一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月31日(金)  人生の無駄は必要だが、医療費の無駄は許せん!

7月もとうとう今日で終わり・・・これで梅雨も延長戦に突入か。
最悪だ・・・。

最悪といえば・・・マジ最悪だ!

ゴールデンウィークに始まった親知らずの歯痛、1ヶ月前にようやく完治したはずなのに、ここ1週間くらいなんだかウズウズと痛い。
疲れのせいかとも思ったけど、どうも気になり、昨日違う歯科に行ってみた。

すると・・・バッキャーローーーーッ!!

全然治ってないじゃないかっ!!
神経抜いたはずなのに、根っこの方はまだ残っていて、それが腐って鈍痛が続いていたのだ。
結局、冠を外してやり直し。

今まで行っていた歯科は、実家の近くで子供の頃からなじみの所(今は息子が継いでいる)なので、信頼して通っていたのに・・・なんか裏切られた気分だー。
まぁ、若干アバウトな先生ではあったことは否めないけどさ。

くり
     「お気の毒♪」 あんただって歯磨きしないと歯槽膿漏よ!
     
今度の先生は人相は目しか見えないのでわからないけど、長身で銀縁メガネで40代前半くらいか・・・すごーく几帳面そう。
時間外の初診だったにもかかわらず、小1時間もかけて丁寧に治療してくれた。
歩いて通えるのはうれしいけど、混んでて予約がなかなか取れない~!
まぁ繁盛してるってことは、腕もそれなりだと信じたい。信じよう・・。

ということで、怒りとその反動の空虚感で気持ち的にぐったり・・・。
私のあの1ヵ月半の通院は何だったのだ・・・?
金返せーーーーー!!

では、今日は牡丹ちゃんの新技をご覧に入れようかと思います。
題して「脱皮UPSIDE DOWN」。

牡丹1
     さぁ始まりました。歌舞伎の大見得を切るが如く・・・。

牡丹2
     初披露とあって、目つきも真剣そのもの。

牡丹3
     「うう~~ん・・」ちょっとセクスィ・・じゃないですね。

牡丹4
     口に張った皮がみえます。

牡丹5
     ピタッと決まって、完了のようです。

牡丹6
     さぁ入念にストレッチをしておしまいです。

そろそろシルク・ド・ソレイユとはいかないまでも、木下サーカスか中国雑技団あたりから出演オファーがあってもいいんじゃないかと思うんだけど・・・。
やっぱYOU TUBEに投稿しないとダメですかね。

相変わらずおかしな子ですが、薬のおかげか、若干サーカスの頻度が減り、鎮座している時間が長くなってきたような気がします。


では本日のエコな「福」。
さつま芋1
私のグリムスはさっぱり育たないので、自分で始めた。
自分で言うのもなんだけど、やっぱ私にはバラよりこれが似合うと思う。

さつま芋2
このままだと可愛くないのはなぜでしょうね?
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

7月29日(水)  アレルゲン確定&選挙運動今昔。

ふと気がついたんですが・・・我家の哺乳類3頭のうち2頭、すなわち“私とくり”は、ここ数年、通年鼻炎状態。

くり1
     これこの通り、水っ鼻タラリ。でも犬は鼻すすらないんだよね。

まぁだんなも慢性鼻炎で通院はしているけど、くしゃみ・鼻水は杉花粉シーズンだけだし。
一昨日エアコンの掃除をしてもらったんだけど、あのすごいホコリとカビを浴びても、くしゃみのひとつもしていなかったってことは、ハウスダストアレルギーじゃないって事だ。

てことはだな・・・
アレルゲン=だんな。

こういう図式が成り立つってわけか?

百合油
     台湾土産の定番(らしい)百合油。これ、オロナインやメンソレの比じゃない。
     効能:風邪、インフルエンザ、神経痛、ひきつけ、小児腹痛、関節炎
     歯痛、ヤゲイ(何これ?)、乗り物酔い、咳、腫れ物、虫刺されなど。
     日本なら薬事法違反か詐欺罪でしょっ引かれそうだ。

夜、だんな愛用のマッサージチェアのリモコンの上を、1mm程の白っぽい虫がもそもそ歩いてたけど・・・あれは一体なんだったのだろう・・・。

いずれにせよ、我家には、魑魅魍魎とはいかないまでも、何かいるべきではない、いない方がよい生物が数種類いることは確かです。
その元締めはだんなかww

仕掛けたもののさっぱり成果の上がらないゴキブリホイホイにドッグフードを置いてみたら、みごとに1匹取れました♪
ホイホイに獲物がかかると、妙にうれしく、ベンチにいる高校野球の監督のように「やった!」とか「よしっ!」とか言いながらガッツポーズをしてしまうのは私だけでしょうか?

