ4
     さっそく塩ビ製のパイプで遊んでます。

ちなみに午前中休みだっただんなは「チョー気持ち悪い!食事中は絶対後ろを見ない!」と言っておりますが・・・水槽、食卓の上に移動しようかしら。
慣れてもらわないと。

「だるまさんが転んだ」みたいに、突然ピョコピョコと冗談みたいな動きをするので、実に面白いんですがねぇ。

アフツメ5
     伸びてマース。
     赤ちゃんみたいにプニプニな太ももが魅力的♪

これで私も「キモ部」に正式入部できたでしょうか?

名前は・・・黒ちゃん以外は見分けが付かないので今のところ未定。

ただ「気持ち悪い」と言っているだんな、代引きでお金払う時500円玉がなくて困っていたら供出してくれたので、黒ちゃんの「命名権」を主張してます。
マジで考えてるようだから、そのうちアフツメ・マジックで可愛く思えてくるはず・・・。


では本日の「福」。
アフツメ6
今は亡きウパの愛くるしさを引き継ぎ、この“ゆるキャラ”で愛嬌をふりまいてくだされ~♪
・・・え?気持ち悪いですか?
大丈夫、慣れますって、そのうち。
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

9月27日(土)  飛ばしていいもの、悪いもの。

中国って言うのは、(私の)ストレスが溜まっていたり、日頃のウサ晴らしの標的が欲しいな~などと思っている時に、言いたい放題のネタを供給してくれる格好の獲物です。(嫌な性格だ・・・)

25日に中国が3度目となる有人宇宙船「鬼舟7号」・・・じゃなくて「毒舟7号」・・え、違う?何?「神舟」?
あ、そう。
その神の舟の打ち上げに成功したそうで、胡錦涛指導部はさぞ鼻息も荒いことでしょう。

ロケット
     共産党=神様なんだから、「共産7号」にでもすればいいのに。

指導部は金メダル獲得数で世界一となった北京五輪に続き、アメリカ、ロシアに次ぐ「宇宙大国」の地位を誇示し、国威発揚するために国内ムードの盛り上げに必死だとか。

目的は「宇宙空間の探索と平和利用」だなんて、とぼけたことぬかしてまっせ。
専門家に言わせれば、これが大陸間弾道ミサイルや他国の衛星破壊技術など、軍事技術開発を目的としているってことは火を見るより明らかだそうですよ。

んでもって、今回初となる船外活動で飛行士が着る宇宙服「飛天」の開発には、約4億8000万円もかかっているって言うじゃないの。

どうよ、これ?
ODA(政府開発援助)で外国から援助金もらっている身分の国がやることかよ?

もんちゃん
     「中華料理が苦手だからって・・・随分言いますね。」
     油っこいのとニンニク臭いのはどーしてもだめなのよっ!!

それに今、例の粉ミルク騒動で赤ちゃんを持つ母親ばかりか、特権階級以外の一般庶民(金持ちは中国産食品は絶対買わないってさ)や外国をもメラミン入り食品の恐怖に陥れているっていうのに。
しかもこの粉ミルク事件、実は五輪前に発覚していたのに隠していたそうですよ。

自国民はおろか、外国にまで大迷惑を撒き散らしているのに宇宙船なんか飛ばしてる場合かよ!?

ブタでも飛ばしてろ。

ブタ
     オーストラリア・メルボルンでの娯楽ショーで、水面に向かって
     華麗なジャンプを披露する“ミス・ポーキー・ピッグ”。

ま・・・ブタ飛ばしたところで何の解決にもなりませんが。
のん気にブタを飛ばすのは、平和な国でやってください。

とにかく一般庶民の生活なんかそっちのけで、国の権威・・・いや共産党の権威を誇示することしか頭にないのよね。

しかし、中国人は食品パニックのさなかにあって、マジでこの打ち上げ成功に喜びや誇りを感じているのかしら?
だとしたら・・・相当おめでたい民族だわよ。

レモン
     「よその国のことに首突っ込むの、やめたら?」 でもさ~・・。
     珍しくカメラに収まってくれた、カメラ嫌いのレモン君。

そうそう、中国の新聞社が麻生首相に何を期待するかをネット上で調査したところ、25日昼時点で「靖国神社参拝をしない」ってのが89%をしめたとか。(回答者900人以上)

相変わらず*○%#&△$×@◇だわ・・・。

くり
     「お金のかからない要求でいいじゃないの。」
     そういう考え方もあるか・・・。


言いたい放題で何人か引いてしまった方もおいでになるでしょうか・・・。
そんなこんな本日の「福」。
海
またまた青い海でリフレ~ッシュ♪
ここはいつも平和。こんな穏やかな海のような心でいたいと思うんだけど・・・。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

9月26日(金) 世事あれこれと学級少人数制のメリット。

巨人が32年ぶりに12連勝し(昨日負けたけど)、日本の貿易収支が26年ぶりに赤字に転じ、NYヤンキースが13年ぶりにプレーオフ進出を逃し、ワゴンRが5年ぶりに全面改良され、トキがが27年ぶりに日本の空に舞いました。

トキ
     「珍しい生き物ならおまかせください」 殿下談。(うそ)

そしてアジア有事に備え、アメリカの原子力空母が初めて日本に入港。
ワタシ的にはヒジョーに歓迎すべきことだと思うが、世の中は反対者の方が多いのかね?

サブプライム問題が片付き、北朝鮮が民主主義国家に生まれ変わり、中国からインチキ食品とウソツキ役人が一掃されるのは何年後になるのでしょう?

ま、わたしゃもうこの世にゃいないか・・・。

さて、メダカキラーの鶴丸坊ちゃんは、相変わらず海老しかお召し上がりにならず、スクスク・・・とはいかず、スローなペースで成長中。

鶴丸1
     「いないいない・・・」

鶴丸2
     「ばぁ~~~♪」 主人をおちょくってます。

10匹買ったメダカのうち5匹は坊ちゃんが踏み殺し、4匹は勝手に死にやがり、とうとう1匹になってしまいました。

あの世へ行ったメダカたちも無駄死にはさせたくないので、即冷凍庫に安置し、順次解凍してもんちゃんとべるぴーの砂肝サンドの具として、この世に生を受け何かの役に立つヨロコビを味わってもらっています。

メダカをラップして冷凍するのは、かなりの手間です。
これもビンボー症のなせる業でしょうか。自分が恐ろしいです。

べるぴー
     べるぴーさん、小さいながらもあごの辺りに貫禄が。

生存競争を勝ち抜いた1匹のメダカさん、めでたくペットとしての地位を獲得し、100均のプラケースで悠々自適の一人暮らしをしております。

メダカって、いっぱいいると誰が誰だかわかんないので、しげしげと観察することもなかったのですが、1匹だと実によく目が届き、じっくりと生態観察ができます。

メダカ
     1匹しかいないので、名前は“メダカ”。

メダカは“目高”と書くくらいですから、上のほうに目がついているので、沈下した餌は食べないのかと思ったら、むしろ沈んだのを好んで食べてます。
底に砂や石を敷いてないので、よく見えるせいもあるかと思いますが。
そして、あんな小さな餌を、口に入れたかと思えば粉々にして吐き出してみたり、バックで泳いだりもしますよ。

学級少人数制のメリットがよーくわかったような気がします。
メダカの学校も少数制の方が、愛着がわくかもしれませんね。

かめ
     カメとイモリ以外はみな個室暮らしの我が家生き物様。
     しかしこの寝相の悪さ・・・餌の中で寝る奴、温度計なぎ倒して寝る奴。

ただ凝視してるとコンタクトレンズが落ちそうになるので、気をつけないといけません・・・って、私も相当な暇人です。

せっかくだから、長生きしてください。


では本日の「福」。
キャンディ
サーティーワン(バスキンロビンス)のチョコミント味のキャンディー、たまには「贅沢をして」買うんですよ。チョコミントのアイスはイヤだけど、これは大好き♪
ただ「Value Size」と書いてあるわりには、たったの99gしか入ってないんだけど・・・。少ねーよ!



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

9月24日(水)  無人牧場で疲労回復。

今日はだんなが夏休み“消化”デー。
昨日の紫外線効果でバッタリグッタリのとんがりねずみですが、仮性老体にムチ打って連チャンで行楽ですよ。

行楽=楽しく行く・・のはずだけど、こりゃ“行苦”になりそうな気配・・・なので、ビタミンCのサプリをガサッとドリンク剤で流し込み、さあレッツ・ゴー!!

牧場1
     朝霧高原のまかいの牧場。

牧場2
     平日のせいか、貸切デース♪

週末や休日には芝生広場で働くヤギもいないわ・・・。

牧場3
     「“本日休業”のまちがいだよね。」

牧場4
     「そう、今日はオフなの。」 だれまくり・・・。

休日は絶対ムリ(ダメ)だけど・・・今日はこっそり(堂々と)ノーリードで走り放題♪

牧場5
     プリケツ・ダーーッシュッ!!

