一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月30日(日)  “昭和のいざり”で上等だ。

サンデープロジェクトを観ていたら(正確には、それがうちのテレビでオンエアされていただけの状態だけど)、私の目は民主党の鳩山さんのネクタイに釘付けに。

鳩山
     ワインレッドにペールピンクの花柄。

・・・これは彼の趣味?奥様のチョイス?それともスタイリストが?

チョー似合ってねぇ!

スイマセン、余計なお世話でした。いっそ鳩柄にすればいいのに・・・。(まだ言うか)

先日、電通が「消費者が選ぶ今年の話題・注目商品ランキング」を発表したが、不況を反映してか、「ウチごもり消費」(これ、新しい言葉ですか?)が上位を占める結果に。

ランキング

半分以上は、使用法を誤ると「メタボ助長関連商品」になってしまいそうな・・・。

ひと昔前なら、お金がないなら公園でバドミントンやろー!とか、釣りでも行くか・・とか、家でトランプや人生ゲームやるとか、大人はマージャンとか・・・。
あ、これって、ふた昔くらい前?え、もっと前?

電通では「景気悪化で生活防衛の姿勢が強まっているとみられる」と分析しているが・・・「生活防衛=なるべくお金使わない」ってことですか?

生キャラメル食べながら薄型テレビやゲームに没頭していたら、行き着くところは成人病と近視と肩こりじゃないかと、余計な心配してみたり。
続けると、医療費かかりますよ。

かめ
     「それもチョー余計なお世話です。」
     なんでそんな不自然な格好で食べてるんですか?

どーも私は世間一般の感覚とズレているようだ。
こういう現代社会についていけない人、“昭和のいざり”って言うんだって誰かに言われた。
でも“いざり”って差別用語なんだって。だから”イザリウオ”も名前でもめてるらしい。
たかが魚の名前だろ、いちいちうるせぇな。

“昭和のいざり”は家でおとなしくテレビやゲームで楽しめないので、午後久しぶりに、家から2,3kmの駿府公園へ散歩に。

「灯台下暗し」って、このことね~。
わざわざ車に乗って遠出しなくても、こんな近くにこんな綺麗な紅葉が♪

公園1
     今年見た一番綺麗な楓の紅葉かも。

公園2
     今年見た一番大きな銀杏の木かも。

公園3
     天守閣には“ウ”。なかなかいい。

この時期、3時回ると影がなが~くなって、すっかり夕方気分。
もうすぐ冬至かぁ・・・。

あーーーー、今年もまた“年末うつ”のシーズン到来。
誰かお歳暮に「ダ○キンお掃除マスター」でも派遣してくれないかしら・・・。


いざっているのも悪くない。本日の「福」。
公園4
穏やかな日曜の午後。






スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

11月29日(土)  遊んでばかりですいません・・。

なんか今週はやけにアクティブです・・・ってか、遊んでばっかし。

今日も元気よく・・もないけど、うだうだしてると偉い方に「だらだら飲み食いして遊んでいる」と言われちゃうかもしれないんで、運動に。
あ、これでは「遊ぶことばかりで働かない」と言われかねないな。

しかしそう言われましても「そのとーり!」なので、税金ちゃんと払いますから見逃してください。

まずいつもの吉田公園へ。

公園1
     爆走中。

公園2
     マーキング中。

公園3
     モデル中。

そして、同市山間部にある大銀杏が有名なお寺へ。

寺1
     静岡(島田市)だけど、“千葉山”智満寺。(総本山は比叡山延暦寺)
     「また登山ですか?」 今日は全部階段だから抱っこだよ。

一度、数十年に一度という曼荼羅のご開帳を見に来たことがあるけど、すげー古刹。
震度2くらいでも倒れそうなのに、日本古来の建築技術はスバラシイと思います。

寺2
     わらぶき屋根は、天然の屋上庭園。
     ってか、草ボーボー。

県の天然記念物だった樹高30mの古木の大銀杏は、残念ながら平成6年6月30日に(6日だったらオーメンだ・・・)倒れてしまい、見ることはできなかったが、その子孫がもうリッパに育っていた。

寺3
     「おか~さん、逆光です。」 すいません。

寺4
     拾い食い中。油断するとすぐこれだ。

銀杏よりすごいんじゃないかと思われるクスノキ。
祠(ほこら)まであって、いかにも樹霊が宿っていそう・・・。 

寺5
     裏側は断崖。倒れないことを祈る。

ここで何に驚いたって・・・本堂の中。
畳に勝手に上がって木魚が叩けるのもすごいけど、賽銭箱の横で、お守りやお札の「無人販売」。
「ご希望の品の代金は、袋(ジッパー付きのビニール袋が置いてある)に入れて賽銭箱へ」と。
しかも安い。(某有名神社のお守りの半額以下)

なんという太っ腹・・いや、仏心。
古き良き時代の日本の心を垣間見たようだ。

で、自称・無神論者のワタクシ、その心意気に感動し、お布施のつもりで一品いただいてまいりました。


では本日の「福」。これはマジで私に必要かも。
お守り
足腰のためのお守り。
お釈迦様と私には「偏平足」という共通点があるのだ。

    
     

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

11月28日(金)  顔にまつわる不思議。

捻挫はまず冷やすのが鉄則なのに、一昨日ひねった腰、いつもの腰痛の調子であっためちゃったら、夕べは痛くて眠れませんでしたよ。
まいったまいった。

ま、これに懲りずに、命ある限りターザンごっこに精進する覚悟でございます。
B型なんで。

くり
     こういうところで平気で(好んで)寝る犬。飼い主を反映。

ところで、“顔”にまつわる興味深い話を二つ読みました。

一つは、夫婦や恋人同士の間で、日本人はお互い自分似の人を選ぶ傾向がある、ということ。
(東京大・進化人類学の研究グループによる調査)

ほ~~~、そんなもんかね。

2匹
     見つめ合う二人。何を思うか。

いや、実は結婚間もない頃、グアムに行った時、入国審査官に「今通った彼(だんな)はキミのお兄さん?」と尋ねられた。

さらに7,8年前、近所の行きつけの居酒屋で隣に座った客に「よ、大将(だんな)、今日はせがれと一緒かい、いいねぇ。」 せがれ=私。
我々は・・・曖昧な笑みを浮かべるしかなく・・・。

ではどこに注目して「似ている」と感じるかを分析したところ、「鼻の幅と口の幅の比率」「頬骨の幅に対する鼻の幅の比率」が近いほど、似ていると感じることが判明したそうだ。

鶴丸
     「顔の幅は関係ないのか?」
     
我々夫婦・・・どう見ても似ているとは思えないのだが・・・。
顔の造りだけ見ても、だんなは馬面ハニワ系、私は正反対。(馬面ハニワの反対って?)
他人には似ているように見えちゃうの?やだな~~~。困ったな~~~。

配偶者間で人種や社会的地位、知能、健康などが似通っていることを「同類婚」というそうだが、日本のように、顔の類似での同類婚が多くなる理由は不明らしい。

ちなみに幼少期に父親に過保護にされた女性ほど、自分に似た男性を選ぶ傾向があるとの結果も。

私は過保護にされた覚えはない。父親との記憶さえ乏しい。
企業戦士はほとんど家に居なかったんで。

かめ
     妖しげな二人。
     「カメの相性診断もお願いします・・・。」 実は不仲。

もう一つは、カネボウ化粧品と脳科学者が行なった共同研究。
化粧をした女性が鏡を見ると、脳は他人の顔を見たときと同様の活動をするそうだ。

つまり、化粧した顔は社会的関係を築くための橋渡し役を担い、素顔は自分自身を意識する際に重要な役割を果たす、ということらしい。

仕事辞めてから、1年のうち“全面化粧”(アイライン、マスカラを除く)するのは10日前後の私・・・う~~~~ん、いかんな、これは。

メリハリも、ON&OFFもないに等しい。

たまに化粧すると、手順がわからなくなったり、何かを忘れたり・・・(ボケか?)
あ~~~~~いかんいかん!