くり2
     花は嫌がるくせに、食べ物だと積極的。

くり3
     花には顔を背け、あからさまにしょぼいツラに・・。

ところで、衆議院が解散となり、いよいよ皆さん本格的な「就活」体勢に入ったようですが・・・麻生さん、またやっちゃいましたね。
年配者に対して「あの人たちは働くことしか才能がないと思ってください。」って・・・。

きっと「働くことが生きがいであり楽しみでもある」というような趣旨のことを言いたかったんだと思いますが・・・恐いですねぇ、語彙力のなさって。
これでまた「正しい日本語」みたいな類の本の売れ行きがアップするのでしょうか。

政治家は漫画ばっか読んでちゃダメですよ、ソーリ!

くり4
     パパイヤには目を輝かせて接近。

そうそう、面白い事を聞きました。
昔から選挙応援には付き物の「ウグイス嬢」、今は違う鳥も参戦しているようです。

女性候補者が増えた昨今、彼女らの支援するのは「カラスBOY」と言われるイケメンだとか。(黒装束ではない)
投票する有権者のなんと93%は、候補者の政策じゃなくて、見た目や話し方、雰囲気で判断を下すそうですから、やはりスタッフの容姿も得票に大きくかかわるんでしょうかね。

近年ここらで聞こえるウグイスの声は・・・鶏がウグイスの着ぐるみ着てしゃべってるのか?みたいなだみ声・・いえ、年季の入った迫力満点の声で・・・。
でも「カラス」ってのもちょっとねぇ。「ツバメBOY」の方がよくない?

くり5
     今年くりが育てている植物。
     近所のウィペット君の応援もあって、スクスク育ってます。



では本日の「福」。
不快な気分になる方もおいでになると思いますので、凝視しないようにお気をつけください。
ゴキ
やった!とうとうかかった!
だが、こいつは“小物”。3倍くらいある親分がいるのはわかっている。
ホウ酸団子も仕掛けたぞ!










テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

7月26日(日)  天啓。

金曜も土曜も土砂降りだったのに、鼻水地獄(なぜか朝と夜7時過ぎ以降がひどい)だったってことは、やはり花粉症じゃなくてハウスダストやダニのせいか・・・とにかくアレルゲンが室内にあることは明白。
エアコンの噴出し口もすごいカビだったし・・・。

起きているととめどなく流れる鼻水も、不思議な事に寝てしまうと止まるので、9時前にはベッドの中で朦朧とする日々です。

くり1
     こちらは朦朧と100均の“醤油飴”の包み紙をなめる犬。

抗ヒスタミン剤は何かと副作用意が出るので飲みたくないし、タウロミン(漢方薬)もよく効くと知人はいうけど、これ以上異物を体内に入れたくない。

すると、ここより東の彼方におわします“t大明神様”からの天啓が。

「オロナイン ヲ ハナノアナニ ヌッテミヨ。
 サスレバ カビモダニモ ソナタノテキデハナクナルゾ。」


へへ~~~~~~っ、おありがとうございまする~。

んでもって、

オロナイン1
     早速買ってきた。
     しかし大明神様は、なぜこんなものを鼻の穴に塗ってみよう
     などど思ったのだろうか・・・?

ちょっと驚きなんですがね、たかがオロナイン、ただの傷薬なのに「第2類医薬品」ですってよ!
風邪薬や胃腸薬と同じレベルの危険度!?
一緒に買った、CMでもおなじみの「ザ・ガード」(大腸の調子を整えるお薬)が「第3類医薬品」だってのにさ~。

オロナインさん、見くびっていてスイマセン。

でもオロナインって、なんにでも塗っていいのかと思ったら、ダメなのが3つ。
1.湿疹、ただれ、かぶれ
2.化粧下
3.虫刺され

虫刺されは効きそうもないけど、「化粧下」って・・・オロナインを化粧下地に使う女がいるのか!?

