一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月29日(水)  昭和の日・・じゃなくてみどりの日。

今年のGWは好天に恵まれそうで、なによりです。
独身男子の皆様におかれましては、「俺は草食だ!」などと言わず、女子を口説いて1000円高速を有効利用しデートを満喫、後々少子化の歯止めに貢献していただきたいものです。

そんな時、一昨日のソトコトのヒトコト(右欄プラグイン内)にこんな言葉が。
「恋愛はただ性欲の詩的表現をうけただけのものである   芥川龍之介」

文豪にはひねくれた奴が多いな・・・。ま、この人は特に女に興味がなさそうだが。

さて、今日は天皇誕生日・・とうっかり言ってしまうのは、モロに昭和な人間の証でしょうか。
29日は「みどりの日」でしたね。・・・「昭和の日」にすればわかりやすいのに。

じゃあ緑にまつわる所へ散歩に行こう!
・・・て、ETCのない我々は、いつもの蓮華寺池公園へ。
ここは藤枝市にあるので藤の名所。いつもは無料の駐車場も、藤祭りのときだけ500円もぼったくるのがムカつきます。

今年は桜も梅も開花が早かったから、きっと藤も・・・・

公園1
     予感的中。これはきれいな方。

花はほとんど終わりに近く、昨夜は嵐だったので花が飛ばされ、花芯だけのも。
これでも連休中、500円取るつもりなのか?ひでぇな。

公園2
     花より運動。

公園3
     池に藤の鉢植えを浮かべるって・・・なんだかなー。
     隣の鳥は、アヒルとマガモのハイブリッド。ここのはみんな雑種。

まぁ予想はしていたので、山頂に上り早飯。

公園4
     「コンビニのおにぎりだ・・。」

公園5
     「パリパリの海苔を少し・・・。」

公園6
     「いただきます♪」

山を下り、池に渡されたこいのぼりを鑑賞。
今どき大きいこいのぼりは住宅街では拝めませんからねぇ。

公園7
     くりも風になびいてます。

公園を後にし、帰りがけに国1バイパス島田インター近くの牡丹が見頃だと言うお寺へ寄ってみました。
こっちも昨夜の雨でせっかくの牡丹が~~~(涙)!

寺1
     かろうじて花の形をとどめていた1輪。牡丹はピンクがいいな。

ここは江戸時代建立の“静居寺”という曹洞宗の古刹。
参拝者は我々のみ。
聞こえるのは野鳥のさえずりと若葉のそよぐ葉音、そして本堂の縁の下の「にゃー!」。

寺2
     くりの2倍はある猫。5cmの隙間からどうやって入ったのか。

なんとも心が洗われるような気分でした。

最近、桔梗だアジサイだ菖蒲だと、花をウリにして参拝者数(=拝観料、賽銭)を増やそうとする商業主義に走った寺が多い中、実に気持ちの良いお寺でした。(無料だからじゃないぞ!)
まだ蕾もいっぱいあったから、また来よう♪

寺3
     200mも行けば住宅地やら大通りなのに。
     異次元スポットのような空間。

帰りに花屋さんに寄ったら、たまたまバラ栽培業者の人が納品に来ていて、うどん粉病対策について懇切丁寧に指導していただきました。
こちらも根深い菌の世界・・・人とのイタチゴッコは永遠に続きそうです。
今年はやはり気候のせいで、病害虫の発生が早いとか。

あんまり感じのいい方だったので、ついつい入荷したバラを一鉢買ってしまいましたよ。


では本日の「福」。
バラ1
名前は「チャールストン」、私が初めて名前を覚えたバラなので、なんか思い入れがあります。
黄色から赤へと色が変わっていくのが面白いです。

バラ2

そしてもうひとつ!
大好きなノムさんがついに1500勝を達成!しかもその立役者は大好きなマー君♪
いや~~~めでたいめでたい。はい、万歳三唱~~~~♪


*陳謝
ただいまカレンダーを確認しましたところ、29日はまさに「昭和の日」で、「みどりの日」は5月4日でした。
イヤお恥ずかしい(冷や汗) 穴があったら入りたい。
申し訳ございませんっ!!







スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

4月28日(火)  疲労回復にはスイーツより“カジダン”だ。

カジダン  イクメン

こんな言葉、ご存知でしょうか?
私、今朝“市の広報紙”をみて初めて知りました。
カジダン=家事をする男性。
イクメン=育児をする男性。

広報紙に載るってことは、全国ネットなの、これ?
あ~~~~出遅れた・・・。

うめ1
     「うちにはどっちもおらんな、か~さん。」
     1人、若いのを雇いましょうかね?

木の芽時は苦手でして、昨日から著しく体調不良のとんがりねすみでございます。

「最悪の状態だ」と言いたいところですが、かの偉大なるシェイクスピアが「今が最悪の状態と言える間は、まだ最悪の状態ではない」と仰せなので、もっと悪くなると困るから「最悪だ」と言うのはやめときます。

この時期、気圧と気温の変動が大きいせいか、自律神経が泥酔状態で。
ボディに自信がないので裸にはなりませんが、ランバダ(懐かしい)かドジョウすくいでも踊りそうなくらい酩酊してます。

そんな中、11時から先月来空洞化が進む私の財布の供養・・・じゃなくて、先日亡くなった叔母の49日法要。
不調なら出席しなくてもいいと言われたはいたけど、参列者が私を除けば4人だって言うので、それじゃあんまり叔母が哀れなので、財布の供養がてら行ってきました。

うめ2
     お楽しみのところ申し訳ないですが、タオルにウンコは
     勘弁してくださいよ。

いつもの法事の際、祭壇(仏壇?)には果物や菓子が供えられているんだけど、今日はてんこ盛りの白い丸餅が。

初めて知りましたが、浄土宗では49日にこういうことをするそうで。
昔は一枚の平たいのし餅を49個に切り分けていたけど、今は直径3cmくらいの鏡餅みたいのが48個に1個だけが直径10cmくらいの大きさ。

この餅は人の体に見立てられていて、昔は故人が足が丈夫な人なら足に当たる下の方の切り餅を、手先が器用な人だったなら手に当たる上の方の切り餅を、と、参列者が「あやかりたい部分」の餅をもらっていったそうです。
・・・じゃあ故人が満身創痍でいいとこなしの人だったら・・・と、余計な心配をしてしまいました。

あ、もらい手がない場合があるから、丸餅にしたのかも。

うめ3
     「わしが死んだら焼き鳥か?スープだしか?」
     食ったりだしになるほどの肉がどこに・・・。

30分ほどで読経が終わり、いよいよ納骨。
来た時には快晴だったのに、雨がポツリポツリ。
そして納骨している最中、うちの墓の上にだけ時雨れ雲のような暗雲が立ち込め、さむ~いシトシト雨に。

今日参列しなかった親類、妹たちへの叔母の恨み節?
それとも墓石の下に閉じ込められるのを拒む涙雨?

そして納骨と読経が終わったら、また晴れ間が。
不思議な納骨の儀でした。

べるぴー
     欠席者に代わり、べるぴー黙祷中。

しかし・・・あ~~~~~~~疲れた。

帰りにスーパーで夕食用の食材を買うつもりだったのに、そんな事は忘れ、こんなものを・・・・。


本日の「福」は、酷使が続いた財布にやさしい見切り品。
シュークリーム
おかずにはならないけど、疲労回復の一助にはなるかと。
皮の4分の1は、「留守番代」としてくりに取られた・・・。

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

4月27日(月)  人類滅亡のシナリオ。

結核の話以来、ずーっと菌だのウィルスだの、楽しくない(楽しい?)話題ばっかり・・・。

今度は豚インフルエンザですか。なんかもう、大して驚きもしないわ。
ただこの度のメキシコ発豚インフルエンザは、WHOや各国の研究機関でも「想定外」だったらしいね。

マスク
     マスク=白、と言うのは世界の常識ではなかったようで。
     メキシコのマスクは青か緑~! 暑苦しいぞ。

これまで世界中が警戒してきた新型インフルエンザのシナリオは、「アジアを中心に蔓延する鳥インフルエンザ(H5N1型)が人に感染する型に変異する」というもの。

ところが、北海道大学の喜田教授によれば、「過去のパンデミック(新型インフルエンザの世界的流行)はすべて豚がかかわって広がった」んだと。

なんで今頃そんなこと言うんじゃーーーーー!!
鳥の時に言っとけよな・・・。

ほとんどの型のインフルエンザウィルスは水鳥の体内に存在するが、豚は鳥と人どちらのウィルスにも感染するので、鳥と人とのウィルスが同時に豚に感染して混じり合えば、人にも感染しやすい新型に変異する可能性は十分ありうるらしい。