べるぴー
     ♀疑惑浮上中のべるぴー。いまだにこのサイズ。

ところで、ファンデーションや口紅って、消費期限あるんですか?
今使ってるの、いつ買ったのか記憶が・・・。


ではメリハリのない本日の「福」。
くり
干してある座布団で猫と化すくり。
こ~ゆ~の見ると、入れた気合もたちどころに抜けちゃうんですよね・・・。
なので、掃除は止めにした。

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

11月26日(水)  木の気チャージ遠足。

なんだか妙にアクティブなとんがり家でございます。
だんながクビになったので・・いやいや、休暇だったので今日もまたまた紅葉狩り。

昨日は連休疲れの体にムチ打ってヨガへ行ったら、すっきりどころか疲労度UP・・・昨日集中的に鍛えたのが足だったからな~。
しかし「命短し出歩け乙女」。
大木のいっぱいあるところへ行けば、“木の気”をもらって復活するかと思って。

神社1
     遠州森町・小国神社。入り口にこんな“求人看板”・・・いかがなものか。
     「犬の手、お貸ししますよ♪」

神社2
     「おか~さんは無銭参拝しようとしたんだ。」
     だんなから借金10円。

樹齢600年(だっけ?)の本家・御神木は、昭和49年(だっけ?)の落雷で倒れてしまったそうで、胴体部分だけ祀ってあった。

神社3
     「枯れた木にも“気”はあるの?」 さぁ・・・吸い取られるかも。

現在の御神木の杉はまだ直径1mくらいか、せっかくなので抱きつき、“木の気”のチャージを試みる・・・ついでに“木の湿気”もチャージしてしまった。

小川沿いの紅葉は遠目に見ると綺麗だけど、葉を間近で見ると色がまだらだったり縮れていたり。
ここ土も粘土質で大木の下に楓があるせいか、1日中湿度が高そうだからな。
綺麗に紅葉するには、適度の気温差と湿度差が必要らしい。

風通しが良いところの紅葉は、とても綺麗でした。

神社4
     木漏れ日の間から見るとすごくきれい。

神社5
     「おか~さんの撮影技術には大いに問題が・・。」 おだまりっ!

50回くらい「かわいい」の言葉を背中に浴びて、くりはさぞいい気分だったことだろう。(いい気分なのは実はだんな。あんたが「かわいい」んじゃないよ!)
意気揚々と歩く歩く・・・ほとんど紅葉狩り競歩。

昼にはもう一回りしちゃったので、イタリアンジェラードでエナジー補給後、もう一箇所。
カーナビはないので、地図を頼りに近そうな“獅子ヶ鼻公園”とやらへ行ってみることに。

公園1
     シンボル?の木彫りの獅子。荘厳なトイレの入り口。

ここ森町は次郎柿の原産地。そこらじゅう柿畑でだいだい色。
この次郎柿、原木は江戸末期に百姓の「松本治郎吉」が河原で原木を見つけ、自宅に植えたのが始まり。
明治初期に火事で焼けちゃったが、翌年芽を出し、数年後には再び実をつけたそうだ。木のパワーはすごい。

ただ「治郎さの柿」が「次郎柿」になったのは、当時生産量が「富有柿」に次いで全国2位だったため、誤って「次郎」とされたとか。
昨年から本来の「治郎柿」に表記を改めたそうです。

公園2
     野性がよみがえる。

公園は山を登った所にあり、またまた貸切。
ってか、こんなとこ、1年に何人来るんだよ?
妙な壮年カップル(女は結構若い)が鳥メシおにぎりをベンチで食べていた。あの二人の関係が気になる。

公園3
     このつり橋はなかなか高い所にあって、スリルあり。

あまり人の手が入っていない森林というのは、なんと空気のきれいなことか。
深呼吸すると、某エアコンメーカーのぴちょん君くらいもあるマイナスイオンが、鼻の穴からじゃんじゃん入ってくる感じです。

公園4
     公園全部踏破する気力体力はちょっと・・・。

広場には、金属部分のみ新しいけど誰も使っていなさそうなフィールドアスレチックが。

この手のものを見ると年を忘れ、野性をよみがえらせてしまう私、ついついターザンまがいのことを・・・。
チョ~気持ちよかったのは、その遊具から手を離すまで。
見事に右腰をひねりました。ぎっくり・・じゃなくて、これは捻挫か?

マイナスイオンや木の気といえども、腰痛にはいまいち効果が期待できそうもない・・・。
自業自得です、ハイ。


では本日の「福」。
くり
腰は痛いが気分はサイコー♪

今日はもうひとつ。
安馬が日馬富士(はるまふじ)と改名し、大関に昇進。おめでたい♪
小兵力士、応援したくなります。
しかし、三役揃い踏みから日本人が消える日が来ないことを祈るよ。





テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

11月24日(月)  診断結果と政治家へのお願い。

この本・・・

本
 
一読・・というか、一通り自己診断を行いました。

結果は、B型度の強さからみてA~Dの4段階のうち、上から2番目のB。
“限りなく「典型的B型」と言われる人間に近い。でも人間が好きな人情派。”

べるぴー
     「よくイミがわかりません・・・。」

で、その結果をどう思ったか?という更なる問いに対する私の答えは、1~4のうち3。
“結果を読んで色々考えた。そういう自分もあるし、そうじゃない時もあって・・・と。”

で、その結果は
“そういうのもB型。”

よーするに、“人間だもん。B型だもん。色々あるもん。です。自分が決めた「B型」ってもんです。それでいいんです。”
・・・だそうです。

公園1
     「全然わかんないので、とりあえず山登ります。」

なんというか・・・予想通りの結末。
やっぱりB型である自分の説明なんて・・・ムリ。

変異型B、突発的B、交雑性B、極B型、B型原理主義、B型シャア専用etc.

とりあえず、私に輸血する時はB型(多分RH+)の血をお願いします。以上。

公園2
     「バカバカしいので、側溝飛びます。」
     道の真ん中を横断する溝も“側溝”なのか?

血液型や星回りなんかで人の性格やら運勢を診断するのって、なんだかな~とは思うけど(と言いつつ、一応やってみるのがB型かも)、ここんところの麻生VS民主党幹部のそしり合いを見るにつけ、「この人は○型だな・・」とかちょっと考えちゃったり。

学習院大を出て、実業家経由で政治家になったのに、あの程度の漢字を読み間違える麻生総理にもしっかりしてもらいたいけど、それを重箱の隅つつくみたいにいちいち挙げ連ねてはチクチクと嫌味を言う小沢党首や鳩山さん見てると、もっとイライラするよ!

そーゆーの、「政治」のうちに入るんですか?