牧場6
     「7歳を老犬に分類しないでよ!」

羊はちらほら放牧中。
とにかくあらゆる動物が「本日定休」モードで、まったりした雰囲気に包まれる牧場。

牧場7
     放犬中。

牧場8
     ハロウィン用のかぼちゃ。くり、玉乗りできるかも?

牧場9
     レゲエの国からきた羊。 「Yeah♪」

牧場10
     「馬面ね・・・。」 馬が丸顔でどうする。

で、本日のメインイベント。
とんがりねずみ、サラブレットに乗る。

牧場11
     「乗馬は腰に悪い」ことを実感。ヘルメットは子供用・・・。

私が乗せていただいたのは、13歳オスのサラブレットで、牧場一の男前・イーグル君。
馬は25~30年くらい生きるそうだから、働き盛り、男盛りね♪
な、なんと彼のお父さんは競馬で活躍したカツラギエースですって!

牧場12
     ちょっとウケ口ですか(笑)?

てなわけで、かっちょええイーグル君と牧場産ミルクで作ったソフトクリームに癒され、疲労はだいぶ軽減しました。
やはり馬には不思議なヒーリングパワーがあるような気がします。

牧場13
     「またのお越しをお待ちしております。」 ほんとかよ?


では本日の「福」。
蹄鉄
イーグル君の右後ろ足の蹄鉄を買いました。
月に1度、つめを削って付け替えるそうです。
蹄鉄はラッキーアイテムで、U型に飾ると幸運を招き、逆にすると厄除けになるんだって。
どっちにしようか考え中。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

9月23日(火)  太平洋でFeel so good♪

休日つーと天候不良で、ホームセンターめぐりしかすることなくて、侘しい週末が続いておりましたが、やっと休日と晴天が一致しました。

空
     風変わりな雲です。

とは言え、8月中すっかりバテバテヒッキー生活だったので、いきなり行楽日和になっても、体の方がスムーズにレジャーモードに入れないのが辛いところでして。
年々体のONとOFFの切り替えに苦労するようになっていくように感じますが・・・どうも気のせいではないようです。あ~~やだやだ。

今日は墓参がてら、浜岡砂丘へ行ってみました。

砂丘1
     「ここでお弁当!」
     全ては食うことからはじまるくり。場所取りは率先してやる。

春には河津桜とミモザのハーモニーが美しく、けっこうな人出なんだけど、それ以外は・・・

砂丘2
     だ~れもいません・・・。

砂丘3
     今は芙蓉の花が少々・・・。花も犬もショボいったら・・・。

昔は(どのくらい前かは知らないけど)、たいそうな砂丘だったらしいけど、今じゃこの通り。

砂丘4
     「サバンナじゃん。シマウマとか・・・いる?」バッタならいる。

台風の名残か、海はかなり荒れていたけど、海水浴場でもないこんな海でブラジリアンたちはビキニでシャワー浴びてました。
怖いもの知らずと言うか、のん気と言うか・・・ま、溺れないように気をつけてください。

この砂丘の名物?ともいえるただ1軒の店。

砂丘5
     まるで「3丁目の夕日」の世界。
     奥にいるフェレットだけがミレニアムを感じさせる。

しかし、海の紫外線てのは違いますねー。
そこにいるときはあまり感じないんだけど、帰宅してからどーっと疲れが・・・。
(10数年前は平気だったけど・・・)
でもバタンキュー(死語か?)なヒトは私だけじゃなかった。

くり
     パーカーのフードの上で爆睡中。
     いつも脱ぎ捨てた服やパジャマを探して寝場所を作るのだ。

話変わって、大相撲。
一昨日、安馬にみっともない負け方をしちゃった朝青龍、やっぱり休場に。

相撲
     お尻を押されてホイホイ土俵の外に。これ相撲かよ?

朝青龍、新しい理事長になって綱紀粛正がなされてから文句ばっかり言っているようだけど・・・情けないわ。
どんなに暴れん坊でも悪童でもいいから、負けたときに愚痴ったり判定に文句言ったりってのは、して欲しくなかったよ。みっともないじゃ~~ん!

2場所続けて休場だから、いよいよがけっぷち。
彼、サッカー騒動の時もそうだったけど、実はかなりの小心者でお子様っぽいところがあるから、次の場所までに心身ともにきっちり立て直せるのか・・・心配ですよ。


では紫外線でエナジー残量激減状態の本日の「福」。
砂丘6
どんなにバテバテになっても、久々に太平洋の海風に当たってFeel so good♪
やっぱ私の原点は海だわ~。






テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

9月21日(日)  パンドラの箱を開けたのは誰だ?

イチローが8年連続200本安打を達成したことより、巨人が阪神と首位争いを繰り広げていることの方が余程驚異だと感じているとんがりねずみでございます。
こりゃどうしたことだ。

ただ・・・二岡の影はめっきり薄くなったようで、お気の毒。

くり1
     「女で身を持ち崩すなんて・・・情けないね。」
     お子様煎餅の袋を舐めるのも、十分情けないですが。

一昨日は小学1年の男の子が公園で、身を守るはずのGPS付きケータイのストラップで首を締められて殺され、今日はまた幼女の全裸死体が発見され・・・。
食にしろ、子供の身にしろ、老後の生活にしろ、いまや日本から「安全」の2文字は消えてしまったような気がしますよ。

世界を揺るがす経済危機やイスラムの聖戦や日本政府の混乱が解消されたとしても、安全・安心な日常生活が保証される日は訪れるのだろうか・・・?

うめ1
     「飛べないインコがベランダで遊べる我が家は安全な方じゃ♪」

金がなければ他人のを盗む、ムシャクシャしたら見ず知らずの人を殺す、儲けたければ他人をだます・・・まさに誰かが“パンドラの箱”を開けちゃったような世の中。

え、パンドラの箱って何って?
全能の神ゼウスが、あらゆる災いを封じ込めてパンドラに人間界に持って行かせた小箱よ。
パンドラがこれを開けちゃったんで、様々な不幸が飛び出したんだけど、あわてて蓋を閉めたので中に“希望”だけが残ったとか。

じゃあ・・・まだ希望は残ってるって事なのかしら? 

くり2
     「うちはパンドラのゴミ箱・・・。」 おだまりー!!

中国産のメラミン入り乳製品が日本に輸入されてたことには大して驚かなかったけど、長野の和菓子の件は驚いたわよー!
おはぎのあんこって、中国から輸入してるのっ!?

別に北海道十勝産小豆を使わなくてもいいからさぁ、あんこくらいナントカ日本で作ってくださいよー。
日本の伝統ある和菓子・・・職人の誇りはないのかよ?トホホ・・・。

うめ2
     「羽はなくてもコザクラインコの誇りは失っておらん!」
     うめさん、凛々しいわ♪きりり。

毒物入り食品が当たり前のように巷にあふれているってのも怖いけど、その中国広東省じゃ、障害者や高齢者を殺して遺体を売買するグループがお縄になったそうですよ。

この遺体、臓器売買にでも使われるのかと思ったら・・・違うのだ。
中国は土葬が禁止されていて見つかると処罰されるらしいけど、広東省では地元の風習で土葬の方が死者への敬意を示せると信じられているので、身内の死体はこっそり土葬にして、業者から遺体を買って代わりに火葬し、当局の取締りを逃れるんだって。

うめ3
     「“バチが当たる”という社会理念がないのじゃ。」

中国に根付く「自分さえよければ」の精神は、死に際しても不屈なのね・・・絶句ざんす。


散歩の途中でちょっくらのぞいた雑貨店で発見~!
本日の「福」。
カエルケース1
カエルケース2
なぜか蓮池でシーソーに乗る服を着たカエル2匹。
蓮の蕾をもったオスがメスに求愛しているようです。ラブリ~~♪
ピルケースか、小さなアクセサリー入れだと思うけど・・・値段からみて中国製が疑われるが、とりあえず「made in China」のシールは貼ってなかったよ。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

9月19日(金)  ムジナとインド人と老人。

天下の大泥棒、石川五右衛門の辞世の句「浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ」じゃないけれど・・・次から次へととめどなく発覚する食品関係の偽装事件。

世に嘘つきの種は尽きまじ。

毒入りギョーザ事件を発端に、段ボール肉マンにペットフードへの異物混入、メラミン入り粉ミルク・・・その手のヤバイ問題は中国の十八番だと思いきや、なんのなんの。
日本だって大差ないじゃん。

あえて言えば、日本の方が混入された異物の量やヤバさの程度が良心的・・い、いや、かろうじて控えめだったから、まだ死人が出てないだけまし・・・って感じ。
日本も中国も、同じ穴のムジナか・・といわれても仕方ないな。

ムジナ
     「ども、ムジナです♪」     
     ムジナ=タヌキではありません。アナグマです。

小麦粉の値上がりのせいで、この頃は米粉のパンやケーキも見かけるけど、今回の事故米騒動で米製品まで手がでにくくなっちゃうよね。
そんな事知らずに、一生懸命新製品の開発に努めていた職人さんたち、ほんとお気の毒じゃ。

まぁ同じものをずっと食べ続けていなければ大丈夫なレベルではあるようだけど、先日テレビでインチキ精米する前の事故米を見ちゃったら・・・・うげげげげ~~~!
マジかよ・・・みたいなキモさでした。

こんな食品偽装なんてどこの国でもあるに決まってるし、それどころか、こんな米すら買えないような貧しい人たちだっているのに、被害者も出ないうちから国を挙げて大騒ぎするのもどうかとは思うけど・・・。

それにしても昨今の日本、「人間性善説」では説明のつかないことが多すぎる。

うめ
     「人間以外の生き物はみな正直に生きておる!!」

米といえば、インド恐るべし。

インド東部のビハール州では、備蓄してある米などの穀物をネズミが食い荒らして困っているそうだ。
備蓄穀物のなんと50%は、ネズミの栄養になってしまうとか。
一体どんな保管の仕方をしてるんじゃっ!?