図
     こういうことだそうです。

養豚農家の人は、これ知ってたのか?
むやみに恐れさせてパニックになるのを警戒し、当局が周知しなかったのか、こんなシナリオ考えてもいなかったのか・・・。

いやー、ウィルスに1本取られた感じだ。

だけど今回の豚インフルエンザ、患者の大半は健康な青壮年層で、乳幼児や老人は少ないらしいが、それも不思議。

いずれにせよ、これに対処する新しいワクチンを作るには1年半以上かかるそうで・・・くわばらくわばら。

くり1
     「それ作ってるうちに、また違うウィルスが出てくるよ、絶対。」
     イタチゴッコで、追いかけるのはいつも人間なのさ。

でもね、変異してるのはインフルエンザウィルスだけじゃないのよ。
全然取り上げられないけど、今、日本のツキノワグマって絶滅の危機らしい。

人に害を及ぼすからって殺処分されたりして数が減ったせいもあるけど、寄生虫や病気による死亡もかなりあるそうだ。

犬では最もメジャーで手ごわい寄生虫・フィラリアだが、2000~2006年に岐阜県で捕獲された32頭のうち、9割のクマがクマフィラリアに感染し、さらに犬猫やテンへの感染は知られている寄生虫・ヘパトゾーンには全てが感染していたそうだ。
そして4割強にクマ回虫。

これらに感染すると腎臓や肺が侵され、排泄や呼吸障害で死に至ることも。
近年のツキノワグマは生息環境の悪化で栄養状態も悪く、そのために抵抗力も弱っているようだ。
結核患者と同じね・・・。

くり2
     あんたは8種混合ワクチンにフィラリア予防薬に
     虫刺され・寄生虫対策まで・・・万全の体勢でうらやましいよ。

クマがかわいそうなのはもちろんだけど、こうした病原体が人に感染するような事態にならないって保証はないじゃんね。

エボラ出血熱を扱った『アウトブレイク』(’95年 ダスティン・ホフマン主演)って映画があったけど、なんかあのパニックが現実味を帯びてきたような・・・。

地球最後の日・・いや、人類滅亡の日は、大地震や隕石の衝突なんかじゃなくて、人智など「へ」の役にも立たないミクロやナノレベルの生命体の脅威によって訪れるのかもしれない・・・。

パニック映画の観すぎでしょうか?

べるぴー
     「ノストラねずみの大予言♪」
     どうでもいいけど、早くウンコ出してくださいっ!!


あぁ明日はまた法事だよ。
今日はいい天気なのに胃はムカムカするし頭はボーっとするし・・・なので本日の「福」は昨日の「福」で代用。
くり3
強風だったけど、公園はすっかり新緑でした。 
目に青葉、山ホトトギス、初・・カツオ食いてぇ~~~!




テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

4月25日(土)  プチ腐食連鎖体験。

我が家のチワワの額ほどのレンガ敷きの庭は、何年か前DIYブームの時、ウッドデッキと共にまさにDIYで造ったもの。
ビンボーに恐いものなし。何でも自力でこなす。

ウッドデッキで、夏の夕方レゲエかボサノヴァでも聴きながらビールをグビッっと・・・な~んて甘い夢を見ていたわけだが・・・まさに甘かった。

くり1
     「とらぬタヌキの皮算用♪」 うう・・・。

デッキはやぶ蚊地獄。
かくして一度もそこでビールを味わう事もなく、去年DIYで解体し、焼却場の藻屑と消えたわけです。

昨日の午後、レンガの隙間の肥沃な土壌にびっしりと生えた雑草をむしっていたら、わらわらと団子虫が。
去年の今頃も“団子虫牧場”になったんだけど、真夏を過ぎたらだ~れもいなくなっちゃった。

その代わりに、そこには“ジグモ王国”が誕生した。

ジグモって、子供の頃、古い家の縁の下や土台に細長い巣がくっ付いているのをよく見たけど、こんな街中のガレキだらけでシャベルも刺さらないような地にも、たくましく巣を作るのね~。
団子虫は、どうやら彼らの栄養になったようだ。

が、肝心のジグモ、いまだかつて袋(巣)しか見たことない。
一体「本人」はどんな容貌なのか・・・

ジグモの巣
     ジグモの巣。成長と共に作りかえるのかな?

ジグモ
     ご本人さま。ハエトリグモみたいね。

しばし無心に草むしりをしていたはずなのだが、我に返ったときには左手に腐葉土入りの小型プラケースが。オヨヨ。

草むしりは、いつの間にか「団子虫拾い」に移行していた。

うれしい事に、“その種の”人々の間では「ワラジー」として人気者(!?)のワラジムシも1匹捕獲♪
カエルを飼うまで、ワラジムシの存在すら知らなかった。
そして団子虫のオスとメスの背中の模様が違う事も。

ワラジムシ
     ワラジムシさん。団子虫より薄っぺらなボディで、丸まりません。

団子虫
     左上の濃い灰色のがオスの団子虫。
     右下の茶色っぽくて白い模様があるのがメス。隣にワラジー。

いや~~人生何歳になっても学ぶべき事は無限にありますなぁ。

くり2
     「おか~さんが学ぶべき事は料理と収納と掃除と・・。」
     おだまりっ!!

ケースの中には団子虫7,8匹+ワラジムシ1匹。
団子虫とワラジーがペアリングして、団子ワラジーが産まれる事はありえるのかしら?

これで「腐食連鎖」を少々垣間見る事ができるかも♪とわくわくしつつ、一応飼育法を検索してみたところ・・・なに?団子虫ってドッグフードやカメの餌食べるの?煮干も?

あ、そう・・・結構グルメなのね。

アフ
     「そういうの、グルメじゃなくて雑食って言うんじゃないか?」
     「そうだよな、バカだな。」

このケースを食卓の上におき、団子虫ウォッチングしながら楽しく朝食。

あなたも煮干、ワタシも煮干♪
僕らはみんな生きている~生きているから連鎖する~♪

ゴールデンウィーク初日は土砂降り。
今年も安上がりな連休になる事うけあい。


雨の日でもインドアで楽しめる本日の「福」。
団子虫
団子虫牧場、開設~♪
ところが・・・昼過ぎから誰の姿も見えなくり、ただの腐葉土ケース状態・・・。







テーマ:動物大好き - ジャンル:ペット

4月24日(金)  本当に汚いものは?

上海のモーターショーは圧巻でしたね。
何がって・・・中国の模倣っぷり

デミオ
     さて問題です。マツダのデミオはどっちでしょう?
     正解は下。 ええ加減にせぇよ!!

あれを公然と「自社オリジナルです!」と胸を張る中国人の脳には、「独創」「良識」「恥」を司どる部位が欠落しているのではないか。

いっそ、国際モホーショーとか本物はどっちでショーにすればいいのに。それなら拍手を送ります。

さて、ムカつく話はおいといて。

ここんところ「菌」にまつわる話題が続いたような気がしますが、またまたそれっぽい話でスイマセン。
先日ちょっと考えさせられるコラムを読んだので。

「本当に汚いものは何?」

答えは模倣!・・・じゃないよ。

「食物連鎖」はよく耳にする言葉だけど、その中には「生食連鎖」と「腐食連鎖」があるそうです。
写真家で“糞土研究会”代表で、自らを“糞土師(ふんどし)”と名のる伊沢正名氏によれば、「生食連鎖」とは小さな生物が大きな生物に、草食動物が肉食動物に食われること、そして「腐食連鎖」とは生物の糞や死体、落ち葉や枯れ葉を食べて分解する生物がいて、最後はみんな土に返っていくこと、なんだって。

センチコガネ
     糞をお召し上がりになるセンチコガネさん。

ウジやヤスデ、シロアリ、菌類など、人間にはとかく嫌われがちな生き物たちが腐食連鎖をしてくれるから、森は死体や倒木などであふれかえる事はないんですね。
特に菌の力は偉大で、猛毒のダイオキシンをも分解できるものが結構いるらしい。

人体の細胞数は約60兆個、皮膚や腸内にすむ細菌は100兆以上と言われていて、それらがバリアーとなって人体を病原菌から守ってくれているんですよ。
う~~~人体の主役は、細胞じゃなくて細菌だったのか~~~。

土も人体と同じ、沢山の菌で様々な世界が形成され、健康な土として植物をはぐくむ事ができるわけです。

べるぴー1
     「ツボカビに勝てる菌の方はいないのですか?」
     強力なんでしょうねぇ、ツボカビは。

人間は自然の恵みで生かされているけど、じゃあ人間が自然に対してできる“お返し”ってあるのかしら?

井沢氏は「人間ができるお返しはウンコをすること、死んだ後の体を土に返すこと!」ときっぱり。
あ、これはあくまでも排泄物を下肥として使い、死体は土葬にするという条件での話。

くり
     時々ウンコをセルフリサイクルする犬。
     セルフリサイクルは自然への貢献になるのでしょうか?ならねーよ!