『読めそうで読めない漢字』とか『漢字検定テキスト』でも麻生さんに贈呈して笑い飛ばすくらいのユーモアがほしいですよ。
そういう大人のイタズラもできないんですかねー、しちゃいけないんですかねー、日本の政治家は。

公園3
     「人間は鍛え型が足りない。」
     鍛え“方”だ!犬は漢字の使い方を知らない。

麻生総理には自覚を持って(これを望むのが一番無謀かも)自習してもらうとして、読み間違いを数え上げるヒマがあったら、いーかげんに「政治」をしてください!
年金、医療、教育、経済、少子化、軍事・・・山積した問題の解決に頭と時間を使ってもらいたいと思いますよ、いやまったく。

こんなつまらん話題ばかりニュースやワイドショーで垂れ流してたら、自国の恥を世界中に吹聴してるみたいでみっともないっす!

公園4
     蓮華寺池公園の木々は紅葉する前に落葉しちゃったですよ。
     「もう冬景色。」

ちなみに「国境なき記者団」が世界173ヶ国を対象にした「報道の自由度ランキング2008」では、日本は29位(前年37位)でアジアではトップだそうで。

1位はアイスランド、ルクセンブルク、ノルウェーの3国。
こういう国ではどんなテレビ番組やってるのかしら?

アフ
     「カエルが嫌いな人にも大画面でカエルを見せる自由。」
     向こうの隅っこで一人いじける黒ちゃん。


本日の「福」。今年初めて買った冬物。
帽子
毛糸の帽子。
編み物好きだけど、自分のもの編むのは嫌い。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

11月22日(土)  貸切紅葉狩り。

絶好の行楽日和・・・ということなので、山梨県身延町にある富士川クラフトパークへ行ってきました。
県外といえども、52号線は車も信号機も少ないので、2時間もかからずに行けちゃうのがGOOD♪

今年で3回・・あれ、4回目かな?
なぜかいつもこの時期に。

わけは、ここのヒマラヤ杉並木の紅葉がビュ~ティフォ~なのと、すごーい広くてきれいなのに、常時人口密度が低い・・・っていうか、土曜日でも午前10時頃なんかほとんど無人に等しい。

てなわけで、今年初の紅葉狩り兼くりの運動不足解消に。

パーク1
     風もなく、この時期にしては暖かで申し分ないお天気。

パーク2
     ポプラや桜は落葉しちゃってるけど、ヒマラヤ杉はちょうど見頃。
     紅葉って木の上から変色すると思っていたけど、この杉は
     てっぺんだけ緑のが数本ありましたよ。

パーク3
     あいさつ代わりに走る。

パーク4
     走ると腸の運動も促進されます。
     ちょっと、そんなとこでしないでよ!事後処理が大変じゃ~!

パーク5
     とにかく静か。落ち葉を踏むカサカサと言う音だけ。

パーク6
     黄色くなる楓もあるんですね。きれい。

パーク7
     あまり揺れない頑丈なつり橋。これをマジで恐がる亭主。

パーク8
     「そのリスが持っているのはこれ?」 これはクヌギの実かな?

パーク9
     「父ちゃん、今日は抹茶ミックスないの?」
     あんたの心配は「コーンをもらえるか否か」だろう?

パーク10
     お昼過ぎて、人も増えてきました・・・って、広場に10人程度。

くりはどこかに座ってまったりする・・ということが嫌い。
自分がおやつを食べ終わると(所要時間5秒以内)、我々が食べていてもうろうろし始めるので(躾ができていない)休憩時間などないに等しい。
2時間近く歩き回るはめに。

帰りに近くの日蓮宗の総本山・身延山久遠寺に寄ろうかと思ったけど、途中まで車で行ったものの、寺までの道のりがかなりキビシそうなので、すごすごと退散・・・。
後日改めて、リポビタンDとアンメルツ持参の上、かの有名な石段のぼりにチャレンジしようかと。


では本日の「福」。
パーク11
けっこうな紅葉狩り遠足でございました♪
あ、今日は「いい夫婦の日」ですか?そういや珍しく道中の喧嘩はなかったような。


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

11月20日(木)  ゆがんだ人間をつくらないためには?

近所にたくさんある寺付近に国内外の高級車がズラ~ッと並んでいるので、「なんだろな~?お偉いさんの法事かな~?」と思いつつ、くりと散歩していたら、賑やかに談笑しながある寺からゾロゾロ出てきたのは袈裟姿の坊さんご一行でした。

坊さんの寄り合いか?
皆さん、お顔の色艶もよいことで・・・坊主丸も○け(か?)

鶴丸
     どうしても壁にお尻をくっつけたい鶴丸坊ちゃん。なんで?

連日テレビをにぎわす厚生省元次官の連続殺人事件・・・もうほとんど映画かドラマの世界。

年金問題に不満を持つ人間の犯行なら、犯人は中年以上のはずでは?と思うけど、目撃情報では30~40歳くらいと結構若い。
映画のストーリーにもありがちな「異常な独りよがりの信条を持つ人間」なのか?

現職・元職の幹部や関係者宅に24時間体制の警備を敷くって言ってるけど、一体いつまで続けるんだろう?
一度こんな事件が起こっちゃったら、もう大丈夫、なんて断言できる日なんかこないでしょうに。
災難は忘れた頃にやってくる・・・。

日本の安全神話、カンペキに崩れつつある・・・な。

いもり
     「あたしってセクスィ?」by ともこ。
     本文と関係ない発言はお控えください。

そんなゆがんだ心を持つ人間を作らないために、先月、文部科学省が小・中学校用の道徳の副教材「心のノート」の改定案をまとめたと。

それがもう・・・苦笑と言うかなんというか・・・。

例えば規範意識の項目で、小学校低学年では「ともだちをたたいてはいけないよ」、高学年では「暴力はダメ」。
その他、「殺すな」「嘘をつくな」「いじめるな」etc.・・・守るべきまり、っつーか禁止事項を"イラスト交じり”(どんなイラストだ?)で記載。

有識者会議ではかなりもめたらしい。
「なぜいけないのかを考える仕組みになっていない」「家庭で教えることだ」との意見に対し、一方では「低学年には教え込むことが必要」との意見も。

この「心のノート」、2002年から配布されているそうだが・・・こんなこと、私が小・中学生だった頃、学校で習った記憶はないぞ。

くり
     指先にある直径8mmほどのボーロを伏せして待つくり。
     犬の教育もプロに任せる(人もいる)時代だしなぁ。

なぜいけないかを考えるって・・・今どきのお子様はわざわ学校の授業で考えないといけないのか?
習うことが多くて大変だな。

そういうことを思春期までによ~く勉強しないと、平気でオレオレ詐欺に加担する人間に育っちゃうのかしら。
オレオレ詐欺の犯人たちって、一様に「知らない人から金を騙し取っても罪悪感は感じない」と言うそうだ。
オヨヨ。

ちなみにオレオレ詐欺の1日の被害額、1億円だって。
オヨヨ×2。

アフ
     「今日は組み体操♪」
     本文と関係ない行動はお慎み・・・ま、いいか。



では本日の「福」。本文とはまったく関係ございませんが・・・
もんちゃん
少し前からたまに聞こえるちょっとハスキーな「ぐわぁ」という声の主、この方であることが判明。
カエルになって半年で鳴き始めるのは早いのか、遅いのか・・さぁもんちゃん、じゃんじゃん発声練習して、リッパな男になってくれたまえ!

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

11月19日(水)  感動の法則。

芸術の秋・・・なぜ「秋=芸術」なの?(あ、もう冬ですか?)