くり
     「きっとうちの家の中みたいなんだよ・・・。」 お、おだまりっ!

そこで州政府が考え出したネズミ撃退策。
「ネズミを食べよう!」

州当局者は、ネズミの肉は健康に良いから、政府系のレストランでも料理に使うことを検討しているといたってマジモード。
ネズミの肉は・・・健康にいいのか? ほんとなのか?

備蓄穀物を守る→ネズミを減らす→ねずみを駆除する→ネズミを人間が食べる・・・このような思考の図式、了見の狭い日本人などには到底思いも及ばぬところで・・・いやはや、なんとも驚くばかり。

インド人が数学に秀でていることは周知のところだが、数学のような一見杓子定規な学問の根底には、こうしたおっそろしく柔軟な思考力があるのだ・・・う~~~ん、スバラシイ。

インド人
     荷物の運び方も突飛で・・・。

そこいくと、どうなんでしょうねぇ、これって。

高齢者の交通事故が増えているからって、交通事故防止を呼びかける運動。

交通安全
     ご老人がのぼりを持って道路にズラリ。

こんなことで事故は減るのか?
誰か注目してくれるのか?
注目を集めるだけなら、彼らの代わりにラインダンサーかフラダンサーに踊ってもらったほうが効果はある。

ただ・・・交通事故は確実に増えるだろうけど。


では本日の「福」。父が一房だけバイクで配達してくれた。
ぶどう
種無し・・ってのがありがたいですね。
しかもピオーネは巨砲みたいに甘過ぎないから好き♪

疑問なんですが・・・家では果物洗って食べるのに、ナントカ狩りに行くと取ってそのまま口に入れるじゃん。だったら家でも洗う必要ないんですかね? 
果樹園だと「農薬なんか関係ねぇ!」の? 人間って・・・いい加減。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

9月18日(木)  お坊ちゃまは困ったちゃん。

それは降ってわいたような当然の出来事でした・・・。

うぱ
     「おか~さん、そんなこと言うと、私の所ではなく閻魔様の元へ
      いく羽目になりますよ。」  

は、はい・・すみません。
それでは最初からやり直し。

それは日時指定で、9月4日午前8時25分のことでした。
私宛に大きな荷物のお届けモノが。

荷物
     「アイスクリームのセットでも当選した?」

おおっ!あの時の懸賞があたったのかっ!?
・・・って、いい加減しらじらしいので、もうやめましょう。

し~ちゃんの喪も明けないのに、なんだか不謹慎だとは思ったのですが・・・あてもなくネット上をうろうろしていた時、たまたま開いた生○堂さんのHPで“ある物件”の「買い物かごに入れる」を、右手の人差し指が勝手にクリックしてしまい・・・。

カエル1
     こんなものが・・・。

一寸見、憧れのアマゾンツノガエル風の模様ですが、アマゾン×クランウェルのファンタジーツノガエル(オレンジブラウン)でございます。

それがまた、すごい偶然というか、日頃の行いの良さの賜物か(!?)、私が発送をお願いした日はその店の10周年記念日で、1日限りの大セール!
ほとんど(全部かも)の生体が半額以下の出血大サービスだったため、びっくりするようなお値段でした。

値段を披露するのもナンですが、この際言ってしまうと、本体価格1980円+送料740円+代引き手数料315円、さらにちゃんとした飼育用プラケに入れられていて、〆て3035円なり~♪

こりゃ名前はラッキーか、セールか、バーゲンか・・・と思ったけど、いくらなんでも露骨過ぎるので、先立ったし~ちゃんとチャーリーの分まで長生きしてもらおうとの願いを込め、めでたい名前をつけました。

カエル2
     鶴丸どすえ~~~♪

ところが・・・またですよ。
もんちゃん同様、鶴丸坊ちゃま、たいそうな拒食児童で(泣)。

糸ミミズやカメの餌を拒むことはよくあることだし、まぁいい・・・しかし、メダカもダメときたよ。
2日経っても全然ダメ。

もんちゃんみたいに、メダカを自力で捕まえられなくてあきらめちゃうんじゃなく、この坊ちゃんは小さな容器にメダカと一緒に入れても後ろ向いちゃうし、目の前でふりふりしても手で払いのけたり目をつぶっちゃう。
それならばと、目先でメダカをピチピチ跳ねさせると、手で踏んづけてメダカを殺す、もしくはメダカの上に座って・・・殺す。

こりゃ拒食児童じゃなくて、悪童だ・・・。

カエル3
     「いい子にしないとご飯もらえなくなるよ~。」 くりはカエル好き。

もんちゃんは砂肝で成功したので、今度もそれでいくか・・・と一応買った店に相談したところ、「砂肝はだめです!」と一喝され・・・。

スーパーをうろつき、パナメイ海老というのを買ってみた。
海産だけど、塩抜きしてあるというので、大丈夫かなぁと思って。

祈るような気持ちで、カルシウム粉をまぶした海老をピンセットでふりふりするも・・・またもや無視or後ろ向き。

カエル4
     「なかなか根性がある。」 感心してる場合じゃないっ!!

こちとら負けてはいられない。
今度は目の前ポットン落下作戦。
5、6回試すも反応なし。

あーーーーぁ・・・・、力が抜けて緩んだピンセットの先から海老がポトッ・・・。

カエル5
     食った・・・・

その後もメダカを数匹踏み殺し、海老ならお召し上がりになるという鶴丸坊ちゃま。
どうかそろそろ偏食はおやめくださいませ~~~~!


てなわけで、本日の「福」。
カエル6
食の好みも変わってるけど、座り方も風変わりな鶴丸坊ちゃま。
何分9gと小さいので、なんとかもりもり食べて丈夫に育っていただかないと・・・。



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

9月17日(水)  相撲はスポーツか技芸か?

気が付くと相撲が始まっている・・・。
夕方、何気なくテレビつけると「のこったのこった!」・・・年に5場所って、多すぎねか?
なんかありがたみが減るような・・・。

すもう
     色々言われるけど、朝青龍好きなんですよ、実は。

昔は今みたいにサッカー、野球、ゴルフに、ボクシング、K-1などなど、中継するスポーツがなかったから、年5回くらいやっても皆楽しみにしていただろうけど。

ただ、そういうスポーツと相撲を一緒に・・というか、おなじ「スポーツ」というジャンルでくくっていいのかどうか・・・ビミョーですね。

もんちゃん
     「ちょんまげ結えないほど禿げると廃業しなきゃいけないって
      ・・・ほんと?」 今日は一段と平べったいな。

しかし、朝青龍のサッカー騒動に端を発した相撲界のすったもんだ、時津風部屋の力士(リンチ)死亡事件に次いで、とうとう麻薬まできたか。

まぁスポーツ界にドーピング問題はつきものだけど・・・相撲はスポーツなのか、神聖な「国技」なのか。
国技と言うのは、その国特有の“技芸”。
そう考えると、歌舞伎や能と同じ範疇に入るような気もする。

日本人だってよくわからないそういうビミョーなニュアンス、外国出身の力士志望者にどういうふうに説明してんだろ?

モンゴルには一応相撲があるけど、力士を英語にすると「スモウ・レスラー」・・・欧米人には力士とレスラーはやっぱ同じなんだろうなあ。
金剛力士像ってよく寺にあるけど、あれは「ゴールデン・レスラー」なのか?(まさか・・ね)

べるぴー
     「あんたには違いがわかるのか?」 私にふらないでください~(汗)

土俵を作る時に行う神事があるそうだが、この儀式に力士は参加しないので、その厳粛な雰囲気を知らずに相撲界を去る力士がほとんどらしい。
あの儀式を見せたら土俵に上がる時の心構えも変わるはずだと、スポーツライターみたいな人が言ってた。

サッカーでも野球でもそうだけど、スポットライトを浴びないところで行われる地道な作業や裏方仕事の方が、見る者の心を打つことが多かったりする。

うめ
     「か~さんは運転も映画鑑賞もわき見の方が得意じゃ。」
     いや別にわき見してるわけじゃ・・。

今回大麻で解雇処分になったロシア人力士たち、裁判にまで打って出たけど、、もしこれで勝訴したとしても、土俵に戻って歓迎されるとでも思ってるのかしら?
欧米的考え方では何かもめたら即裁判ってのが普通なんだろうけど、ちょっと事情が違うってことを彼らに諭すことができる親方はいないのかね?