う~~~~む、それはもっともな話だ。
が・・・今のご時世、大腸菌がどうの悪臭がどうのと、下肥えを撒くこと自体が難しいでしょう。
土葬なんかスペースもないし、へたすりゃ殺人事件と間違えられて大騒動に。

オーガニックガーデンプランナー・曳地氏が言うように、ウンコや泥は汚物扱いだけど、本当に汚いのは生分解が困難な化学物質や放射能なのかもしれない。
大きな問題になっている海岸への漂着ゴミ。ヤバイ薬品が入っていたりするものもあるって言うじゃないの。
そんなものこそ、百害あって一利無しだ。

とは言うものの、この文明化社会における「便利さ、清潔さVSウンコ、死体」の問題・・・「キリスト教社会VSイスラム社会」や「北朝鮮VS日本」のそれに勝るとも劣らぬ難解さではなかろうか。

べるぴー2
     あの~そろそろウンコしてください。もう2ヶ月ですよ。
     「ほっとけ。」

ウンコウンコでムカついた方、誠に申し訳ございませんでした。


では本日の「福」。
芋キン
東京土産・・じゃなくて東京物産展土産の「浅草・満願堂の芋きん」(芋きんつば)。
これ、ほんとにさつま芋の味のみって感じで美味しいのよね~♪

そして昨日は美容院でさっぱり♪・・なのに誰も気付かないのはなぜだ・・・。


テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

4月22日(水)  危険な疑問と静岡の県民性。

八十八夜も間近となり、ここ茶処・静岡では、テレビも新聞も連日のように新茶の初摘みや初取引の話題。

茶摘
     茶娘の平均年齢が年々上がっていくような・・・。

機械で刈るより手摘みの方が高値がつくようだけど、製茶した時にどんな違いが出るのだろうか?
さらに機械製茶と手もみのお茶では、そんなに味が違うのだろうか?

あの・・・こんなこと言うと、お叱りの言葉を浴びせられそうですが、あえて常々の疑問を披露いたしますと・・・。
手もみって、おっちゃんやじっちゃんたちが素手で熱い茶葉を揉んでるんだけど、手の平に汗かかないのかしら?
そしてその汗は、茶葉にたっぷりと吸収されて・・・そんなことはないのかしら?

手もみ
     これ・・・汗かくよねぇ?

食品関係は、あきれるほど神経質に殺菌、滅菌、除菌と騒ぐのに、これいかに。

お茶と言えば、県内大手製茶会社の社長(他県出身)が、静岡の県民性をこう分析していました。

1.まじめで冒険をせず、変化を求めない。
2.滅私奉公を良しとしない。
3.上下関係に無頓着。
4.素直に感動しない。

これを卑屈に解釈すると・・・

あられ
     「融通が利かず、仕事はテキトーで礼儀作法をわきまえず、
      ひねくれ者・・ってことかね?」 あられさん、お口の周りが・・。

・・・ほぅ、そう見えるかね、シャチョーさん。

ま、総論としては否定しません。
4などは特に。
学生時代、某ミュージックプロモーションでバイトしていましたが、とにかく静岡のコンサートで盛り上がれば、日本中どこでも盛り上がる、というのは定説でしたからね。
たしかに客観的に見ても、アーティストに気の毒なくらい客のノリが悪い事もけっこうあったしな・・・。

でもそれは感動していないからなのか、感情表現が下手なのか、恥ずかしがり屋なのかはわからないじゃん。

とも子
     「日本は場内警備が厳しいんだよー。」 それもある。
     朝から“バンザイ”な気分のとも子さん。まさにアカハラ。

しかし、2と3は自分の会社の社員を見て、そう思うのかね?
まじめで冒険嫌いなのに滅私奉公を良しとしない・・・なんか矛盾するような気もするけど。

上下関係に無頓着ってのは、やや納得。
いろんな会社に社用や問い合わせの電話をすると、いきなりタメ口たたく人も少なくない。
親しみ易さとなれなれしさをはき違えている感じ。

ちなみにこのシャチョーさん、山梨県出身だそうですが、山梨の県民性はどんなんじゃ!?
冒険心に富み、滅私奉公に徹し、上への敬意と気遣いを忘れず、情緒豊か・・・そーゆーことですか?

べつに山梨県民の皆さんに何の文句もございませんよ。
それにこのシャチョーの分析もあながち間違ってはいないと思うけど、自分でもわかっている欠点をよその人間にあえて指摘されるとムッとするのは人の常ですか?それとも私の器の小ささですか?

うめ
     「か~さん、まだまだ修行が足らんな。」 ごもっとも・・。

そんな茶処静岡の中でも一番の銘茶の産地、川根のある農家では、

犬&猿
     “犬猿の仲”なんて人間の勝手なでっち上げですね。
     なんともほほえましい光景です。


昨日の雨からまた暑い晴天。本日の「福」。
みかん
おお!いつもは無人販売で3個100円のスルガエレガント(夏みかんの一種)が今日は4個入りだ!
ラッキ~♪スーパーで1個100円じゃ買う気にならんよ。



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

4月19日(日)  供養の対象は誰? 納めるのは何?

今日は父方の祖父の27回忌と曽祖父の100回忌。

お寺もわりと近いし、出席者も身内数人だけなので疲れるほどの事でもないんですが・・・疲れました。
うちのお寺さんはお経も説教(つーか世間話)も“簡潔”なので、30分ほどで2人分の供養も終了。
が・・・私、なぜか法事から帰ると、いつも「死人」化するのはなぜでしょう?
私の魂も一緒に(間違って)供養されちゃってるのかしら?エライこっちゃ・・・。

この2ヶ月余で5回も法事。(来週またある~!)

あぁ、別れを悼むは「諭吉」さん、供養すべきは「私の財布」・・・・・ナンマイダ(5枚だ!)

くり
     「そんな事言ってると、また一緒に供養されちゃいますよ。」
     げ・・・ヤバ・・・。

半死人となって昼過ぎに帰宅せしも、まるで3年ぶりに再会したかのごとく“うれション”まき散らしながら出迎えてくれるくりのために、藤枝の運動公園へ散歩に。
ここ、サッカー場や陸上競技場がメインの総合運動場なのですが、ちょっとした庭園も整備されていて、いい散歩コースです。

公園1
     八重桜が満開。 まるで桜餅の木。

公園2
     藤ももう満開に近いですね。

公園3
     ここのメインは、このキリシマツツジとクルメツツジ。
     花がとても小さく、みっしりと咲いてます。

夕方帰宅し、くりを洗濯。
私は食欲不振著しく、コンビニのサンドイッチとサラダを発泡酒で胃袋に強制投入。
食欲なくても胃が痛くても、絶対お粥(米)は食べない私。これは今や反社会的行為だろうか?

夜、ぼ~っと朝刊見てたら(私は夕刊読んだ後に朝刊を読む変わり者)、ショッキングな記事が。

「性上納」

こんな言葉、ご存知でした?
日本ではなく、韓国で今なお残る慣習だそうで。

先日、『花より男子』(韓国版)に出演していた女優チャン・ジャヨンさん(26歳)が、「酒の席や夜を共にする接待を強要された」とのメモを残して自殺しましたが、こうした性的接待のことを「性上納」と言うそうです。

公園4
     自主的に“スコール”(乳性炭酸飲料)を飲むくり。
     犬に炭酸はダメですよ、奥さん! 
     スコールはデンマーク語で「乾杯」だって。「土砂降り」じゃないよ。

韓国の学者たちは「これは封建的で家父長的な韓国社会が生み出した弊害」だと言ってるけど、今も根強く残る悪しき慣習で、政治家や官僚の間ではごく当たり前なことのようです。

しかし「上納」って・・・いやらしい言葉!
「上」に納める「上」とは誰だ!? 「下」とは誰だ!?
ほとんど“ヤ”の付く世界の事みたいじゃないか。納めるのが「人」か「金」の違いで。

相対的に見て、アジアやアフリカは欧米に比べ、男尊女卑というか、女性に対する人権意識がかなり低いような気がしますね。
まぁ欧米でも、“人種”にかかわる差別意識は相変わらずなくならないようだけど。

人間の思考をコントロールするのは不可能だから、何かに対する差別がなくなることは絶対にないだろうね。

せんちゃん
     「僕らも出身地によって差別されてますっ!」
     同じホシガメでもビルマ出身者はインド出身者の3~5倍のお値段。
     うちのお二方は当然“インド人”。


疲労困憊ですが、本日の「福」。
公園5
運動公園は春爛漫でした。 もうマスクなしでOKだからうれしいわ~♪



テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

4月17日(金)  不公平な神様とちょっと違うような日本人。

金曜日なので「(キン)」と入力すると、「(菌)」と変換され目障りですっ!

さて、イチローがWBCで決勝打を打った時に「神が降りてきた」って言ってたけど、昨日の試合で、「オイ、ホントに神(女だな、絶対)はいるぞ、こりゃ」と思わずにはおれませんでしたよ。

イチロー
     記念すべき3085本目の安打が満塁ホームランって、
     いくらなんでも出来すぎじゃ~!