芸術作品の鑑賞にも製作にも、とんとご無沙汰なとんがりねずみでございます。

キルト
     いただき物の“裁断済み生地”で久々にパッチワーク。
     あまりにも簡単すぎる芸のないパターン・・・。

もう何年も、「すごーい感動した!」「わけもなく涙が・・・」といった映画やテレビドラマに出会っていない。
“ワタクシが”集中して観ていられるだけの興味をかきたてる作品がないのだ。

・・・と思っていたら、こんな記事を目にした。

書いたのはフリードリヒ・クラーク協会理事長でフルート奏者でもある石原利矩氏。

<感動の法則>
感動したからといって作品が優れているとは限らない。
感動しなかったからといって作品が優れていないは限らない。 

補足=感動はきまぐれだ。

くり1
     「感動はわがまま・・の間違いじゃ?ふわぁ~~~」

ご馳走は食べたものが勝ちで、鑑賞は感動したものが勝ち、とも。

勝ち負けはさておいて・・・確かに食事をしても「すっごく美味し~♪」と思いながら食べれば幸せ度もUPするし、映画や絵画を観ても「あぁ面白かった」「なんて綺麗」と素直に感じれば、その後の気分は明るく軽くなるだろう。

ところが・・・こう認識するのは不本意なのだが・・・最近感性が鈍ったような気が・・・。

かかし
     毎日こんなもん見ているせいかな?
     近所の田んぼに立つ恐怖のマネキン案山子。おばちゃん、早く撤去してっ!

毎日忙しかった頃は、わずかな余暇をありったけの好奇心とパワーで楽しもうと努力・・いや、努力しなくてもホントに楽しめたけど、失職し、しがない子無し専業主婦になり下がってからというもの、どーも時間がありすぎるせいか、一瞬を大切にしなくなったがゆえに、全身全霊で集中して楽しむことができなくなったような気がする。
(ただし、対象が生物である場合においてはこの限りではない。)

いかんなー、これは。

・・・と思っている所へ、自分のブログのプラグインにある「コトコトのヒトコト」で、目からウロコのようなすばらしい(!?)言葉を目にした。

本田技研の創立者、かの本田宗一郎氏の言である。
「芸術でも技術でも、いい仕事をするには、女のことがわかっていないとダメ!」

そーか!

きっと私はここのところ、「女のことがわかっていないもの」ばかりに接していたに違いない!

くり2
     「勘違い、はなはだしいような・・・。」

うん、そうだ。きっと。
そう思うことにする。


本日の「福」。
くり3
快晴。
この空の色、感動。


テーマ:思いついたこと・言葉など - ジャンル:学問・文化・芸術

11月18日(火)  国を愛する、同朋を愛する・・・とは何ぞや?

愛国心とか民族同朋意識って、よくわかりません。

べるぴー1
     あっ、べるぴーが怒ったフグみたいにパンパンです!

愛国心の誇示が国民的十八番なのはなんてったってアメリカ、民族同朋を声高に叫ぶのは中国と南北朝鮮。

どっちも日本人には極めて希薄な感情だと思うんだけど。

べるぴー2
     脱皮は後ろ足からするのが基本のようです。

つい先日、『紅いコーリャン』『さらば、わが愛ー覇王別姫』などで国際的にも知名度の高い中国人女優、コン・リーさんがシンガポール人男性と結婚し、中国籍を離脱したことで、中国のネットは炎上しているらしい。

彼女は中国を代表する文化人として、かつては国政諮問機関の委員を務めたこともあるせいか、ネット上には「売国奴」「裏切り者」などと非難が殺到。
彼女の映画ボイコット論まで出ているそうだ。

なんでそーなるの?

中には「シンガポール人と結婚したのだから国籍離脱は当然だ」との至極正常な意見もあるが、極めて少数派。

外国人と結婚してだんなさんの国籍に移籍したら、なんで売国奴で裏切り者になるのよ?
彼女はスパイじゃないんだし・・・わからんなー。

べるぴー3
    「ん~~~~~っ」 満身の力を込めて・・・脱皮は力技ですか?

一方韓国では、ここのところ若い芸能人の「ネットいじめ」を苦にした自殺が相次いでいる。

なんでも韓国にはワイドショーなるゴシップ番組がないので、くだらない中傷や子供じみた悪口はダイレクトに本人に向けられるらしい。
「アンタ整形したでしょ?」とか「借金してるでしょ?」とか、実に低次元のイジメ。
ったく、「整形大国」韓国で、今更何を言うかって感じよね。

べるぴー4
     「ほっとくと誰かみたいに“面の皮”も厚くなっちゃうからね、
      脱がないと。」 誰のこと?

そのくせ、多くの韓国人を拉致したまま返さないような北朝鮮とは仲良くしたがる人がいっぱい。
逆に拉致被害者家族会の人たちの方が、非難を浴びたり会社を解雇されたり。

南北統一を叫ぶ人々とネットいじめに精を出す人々が“ダブっている”かどうかはわからないけど・・・やっぱわからんわー、どっちの心理も。

アメリカ人の愛国心にも「わが国が一番強い!世界はアメリカ中心に回っているんだ!」みたいな傲慢さも少なからず含まれているような・・・。

先日アメリカの経済学者へのインタビューを聞いて驚いた。
サブプライム問題発の世界的金融危機も「てめぇらが元凶だろう!」と他国民は思っているのに、当のアメリカの経済学者たち(5,6人)は一様に楽観的で、3~5年もすりゃ元に戻ると。

その自信の根拠はなんなんだ?

べるぴー5
     「あ~~~~疲れた・・・。」

「群れる」のが苦手な私には、愛国心も同朋意識もかなり・・・いや著しく欠乏しているような気がしなくもない・・・。

でもその二つの感情って、過剰になると紛争や殺人に発展しそうで・・ちょっと恐い。

べるぴー6
     一皮向けて、爽やかなお顔に♪


本日の「福」。胃の不調を診てもらったついでにこれも。
ワクチン
これで今シーズンも安心♪・・・と思うことにする。
ワクチン打っても毎年インフルエンザにかかる友人がいるので、信用度は・・・いやいや、信じるものは救われるのだ。








テーマ:つぶやいてみる - ジャンル:その他

11月15日(土)  一生に一度の一大事。

テレビをつけたら、たまたまNHKのアーカイブスに出ていた小椋圭さんが言っていた言葉が心に残っています。

「カタツムリ 登らば登れ 富士の山」

いくつになっても、成功する見込みがなくても、自分が目指す道の途上に身を置くことに意義がある・・・と言うことだそうです。

障害を持つ次男と自分の抱える病、そして(元)銀行員とシンガーソングライターという二足のワラジ・・・苦労人というか、努力者の言葉には重みがありますね。

で、そんな重みをかみ締めつつ、どーしても本日中に決行すべき一大事を成し遂げるために、とある場所へ。

神社1
     近所の護国神社。相変わらず殺風景。
     私の身内に戦没者がいないのは幸か不幸か・・・。

神社2
     今日は一張羅でおめかし。くりの持つ唯一「女らしい」服。

イチゴちゃん柄ワンピースまで着せる一大事とは・・・一生に一度しかない娘の7歳を祝うために、七五三の千歳飴を買う、こと。
人間年齢に換算するとリッパな中年だけど。

いいのだ、この先の健やかな老後を祈念するのだ。

神社3
     ち、ちょっと!飴、いらないの?
     「どーせ私はもらえないじゃん。フンだ!」

飴
     このカメ、めでたいけど目つき恐すぎ。顔がトカゲ系だ。

毎年この時期には菊花展も開催中。

菊1
     細い花びらの管物(くだもの)。

菊2
     肉まんシルエットの厚物(あつもの)。こっちの方が好き。

菊3
     ラブリーなアレンジ菊をしけた面で台無しにする犬。

5歳の時は、たまたま11月に行った小田原城の中にある二ノ宮尊徳(金次郎)を祀った報徳神社(だっけ?)で七五三を祝いました。
そこで買った千歳飴、金太郎飴本舗が作っていて感激しましたよ。(感激するほどのことか)
しかも300円という破格の安さで。(こっちの方が感激)
 
神社4
     護国神社の池。そろそろ平地にも紅葉の季節が。

というわけで、めでたく「大願成就」。


本日の「福」。
神社5
くりにとっては「福」じゃないけど、私の大願(!?)は成就し、満足です♪
「せめてひと口、舐めさせてください・・・」by くり。

今日はもうひとつ。
伊達
クルム伊達さん、全日本選手権で天晴れな優勝!
アラフォーの星だ!! おめでと~~~!! 


テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

11月14日(金)  フツーで上等。

年々季節の変化に「肉体が」敏感になり、どこか壊れると雪達磨式に次々と壊れ、回復には手間取り、調子がいいと思って油断するとぎっくり腰になり、冬になると顔やかかとが砂漠化し・・・年月の経過とは正直・・・というより、むごいものだ、などと気弱になっているとき、某新聞のコラムでこんな記事を読んだ。

『みにくい年月ゴマカシ』

くり
     おまえは白髪が目立たなくていいなぁ。

書いたのは、絵本「100万回生きたねこ」の作者・佐野洋子さん。

一部抜粋してみます。

「 年月に逆らう生き物がいるだろうか。
  がんばっているのは屋久島の屋久杉くらいではないだろうか。しかしあれはがんばっているのではなく、天寿の全うを生きているのである。
  しかし人間は年月に逆らって生きるのが、値打ちがあるらしく、いつの間にかそうなった。
  テレビを見ていると、広告だけのチャンネルなどある。ほとんどが美容、それもいかに年月のゴマカシをうまくやるかに尽きていると思う。

  ・・・・・中略・・・・・

  90過ぎのじいさんが冬山に死に物狂いで登ったり、海の中に飛び込んだり、鉄棒で大車輪をやったりする。
  そして年齢に負けない、と大きな字が出てくる。
  
  私はみにくいと思う。年齢に負けるとか勝つとか、むかむかする。
  年寄りは年寄りでいいではないか。
  こんなばかげて元気な年寄りがいるからフツーの年寄りが邪魔になるのだ。

  実に若々しい女を知っている。60近いが10歳は若く見える。中身はもっと若い。そのへんのネエちゃんと同じである。
  “ねぇ六本木ヒルズ行った?”“表参道ヒルズ行った?” 行くわけがねぇだろ。
  その女の年齢相応の中身は、外見と同じに無いのである。

  ・・・・・中略・・・・・

  一生の一瞬の光が人生の永遠の輝きである事もある。そして人は疲れる。
  引力は下からくるから皮膚は下方に向かって落ちてきて、70年も毎日使えば骨だって痛む。しかし、しわだらけの袋の中には生まれて来て生きた年齢が全部入っているのである。

  西洋は若さの力を尊び、東洋は年齢の経験を尊敬し、年寄りを敬い大切にする文化があった。そして静かに年をとり、年寄りの立派さの見本がいつもいた。私はそういう年寄りになりたい。」

うぱ
     「私も自然の摂理のままに生きました。」
     あなたは最期まで子供のように愛らしかったわ・・・。

人間の価値観は多様で自由だから、若々しく見せようとがんばるのも別に悪いことだとは思わないし、がんばれる人はうらやましくもある。
でも、それだけのパワーを持ち合わせていない人間にとって・・・「年寄りは年寄りでいいではないか」・・・己の先の人生を考えた時、なんだか救われた感のある言葉に思えた。

問題なのは・・・自分は元来無精者なのだが、友人、知人にはオシャレで妙に元気な人間が多々いること。
このままじゃ、私だけがババァ街道まっしぐら・・・ってのもなかなかつらい。

この、他人と比べてしまう未練がましい気持ちを克服できた時、私にも「リッパな年寄り」への明るい道が開けるのだろう。

うだうだ悩む私はまだまだ若いってことかしら♪・・・違いますね。はい。

かめ
     「お先に逝かれるようでしたら、私たちの処遇、ちゃんと
      考えといてくださいよ。カメの生涯は長いですから。」 ははっ。


今日はがんばった。誰も褒めてくれないから、自分で自分を誉めてあげる。
本日の「福」。
床
家中のワックスがけ終了!
ピッカピカ~~~~♪・・・といいたいところだが、正直に言うと、ホコリと汚れをワックスで封じ込めただけだったりする・・・。
ま、いいさ。どうせだんなはワックスかけたことさえ気付かないんだから。 





     

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

11月13日(木)  言行不一致な私。

昨日は午後くりの散歩から帰ると同時に雨がザーーーッ。ラッキ~♪

某テレビ局の占いでは、昨日一番ついてないのは“ふたご座のあなた”(私はふたご座)って言ってたけど、やっぱあんなもんク○食らえ!だわ。

占いも信じない派の私。

うぱ
     「皆が知りたい重大事は誰も占いませんからねぇ。」
     あら、うぱ、お久しぶり♪あの世の住み心地はどう?

とか言いながら、実にくだらない・・・いやいやこの言い方は筆者に失礼だし不適切だ・・・実に・・・脳をリラックスさせるような本を買ってしまった。

不適切と言えば、昨日の兵庫県知事の「関東大震災が起きればチャンスだ」発言にはたまげました。
非難されても「なにが悪いんだよ」と開き直り。
あまりの非難の多さに今日になって発言撤回してましたが、今更白々しいったら・・・。

田母神幕僚長といい、国や組織のトップに立つ人の“居直り発言”付き不適切発言の連鎖・・・次は誰が何を言い出すのか、楽しみになってきましたよ。

もう子供の教育がどうのとか言ってる場合じゃないっすね。
「言っちゃダメ」ってのは言論の自由に反するけど、TPOをわきまえないお偉いさん、増殖中ですか?
困ったもんだ。

うめ
     「か~さん、話がそれてるぞ。」 はっ、そうでした。

そうそう、占いなんか信じないと豪語しつつ、こんな本を買ってしまいました。
しかも、コンビニで。

本1
     
去年辺りからかなり人気らしいので、ご存知の方も多いと思いますが・・・。
先日会った友人がO型とAB型のを持っていたので、思わずベビースターラーメン小袋etc.と一緒にレジへ。

表紙にはこんな図が。

本2
     表。

本3
     裏。

なんか・・・この図だけで十分私を表現しているような気が。

著者はJamais Jamais氏。
てっきり外人と思ったら「じゃめじゃめ」と読むそうで、なんだ、日本人じゃんか。
某大学の工学部をリタイアし、美大の造形学科で再スタートを切り、現在の生業は建築設計だそうです。

なぜ設計士がこんな本を?
脳内の構造から割り出したのだろうか。
まぁ本とはいっても、箇条書きの短文にチェックを入れていくアンケート形式なのだが、項目はかなり多い。
心理学者や精神科医が執筆したのならたいして目新しくも感じないが、まったく異分野の人による分析(?)が新しい。(意味不明な点、多々あり)

せんちゃん
     頭と手はすっこめ、足だけ投げ出して寝るホシガメって・・・。
     野生ではやっていけないでしょうねぇ。

私のブログを見に来てくださる奇特な方々の中にも建築設計関係の方がいらっしゃるようなので、その方にもカメ以外の副業で一山当ててもらおうかと、ちょっと紹介してみました。