あれ、でも「郷に入れば郷に従え」ってことわざ、英語でもあるよね。
When in Rome, do as the Romans do.

あんなふうに「自分たちは全く悪くないです!」みたいなつっぱった物言いをすればするほど、どんどん印象は悪くなるよなぁ。
レスリングやボクシングならなんでも言いたい放題してくれちゃってOKだけど、相撲には「ヒール(悪役)」制度はないんじゃよ。

ねこ
     「あら、そう?」 くりの3倍くらいあるチョー態度の悪い飼い猫。
     これでもだいぶ毛をカットしてあるよ。冬はロン毛のタヌキ状態。

そういや、北京五輪で超人的パワー炸裂だったジャマイカのウサイン・ボルト選手、彼のパワーの源はどうやら「おイモちゃん」にあるみたいじゃないの。

彼の好物だと言うヤムイモを、大津市のタカラバイオっていう会社が研究したそうな。

ヤムイモの一種トゲドコロを少し餌に混ぜてマウスに与え、週1回の水泳運動を2ヶ月続けたら(マウスは泳げるのかっ!?)、普通の餌を食べたマウスより10~20%も長く泳げるようになり、体脂肪率も減ったそうだ。
なんでも肝臓で、脂肪を燃やしてエネルギーに変える酵素を作る遺伝子の活性が高まっていたと言うことだ。

イモ
     ヤムイモの一種トゲドコロ。ちょっと・・・グロ・・・。

さぁ、みなさん、摂取するなら大麻よりもヤムイモよ!キモいけど。


私もヤムイモパワーが欲しいところだけど、これで代用。
本日の「福」。
アイス
期間限定ハーゲンダッツのメープルクッキー♪
最近ハーゲンダッツが美味しいと感じなくなっていたんだけど(値上がりのせいか?)、これは久々のヒットだと思います。
でもやっぱり黒胡麻が美味しかった・・。黒胡麻カムバ~~~~~ック!
     

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

9月15日(月)  諸行無常・・・。

半袖1枚じゃ肌寒いくらいの今日。
「暑さ寒さも彼岸まで」とはいうものの、こんなサドン・デスならぬ「サドン・コールド」は勘弁してもらいたい。
オバチャンは体がついていかないよ~。

そんな今日は敬老の日。
己の仮性老体をいたわりつつ、また近場の蓮華寺池公園へ。

公園1
     夏にしがみつくしぶとい・・いじらしい蓮の花。

公園2
     せっかく女らしい服を着せても“足上げシッコ”。

今日はこの後もう一箇所行く処が。

ドッグカフェ&雑貨店を営む友人が、突然今月末で店をたたむことにしたという知らせを受け、そりゃまたどうしたことかとご機嫌伺い?に。

そのメールをもらった時、もしや・・と思い当たる理由がないこともなかったのだが・・・やはり、店に入るとすぐに、その予感が的中したことがわかった。

店の奥に飾られたたくさんの生花・・・あぁやっぱり。

店1
     「あれ?パル君、今日はいないの?」

そう・・・看板犬だったアイリッシュセッターのパル君が、1週間ほど前に虹の橋を渡ったのだった。
(カエルは星になり、ウパは月へ帰り、犬は虹の橋を渡る・・・人はどうなるのだ・・・)

看板犬のセッターは3匹いたのだが、去年はうちのインコと同じ名前で親しみのあった“うめ”ちゃんが逝ってしまった。
色々病気を抱えてはいたが、2匹とも10歳を越えており、セッターとしてはかなりの高齢。
うめちゃんもパル君も、彼女の見守る中、安らかに息を引き取ったそうだ。

閉店の理由はもちろん彼らの死以外にも多々あるようだが、パル君の死が引き金になったことは確かだろう。
でもまさかこんなに急に閉店なんて・・・人生ってホント先のことなんてまったくわからないなぁとしみじみ。

店2
     「もうパル君には会えないんだね・・・。」
     ここへもこれなくなっちゃうんだよ。寂しいねぇ・・・。

私もし~ちゃんとうぱをたて続けに亡くし、そして間髪おかずに今度はパル君の死・・・。

今話題の映画『送り人』も死を扱った話だけど、最近常に頭から離れない4文字・・・諸行無常。
だんなも同じことを思っていたそうだ。(意見の一致をみるのは大変珍しい事例である。)

学校でも暗唱させられた平家物語の冒頭の一節。
  祇園精舎の鐘の声
  諸行無常の響きあり
  ・・・・・・
  ・・・・・・

ところが・・・恥ずべきことだが、次の節がどーーーーしても思い出せない。
おい、たった2行かよっ!? 情けなや・・・。

べるぴー1
     「どーせ消えてなくなる運命なら今のうちに食っとかなきゃ!」
     もう一方の手に餌持ってるのに、なぜ私を食うのだっ!?

帰宅したら調べてみようと思いつつ、そんなこたぁすっかり忘れて、皆さんのブログを拝見していたら・・・なんと、髭蟲さんちの黄色いツノガエル・シブちゃんが琵琶を片手に(持ってねーよ!)平家物語を詠じているではないか~~~!

 平家物語と人の世の唄を詠じるシブちゃんはこちら。
 http://blog.livedoor.jp/higemushi/archives/2008-09.html#20080914

なんか胸のつかえが取れました♪

私があてもなく放っていた諸行無常のテレパシーを、シブちゃんが(髭蟲さんか?)キャッチしてくれたのかしら?

べるぴー2
     ええーい!いい加減に離さんかっ!!
     ぶら下がったまま、どんどん指を飲み込んでいくべるぴー・・・恐。

最近、摩訶不思議な出来事がよくあるんです・・・。


そんな敬老の日の本日の「福」。
公園3
何の変哲もない平凡な1日が、とてつもなく幸せに感じられました。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

9月13日(土)  まだ夏だった吉田公園・・・そして別れ。

お月様がきれいな季節となりました。
・・・ほとんど見たことないけど。

で、月よりも太陽が好きな我々、1ヵ月半ぶりに吉田公園へ。
思いのほか暑く、くりさん、まったく調子が上がりません。

公園1
     駐車場に着いた時点では、やる気満々のくり。

公園2
     入り口のハーブが花盛り♪
     「ダニが付きます・・・。」 ハーブにもダニがいるのかね?

公園3
     パンパスグラスもワサワサと。
     「うそだ。こいつらは夜になるとお化け狐になるんだ。」金毛九尾の狐か?

公園4
     無料のフランクフルトソーセージがいっぱい“生えてます”。
     バーベキューにご利用ください。

公園5
     コスモス畑も咲き始め、いよいよ秋本番。
     「どうでもいい・・・。早く涼しい車に乗りたい・・。」

公園5
     「ったく、犬なんか1匹も散歩しちゃいないわい。はぁはぁ・・」

公園6
     暑さの中で“熱く燃え上がる”ジャンボタニシ。
     妖しい動きだ・・・。しゃがみ込んでガン見する私はもっと怪しい。

てなわけで、今年の夏はまだ終わっていませんでした。あぢがった~。
久しぶりの遠出(そんな距離かよ)と暑さで、帰宅してよれよれになっていたのは、くりではなく私だったことは言うまでもなく・・・。


では本日の「福」・・・今日も「冥福」になってしまいました。
今朝うぱが月に帰りました。(カエルは星になったのに、うぱは月へ帰るのか?などと聞かないように)
うぱ
かれこれ7歳、まぁ飼育下では天寿をまっとうしたと言えるのかもしれません。

夏前までは食欲もあったし元気だったのですが、ここ1ヵ月半くらいは体がむくんで後ろ足が真っ赤に充血してしまい、餌も欲しがるのですが、どんなに小さいかけらもうまく飲み込めませんでした。
昨日死後、半開きだった口を覗いたら、喉も物が通れないほどむくんでいました。
それでも一昨日の夜までは、私が近づくと、一生懸命顔を持ち上げて動こうとしていました。

獣医さんの話だと、もう高齢なので腎機能がかなり低下しているためだと。(うぱに人工透析はムリじゃ~)
それで老廃物の代謝ができなかったのか、最後の半月はまったく水が汚れず、水面に張る油膜みたいのも現れず、変だなあと思っていたんです。

うぱ2

今は誰もいなくなってしまった60cmの水槽・・・まだ何度も覗いてしまいます。
うぱが「おか~さん♪今日はご飯の日ですか~?」なんて、ふわ~っと寄って来そうで・・・涙が。

去年、うぱが自らの半生を語っているので、よかったらご覧ください
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/?q=%A4%A6%A4%D1%A1%A1%B7%EC%A4%CE%B3%A4

現地(メキシコ)では、愛の使者とも水に遊ぶ犬とも呼ばれるらしいウーパールーパーことアホロートル(メキシコサンショウウオとも)。
気持ちがささくれている時もうぱをみていると、不思議と心が和みました。
まさに愛の使者だったうぱ、長い間はかり知れない癒しのオーラをありがとう。
いつの日か、また私の元へ帰ってきてくれたら・・・。



テーマ:日記 - ジャンル:ペット

9月12日(金)  言いたいことが・・品切れだよ。

前日の夕刊に載っている占いによれば、本日、5月生まれの私の運勢は
「言いたいことは遠慮なく言う。率直が一番。」
ついでにラッキーナンバーは1。

なんとスバラシイ!
今日こそ思う存分に胸のうちをぶちまける「言いたい放題祭り」、年に1度の大祭にふさわしい吉日・・・だと思うんですがね。

毎日その「祭り」を繰り広げている私への天罰でしょうか・・・今日に限って、罵詈雑言のターゲットにすべき“獲物”が見つかりません・・・。

Oh, my Budda!