そりゃイチローのたゆまぬ努力の賜物であることは間違いないけど、満塁って・・・舞台ができすぎでしょー!
これ、確率にしたらどのくらいなんだろう・・・。何百万分の1とか?

あぁ神様は不公平だ・・・と心の中でぼやいている選手はたくさんいそうだな。

かっこよすぎるイチローに対し、かっこ悪すぎる元青春スター。

清廉潔白・公明正大なイメージを売りに千葉県知事に当選した森田健作氏、「完全無所属だって言ってたのに自民党所属じゃん!規則違反の企業から献金もらってるじゃん!」な~んてきわめて“政治家っぽい”理由でいきなり訴えられちゃってさ。

居直り気味の釈明会見での彼の顔は、もう青春スターじゃなくて、保身に努めるただの政治家・・・なんか、がっかり。

もんちゃん
     突然ですが、夜のもんちゃん。
     最近鳴き声に迫力が出てきました。時々「わん!」と吠えます。

話は変わりますが・・・
今『世界に誇る日本の道徳力』(石川佐智子著)って本が売れてるらしいですね。
二宮尊徳の90の名言集だそうで。

この手の名言集って、本屋に行くと目移りして手にとれないほどどっさりあるんだけど、どんなに凹んでる時でも、この類の本だけは開く気になれません。

癒しや慰めの言葉だったり、励まし勇気付ける言葉だったり、目からウロコ的名言だったりするけど、それらを一堂に集めてしまうと、その言葉の力が薄れてしまうような気がするのは私だけですかね?

アフ
     こちらは夜のアフリカツメガエルさん。
     後足の3本の黒いぺディキュアがゴスっぽいです(笑)

何かを読んだり、映画やテレビを観ていて、その中で無意識に「はっ」と目が覚めるというか、耳に残るというか・・・ゴミの山から小さな宝石を探し当てたような感覚の言葉や、友人の何気ない一言・・・そうやって自分で直接見つけたものは、本当に後々まで心に残ります。

が!誰かがそこらじゅうから拾い集めた言葉を、「これ、心に効きますよ。道徳心が育ちますよ。」って差し出されても・・・ぜ~んぶ「良い言葉(のはず)」」なんだから、その中から選んで心に留めておくのもなかなか大変そうだ。

めだか
     餌用めだかも「餌用めだか」という名のまま、1匹でのびのびと
     暮らしております。もう誰かの餌になる心配はないよ。

それに「おいしいところだけオムニバス」的読書って、今問題視されている「読解力不足」をかえって助長するんじゃないかと思うのですが・・・そこらへん、どうなんでしょう?

そしてまた、今朝の新聞にこんなのを発見。

検定
     主催はNPO法人・日本ニュース時事能力検定協会“ほか”。
     “ほか”が怪しい・・・。

2500~6500円も払って級なんかもらわなくても、毎日フツーに新聞読んでニュース観てりゃ充分じゃないの?
最近の日本人、なんかヘンだ。
資格や級を取ると安心するのかな?
老後の励みや生きがいには効果ありそうだけど。



雨予報だった本日の「福」。
ジャスミン
朝は晴れ間があったので散歩に。
はごろもジャスミンがいっぱい♪これだけあると、香りもむせ返るほど。でも大好きなニオイ♪







テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

4月16日(木)  不死身なるモノ・・その名は「菌」。

前回、結核経験談なんぞ披露してしまいましたが・・・なんだかコメントをいただくにつれ、“こっぱずかしい”気分になりました。

私は少々の不具合はあっても、健常者としてちゃんと生活できるのですから幸いです。
今現在、もっと大変な病と闘い、そしてもしかしたら一生闘っていかねばならない人たちが数多いるのに、過去の事をめそめそと感傷的に書いてしまい・・・穴があったら入りたい。あ~こりゃこりゃ。

うめ
     「ビジュアル的な不具合はあっても、健康そのものじゃ♪」
     あなたは自分でそのビジュアルにしてるんじゃないですか!
     その飛び出た羽根、なんとかなりませんかね?

「他人と比べて自分はどうだ・・と考えるのは愚かな事だ」と、誰かエライ方が言ってましたが、やはり、今こうしていられる「自分」に、そしてその「今」に、さらにはその「今」を支えてくれる人々・生き物たちへの感謝の気持ちは忘れずにいなければ・・・と思います。

ところが、ワタクシ、記憶力はそんなに悪くない方なのですが、その一番大切な「感謝」の念はすぐ忘却の彼方へ・・・。
人生修養が足りないって事でしょうか。

アフ
     アフ1 「足りない足りない。」
     アフ2 「ホントはただのバカ。」 ・・・。

さて・・・。
連日初夏のような好天・・つーか、今の時期にしては暑すぎる日が続いておりますが、そのせいかバラが困った事態に。

バラ
     鉢植え全部(7鉢)にうどん粉病発生。

地植えのつるバラ3本は今のところ無事ですが、鉢植えは全滅。

例年は蕾を付け始める今頃から消毒を始めるんだけど、今年は若葉が出るや否やうどん粉病が発生し、もう2回も消毒してるんですよ。
薬剤も例年通り(消毒はだんなの係りなので、薬品名は忘れた~)ぬかりなく調合しているはずなんですが。

先日来、ミツバチ不足で世界中が困っているとしきりに報じられていますが、その原因の一つは幼虫に付くダニ。
結核菌じゃないけど、薬に耐性を持ってしまったダニなので、従来の薬では死なないらしい。

うどん粉病も菌によって起こるのですが、薬剤耐性のうどん粉病菌なんてあるんだろうか・・・。

うどん粉病菌
     うどん粉病菌。 なんで小麦粉じゃなくてうどん粉なんだろう・・。

しかし結核菌や院内感染で問題になるMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)だって耐性を持つようになったんだから、どんな菌でもそうなりうるってことだよね?

ワタシ的には、闘う相手としては、被害は甚大でもコガネムシや毛虫の方がいいな~。
肉眼で見えない菌って「プレデター」(シュワちゃんの映画)みたいで、不気味だしイライラして精神衛生上よくない。


うどん粉病なんかに負けずに花を咲かせて欲しいと願う本日の「福」。
ハナミズキ1
3年前、くりの“お印”として買ったハナミズキ(花粉症のくりの木は“鼻水木”)が花をつける季節になりました♪
・・・季節にはなったんだけど、実はこれ、ご近所のもの。

うちの“鼻水木”は
ハナミズキ2
蕾をつけた時に、花びらになる部分だけ謎の虫に食われ、この通り芯だけ~(涙)

福、もうひとつ。
「悩みに重い軽いはない」という言葉を教えてくれた友よ、ありがとう。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

4月14日(火)  書くことにした。

書くべきか書かざるべきか、悩んだのですが・・・。

くり
     「書くんですか?」 ええ、そうしました。

先日、ハリセンボンの箕輪さんが肺結核にかかっている事がわかり、テレビも新聞も大騒ぎでした。

彼女となんらかの関係があった人たちは、みんなヤバいかのような・・まるで彼女がバイオテロでもやったかのようなひどい扱いをするマスコミも。

胸が痛みました。
彼女はあの報道を見て、どんな気持ちになったでしょう。

結核に感染したのは彼女の責任ではないし、今の時代、咳が出るくらいで結核を思いつく人は少ないだろし・・・。

でも結核はとても恐ろしい病気であることは確かです。
昔は肺のみならず、あらゆる臓器に発症し、眼球や脊髄をもおかしうる、まさに「死に至る病」だったそうです。

私も肺結核が元で、右肺上葉部を摘出しております。

「元」と言うのは、結核菌は死滅したのに、肺に残っていた空洞(病巣)に別の菌が侵入し、肺の切除を余儀なくされたのはそっちの菌のせいだからです。

それは“非定型抗酸菌”の一種・AM菌(結核菌は“定型抗酸菌”だそうです)。
この聞きなれない名前の菌、性質や見た目は結核菌と似ているけれど、感染力や悪さをする力は弱く、他人に移る事はまずないのですが、薬が効きません。
そのため、一生ろくに効きもしない強い薬を飲むはめになるわけです。

そもそも結婚するまで、病気らしい病気は水疱瘡とおたふく風邪くらいしかしたことがなく、大学時代も「あんたから元気を取ったら何も残らない」と言われるほどの“運動バカ”で、体力には自信がありました。
結婚前にも検診を受け、異常はなかったのですが、新居を構えた名古屋の社宅の近くで、無料のレントゲン検診があるというので、結婚3ヵ月後に再度やってもらいました。

そうしたら翌日、速達で「要・再検査」の通知が舞い込んだのですが、我々はのん気にその日からグアムへ旅行に。
こんがり焼けて保健所へ再検査に行った時の光景は、今も目に焼きついています。

くもりガラスのつい立ての向こうで、二人のドクターが同時に「おおっ」と言って立ち上がりました。
「おおっ」の原因は、私のレントゲン写真。
そのまま向かいの労災病院へ行けと言われ、言われたとおりにすると、今度は「明日入院の用意をして来てください」と。