ひまでひまでしょうがない人にはオススメの1冊。
いや、一気に読む必要はないので、超多忙な方でもOK。

まだ全部チェックしてませんが・・・終わったら余計B型の自分がわからなくなる可能性、無きにしも非ず。


では本日の「福」。通販はお得♪
サーモなど
カメ用紫外線ライトと、水槽住まいの皆さん用にヒーター&サーモスタッドお買い上げ。
店で見た値段の半分くらいで買えちゃった♪

アフ
     「わたしら、5℃まで大丈夫(だそう)でっせ。」

ま、備えあれば憂いなし。我が家の1階はかるく10℃以下になりますから。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

11月12日(水)  日本プロ野球を憂う。

オバマさんが大統領になって小浜市は大フィーバーなのに、麻生さんが総理になっても麻生区(川崎市)が盛り上がらなかったのはなぜでしょう?・・・ま、盛り上がる理由はないか。

政界は相変わらず揉め事ばかりで盛り上がりに欠けますが、今年の日本シリーズは白熱戦続きで、久々に盛り上がったようですね。(他人事)

野球ファンにもショッピングマニアにも目の離せない試合展開。
どっちにも関心薄な私は、いたって平穏な日々でしたが。

タオル
     楽天が出ていれば、私も盛り上がったはずですが・・。

結果的に西武が優勝したことで、ショッピングマニアの方々にとっては万々歳だったことでしょう。
西武デパートの中は、無差別級の格闘技場と化していました。

ああまでして何を買いたいのか?
本当に欲しい物があるのか?
とりあえず買い物戦争に参戦し、ストレス発散することに意義があるのか?

私には皆目理解できませんよ、開店前にデパート前に並ぶ人々の気持ちって。

麻生さん、せっかくの給付金もバーゲンセールに消えてしまうんじゃないでしょうか?
あ、でもそれはそれで、お金が回るという意味では経済効果につながるのかしら?

アフ1
     意味もなく登場。難しい問題を和らげる貴重なヒトたち。

野球と言えば、先月でしたっけ、プロ野球実行委員会が選手いじめみたいな規約を決定したの?

“ドラフト指名を拒否し、海外でプロ活動した選手に対しては、日本に戻っても2年間(高校生は3年間)はプロ野球界に受け入れない”

新日本石油の田沢純一投手が、米メジャーリーグ挑戦表明をしたことで急遽適用を決めたらしいけど・・・どうなんでしょ、これって。

アフ2
     この角度はとても可愛く見えます。・・そう思いません?

日本のプロ野球組織が有望な選手の海外流出を懸念するのはもっともなことだけど、こんなやり方で若者の夢や人生を左右してしまうのって、なんだか人権無視というか、反民主的というか・・・。

そもそも若手が日本のプロ野球界に魅力を感じなくなったのはなぜか、そっちを先に考えるべきじゃないかと思うんですが。
近年野球中継もめっきり減ったし、巨人戦ですら悲惨な視聴率を維持。なんでじゃ?

「流れ出るなら力で食い止める」「出る杭は打つ」みたいな、あまりにも対症療法的な措置。

アフ3
     「色は違えど、仲良くやってます♪」

メジャーへ行きたがる人が増えている原因のひとつに、国内球団にはまだ認められていない時期にメジャー球団は選手に接触できるという現状があるそうだ。

スポーツライターも言ってるけど、抑止すべきはメジャー球団の活動で、まずメジャー球団側と話し合いをした上で国内ルールを制定するのが本来の手順ではないかと。

このたび適用が決まった規約みたいに、選手側に制裁を加えるようなルールって・・・やっぱり何か違うよなぁ。

くり
     「関心ないのに、イチャモンは付けるのね・・・。」
     ただの主婦は、何を言っても幕僚長みたいに怒られないのだ♪

この規約を決めたメンバーの中に、ナベツネが入っているのは間違いないな。
(行間・・・「あのじいさんをどうにかしろ!」)
憎まれっ子、世にはばかる。


では本日の「福」。朝一で美容院行ってすっきり♪
2008_1112写真0035
すっきりと言っても前髪1cm切ってカラーリングしただけですが。
(上はイメージ写真です。・・・って実物のイメージはまったく違いますが。)



テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

11月9日(日)  水族館は楽しいよ♪

昨日は朝から雨で散歩にも行けなかったので、優良(てか有料)屋内レジャーを楽しむべく、隣の区にある東海大学・海洋科学博物館へ。

博物館とは言っても、ま、水族館です。
2階に化石や標本、模型、シアターなどもあるけど、一般人の興味を引くのは難しいと見えます。

アンコウ
     「僕も見て!」 ホルマリン浴を楽しむチョウチンアンコウさん。

深海探査船の撮影した映像は面白く、前回来た時は30分以上“貸切”で楽しませていただきました。
今回は、愛読書『へんないきもの』で予習していったので、見知った生き物も多数登場し、学習効果を実感。

それでは、ペット入場可の奇特な館内をご紹介。

入り口
     「それでは行ってきます♪」

?
     いきなりへんないきもの登場。なんじゃこれ?

うつぼ
     うつぼの目線で見たくり。

試験管
     直径3cmほどの試験管内にお住まいの皆さん。生きてます。

シロワニ
     水族館にワニが居る!“シロワニ”と言う名のサメ。

くらげ
     おなじみのミズクラゲ。ガン見してたら酔いました。

エビスダイ
     ここで研修中だったさかなクンが、落ち込むと会いに来たと言うエビスダイ。
     彼はこのタイがむちゃくちゃ好きらしいです。

いわし
     マイワシの大群。どこの世界にも“ひねくれ者”がいます。
     でもこの大群の作り出す水流に逆らうって・・・すごい泳力。

クマノミ
     ニモがいっぱい♪不思議そうに眺めるくり。

きりがないのでこの辺で・・・。
 
八景島や名古屋港、大阪など大きな水族館に比べるとかなり観賞魚ショップに近い気はするけど、調教された動物のショーがメインになっているような感のある昨今の水族館より静かだし、癒され度は大だと思います。

ただ・・・隣で見ていたオッサンが、「この魚は刺身にすると美味い。これは甘辛く煮るといい。それは塩焼きが・・・。」と、事細かに解説してくれた(別に私たちに向かってじゃないけど)ので、この日の夕食は“お持ち帰り寿司”になりました。


ではこの日の「福」。
ポスター
わ~~~~「国際カエル年」のポスター発見!はじめて見たぞ。
でもあと2ヶ月足らずで終わっちゃうよ~。
宣伝に気合が入ってないから、ほとんどの人は知らないでしょ、「国際カエル年」。

アフ
     「来年も継続しちくり♪」



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

11月8日(土)  崖っぷちのポニョとうちのカエル。

バマ氏が・・いや、オバーマ氏がとうとうアメリカ史上初の黒人大統領に。

これでアメリカ経済は持ち直し、イラク戦争が収束に向かうといいんですけど。

オバマ
     アメリカって、いつでもどこでも一家総出。家族の絆アピール?
     しかし・・・どうみても奥さんの方がたくましそう。    

小浜市は「あんたらアメリカの民主党員か?」みたいなテンションでお祭り騒ぎ状態ですが(フラダンスまでして・・・なんだかな~・・・)、オバマ氏が大統領になっても、世間一般の期待に反し株価は上がらず。
このアメリカ発の金融危機が、思わぬところで相当の被害を招いているようで。

ポニョ1
     ポニョ。

7月の封切をひかえ、大ヒットの予感が高まると、東宝株に“ポニョ”効果が表れ、株価は7月15日の2045円から9月10日には2360円まで跳ね上がった。
興行収入も公開1ヶ月で100億円を突破。

ここまでは市場のシナリオどおりの展開だったらしい。

ところが世界的な金融危機を背景にした急激な株安で、東宝株も一気に下降。
よくわかんないけど、評価損やらなんやらで、2009年2月期の純利益も予想の13%減に下方修正。

簡単にいえば「株安の大波でポニョ効果は一気に消滅した」ってことらしいですよ。
この経済パニック、一体いつまで続くことやら・・・。

ポニョ2
     続編「崖っぷちのポニョ」  Help her!