オロナインと並んで常備薬の定番メンソレータム(ま、メンタームも同じでしょ)、これも不思議な薬ですね。

オロナイン2
     オロナインVSメンソレータム(うちのは安い方=メンターム)
     マークが看護婦さんだろうがインディアンだろうがどうでもいいわい。

メンソレはスーッとするからしもやけや虫刺されにも効くし、傷や皮膚炎にもいいらしいけど・・・打撲や神経痛、ロイマチス(リューマチのこと?)にも効くって・・・じゃあムヒも神経痛に効くのか?

ムヒと言えば、よく受検の時の眠気覚ましに目の周りに塗ったっけ。

なにはともあれ、ティッシュの大量消費でグリムスが枯れそうな現状から抜け出せるのなら、オロナインは神棚(ないけど)にでもお祀りして、呪文でも唱えながらねっとりべったり塗りますとも!

あ・・・呪文のお告げがまだないわ。なんと唱えれば・・・?

いやまてよ、もしかしたら、このねっとりべったりで、アレルゲンを「トリモチ(ハエ取り紙)」みたいに吸着させる仕組みってこと?

くり2
     取り上げようとしたら、紙をくわえて手で押さえ、離さない。

オロナインが一日も早く「本日の福」に昇格する事を祈念いたし、ねっとりべっとりww


本日は福もないので、昨日の「福」。
アイス
AYAのマンゴー・ココナッツ、美味しゅうございました♪
最近ハーゲンダッツがどうも今一美味しいと感じないんだけど・・・値上げしたくせに味が落ちたような。
でも、世の中で一番売れてるのは「ガリガリくん」と「PALM」(ファミリーサイズ)らしいぞ。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

7月24日(金)  今年の梅雨は明けるのか?

扇風機を回すと、くしゃみ&鼻水が止まらなくなるのはなぜでしょーか?
掃除機も掛けたし、拭き掃除もしたし(見えてる部分のみ)・・・あとは厚いカーテン洗うしかない・・・おぉ、マイ ゴッド。

やはりこのじめじめどんよりな天気のせいで、カビの胞子が空気中に大量拡散しているのだろうか・・・恐。

カビ
     きゃあぁぁぁぁぁ~~~~!!カビの胞子・・・。

一昨日は日食“騒動”で、各地てんやわんやのようでしたが、ワタクシ、そんなこたぁコロリと忘れておりまして。
でもインドで撮影された、すばらしいダイヤモンドリングをテレビで観たので十分。
(ホントは、世間が盛り上がると自分はドン引きするという天邪鬼ww)

あと1週間で7月も終わると言うのに、今年の梅雨は明ける気があるのでしょうか?
今朝も猛烈な土砂降り。週間予報も、静岡はむこう4,5日お日様マークがありません。

アフ
     「不気味さなら、カビなんかに負けない。」 
     カビよりも地球外生命体っぽい、アフリカツメガエルさん。

地球は「水の惑星」とも呼ばれ、中でも日本は(よく言えば)水に恵まれた国の一つ。
「瑞穂(みずほ=みずみずしい稲の穂)の国」とも言うそうで。

なんでも日本の上空には「空の水道」が集中しているため、台風や梅雨前線、温帯低気圧などが続々とお通りになるようです。
適度に交通規制できればいいのですが。

雨にまつわる言葉も色々あり、よく言われるのが「土砂降りの雨」。
その土砂降りも多様で、竹の束が突いてくるように降る雨を「篠突く雨」(篠竹=細い竹や笹)、車軸のような太い雨脚の場合は「車軸を下す(様な雨)」。
庶民的?なところでは「バケツをひっくり返したような雨」etc.・・・。

べるぴー1
     「可愛い私を見て、アフのキモさをふり払ってください♪」
     丸けりゃいいってもんじゃないですよ。猫被っちゃって・・・。

とは言え、先日の山口県のような局地的集中豪雨は、バケツどころかドラム缶でもひっくり返したと言った方が・・・。
局地的豪雨、年々増えてるような気がしますが、これも温暖化の影響なんでしょうねぇ。
それとは逆に、毎年のように水不足になる四国も大変。

「雨降って地固まる」ということわざも、「雨降ったら地域崩壊」とか「雨降らず命干上がる」に変えなければならないような。
湿気に弱い私なんぞにとっては、いやまったく生き難い世の中・・地球になりました。

べるぴー2
     この脂ぎったイヤらしいおっさんヅラは、どう言い訳するんですか?