まだ24歳だった私、近くには友人も親戚もおらず、実家は静岡、だんなは毎日多忙で午前様・・・途方にくれました。

それはおりしも「結核予防週間」のできごと。
だんなが即行で帰宅し、母が静岡からとんで来て、なんとか静岡の病院に入院できるよう紹介状を書いてもらいました。
バタバタと1日で入院支度をし、2羽のセキセイインコを連れて実家へ。
静岡で隔離病棟のある3つの病院のうち、空きがあったのは1つだけなので、そこへ入る事に。

早速内診やら血液、痰の検査やら・・・。
真っ黒に日焼けし、小柄で目のぎょろりとした私を、「フィリピン人の女の子が入ってきた」と、隔離病棟のヒマな“住人”たちがみんなして見に来ましたっけ。

ま、笑い話は置いといて。
血液検査の結果、私は“栄養失調”であることが判明。
この飽食の時代に、大企業に勤める夫を持ちながら、妻は栄養失調って・・・。

そう・・・毎日忙しすぎるだんな、夕食を作ったところで夜中になっても帰宅せず、自分も待ちくたびれて食べる気も失せ、空腹のまま寝ちゃったりしてたんですよね。
当時はケータイもなかったしね。

結核菌は、空気中に普通の風邪ウィルスと同じように漂っているのに、“下等な”菌なので、よほど疲れて抵抗力のない人や栄養状態の悪い人にしか発症しないんです。

箕輪さんも売れっ子だったし、かなり疲れていたんでしょうね。

ただ一般に思われているように、血を吐いて死ぬ・・なんてことはめったにないそうです。
私なんか、咳も全く出なかったし、ただ1回だけ掃除機かけていたらチョコレート色の痰が。
そして、毎日午後1時くらいになると電池が切れたようにだるくて動けなくなる・・・微熱です。

10月1日から約3ヶ月強制入院。
リファピシン、アイナーをはじめ山ほどの薬に週1回ストレプトマイシンの注射。
体力が戻るまで毎日栄養剤の点滴。
1ヶ月もすると体重もかなり増え、やがて結核菌も検出されなくなり、めでたく退院。

ところが一ヶ月もしないうちに、また微熱が出始め・・・そこで非定型抗酸菌症であることが判明。

名古屋のドクターは大して効かない薬でも、なんとかそれでだましだまし生きていくしかない、と言う診断。
ストレスと強い薬の副作用で胃潰瘍が治らず、転地療養を勧められてまた静岡へ。

静岡のドクターに相談したところ、28歳の内科医と33歳の外科医がタッグを組んで、珍しい症例ということで県の学会にもちかけて検討してくださり、その結果、病巣が限定されているので取ってしまえば治るかも・・という見解で一致。
26歳の時、摘出手術を受けました。

術後の苦しさ、痛さといったら・・・モルヒネ限界量まで打っても効かず、気を失ったり幻覚を見たり・・・。そんなのが3,4日続いたかな。

闘病生活をかくと長くなるのでやめます。
しかし、4年近く飲み続けた強い薬のおかげで、強健だった私の胃袋はボロボロ・・・。
10年以上経っても食生活はかなり制限しないと、すぐ消化不良や胃炎に。
155cmで45kgあった体重も、以来38kgの壁が厚くて破れません。

とにかく・・・こうして私はいろんな縁のおかげで一命を取りとめることができましたが(手術しなかったら、風邪ひいても大抵肺炎になりオダブツらしい)、結核とはそのくらい恐ろしい病気だということです。

今は薬の効かない耐性菌(これはちゃんと薬を飲まなかった人が作り出したもの!)が増えています。
こんなのに感染したら、一生隔離生活・・って可能性もあるわけです。

私の闘病仲間も年配者がほとんどでしたが、何十年も院内での闘病の末、1人を除いてみんな亡くなりました。
菌が徐々に広がり肺が石灰化して機能しなくなると、自力呼吸が困難になって喉に穴を開けて管を通す事になり、そうなるともう・・・。

ただ、マスコミが騒いでいるほどにホイホイ人から人へ移るものでもないと思います。(人口密集地はビミョーですが)
現に、だんなだって3ヶ月以上一緒にいたのに移らなかったし。

みなさん、こんな下等なくせにヒジョーに厄介な菌の餌食になんぞならぬよう、栄養と休養はしっかり取り、せめて年に1度はレントゲン検診くらい受けてください。
私もあの町内の検診を受けていなかったら、今この場でブログなんか書いていられなかったかもしれません。

しかし・・・不思議なものです。
辛かったはずの病院での闘病生活、思い起こせばお茶の間劇場みたいに面白おかしいこともいっぱいで。
それはまたネタがないときにでも・・・。

何はともあれ、結核を他人事、過去の病気などとはゆめゆめ思わないように・・・それだけです。

くり2
     「ご精読、ありがとうございました。」


では本日の「福」。
診断
先日受けた健康診断の結果が出ました。
小さい事はまぁ目をつぶり、総合的には「正常範囲内」でめでたしめでたし。
健康とは、失ってみて初めてそのありがたさ、尊さがわかるものですね。

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

4月11日(土)  エコパと妖怪と改造犬。

五月晴れのようなスバラシイお天気
ジーンズにパーカーでも歩くと汗ばむくらい。

なので、2年近く前に買ったのに、紐を通してなかったために履けずにいたスニーカーにやっと紐を通し、本日履き初め。

スニーカー
     もう旧モデルか廃盤だ・・・。

向かう先は、花見客もいそうもないエコパスタジアム。

山
     山も春色に。

花見客はいないが、高校の陸上部とサッカー部、そして犬の散歩部の皆さんがゾロゾロ。

エコパ1
     「なんでみんな、そういうところに顔突っ込んで・・・」

エコパ2
     「必死ににおいを嗅ぐんですか・・・?」
     他の犬の“そのような所のにおい”は絶対に嗅がないくり。

想定外の暑さでへろへろ気味のくりさん、いつもは散歩中に給水しないんだけど

エコパ3
     「熱中症になるといけませんから。」
     静岡犬は緑茶を飲みます。

今日はこの後、一か八かの勝負に出ました。
犬同伴で美術館にもぐりこむ。

今、菊川市の常葉美術館(常葉学園高校の中にある)で、水木しげるの「妖怪道五十三次展」をやっていて、ぜひ見たいと思い、散歩帰りになる事を想定して、先日電話で確認してみました。
まぁダメもとではあったけど、応対した男性は意外と腰が引けてて、「そ~ですねぇ・・・お断りする事にはなっているのですが、過去にそういった事例がないので・・・う~~ん・・・」

これなら出たとこ勝負で“強行突破”可能と読み、いざ。

私の読みは当たったぜよ♪バッグに入れればOKってことで。
くりは普段は結構おバカですが、ソトヅラがいいので公共の場では模範的態度。
バッグの中で存在を消してしまうという特技を持ってます。

美術館1
     展示品に張り付くようにガン見してるのは、大人ばかり。

美術館2
     撮影許可スポット。誰も記念撮影しようとしないのはなぜだ。

いやいや、面白かったですよ。
実写版のゲゲゲ鬼太郎も面白かったけど、やっぱり水木さんの絵には味がありますからねぇ。
しかし・・・実写版、なぜ鬼太郎があんなイケメンのウェンツ君なのか、腑に落ちません。

帰宅してテレビ付けてびっくり。
タイのASEAN会議場は大暴動。
タクシン派の人々ってことは、百姓一揆のタイ版か?
タイには軍隊もあるのに、なにやっとるんじゃ?また観光収入が減って大変・・・。

そして新聞見てまたびっくり。

「染色や注射で“改造犬”」

何これ?

中国の北京郊外のペット市場で、体毛を染色したり顔を整形された“改造犬”が売られているそうだ。
そういう犬は、すぐ死んじゃうケースも多いとか。
そりゃそーだろー!!

白いプードルは1匹700元(約1万円)だが、褐色に染め「テディベア」風にすると1500元の値がつき、チャウチャウの雑種の口元に塩水を注射して唇を腫らすと、純血種のように見栄えがよくなり、値も跳ね上がる。
また活発に見せるよう、鎮痛剤などの薬物を飲ませて跳ね回らせたり・・・。

チャウチャウ1
     正しいチャウチャウ。

チャウチャウ2
     改造チャウチャウ・パンダヴァージョン。
     こんなのチャウチャウとチャウチャウ!(・・カラスが鳴きました?)