さて、話を軟化させましょう。
昨日でもんちゃん(正式名 悶悶)がうちに来て半年になりました。
当初は「矢印」みたいな15gのガリガリベビーでしたが・・・

もんちゃん1
     第1印象「ヘンなカエル・・・」

今じゃすっかり貫禄もつき、72gのこんなリッパな

もんちゃん2
     座布団に・・・。

鶴丸坊ちゃんはちょうど2ヶ月。
拒食で困りましたが、この頃は食いつきも良くなり2倍に増量。

鶴丸
     11gのチビスケも22gになり、丸々してきました♪
     チビのくせに目つきが挑戦的です。

一番の古株となったべるぴーは10ヶ月。
11gからいまだ4倍にもなってません。もんちゃんに抜かれてしまいました。

べるぴー
     「山椒は小粒でピリリと辛い、のだ!」 
     確かにあなたの行動は凶暴・・いえ、機敏です。はい。

8月末に、美声を聞かせてくれていたし~ちゃんが他界し、静かな日々を送っていたのですが・・・数日前から聞こえるんです、たまに。
「ぐわぁ」・・・一声、二声。
カエルたちの方を見ても、みんな「何か?」みたいな知らん顔を決め込んでいる。

さて・・・声の主は・・・うぷぷ、楽しみ♪


本日の「福」。久しぶりに行ってきました。
水族館
毎度の事ながら、我を忘れて水槽に張り付いてしまい、後ろの子供をシャットアウトしてしまう自分を反省しなければ・・・。
あの「さかなくん」も1年間ここで研修を受けたそうです。
水族館の様子はまた明日。






     

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

11月7日(金)  ミエナイチカラ。

先週金曜日、3ヶ月ぶりに指圧&針をやってもらったんですが、溜め込みすぎて1日では落ちきれなかった邪気を払いに昨日も行ってきました。

が・・・夜、思いっきり寝違えて、今日はいっそう重症の肩こり&首痛(涙)。
あ~~~~~ソンした感じ。って自分が悪いんだけど。

くり1
     「おか~さんは毎晩夜中に布団の中で暴れてるし。」
     エブリタイム エクササイズ!なのよっ!

指圧師は高校の同級生(♂)なので、施術中もしゃべりっぱなし。
ストレス解消にもなります。

ワタクシ、自称・無神論者なので、神様系の目に見えないモノは今一「なんだかな~・・・」と思っちゃうけど、B'zの歌じゃないけど「ミエナイチカラ」みたいのはあるような気がします。

で、昨日指圧師の彼とそんな話をしました。

彼が夏休みの九州旅行で、鹿児島の霧島神宮へ行った時のこと。
そこにはご神木とされる樹齢約800年の杉の大木があり、それに触れると“木の気”をもらえるというので、抱きついてみたところ・・・

杉
     件のご神木。花粉症の時期は避けた方が無難?

あ~ら不思議!
日頃他人の邪気をたっぷり体に浴びているため、肩から背中がどんよりとしているという彼、みるみるうちに背中がスーーーっと軽くなっていくのを感じたそうです。

その帰りに、タクシーの運転手さんに教えてもらった飲み屋へ一人で入ると、ママさんが開口一番「あら、あなた随分スッキリした顔してるわね」と。

そのママさん、いわゆる“何かが見える”人だそうで。

ほーーーー、そんなことがあるものか、と思いました。

確かに森林浴って、身も心も洗われるというか、深呼吸したくなるような気配を感じますが・・・1本の木の力でねぇ・・・ほーーーーー。

くり2
     「信じてるの、ホントに?」 そりゃもう。

実は先日偶然に、京都のある神社の神主さんのブログで、木にまつわる話を読んだばかりで。

なんとありがたいことに、どんな樹木でも毎日人が拝んでいれば、自然にそこに神が宿るそうですよ。

じゃあ毎日庭の木を拝んでいれば、家に居ながらにして木から気をもらえるのかしら・・・?
神が宿るには、どのくらいの年月が必要なのかしら・・・?
木の種類は何でもいいのかしら・・・?
なんて拝めばいいのかしら・・?
こういう時、不信心者には心得がないので困ります。

興味をそそられた方はこちらをどうぞ。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-473.html

ご本尊
     ご本尊様くらい、我が家にもあります。
     蓮の代わりにミャンマーの漆塗りの椀に乗った“お願いガエル”様。

もんちゃん
     「それは偶像崇拝では?」 まぁ固い事言わずに♪

でもなー・・・無神論者と言いつつ、寺社参詣が好きで各地で無銭参拝している私のところへなど、木の精は降りてきてくれるのかしら・・・?

「信じるものは救われる」。
確かに“拠りどころ”を持つ人は、精神的にタフな感じはします。
私も「ミエナイチカラ」、信じたい・・・とは思う。


では本日の「福」。ツワブキ咲いた♪
ツワブキ
チョー日当たりの悪いうちの庭で、拝まなくても手入れしなくても毎年勝手に咲いてくれる貴重な植物。
ありがたやありがたや~♪
つるバラの陰で放置プレイに耐え、雑草魂でたくましく生きるツワブキの生命力に乾杯!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

11月5日(水)  おばさん未満。

昨日、私のブログのプラグインにある「コトコトのヒトコト」をご覧になった方、覚えておいでだろうか?

「女が衣服を身に着けるのは、それを脱ぐためである。」

イギリスの哲学者・倫理学者、ジョージ・エドワード・ムーア氏(1873年生)の言葉。
・・・ちょっと、これ、どういう意味よ?
哲学的、倫理学的にはどう解釈すれば?

じゃあ男が服を着るのは何のためよ?
哲学専攻の方、どなたか教えてください。

獣医
     土曜日、フィラリアの薬をもらいに獣医へ。
     「父ちゃん、会社でこんなコト言わないほうがいいよ。」

先日も書いたように、ワタクシ、相変わらず「読書する気にならない秋」なのだが、なぜか新聞の書評には目を通す。

どうせ本なんか1回読んだくらいで全て頭に入るはずもなく、あらすじ読みゃあ十分・・・なんて言ってはいけませんよ、皆さん。

で、最近気になる・・・けど、気にしたくない1冊を発見。

『おばさん未満』

書いたのは「自分がいつおばさんになればいいのか、そのタイミングを掴みかねている」という40代初めの酒井順子氏。

河川敷1
     獣医の後は河川敷で老化防止にひとっ走り。

若者と中年のあいだ・・・もう「若い女性」ではなく、まだ(望むべくは)「おばさん」でもないという、昔は存在しなかった中間地帯。
今、こんな自意識を持つ女性(男性も)がわんさか群れをなしているという。

この中間世代、自分が年齢を自覚していることを示しつつ、いわゆる「痛い」行動をしないようにも気をつけつつ、さらには外見は老け込まないように・・・というバランスを保つことが要求されるそうだ。
う~~~~ん・・それは難しい。

私も近所の年上の奥様方には気軽に「ねぇおばさん」などと話しかける一方で、近所の子供たちからは「ねぇおばちゃん」と話しかけられる。
10年前ならムッとしたが、もうなんとも思わんよ。
だって、彼らのおかーさんは私よりかなり若いし・・・。

河川敷2
     たまには横向きで走ってみる。(横から撮ってみる)

中年女の団体というのは、店自体を格好悪く見せてしまう客・・・。
世捨て男は哀愁が漂うが、世捨て女に漂いがちなのは、悲しいかな腐臭・・・。

この強烈な自虐的文章。
しかし、不本意ながらうなづかざるをえない気も。

河川敷3
     「父ちゃんが謎の小部屋に入った。なかなか出てこない。」
     最低ドア閉めろよ!