空
     今日も秋晴れだよ、おっかさん。写真もネタ切れだよ。

しょーがないんで地味な話題でいきます。
ま、あえて書く必要もないんですけども。

天罰ってのがホントにあるのかどうかはわかりません。
人はヤバイことをした後なにか不都合に見舞われると、それを天罰として片付ける傾向にありますが・・・天や神ではなく、ヒトが人を罰するというのは、なんつーか・・・難しい問題ですね。

一昨日、中国で教え子の7~14歳の少女31人に性的暴行を加えた教師に、死刑が執行されたそうです。
31人てのはすごい数ですが、日本では殺人には至っていない婦女暴行ってのは死刑になるんでしょうかね?
日本は性犯罪に関して世界的にもヒジョーに甘いらしいですから。
イスラム圏なら、1人でも即死刑でしょうけど。

べるぴー
     突然体重測定。べるぴー37g・・・もう9ヶ月なのにねえ。

もんちゃん
     もんちゃん48g。このヒトは4ヶ月。

高校の時、同級生が他校の生徒と原付バイクの無免許二人乗りで自損事故を起こしたのですが、同級生は2週間の停学処分・・・一方、他校(私立)の生徒は即退学でした。

今ならモンスターペアレントが黙っちゃいないでしょうが・・・当時だって、いくら学校により規則が違うからって、その後の人生、停学と退学じゃかなり違ってきそうですよねえ。
停学の彼・・・更正できたのでしょうか。

べるぴー&もん
     後姿はそんなに変わらないんだけど。11gの差は給水率の差?

政府に対する批判だって、どっかの国じゃ巷に紛れ込んだ政府の密告者に通報されたら、公開処刑にされちゃうのに、アメリカみたいに自国の政府をワルモノにした映画を作るのが好きで、しかもそんな映画が賞を取ったりする国もあるし・・・。

こういう処罰や裁きの基準って、どうやって出来上がっていくんでしょうねえ。

くり1
    くりが路上栽培中のコニシキソウ、順調に育ってます。

そういえば、こんな話が。

イスラエルの国際空港で、イスラム系の名前を持つアメリカ人男性が入国審査で不審者扱いになり、ダンサーである彼、自分の写った舞踊団のパンフレットを見せるも信じてもらえず、「入国したいなら踊ってみろ」と保安要員に命じられ、実際に踊らされたそうです。
彼いわく「不愉快だった」・・・そりゃそうだろ。

でもマジで踊っただけで即入国OKになっちゃうって・・・。

人間の作った規則や法律って、それ自体より、それに基づいて取り締まる人間の“人間性”に大きく左右されるもののようですね。

くり2
     「話にキレがない・・・面白くない・・・。」

・・・まったくこんな上等な日に限ってネタ切れとは。
舌好調どころか、ひどく消化不良な気分です。

これから狙った“獲物”の名前は“獲物帳”にでも書き留めておかないと、いざという時に口惜しい思いをする・・・ということはよーく学習できました。
あ~~~不発だ不発だ・・・。


不発な本日の「福」。
ばら
我が家で唯一品種名不明のバラ。
雑草魂でたくましいのか、この猛暑続きの中、一番頑張ってます。
このバラ、何年も花が咲かないので去年地植えから掘り起こして鉢植えにしたら、ガンガン咲き始めた。
どういうことだ?







テーマ:雑記 - ジャンル:日記

9月11日(木)  権力、信仰・・・メタボに敵なし。

数日前、「世界で最もくたばればいいのにランキング」で確実に3位以内に入る“あの”お方・・・・“親愛なる金○日同志”の生命危機説が飛び交ったが・・・なに!?元気になっちゃったの!?

将軍様
     またこのように白馬にまたがり権勢を振るうのか?

建国60周年記念のパレードにも姿を見せず、中国からの医師団も帰国しないし、いよいよヤバイのか!?と思いきや、・・・しゃべることもできるくらいまで回復してるとか。
ホントか嘘か知らないけど。

憎まれっ子世にはばかる・・・うまい事言ったもんだわ。

弱っている人にムチ打ったり、傷を負った人に塩を塗りこむようなことは言いたくないけど、あのお方に限り(他にもいるけどさ)神様も聞き流してくださるだろうよ。

うめ
     「うんにゃ、地獄に堕ちるぞ。」 そ、そうでしょうか(汗)?

あの国の平均寿命、ここ8年で10歳も縮んでいるそうですよ。(韓国の調査による)
1995年には74.5歳だったのが、2007年は64.4歳。

ひどい食糧難や貧困のせいなのは明らかですね。

なのに、そんな超貧困国のトップに立つお方は生活習慣病の人体見本であられまして、国民は病院にも行けないのに(病院があるのか?)、人体見本様は外国のお医者の力で、マイ○ル・ジャ○ソンのように壊れても壊れても直してもらえる・・・こんな理不尽な話ってあるかい?

彼がいつも着ている一見質素な人民服、実は食い過ぎによる太鼓腹を目立たせないよう、特に研究されたデザインなんだとか。
同じに見えて、どれもビミョーに違う高級生地を使用しているらしい。あほくさ。

レオタードでも着て踊ってろ!!

くり
     「言いたい放題病再発・・・。また熱出るよ。」 ほっとけ!

食べすぎと言えば、他国でも困った事態が起きているそうだ。

敬虔なイスラム教徒の国ヨルダン。
今、日出から日没まで飲食・喫煙は一切禁じられているラマダン(断食月)を迎えている。

以前テレビでも見たけど、日が落ちるや否や、みんな一斉にワシワシと食べ始めるわけよ。
ところがこのドカ食いで、糖尿病患者が意識不明になったり・・・ついに政府がテレビなどを通じて「日没後の食べすぎ警戒」キャンペーンを始めたそうだ。

約1ヶ月のラマダン中、昼間の断食による運動不足に加え、飢餓状態の体に一気に高カロリー食を詰め込むので、「断食太り」になる人も少なくないとか。

赤ん坊
     ラマダン明けのベイビー。(うそ)

いくら長寿願望が強くても、信仰心があつくても、自制心が欠如しているとメタボは容赦なく襲ってくるわけですよ。

荒野でストイックな生活を送っている過激派などに言わせれば、イスラムのくせに「断食太りなどと、ふとどき千万!」・・・ですよね~。
テロの標的にされないか心配だわ・・・。余計なお世話でした。

ま、人様のことは言いたい放題ですが・・・超ド級の胃弱人間としては、メタボ将軍様や日没後のイスラム教徒さんのように、血糖値が激高してぶっ倒れるくらい食ってみたいっすよ・・・マジで。
ああ、人の世の不条理・・・。

べるぴー
     「高校時代の毎日の早弁とその後の大酒のツケですよ。」
     そ、そうでしょうか・・・。因果応報・・・。
     ねぇ、そのアゴの中に何か隠してる? 


では本日の「福」。パンパカパ~~ン♪べるぴーが静岡中に! 
新聞
地元の広報誌みたいなやつ(リ○ング静岡)の「我が家のペット自慢」に、シャレでべるぴーを応募してみたんですが・・・な、なんと、みごとに採用されてしまいました♪
これで静岡にベルツノブームが巻き起こる・・・はずないですよね・・・。

テーマ:メタボリック&生活習慣病の最新情報 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

9月10日(水)  クマムシ恐るべし。

治り際の風邪と、イネ科花粉症のはざ間を、モワモワと漂っているとんがりねずみでございます。

しかしまー、絵に描いたような秋晴れで。
絶好の運動会日和・・・なのに、近年運動会を6月にやるのはなぜでしょう?
あ、私の高校なんか、時代先取りで運動会は6月、しかも文化祭と運動会が1年交代であるので、すげーつまんなかった。

話がそれました。
数年前までは、太陽が昇ると外へ出なければいけないような妄想に取り付かれておりましたが、カエルのおかげで、最近は日のあたらない場所でも落ち着いて座っていられるようになりました。
カエルって、ヒトを大人にしてくれるんですねぇ。

畑
     夏の名残と秋の訪れ。死んだトマトと頭を垂れ始めた稲。

昨日クマムシの件で、「何の大発見も期待できそうもないし、研究費もろくにもらえないし・・・」などと、クマムシにも研究者の皆さんにも悲観的なことを書いてしましましたが・・・なんとしたことか、その日の夕刊にこんな記事が!

新聞
     
なんとタイムリーな!
クマムシが「バカにするんじゃねぇ!」と、私にテレパシーを送ったのでしょうか。

スウェーデンとドイツの研究チームが、8日に米科学誌『カレントバイオロジー』(電子版)にこんな発表を。

これまで宇宙空間で生き延びた生物は「地衣類」(コケなどの菌類の仲間)と細菌だけしか報告されていなかったのだが、なんとこのクマムシも!