あの国の「創造力」の豊かさには、もう言葉もなく・・・開いた口がふさがりません。
神よ、彼等のの類まれな創造力のベクトルの向きを修正してやってくれたまへ。アーメン。

あ、もひとつびっくり。
金本さん、また3発だって?オヨヨ。


では珍しく充実していた本日の「福」。
目玉オヤジ
目玉オヤジのお昼寝クッションとケータイストラップ・・・なんか買っちゃってスイマセン。
このクッション、椅子に座る時腰に入れるといい具合なのじゃよ♪





テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

4月10日(金)  肉食系金本と不可解な人道主義。

あっぱれ 金本選手

一昨日の1試合3ホームランには、ただただ驚くばかり。
41歳だっけ?恐れ入谷の鬼子母神・・・いえ、恐れ入りました。

金本

顔はどう見ても「草食系」(失礼)なのに、仕事っぷりはリッパな「肉食獣」。
イチローにしても金本さんにしても、偉業を成し遂げる人の“人知れぬ努力”たるや、並々ならぬものなんでしょうね。
阪神ファンじゃないけど、金本さんからは目が離せません。

ところで・・・イタリアの大地震、時間が経つにつれ大変な惨状が明らかになってきました。
人口の3分の2が死んでしまった村もあるとか。

ライフラインどころか、食べ物や医薬品にも事欠いているようですが、先進国と言えども自然の猛威の前にはつくづく無力ですね・・・しかもここ、地震多発地域なのに、何の備えもしてなかったとか。
この被害の大きさは、少々人災の気配も・・・。

・・・って、他人事のように言ってる場合じゃないのよっ!
ここは東海地震の震源(予想)地、静岡なのじゃ!・・・我が家の準備は・・ヤバ(冷汗)。

桜
     桜もいよいよ散り始め、水面には花びらがいっぱい。
     でもこの水路・・・生活廃水垂れ流しみたい。時々青白い水が(恐)

災害や戦争の被害者に、国連やNPO団体が援助の手を差し伸べるのが当たり前になっているけど、みんながそれを喜んでいるのかと思ったら、そうでもないんだってことを知りました。

ある生物学の教授が、こんな体験をしたそうです。

ケニアとスーダンの国境付近のカクマという地に行ったときのこと。
そこは国連援助部隊が駐在し、スーダンからの難民を受け入れており、難民は援助を受けつつ過酷な生活を送っていた。

ところが、元からそこに住む地元民は、昔から難民よりもずっと過酷な生活をしていて、それが日常。
貨幣経済はなく、食べ物や衣類を物々交換で分かち合い、相互扶助の精神に満ちあふれていた。

桃
     これは花桃? やっぱり桃の節句は4月にすべきだ。

が、国連が難民に与える物資を見れば、地元民の中にも欲望が生まれ、貧富の差が生じ始めた。
小規模ながら貨幣経済も生まれ、物も金も持たず本当に飢えている人が食べ物を求めても手に入らなくなる事態に・・・。

地元民のお婆さんはこう言った。
「ひもじいことはなんでもない。
 年をとって体がつらいこともなんでもない。
 だが、気が向いた時だけ私たちに援助物資をくれたり、医者の診察を受けさせたりしないでくれ。」

イチジク
     野生のイチジクにも若葉が萌え始め・・・
     って、実もついちゃってますが。早すぎねぇか?

・・・考えさせられました。

人道主義を掲げ、人助けと思ってしていることも、全ての人にとって“人道的”であるとは限らないんですね。
確かに、生活の中で他人の価値観を押し付けられるのはうっとうしいし、まして気が向いた時だけ合いいれない“価値観の押し売り”に来られたのではたまったもんじゃない。

生物学には、動物は種ごとに固有の知覚世界をもつとする「環世界」の概念がある、と教授は言う。
同じ人間でも、人種や暮らす場所が違えば文化も価値観も違うのは当然。

かめ
     この2匹・・同じ店で買った同じ種のはずなのに・・・
     野菜モリモリのせんちゃん、一方カラフル人工餌出待ちのあられ。

己の信じる「普遍的正義」の押し売りをしたことで、イスラム社会の秩序をしっちゃかめっちゃかにし、後は後継者に丸投げしてテキサスのカウボーイ(?)に戻った、「ブ」のつく人がいましたっけね。

文明化社会の人間ほど、傲慢な信念や価値観を持っているような気がします。
「普遍的」なんてものは、この世にあるのでしょうか・・・。


では本日の「福」。
天皇
ご結婚50年、世俗的に言えば金婚式、おめでとうございます♪
会見で50年を振り返り、思わず涙で言葉を詰まらせた陛下の姿が印象的でした。
しかしなー・・・「安泰な余生」を送れる日はまだまだ先って感じで、お気の毒・・・。

私は指圧&針でゴリゴリの肩こりが、コリコリくらいに。









 

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

4月8日(水)  読書の春に言語力を考える。

映画や読書って、ハマるとたて続けに観たり読んだりするけど、いったん疎遠になるとなかなか関心が向かないのよね。

読書の秋を“のんべんだらり”と過ごしてしまった私、この春に遅れ(?)を取り返すべく、本を買ってみた。

本1
     これ!・・ち、ちがった、これはオマケだ(汗)。

本2
     こっち!『ファイアベリー』と『鉄鼠の檻』。

なんつーか、あまりにも一貫性に欠けるチョイス・・・。
ま、春なので「気もそぞろ」なのが、こんな形で現れたということでしょうか。
関心事が放射状に分散傾向。(今に始まったことではないだろうが!)

『ファイアベリー』は子供も大人も楽しめる“哲学書”。
「考えるカエル、旅に出る」と副題にもあるように、養殖場で生まれたカエルのファイアベリーが、「ペットのまま守られて暮らすか、危険でも野生で自由に生きていくか」を模索するストーリー(らしい)。

一方、『鉄鼠の檻』は、禅僧で芥川賞作家の玄侑宗久氏と、おなじみ妖怪小説家の京極夏彦氏の対談の中で話題になっていて、面白そうだったのでね。
寺を舞台にしたお化け話らしいです。

しかしこれ・・・文庫本なのに

本3
     厚さ5cmって・・・。

読破にどのくらいの日にちを要するのか・・・なにしろ、ちびちび読書なので。
どっちから読もうか、目下考え中。

そういえばとうとう小学校でも英語教育が始まりましたが、一方で10月には「言語力検定」なるものが実施されるそうで。
先日不正な資金問題で取り沙汰された「漢字検定」同様、財団法人「文字・活字文化推進機構」という、いかにも天下りの温床っぽい怪しげな団体が主催ってのが気に入りません。

だいたい母国語の能力を検定されなきゃならないなんて・・・恥ずべきことのような気もしますが、ついにそこまで堕ちてしまったんでしょうか、日本は。

くり1
     「3000円も金払って受検する人いるの・・・?」

検定は、小説・物語などの文章、数学・理科などの論理的文章、政治・広告などの社会的・公的文章の3分野から出題されるそうです。

2006年の15歳を対象にした国際学習到達度調査で、日本が読解力15位と低迷したのに危機感を感じ、慌ててその強化に乗り出したってのがみえみえ。
今のゆとり教育で育った子供たちが、急にあれもこれもと学ばされ、はたしてついていけるのか・・?

くり2
     “ゆとりしつけ”失敗例。言う事なんか聞きゃしねぇ!
     成功したのはトイレの躾くらいか。1週間で完全マスター。

母国語が満足に理解できてないのに、そこへ英語まで・・・本末転倒じゃね?って気も。
二兎を追う者、一兎を得ず・・・にならなきゃいいけど。

これで新たに英語塾通いの子供が増え、さらに忙しくなった子供たちはいっそう運動時間が減り体力低下・・・。

なんだかなー。

これからの時代、英語しゃべれないとそんなに不都合なの?
微分積分や三角関数を実生活で活用している人がどれくらいいるのか・・・英語だって、好きなら自分で勉強してどんどん上達すると思うんだけどね。

実際、台湾や韓国の女の子たちの日本語力はあなどれない。
みんなジャニーズとかの日本人歌手や漫画をナマで味わいたいという、あくなき欲望から習得したんだと思う。
良くも悪くも、中国や韓国の人々のエネルギーはすごい。

カエル
     「日本人は冷めてるな・・・。」
     あなたたちも、今後の生き方について哲学的模索を?


では本日の「福」。
マー君
楽天4連勝!・・つーか、マー君、4安打完封勝利バンザ~~~~~イ!!
いいねいいね♪頑張れマー君!

そしてお疲れモードの私も頑張った。
かめ
カメルーム大掃除ですっきり♪








テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

3月6日(月)  ウルトラマン批判と高齢化犬猫社会。

北の将軍様も救いようがないけど、中国の温泉卵・・じゃなくて温家宝首相もいい勝負だってことがわかりましたよ。

自分の孫が、中国のアニメじゃなくウルトラマンばかり観て困ってるって言うの。

それが不服なのか、こんなことおっしゃるのよ。
「ウルトラマンを観てると(戦時中の)日本人を思い出す。人を殴ったり殺したりすることしか能がない。」
・・・ですって。

中国には、それともあの人のボキャブラリーには「勧善懲悪」って言葉はないのかしらね?

馬ッ鹿じゃないの?