崩壊をもたらす点では地震も同じですが、先日ニュージーランド付近でマグニチュード7.8の大地震がありましたよね。
あれで南島がオーストラリア寄りに30cm移動したそうですよ。自然の力は凄いですねぇ。

しかし、マグニチュードは地震の規模というか、エネルギーを示す尺度で、どれくらい揺れたかわかんないですよね。
日本は「震度○」と言うから、揺れ方もある程度想像つくけど、海外はみんなマグニチュードだけなので、今一“揺れっぷり”がピンときません。
なんで「震度」表示は日本だけなんでしょうね?

うめ
     「日本人は数値が好きだからのぅ。外国人は目に映った
      “壊れ具合”で適当に判断するんじゃろ。」 そんなもんですかね。


土砂降り→カンカン照り→土砂降りで、自律神経がついていけない本日の「福」。
トマト
父が家庭菜園で採れたトマトを持ってきてくれました。
トマトは体を冷やすので、ドレッシングに生姜を混ぜてかけるといいとか。
いんや、トマトは何も掛けずにそのまま食べるから美味いんじゃっ!

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

7月22日(水)  「人格的に大人」になりませう。

昨日はいまだ下げ止まらない株価・・・じゃなくて、腹を抱え、命がけでヨガへ。
薬のおかげでもう止まってはいるんだけど、腸が運動不足を解消するかのごとく、蛇踊りのようににぎにぎしく動き回ってます。

オタマ
     昨夜、オタマ2号にやっと前足が“片方”出ました。
     心配していたけど、今朝は両足出ていました。

そんな私の腸と同じくらい賑わしかった昨日のマスコミ。
もちろん衆議院解散の件で。

まぁ解散でも何でもやってくださいよ。なるべく税金使わずにさ。
まともな日本を本気で作ってくれる気があるなら、清き一票を投じますとも。

が・・・民主党はず~~~っと「政権交代!自民を引き摺り下ろして、政権を我々の手に!」とばかり連呼してるし、昨日の自民党の両院総会?でのある議員の発言にはたまげたぜ。

「我々の敵は民主党だ!」

・・・あのぅ・・・敵は不況であり、犯罪であり、医療崩壊であり、少子化であり・・・政治は国盗り合戦でも、あんたらの就活でもねぇんだよっ!!
そこんとこ、お間違えなきよう。

ツノガエル
     ツノガエルは姿勢も目つきも色々です。

先日こんなコラムが。(概要)

「大人になる」という意味には、少なくとも「法律上、大人になる」ことと「人格的に、大人になる」という二つの意味がある。

幼稚園児がわんわん泣きながら、「○○ちゃんが私をぶったの!私は何にも悪くないのに!」と母に訴える。本当はその子が先に手を出したのが原因かもしれないけど、多くの幼児は「最初に私が○○ちゃんをぶったの。だから私が悪いの。」とは言わない。

このように全ての原因を自分以外のものにもっていく発想を「幼児的発想」という。
全ての人は時期が来れば「法律上、大人になる」ことはできるが、意識して努力しなければ「人格的に、大人になる」ことはできない。

何かあれば国が悪い、政治が悪い、と言ってばかりいる人、自分の境遇を学校が悪い、親が悪い、環境が悪い、などと自らには一切原因がないというような思考法をとる人。
年齢的には大人でも、こうした幼児的発想から抜け出していない人、つまり人格的には幼児のままの人が意外と多いのでは?

牡丹
     インストラクター牡丹先生による“カエル式ヨガ”。

いやまったく耳の痛い話でございます。

でもねー、我々一般庶民も真の大人になるべく、努力しなければいけないのは当然ですが、国の中枢にいる人たちがねぇ・・・互いの政党を悪し様に罵りあってばかりいるのも「人格的に、大人」な人には見えないように思いますが。

大体、本当に一心に身を投じて国民に尽くしたいのか、てめぇの職を確保したいのか、よくわかんない人もかなりいますよね。

ま、どなたでもかまいませんから、日本を暮らしやすい「安心安全」(麻生氏言)な国にしてくださいまし。
あ・・・こういう他人任せなのも「幼児的発想」なのか!?

くり
     ホコリの味をしめたのか、毎日ソファの下に入ろうとするくり。
     だめっと言ったら、鼻面に皺を寄せて逆ギレ。たちが悪い。

ところで・・・解散を宣言すると“万歳三唱”するのはなぜですか?