今の女性って、服装や髪型だけ見れば年なんかわからないじゃん?
でも行動様式で年がバレちゃうのよね。(はい、自分も含めます)

こういった女だけに限らない「年齢意識のあいまい化」は、一種の社会問題にもなりつつある・・・とある大学准教授は述べている。
グローバル化した競争社会で、「個」の確立と自立が強く求められる一方、「萌え」にみられるような幼児期への固着も市民権を得てきた今、望ましい「成熟」のイメージに向けての試行錯誤が続きそうだ、とも。

河川敷4
     日暮れが早くなりました。秋の陽はつるべ落とし。
     3時過ぎるとあっというまに夕暮れが近づいてきます。

う~~~ん、あいまいな年齢意識・・・成熟のイメージ・・・若さと若々しさの違い・・・。
最も自覚しなければいけないが、最も自覚したくないことかもしれない。

そうこうしているうちに成熟期を通り越し、老齢期になり、気が付いたら墓の下。
あ~こりゃこりゃ♪


では本日の「福」。
さざんか
早咲きの山茶花がちらほら咲き始めました。
山茶花・・・椿のように潔く花ごとポロッと落ちず、花びらがバラバラと散る様子は、なんか徐々に衰えていく己を見ているようで切なくもあり。

でも剪定成功したから、今年はたくさん咲くぞー!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

11月4日(火)  諸行無常は常時倹約で乗り切ろう!

あの小室哲也が5億円詐取容疑で逮捕。
オヨヨ。

ここ数年見かけないな~と思ってはいたけど、まさか詐欺をするほど金に困っていたとは笑止千万・・じゃなくてびっくり仰天。

絶頂期の頃のインタビューで、レポーターの「今後の抱負は?」みたいな問いに、「この状態がずっと続けばいいなぁと思って・・・」って答えてたけど、本人は今日のような日が来ること一度たりとも想像したことがあったのだろうか・・・。

諸行無常。盛者必衰。
小室さん、平家物語、学校でまじめに勉強しませんでしたね?

そこいくと、常時貧乏、諸事倹約な我々、昨日も逮捕されることもなく平穏な連休最終日を過ごすことができまして、ありがたやありがたや。


蓮華寺池
     定番散歩コース、蓮華寺池公園。
     この花・・・サンパチェンス?インパチェンスの間違いでは・・・。

今日はちょっと豪遊。
1人“300円も”払って秋のバラを見に。

バラの丘1
     島田市のバラの丘公園。
     このステッカー貼っていれば出入り自由です。

バラの丘2
     全体的には3,4分咲きってとこか。つぼみ多し。

バラの丘3
     秋バラがこんなに背が高いなんて知らなかった。
     花が見えねぇじゃないか!と己のチビさを棚に上げる。

バラの丘4
     黄色はお気に召しませんか?

バラの丘5
     オレンジも気に入らないのかっ!?

バラの丘6
     ピンクが好きらしいです。

バラの丘7
     バラの花の中からまた蕾が・・・不気味だ。
     「幸運なアヒル」という名のバラ。2度花が咲くから?

このバラ園、市営だったけど、経営難で民営化されたそうで。
そうしたら山の上に続く散策路が整備され、なかなかの急勾配で足腰の鍛錬にはいいかも。

バラの丘8
     眼下に広がるのは田畑。晴天ならもっと気持ちいいでしょう。

この後、いきなりブラスバンドが大音量で生演奏を始めたので、くりは大パニック。
早々に退避するはめに。
バラにブラスバンド・・・いかがなものか。ラッパ系はちょっと・・・。

てなわけで、昨日も1日平穏でした。


では本日の「福」。どうにかゲット!ニッソーのプラケース(小)。
プラケ
鶴丸坊ちゃんがスクスク成長しているので、そろそろ大きめのケースを・・と思い、あちこちホームセンターへ行くも季節柄すでに売り切れだったり、残り1個はひびが入っていたり。
チェーン店で、他店に在庫確認をしてもらい、「お取り置き」までしてようやくゲット。
自分やだんなのものだったらすぐにあきらめるが、カエルのためなら地の果てまでも。健気?バカ?





テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

11月2日(日)  休日は「静」を求めて・・・。

今年で何回目?毎年11月最初の連休、静岡市中心部は「大道芸ワールドカップ」一色。
我が家は・・・初回に1度行ったきり。
人ごみはノーサンキュー。「見てるだけ」ってのも退屈。

なので、絶好の行楽日和の連休中日、我々はディズニーランドへ~♪・・・なんて白々しすぎるウソはやめよう。
相も変わらず飽きもせず、吉田公園へ。

公園1
     食欲の秋(じゃあ1年中秋だ)、おにぎりの“海苔”をガン見。

公園2
     「隙あり!」
     今日はえるざちゃんのママにいただいたおニューのシャツ♪
     裏についていたラベルがイケてたので、表に付け替えちゃった!

駐車場に大型バスが3台も停まっていたので、幼稚園の遠足か、グランドゴルフ大会か・・・やな予感。
でもそのわりには静かだな~・・・?

学童保育の遠足だったけど、全員「早弁中」。(我々も・・)
おかげで芝生広場で気持ちよく運動できました。ラッキー♪

公園3
     やはり気温が20℃を下回ったら走り出しました。

公園4
     狂い咲き。「サツキツツジ」だって。
     サツキなの?ツツジなの?ハーフってこと?

いつものコースで静波へサーフィンを見に行ったんだけど・・・。
なんなの、今日は!?

静波
     オヤジの海。

サーファーは皆無。
全員釣り人じゃ~~~ん!!
総勢50人くらいか・・・平均年齢はかなり高そうだ。

キスが釣れるそうで。
20年余この海と付き合っているが、こんな光景は初めてだ・・・。

今日はさらにハシゴして、オヤジプレイヤー・・・いやいや、ベテランプレイヤーたちのお遊び・・じゃなくてアメリカンフットボールの練習を見に。

グランド1
     ユニフォーム姿の連中はピチピチの高校生。
     ベテランたちの写真は・・・ピンボケボケでした。

しかし、熱いのは若者たちよりむしろおじさんたち。
くりの主治医氏も一員なのだが、先週の試合でのケガが化膿して腫れ上がり、高熱が出て点滴まで打ちながらも・・・見てるだけかと思ったら、やってる。唖然。

グランド2
     ここ、実は下水処理場の屋上に作られた人工芝グラウンド。
     風力発電機もあります。

半世紀近く生きている彼らをそこまで熱くさせるものは一体なんなのか・・・。
熱いのは結構ですけども、皆さん、お仕事もご家族もある身ですので、御身大切に・・・。


本日の「福」。
グランド3
好天に恵まれ、平和な休日。
このグラウンド、風車の反対側には富士山も見えます。 

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。