ウルトラマン
     「迷惑じゃワッチ!」

さらに庶民からは「子供がウルトラマンが怪獣を倒すのを真似して、友達をいじめるので困る」との声が上がっているとか。

歪んだ子供は親がちゃんと修正してあげてください。

ってか、ウルトラマン放映しなきゃいいじゃん。
そのうち、クレヨンしんちゃんやミッキーマウスみたいに、ウルトラマンも“メイド・イン・チャイナ”ってことになってしまわないか、心配です。

さて、ケッタクソ悪い話はやめにして・・・。
我が家の裏手の桜並木も、今がまさに見頃の花盛り。

桜1
     天気が今一ですが。向かいの公園も花盛り。

日曜日は下の空き地で“(土曜日の)広見公園並み”のささやかな花見の宴を楽しむ家族連れが“チラホラ”。
ここ、隣が広大な霊園のせいか、宴席としての人気は今一らしい。

この時期、桜吹雪と共に舞い込むのが狂犬病予防接種のお知らせ。
お天気もいいので(?)さっそく一発やりに行って来ました。
ってか、早くフィラリアの薬もらいたかったのよね。
もう家の中にブンブン蚊が出没してるんだもん。

今日は注射する時、いつになく大げさな悲鳴を上げたくり。
そのくせ血液検査の採血の時は落ち着き払ってんの。わけわからん。
犬も7歳ともなると、同情を引くためのパフォーマンス力もなかなかだ。

桜2
     「無駄に7年生きてきたわけじゃありません。」
     たしかに学習能力は父ちゃんより上だよ。

くりは今年8月で8歳になるのだが、犬猫社会も人間社会に勝る高齢化率で、3分の1は10歳以上だとか。
最近は「10歳以上用」のフードも市販されてるしね。

全国の飼育頭数は、犬猫合わせて2400万余。外猫を加えると2600万頭を超えるらしい。
単純計算で、2軒に1軒が犬か猫を飼っていることに。

マナー違反やペットロス症候群、臭いや鳴き声での訴訟、フンの放置に飼育放棄・・・問題は山積なのに、世の不況風もよそにペットフード、飼育用品、医療、保険、ホテルに霊園・・・ペット関連サービス業はウハウハのようだ。

桜3
     これが終わると新緑・・その次は毛虫の季節。

私も小型の室内犬を飼うのはくりが初めてなので、最初の3年くらいは服やらドッグカフェやらにかなりミーハー的関心を寄せたものだが、今の関心事はもっぱら健康管理。

我が家の生き物(人間を含む)も、カエル以外高齢化が進んでいるので、全員の健康管理くらいは家事をおろそかにしている分、しっかりしていかねば一家をあずかる主婦として女がすたるので、頑張りまっす!

風呂
     桜吹雪には排気ガスも多分に混ざっているので、洗浄。


では本日の「福」。
検査結果
去年から始めた年1度の血液検査。今年も異常なし♪ありがたやありがたや。
あ、くりの、です。






テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

4月4日(土)  お騒がせ将軍様と花見。

北の将軍様ったら、まったくまたまたとんでもないオイタをなさるってんで、日本中が振り回されて、わが国民の血税が湯水のように流出してんのよっ!!

3段重ねの具には何がのってんだか知らないけど、テポ丼(テポドン)、おたくの国内で人民にふるまってやってください。
同志人民はみんな飢えて苦しんでるんですから。

べるぴー
     「将軍のケツにぶち込んでやれ。」 怒れるべるぴー。

日本は日本で、その探知に失敗しちゃったのをマスコミが大々的に報じ、軍事的能力のなさを世界に露呈。
情報公開は大切ですが、自国の失敗をこてんこてんに責めるってのはいかがなもんでしょう?
マスコミも少しは国益ってものを考えた方いいんじゃないですかね。

そんな東北地方でのすったもんだを尻目に、ノコノコ一般道で行楽に出かけた我々、バチが当たり(?)、大渋滞にはまりまして目的地の岩本山公園にはたどり着けず、しかたなく同じ富士市の広見公園に変更。

広見公園が桜の名所とは聞いたことなかったので、今日も犬の散歩客ばかりかと思ったら・・・

公園1
     こりゃすごい♪桜だらけ。

花見客も結構いましたが、ほとんど5~6人規模の家族単位で、大トラになって暴れているオッサンとか毒キノコにでもあたったみたいに笑い転げているオネエさんもおらず、いたって静か。

公園2
     まさに満開。

ここで気付いたことは・・・花見にも不景気が反映されているのか、お母さんが横着になったのか、花見に全力投球する気合がないのか・・・花見の膳が侘しい。

静岡の桜の名所・駿府公園で見るような大集団の花見では、仕出し弁当やオードブル盛り合わせ、刺身に重箱入りの手作り弁当、おはぎや団子などのスイーツも並んでいるのですが、ここではほとんど全部と言っていいくらいコンビニ袋や某有名メーカーのフライドチキンセットを持参。

・・・これじゃなかなかトラにはなれそうもないな。

公園3
     花見と言えばこれでしょう!「うまい棒」。

我々はと言えば・・・敷物も持たず、上座のベンチに陣取り、シモジモの者たちのつつましい花見を哀れむかのように、いえ花見に共感するかのように、、コンビニのおにぎりとジャムパンなどをむさぼるのでありました。

公園5
     「の、のりを少し・・・。」

公園4
     「不景気も横着も気合のなさも、うちが一番・・。」

小1時間散策し、3月20日にできたはずの田子の浦港近くの公園へ行ってみたら・・・

田子の浦
     ぜ~んぜん工事中じゃん!!

しょーがないんで用もないのにホームセンターへ寄ったら、5002円もお買い物しちゃったわ!
とんだ散財・・・。

でも想定外の有意義な物が買えました。
うめ(コザクラインコ13歳)の保温電球の本体が具合悪くて困っていたんだけど、メーカーに問い合わせてももう作っていないという・・・が、めっけた!!20wの保温電球!


てなわけで、想定外の本日の「福」。
電球
これで長寿記録の更新に挑む!

普通コザクラインコって保温の必要ないはずなんだけど、なんせこれなんで。
うめ
くちばしの届く範囲ぐるりと丸ハゲなんで・・・。
「肖像権の侵害じゃっ!」 何をいまさら。


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

4月3日(金)  自分の追求は他人に任せよう。

一昨日、KISSのジーン・シモンズ氏が「余計なことを考えるより、自分らしくあり続けることが大事」ってなことを説いておられると書いたが・・・私は、その「自分らしさ」の“自分”すら、自分で把握できず、「自分らしさとは何ぞや?」と自問を繰り返すばかり。

今週はよほどヒマなせいでしょうか・・・3日も続けて更新しちゃってスイマセン。

くり1
     「あなたらしさとは、胃腸虚弱、腰痛持ち、頚椎症、ド近眼、
      花粉症、家事嫌いetc.」 そういう問題じゃないっ!

ある大学の名誉教授がこんなことを。

「老齢になるまでには、無数の人たちと関わりを持ってきている。
 そのあげくに思うのは、人の性格や性質は変えられないものだ、ということだ。

 馬鹿は死ななきゃなおらないと言うが、やさしさ、意地悪、真面目、ケチ、気の弱さ、図々しさという性質も死ななきゃなおらないらしい。」

何が専門の教授か知らないけど、
「人間も、“ある方向に運動している物体は、何らかの力が加わらない限り永久にその方向に運動し続ける”という、物理学の“慣性の法則”に支配されていて、いったんある性質が形成されると、他からよほど大きな力が加わらない限り、その性質を持ち続ける」とも。

この“慣性の法則”については、同感だ。
病気、手術の前と後では、私自身も著しく変わったと思う。
前はポジティブ、アクティブ、きわめて外交的かつ外向的、後は全部逆。

もう一度何かの力が加わったら、前のようになるのかしらん?

看板
     私も直してもらえますかね?割増料金でもかまいませんので。

人間は自由であり、色々な状況下で主体的に判断して行動を選択することができる、と教授は言うが、主体的判断・・・これが性格・性質に大きく関わっていそうだな。

教授が例に挙げているのは“図々しい人”。

世の中では、図々しいことをすれば大いに得をすることがあり、逆に嫌われて損をすることもあるのだが、図々しい人とは、特に前者(得をする)の経験を強く知覚し、後者にはあまり気付かないという知覚構造を持っているらしい。

そのため、そういう人は人生経験を積めば積むほど、自由な“主体的判断”に基づいて図々しく生きるのが正しいとの確信を強くし、ますます図々しくなるのではなかろうか、と分析している。

くり2
     今日はカントリーを散歩。花粉もピークは過ぎたようだ。

くり3
     そこらじゅう桜だらけ。塀の向こうはムショです。

まさに同感

あえて誰とは言いませんが、きわめて身近にその好例が存在するような気がするので。

しかしなー・・・なんと言われようと一度しかない(かもしれない)人生、「おめでたく」生きた者が勝ちって気もする。
あれこれ周りを気遣ってばかりいて、自分がつぶれちゃったらアホらしい。

自分って、案外自分で思うのと他人から見たのとでは、全く違うのかもしれない。

世界的不景気は相変わらずですが、新入学やら花見やら祭りやら、身辺は何かとめでたい雰囲気漂う今日この頃・・・周囲の「めでたさ」からもれているせいか、「おめでたい人になりたい」と切に願うとんがりねずみなのでありました。

え・・・もしかして周りからは「おめでたく」見えているかも・・??