うめ
     「ほう、わしもチャレンジしてみたいのう♪」

実験は昨年9月、地球の高度約280kmを周回する欧州宇宙機関(ESA)の無人実験装置で行われ、乾燥して「樽」状態(休止状態)になったクマムシ約30匹を宇宙空間に10日間さらし、その後地上で回収して水を加えたところ、3匹の生存が確認されたと言う。

クマムシ
     「樽」になったクマムシ。

クマムシ、恐るべし・・・。

そのうち、来る核戦争とか大地震とか地球最後の日にむけて、人間をこの「クマムシ樽」のような状態に変化させる研究始まるかもしれない。
・・・なんかそんな感じのSF映画はあったような気もするけど・・・。

せんちゃん
     「そんなのムリじゃないすか?
      もう出してください~。僕のぼせちゃいました・・・。」

これまで肩身の狭かった日本のクマムシ研究者の皆さん、こりゃ未来が開けてきましたね!
来年度分から研究費の大幅UPも夢じゃなくなってきましたよ♪

そして、例の『クマムシを飼うには』の本もベストセラー入りかも。

Tシャツ
     世の中にはこんなTシャツも売られているざんすよ。
     お求めは http://www.asahi-net.or.jp/~BU9T-SM/isevacieiaykafek.htmlへ。

さて、明るい話題?の本日の「福」。
ソラ
まさに雲ひとつない快晴。
からっとしていて、稲の花粉さえ飛んでいなければ申し分ないお天気です。

そしていよいよ始まったパラリンピック、視覚障害の男子水泳100mバタフライで、わが静岡県の河合純一選手が5大会連続でメダル獲得。スバラシイ!
どの種目にしても、とても障害があるなんて思えないエナジー&パワー&テクニック。健常者スポーツより「超人的」に見えますよ、私には。


     

テーマ:気になること・もの - ジャンル:

9月9日(火)  クマムシ、知っとるけ?

毎週火曜はヨガの日なのですが、養生のため今日は休むことにしましたよ。
きっと今頃、「あの人、また腰やったのかな?」「きっとカエルが逃げたんだよ」とか、勝手なことを言われていることでしょう・・・。

ところで、「クマムシ」という生き物をご存知でしょうか?

数年前にマニア?の間で話題になったある本の中でも紹介され、一瞬でしたがその本に出てくる生き物のフィギュアがおまけについてるガム(おまけの方がメイン)も発売されました。

へんな生き物1
     件の本。カラーじゃないのがちょっと・・・。ぜひカラー版を!

へんな生き物2
     続編も好評?発売中。

この「へんな」と言う言葉には、なんとも言われぬ魔力がある。
私にとっては麻薬の如き悪魔のささやき・・・。

あるとき、たまたま入った遠方の本屋のレジの前にこのフィギュア入りガムが売られていて(商売上手)、あっけなく堕ちた私。
で、2個買ったうち、一個がなんと・・・

クマムシ1
     これよ。クマムシ。

クマムシ2
     せっかくだから前からもどうぞ。

ここんところ、カエルに夢中でクマムシのことなんかさっぱり忘れ去っていたんだけど、一昨日の新聞の「気になる本」コーナーに
『クマムシを飼うには 博物学から始めるクマムシ研究(鈴木忠、森山和道著)
こんな本が紹介されていた。

新聞に取り上げられるからには、もしかして結構メジャーになってきたのかと、ためしにネットで「クマムシ」を検索してみたら・・・まあ出るわ出るわ・・・。
“へんないきもの”の中には“物好きな人間”てのも含まれているんですね。

「高知大学キャンパス内のクマクシ」は、動画もあって内容もなかなか充実。

クマムシ3
     これが本物。かわええ~~~♪

クマムシと言うのは、乾いたコケの中に棲む0.1~0.8mmの小さな生き物。
「ムシ」だけど昆虫じゃなく、足が4対で、クマムシだけが独立して「緩歩動物門」に分類されるそうです。ゆっくり歩く動物・・って意味?

クマムシ4
     こんなヒトも。何種類かいるそうです。

クマムシなんか研究して、何か医学的、科学的大発見が期待できるのか・・・そんな話は聞いたこたぁないが、これだけネット上にわんさか情報があふれてるっとことは、世の中には私のようにいい年をして「なんだかな~」的モノを好む人が密かにゾロゾロいるということであり、実に喜ばしく心強いことでござるよ。ウホホ♪

もんちゃん
     「主婦がカエル飼うだけで、十分変人扱いなのに・・・。」
     あなたこそカエルのくせに、目の付いた玉子焼きにしか見えませんよ!

とかく得体の知れない生き物にはつき物の、とんでもない噂もネット上に氾濫して困ったとか。

何をしても死なない、水なしでも100年以上生きる、核戦争でも生き残る・・・このような「不死身伝説」には何の根拠もないそうです。

でもクマムシは、低音・高温、さらに高圧という条件下でも「クマムシ樽」になって固まって生き延びることはできるそうで。カブトエビみたいだな。

うめ
     「不死身とはわしのことじゃ。」
     珍しく“若々しく可愛らしい”写真が撮れましたよ。

私のリンクにもある某赤○村の村長(!?)torimison氏がクマムシ好きであることは、世界的にも有名である。(ホントか)

しかし、生物学者ってのはいいねー。
まぁ大学教授も兼ねているなら授業とか学内雑務とか面倒なこともあるけど、好きな研究してお金もらえるんだもんね。
趣味と実益。

・・・とはいえ、日本のクマムシ学者(数人いるらしい)には、なかなか研究費が出ないのが悩みなんだって。そりゃそうだろ・・・。

それでも食うに困らないだけの給料もらって、クマムシ見てシアワセになれるんだから贅沢な悩みじゃよ。


くり
     「“贅沢”って食べられるの?」 贅沢を知らない哀れな犬。

一般主婦は好きなカエルやカメetc.をブログにのせても、スポンサーも研究費も絶対付かないし・・・。(付くわきゃないだろっ!!)
犬猫ブログで一商売こなしている人は増えてきたけど、うちの犬じゃ商売にならないし・・・。



というわけで、まったく関係ない本日の「福」。
セリーナ
セリーナ・ウィリアムスがUSオープンテニスでヤンコビッチ(セルビア)をストレートで下し、見事6年ぶり3度目の優勝!
だいぶ落ちていた世界ランキングも1位に返り咲いたとか。
こういう一度どん底を見た人が這い上がって頂上に再び上りつめるドラマ、(実話なら)感涙です。
どうですか、この女を超越した筋肉! パワーの塊! 自分にないものは全て美しく見えます。







テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

9月7日(日)  ウルトラハイは暴挙を招く。

うちのだんな様は、妻の私が言うのもナンですが、大変優しく気のきく人でして、本当に助かります。

2,3日前から頭痛はするわ、喉は痛いわ、いまだに微熱も下がらないわ、おまけに吐き気もぶり返して朝からちょーどんよりな私を気遣い、「さて、いい天気だし、どこ行くか?」

・・・・・おかまいなく。

とは言え、「どこ行くか?」の前に「くりの散歩」という枕詞が入ると、這ってでもヘド吐きながらでも仕度を始める命知らずなとんがりねずみでございます。

ねこ
     「そういうのバカって言うのさ。」 あんた誰よ?

風は多少涼しいものの、相変わらず夏の如き暑さ。
本日もまた真昼の蓮華寺池公園へ。

公園1
     まだ依然として夏景色。

公園2
     藤咲いちゃてますが、どうしたもんか。

いつもコンビニで何か食すものを買うのですが、ワタクシ、車から降りる気にもならず、まして食べ物なんか見たくもなく・・・。

で、だんなだけおにぎりやらド甘い菓子パンやらを買ってきました。
「お前、せめて水分くらい摂った方がいいぞ」と、ジュースの1本も買って来てくれたのかと思いきや、優しいだんな様は「何も要らない」という私の言葉を忠実に守り、きっちりと自分の分だけ。

まるで忠犬ハチ公の如き私への忠誠心。
ほれ、3回まわってワン!!

公園3
     いじましく、おにぎりの残り香を求めるくり。

この暑さの中、マスク姿でどうにかこうにか池を1周歩き、「じゃあスイーツ?」と、公園前のミニストップへ。

スッカラカンの胃袋にブラックコーヒーとソフトクリームを流し込むという暴挙に出る私。
結構若さと勇気があると思いますが、どうでしょう?
ちがう?・・・あ、そう。

こういうショック療法って、吉と出るか凶と出るか・・・一種の賭けなんですよ。
残念ながら、年とともに、凶の確率が高くなってきたことは否めません。

公園4
     イヌタデ=通称アカマンマ。
     「たで食う虫も好き好き」のタデって、これらしいですね。

もう吐き気ハイ、喉痛ハイ、頭痛ハイ・・・・ハイハイハイのウルトラハイ状態で、勢いケータイ屋へなだれ込み、何の予定にも組み込まれていなかった「ケータイ買い替え」という第2の暴挙に出る。

ケータイ1
     日曜の午後なのに、夏休み明けのせいか店内ガラガラ。

ケータイ2
     「足が臭い・・・」 それはお前だろう。

あ~~~~買っちゃったよ買っちゃったよ!

こういう悩みがちな買い物は、頭ぼ~っとしている時の方がいいですね。
考えるのめんどくさいので、わりと早く決まります。
その代わり、「らしくない」物を選んでしまうというデメリットも。

ケータイ3
     さよなら、私のドラゴン・ケータイ・・・(涙)

その足で、ケータイ用SDカードを買いに家電屋へ。

ほれ、やりゃあできるじゃんか!
私もまだ捨てたもんじゃない若々しい肉体だわ♪

くり
     「脳が完全にやられています。」

で、夕食は3連チャンでふわふわの菓子パン1個・・・。

あばら骨浮いてきました。
あばらが浮くのはいいけど、顔がこけてしわ、たるみが目立つのは困ります。やれやれ・・・。


久々に高価な(これでか?)お買い物、本日の「福」。
ケータイ5
ワンセグ対応なのはいいけど・・・・誰か説明書読んでください~!
しかもよく見たらピンクじゃないですかっ!? どひゃーーーーーっ!!どうすんだ・・・。
 

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

9月6日(土)  選挙も人生も悲喜こもごも。

アメリカ大統領選に負けじと、自民党総裁選も盛り上がってきましたねぇ。

まさかこんなにゾロゾロと候補者が名乗りを上げるなんて・・・びっくり。
野心に燃えたやる気満々な若手が、どんどんチャレンジするのはいいことだと思いますが・・・うがった見方をすると、「党内バラバラ」ってことですよね?

夏が過ぎ いよいよ下野か 自民党
        詠み人・とんがりねずみ

くり1
     「こ、ここは・・?」 わかってるくせに。
     大好きな獣医科医院じゃ。(動物病院ではありません)

さて、今日は秋篠宮家のご長男・悠仁さまの2歳のお誕生日だそうで、祝着至極に存じ奉りまする~。

なにしろあの父ちゃん・・・いえ、お父様の秋篠宮殿下は変わり者・・・とても動物好きでいらっしゃり、色々な生き物を飼っておいでなので、悠仁さまも犬や魚などのペットの餌やリが日課だとか。
きっとお心優しいお子に成長されることでしょう。
ちょっとくらい変わり者でもかまいませんよ、個性が大事♪(何を言ってるんだ、私は)

くり2
     「え、次は私の番・・・?」

傍目にも幸せいっぱいで順風満帆な秋篠宮家・・・一方、これからずっと誕生日など何かにつけメディアに登場することになる悠仁さまをご覧になる際の、雅子妃の心中いかばかりかと・・・。

自分の親族と食事をしてはバッシングされ、乗馬やテニスをしてはバッシングされ、宮中晩餐会をパスして子供会に出たといってはバッシングされ、んでもって、まだお世継ぎ問題はくすぶっている・・・。

こんな状況下で雅子妃のご病気が完治するはずもなく・・・いや、雅子様じゃなくたっておかしくなっちゃいますよ。

くり3
     「ねぇ、診察は?」
     くりそっちのけで、アメフト話に興じる医師とだんな。

外交官時代の雅子様、いつもダークスーツに粋にスカーフをあしらい、颯爽と歩く姿はそりゃかっこよくて憧れたものです。

皇太子様は、「一生私がお守りします」のくどき文句を忠実にお守りになっていらっしゃり、ホントにお優しい方だと思います・・・が、その優しさと真面目さゆえに何もかも一人で背負ってしまわれて、彼の精神状態もギリギリまで来てるんじゃないかと。
随分おやせになったし、彼の方もかなり心配です。

人の一生って、何かを転機に180度変わっちゃうものだけど・・・何時も、そっとしておいてもらえないっていうのは一番辛いと思います。

もういっそのこと、秋篠宮家に皇位を譲っちゃえば丸く収まるのにさー。
あ、“天皇業”だけは今の皇太子様に任せないとまずいか・・・。
(しまった!これは“大タブー発言”か!?ここだけの話ってことで♪)

くり4
     「今度はおか~さんとDMC(デトロイト・メタル・シティ)の話で
      盛り上がってる・・・・何しにきたんだろ?」

あーあ、風邪さっぱり治りませんよ。
風邪引くと胃炎も悪化し、食欲不振で風邪が治らず・・・負のスパイラル。
自然治癒力ゼロ。チキショーーーーーッ!!!


本日の「福」はこんなもんじゃ。
くり5
獣医でしゃべりこみ、体重測定もし忘れたので、折りよくもホームセンターにあった「ペット用体重計」の見本品で測定。
2.01kg!ナイス!例年夏にはデブるが、今年は2kg維持成功じゃ♪偉いぞ、私♪

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

9月5日(金)  ビンボー症は寝込めない。

前回の言いたい放題でバチが当たり、昨日から頭痛、発熱、I can't stop the HANAMIZU!なとんがりねずみでございます(泣)

しかしですねぇ、長女の妊娠がばれちゃった途端、あっという間に作戦変更で“庶民的革新派”に変身しちゃうなんて、反則じゃないっすか、ペイリンさん?

稲
     こいつも私をいぢめるんじゃっ!家の前で花盛りのイネの花粉。

風邪引いても、昼間寝込むと再起不能になるような妄想を抱いているので、38℃を越えようが絶対にパジャマで過ごすことができません。
数年前、今日はやけにだるいなぁ・・と思いつつ、小1時間くりの散歩をして帰宅。
妙に顔がほてるので、一応検温してみたら・・・あらま、38.7℃。

不思議なもので、人間、熱があるとわかった時点で一気に病人モードに突入するんですよねー。

ま、今回の場合、主たる要因は福田とペイリンの呪いで、副次的要因はイネ科植物による花粉症と、長きにわたる夏バテ&食欲不振のせいかと。

くり1
     「年のせい。」 おだまりっ!!

まぁそんなわけで、今日もこの暑いのにくりを膝の上にのせ、テレビを観ながら新聞を読み、時々カエルを眺めつつ、ついでにブログの下書きもする・・というはなれ技をボ~ッとしながらこなしております。

作家のあさのあつこさんが、「書くことは自分が何者なのかを探る作業。自分と社会、世界とがどうつながっているかを確かめる作業」だと、まさにそのとーり!と思うことをおっしゃっていましたが・・・。
私のように、書くこと、読むこと、観ること、膝の上に物をのせること、何かを眺めることなど、同時進行でやってしまうと、とてもじゃないけど「自分と世界とのつながりの確認作業」までは手が回りません。
絶対ムリ。

ひとつのことに集中できないというのも、ビンボー症の一種の進化形なんでしょうか?

くり2
     「おか~さんの全てはビンボー症に帰するわけよ・・・。」

ところで、先日行われた全国学力テストで、大変困ったちゃんな結果が出てましたね。

中学生の国語では“考え記述する力が不足”し、数学では“数学的な説明が苦手”(じゃあ数学で文学的な説明ならできるといいうのか!?どんなだ・・・)。
小学生の国語では“読み取る能力が弱点”で、算数は“四則計算が弱く、基礎知識不足”。

・・・要するに基礎学力がないということかね?

自分がこのくらいの時期にどうだったかと聞かれれば、笑ってごまかすしかないけど・・・。

うめ
     「笑って許してもらえるのは20歳までじゃ。」 は?
     うめさん、暑いからってそんなに羽むしっちゃヤバくないっすかね?
     「13年、毎年欠かさずこの時期はむしりどきなのじゃ!」 は。

PCやゲーム、ケータイみたいな複雑なメカにはめっぽう強くても数字には弱く、そのくせ小学生でもメールの早打ちやブログ書いたりはできるのに文章には弱い・・・。

オバチャンには、さっぱりわからんよ。   

私の集中力のなさも「得意科目なし」だったがために培われたものかも・・・。

あ、ひとつくらいはありますよ、家庭科。
これは最高ランク5を取るのにコツがあるんですねー。
裁縫ならみんなの分も糸の結び玉を作ってやるとか、ミシンに糸をかけてあげるとか、調理実習ならみんなが調理や味見に夢中になっている時、一人黙々と洗い物など片付け作業に徹するとか、誰もできないイカのはらわた抜きをしてあげるとか・・・地味で面白くない作業を率先してやることがポイントです。

ま、家庭科ができても、進路は明るくないですけどね・・・。

さて、ここで問題です。 

うなぎ

家庭科で調理の道を究めれば、これの「正解」がわかるようになるんでしょうか?
それともこれは「生物」の問題・・・?

熱上がってきたかも。


では、朦朧とした意識の中でくりの散歩中に見つけた本日の「福」。
芙蓉
芙蓉の花がきれいですね~。
自分が小ぶりなせいか、大ぶりな花が好きです。
それにつけても、くりのこの不景気なツラ・・・ひとが病の体にムチ打って散歩してやってるのにさ!