かめ
     「めでたさのシンボルがすぐ横に居りますが。」 そうでした。


久しぶりにすぐそこの田舎を堪能した本日の「福」。
れんげ
田んぼいっぱいのレンゲ。童心に返る花です。
今の子は、花冠の作り方なんて知らないだろうな。
ハスの花もレンゲって言うけど、どっちが「本家レンゲ」よ?

テーマ:自己探求 - ジャンル:心と身体

4月2日(木)  変えて良いもの悪いもの。

年度もかわり、社会にも色々と変化があるようで。
変化も進歩もないのは私の知能と生活くらいか。

燃料価格の下落を受けて、電力やガス、航空運賃も値下げされ、輸入小麦も安くなるらしい。
ハイブリッド車など低公害車購入時の優遇措置も拡大され、よくわかんないけど、介護保険制度も変るらしい。

桜1
     我が家の裏手の桜並木、やっと五分咲きに。

ワタシ的には、小麦価格が下がるのはヒジョーに喜ばしいのだが・・・先日、ムカつくことがありまして。

スーパーで某大手メーカーのCMでもおなじみの食パンを買い、トーストにしてひと口食べたところ、何かが違うのに気付いた。
以前のより、やけに歯ごたえがある。
これは世の中でいわゆる「モチモチ」とか「モッチリ」とか言われる食感だろうか?

不審に思い、袋に書いてある材料を確認した。

ややややや???

桜2
     橋の向こうはいきなり2~3分咲きに。

「小麦本来の味」をウリにしているはずなのに、「米粉」が“混入”されているではないかっ!!

やられた・・・。
ちょっと混ぜるだけなら庶民にはわからないとでも思ったのだろうか?

あまーーーーーい!!
グルメじゃないけど、“嫌いな物”を嗅ぎ分ける私の能力をなめてもらっちゃ困るのだよ。

これは「小麦味」ではなく、私に言わせれば「米粉味」ですっ!

桜3
     道路を渡った西側は8分咲き。
     ヒヨドリがいっぱい蜜を吸いに群がってました。(撮影失敗)

世の中、一般的に「モチモチ感」大歓迎のようですが、アンチ・モチモチ派もいるわけです。
ま・・・いつだって私は少数派なのだけども。

好ましいパンの食感は・・・なんて表現したらいいのかわからないけど、やっぱりパンは小麦粉で作る物であり、米なんぞを混ぜてもらっては困るのだ(ワタシとしては)。
素麺の米粉版がフォーと言われるように、パンの米粉版も名前を変えるとか、ちゃんと「米粉入ってます」と明記していただきたいわ!

桜4
     「気持ちいいねぇ」・・とは言っていない。
     撮影は大嫌いなくり。今日の散歩はしっぽ下がりっぱなし。

あーーーー・・・日本人のくせにこんなこと言っちゃいけないのだろうか・・・。お餅も白玉も苦手だし。
でもね、人間一つくらいこだわりがあってもバチは当たらないよねぇ。
やっぱりパンは小麦粉(全粒粉OK)で!モッチリモチモチ断固反対!

まてよ・・・モッチリしたもの食べないから、私のお肌もモッチリしないのか?
これは天罰か?
神様、お許しください。なんと言われようが、お肌がカサカサだろうが、モッチリはダメです。

桃
     アンチ桜じゃないけど、今見頃なのは桃ですよ。
     暑苦しいまでにもっちり満開。

ちなみに私の好物は、殻つきクルミ、アーモンド、ピーナッツ、炒り大豆、ドライイチジク、うまい棒。
前世はネズミかリスかも・・・。


では本日の「福」。
スルガエレガント
無人販売でスルガエレガント3個100円でゲット♪(普通1個100円くらい)
たしかハッサクと何かを掛け合わせてできたこの辺ならではの夏みかん。

あ、思いだした!モッチリOKなもの1つだけあったよ。
桜餅1
関西風桜餅。

桜餅2
関東風桜餅は食べたことないけど、周りはクレープみたいなの?

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

4月1日(水)  KISSに学ぶ人生哲学。

先日、獣医へ行った折、ある雑誌をお借りしました。
そう、以前KISSのDVDをどっさりお借りした、くりのお抱え医師さんから。

くり1
     「雑誌くらい自分で買えよな。」

ついに日本でも『KISSOLOGY』が発売に。
・・・って、『KISSOLOGY』は既に複数枚組で3作発売されており、これは4作目。

でも今度のはスゲーよ。DVD18枚組
18枚ってのもオヨヨだけど、そのうち9枚はボーナストラックって・・・前代未聞の企画じゃないか?

前作も全部持ってるのに、獣医氏は今度も商売上手なアナタにまんまとのせられ、バッチリ購入してしまったようですよ、ジーンさん。

ジーン・シモンズ氏は、テレビ番組制作から3000以上もの関連商品販売など、たくさんの会社経営もしているそうで・・・さすが商才に長けたユダヤの血。

DVD
     まだ全部観てない~!

しかし、この雑誌のインタビュー記事で、KISSが35年もの永きに渡り存続してきたわけを、再認識したような気もします。
放送禁止用語満載のハードロックを歌いながら、血を吐いたり火を吹いたりしているだけじゃ、35年もファンはついて来ないはず。
やはり哲学があるのですよ。

ジーンの言葉から、印象的だったものをかいつまんでご紹介。

Q:KISSを思いついた時に思い描いていたより、いい結果が出た?
 「出たよ。理由は、夢で見えるものはイメージだけだが、現実は総天然色だからね。」

そう・・・いいことも悪いことも、「現実は総天然色」。だから生きてるって感じるんだよね。名言だ。

Q:日本人がライヴで礼儀正しく着席しているのにイライラしない?
 「いや。異なる文化を持つ異なる国にいることを自覚しているから。
  我々にやれることは、KISSであり続けること、自分たちらしくしていることだけ。」

どんな環境でも“自分らしさ”を忘れないって、なかなか難しいよね。さすがだ。

ジーン
     化粧と衣装はけっこう進化しましたね。

Q:オリジナルメンバーが2人、ドラッグとアルコールでクビになっているが、理由は?
 「KISSはオリンピックのようなものであり、ドラッグとアルコールを摂取する者は閉め出される。
  品位と自尊心とバンドとファンを尊重する気持ちを持たない者は、オリンポスの山(ギリシャの神々が住む山)に登る資格はない。」

ドラッグやアルコールで命を落とすビッグ・アーティストもいるが、それは悲劇なんかじゃなく、そいつが馬鹿なんだ、と言い切る。

ポール
     35年前より毛の量が多いのは気のせい?胸毛も健在。
     ポール・マイ・ラヴ♪

「天才でなくても判断できるはず。
 特に貧しい場合は人生のルールをよく理解できる。
 貧民窟で暮らしていれば、誰も命の価値が判らないなんて不満を言わないし、精神分析も受けない。なぜなら、そこでは誰もが生きたいと思っているからだ。
 生き続ける事自体が最高の精神分析なんだ。

 最貧国へ行けば判る。
 アフリカでは誰も生きることの意味や自尊心について考えたりしない。
 水をくれ、食べ物をくれ!そうすれば生きられる!

くり2
     満腹でも「食べ物をくれ!」という犬。

 裕福な西洋諸国は水や食べ物の心配をしなくていいから、ほかの事を考え始める。
 「自分を失った」とか・・・自分を失っただと?それは一体どういう意味なんだ?
 腹は一杯じゃないのか?

 食べ物が充分にあり、頭の上に屋根があって健康なら文句は言うな!
 生きているんじゃないか!
 私は無感覚で生きている奴らは我慢できない。」

べるぴー
     満腹でも私の指を食おうとするベルツノガエル。

なんか・・・身につまされました。
些細なことでブチブチ文句をたれ、くよくよ、うじうじ悩み、生きることの意味がわからなくなることも・・・それって、ある意味、ただの贅沢の証だったんだ・・・。

彼もアメリカで移民の子として厳しい現実にさらされながら、逞しく生きてきたがゆえの信念なんだろう。
あぁ、わたしゃ“甘ちゃん”だわ・・・って、それもまた受け入れなければならない“自分”の一部なんだけど、やっぱり逞しくなりたい。せめて心だけでも。


本日の「福」。
いつも目に付く所にあるのに、すぐ忘れちゃう。
詩
この気持ちを忘れずにいたい。





     


テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。