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

9月2日(火)  求ム、自己保守主義者でない政治家。

いやいや驚きましたよ、福田首相の“ゲリラ辞任”には。
あの手の人は、そういう向こう見ずな手段はとらないと思っていました。

永田町は上を下への大騒動なのか、それとも「待ってました!」と揉み手でほくそえむ連中の方が多いのか・・・。

福田
     実直そうで実はキレやすい。今風で若々しい精神の持ち主か?

しかし、こうもコロコロと国のトップが入れ替わるんじゃ、国際的信用は下落の一途でしょうね。
こんなふうに日本の中枢がドタバタしているのを、中国がニヤニヤして傍観しているかと思うと・・・ムナクソ悪いっす!!

福田さんって、官房長官時代からポーカーフェイスで何事にも動じない感じだったから、もしかして大物なのかも・・・なんて思った私、つくづく人を見る目がなかったようで。

くり
     「おか~さん、目はあるけど見え具合はサイテーだからねー。」
     はい、私のコンタクトは“特注”です。使い捨てタイプの規格がない~!

小泉さんと違って、福田さんはパフォーマーじゃないし、おべんちゃらのひとつも言えない(無理して言うと絶対裏目に出る)、クソ面白くないオッサンだなぁとは思っていたけど、まぁ仕事さえしっかりしてくれればOKだったのに・・・このざまよ。

辞任理由をことごとく周囲の状況や他人のせいにして並べたてていたけど、要するに「もうバカバカしくてやってられないから、あとは“せいぜい”好きにしてくださいよ」ってことでしょ?

そのくせ「私は自分を客観的に見ることができるんです!あなたとは違うんですよ!」などと、記者に逆ギレ。
責任感は三流だけど、プライドだけは一流だ。

べるぴー1
     あら、べるぴーさん、今日はいつになく目つきが悪いですね。
     「辞~めた首相」に怒りの講義ですか?

まーどーでもいいや、あんなオッサン。
とにかく早く次の人決めて、正常な政府に戻し、国際的対面を立て直していただかないと。

個人的には「頑張ってよ、麻生さん!」

でも、あの闇将軍・中川秀直がなんとか麻生を阻もうと、躍起になって対立候補を探してる。
あの顎なしオヤジの腹の中にはマムシがとぐろ巻いているに違いない。(もう言いたい放題♪)

小泉さんがプレスリーなら、麻生さんは漫画を武器に上手に世界と付き合ってくれそう。

ただ・・・いつもの調子で危険発言連発さえしなければ。

べるぴー2
     「あの人なら“なんちゃって♪”で、かわしちゃうよ、きっと。」
     そうだといいけど・・・って、まだ決まったわけじゃないんだっけ。

そういえばアメリカの選挙でも色々出てきましたねー、オバマさんの悪口やら、マケインさんの「老齢打消し対策」やら。

高齢が不利だとされる共和党のマケイン候補が副大統領に選んだ、44歳でマドンナ候補的ペイリンさん。
バリバリ保守派で、同性婚や妊娠中絶には断固反対しているくせに、彼女の5人の子供のうち、17歳の長女が未婚で妊娠中だって言うじゃないの。

それがばれちゃって出した声明が、「子供を産むという彼女の決断と、我々が祖父母になることを誇りに思う」ですって。

ペイリン
     あんた自身だって5人目の赤ん坊産んだばっかでしょ?
     政治もいいけど、5人の育児は誰がやってるのさ?

笑わせんじゃないわよっ!!

なんでも「埃」・・じゃなかった、「誇り」にしちゃうアメリカ人らしい発言だけど、バリバリ保守派は未成年者のフリーセックスには大賛成なんだな?
覚えとくぜ。

今世界中で一番まともな国はどこなんだ、一体・・・。


もう暑さも災害も動乱もいい加減にしてほしいっすよ。本日の「福」。
ねむの木
この花、ほわほわしていて和みますね~。ねむの木ですよね?
こういう鼻毛っぽい・・・毛玉のようなもの、好きです♪

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

9月1日(月)  防災訓練・・・参加してこそナンボかも。

来てますねー、巨大ハリケーン。
やっと復興の兆しが見えてきたニューオーリンズが、またも標的になってしまうのだろうか。

日本で今ゲリラ豪雨に見舞われている地方もそうだけど、自然災害って、どうして“泣きっ面にハチ”状態で襲ってくるのでしょう。
信仰心篤い方々なら「神が与えたもうた試練」でかたがつくんでしょうが・・・それ以外の圧倒的多数者に言わせれば、「神も仏もあったもんじゃない」ですよ、まったく。

いちじく
     今年初めて我が家で採れたイチジク。こんなサイズで熟れてしまった。
     味は・・・去年より“本当のイチジク”に近いけど、結局カメの胃袋に(泣)

しかし、何でアメリカはハリケーンなんつー天災に名前をつけるんですか?
前回大被害を出したカトリーナにしても、今度のグスタフにしても、別に人の名前を付けるこたぁないと思うんですけど。
実際その名前の人は、嫌味を言われたり、不快な思いをしているんじゃないかと・・・お気の毒。

で、しょっちゅう起きる竜巻には名前、ないの? つけりゃいいのに。

河川敷1
     昨日午後1時頃、安倍川河川敷へ行ったら
     夏の入道雲と秋の層雲のコラボレーションが。

河川敷2
     「何でこんな暑い時間にこんな場所へ・・・」 
     飼い主が与えたもうた試練じゃ。最近のおまえはだれている。

今日は静岡の街中で大掛かりな防災訓練です。
ま、私が参加するわけじゃないですけど。

自慢じゃないけど、「参加者70歳以上」と決められているかのような町内の防災訓練も出たことないし・・・。この訓練の参加者、毎年7,8人。
困ったもんだ。

防災っぽい唯一の思い出は、中学の時、グラウンドで部活中に急遽陸上部の女子だけ集められ、新しい脱出用滑り台(階上から洗濯機のホースみたいな筒を滑り降りるやつ)の試験をするから、お前らやってこい、てな顧問の命令を受け、校舎3階の窓から体操着で滑り降りたこと・・・くらいです。

河川敷3
     20mも走ったらもうお茶タイム。
     水にはそっぽを向くのに、人用のお茶ならがぶがぶ飲みます。

いや~、ウォータースライダーみたいにすごい速さで落下するのでびっくりしました。
が・・・落下中は楽しかったけど、着地した時にはブルマがTバック・・・。

思春期の乙女心は傷つきましたよ(ホントか?)。
消防のオッサン連中と野次馬教師たちに乙女の“桃尻”をただで見せてしまったのですから

今思えば、これは絶対仕組まれていたに違いないと思います。
試験だったら、消防署とか男子校でやりゃあいいじゃん!

今やらせてくれるっているなら、ふるって応募しますけど、年齢制限ではねられますかね?

河川敷4
     散歩5分。てこでも動かない。

防災というと、人命救助や避難に関することばかりに力が注がれているように思えますが、ほんとはそれらと同等に対応策を講じるべきことがあるんですね。

遺体処理。

これって結構タブー視されている部分があり、なかなか対応策の検討が進まないのが現状らしいです。
大災害で大勢の死者が出た場合、特に暑い時期だと腐敗も早く、感染症の発生も懸念される上、棺やドライアイス、火葬場などの確保も容易ではない・・・ごもっとも。

私も初めて知ったのですが、身元確認の遅れは遺族の経済的再建も遅らせることになるそうです。
家族なのに、正確な確認が取れないと貯金も下ろせないし、保険金ももらえないなんて・・・冗談じゃないっ!

河川敷5
     暑くて歩くのが嫌なくせに、わざわざアスファルトを歩くおバカ犬。
     嫌味か?

13年前の日航ジャンボ機墜落事故を教訓に、歯のX線写真を使った身元確認システムを開発した若干37歳の女性歯科医が、このシステムの実用化に尽力しているそうです、

てことは・・・死体全部の歯の写真を撮るってことかえ?

やー、困るなー。
私の治療痕なしの歯なんて前歯のみじゃん・・・こんな写真を見たら、「はい、推定80歳」とか分類されてしまいそう・・・プライドの侵害だなー。
ま、死人に口なし、プライドもなし・・・いや、意外とプライドの力でよみがえる可能性もありそうじゃないか?

くり
     犬に炭酸水あげたことある人はあまりいないと思いますが・・
     めっちゃ面白いざんす♪(ろくな飼い主じゃない・・・)

こんなつまんない事心配してるより、年齢は意識せずに町内の防災訓練に参加すべきですね、ハイ。

しかし、防災なんて分野にもタブーがあるなんて・・・いつの時代も生死にかかわらず、人間とタブーって切っても切れない関係にあるんですねぇ。


では本日の「福」。
錦織
やりましたね、世界ランキング126位の錦織圭君、USオープンテニスでランキング4位のダビド・フェレールを3時間半の熱戦の末、見事に撃破!
足腰に故障を抱えながらも、あのジャンピングサーブやフォアハンド、カッチョエエです~♪
近年さっぱりうだつの上がらない男子スポーツ界を盛り上げてくれたまへ!
ゴルフの誰かさんと違って、彼の謙虚なしゃべり方に好感が持てます。
頑張れ、「エアー・ケイ」!!



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。