では本日の「福」。
本
京極堂シリーズ2冊目『姑獲鳥の夏』(これがシリーズ1作目)読破!
この達成感・・・病み付きになるわ~♪次、『魍魎の匣』いきますっ!


テーマ:憂国ニュース - ジャンル:ニュース

7月20日(月)  いろいろ下がり気味の3連休。

いよいよ(学生諸君は)夏休み。
この3連休、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は金曜に牡丹が脱走した精神的ショックで(名目上そういうことで)腹痛&おなかの急降下を起こし、気力体力共に萎え萎え・・・。

しかし、連日おでかけ(散歩)不足で暴れている、厄介な“ホコリ犬”を疲れさすために、暑い中公園へ。

ではここからは、手抜きの写真日記で。

日曜日は藤枝市の蓮華寺池公園へ。

蓮華寺池1
     「私の脚があと30cm長かったら、スイレンに“特製液肥”を
      あげられるのに・・・。残念だなぁ。」

蓮華寺池2
     「悟りの境地・・・南無阿弥陀仏・・・南無妙法連華経・・・
      オンコロコロセンダリマトウギソワカ」  信仰の対象は絞ってください。

蓮華寺池3
     天然記念物のオニバスの花。がく?に毛が生えてて不気味。

蓮華寺池4
     気持ちいいでしょ? 「早く出たいです。」

蓮華寺池5
     「あ~暑い・・・さっさと帰ろう。」 ちょ・・どこへ!?

カーマ
     「涼しいドッグランで走る♪」 ここはホームセンターです・・・。

月曜日は富士市の広見公園。
いつもは犬だらけですが、さすがに人もまばら。涼しいのにねぇ。

広見1
     ジョン・ウェイン風に、バンダナで決めてみました。

広見2
     公園の写真はもうこれしかないです。これはどなた?

コンビニ1
     ミニストップでソフトクリーム(のコーン)待ちのジョン・ウェイン。

コンビニ2
     「お待ちしてました♪」 紫の布はシート引っ掻き防止用。

コンビニ3
     「父ちゃん、ケチケチしないでもう一かけら♪」

コンビニ4
     「私の首がもう20cm長ければ・・・くそう、届かない・・」

かくしてこの日もホームセンター経由。
しかし無念にも探していたカエル用のウールマットが販売中止になっていて、気分も腹も下降気味・・・。


では週末の「福」。
土曜の朝、チビちゃんを野に放ちました。
カエル1
お名残惜しいですね・・・。

カエル2
水路脇の植え込みに放つと、うれしそうにピョンピョン跳ねていきました。
見送る私は蚊に刺されてボコボコになりました・・・。元気で大きくなるんだよ~!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

7月18日(土)  腹痛→牡丹が消えた!→発見→腹痛

木曜の夜、突然腹が下り、夜中は何事もなかったものの・・・(話が飛びます)

翌朝起床後すぐ、いつものようにツノガエルたちのご機嫌伺いにいくと
牡丹がいなーーーーい!!

ツノガエル
     「僕らは食べてませんよ。」 本当だろうな!?

かつてし~ちゃんがかなり大きくなってから、蓋にしていた餅焼き網を重石ごとぶっ飛ばして脱走した事があったが(数分後、あっけなく足元で発見)、牡丹はまだ4cmそこそこで、しかも肢体不自由(いや自由自在に動きすぎ)・・・夕べはうかつにも、腹痛のせいで牡丹の容器の蓋を確認しないで寝ちゃったのよね・・・。

し~ちゃん
     無念の突然死で、今は亡きペパーミントツノガエルの師走。

コンタクトの入っていないろくに見えない目で、手探りで恐る恐る床や棚の上を探す・・・い、いた。

カエルケースがのっているキャスター付きワゴンの下に、見かけはホコリだけど触るとぐにょっとしたものが。
それはまさに、巨大なホコリの玉と化した牡丹だった。(前記事のソファ下のくりの画像を見ていただければ納得かと)

くり1
     おいっ、またそこに入る気か!?

家事そっちのけで、大慌てで牡丹を水風呂に入れてホコリを洗い落とし、ケースに戻した。
しばらくはぐったりしていたので、「や・・やばいのか!?」と血の気が引いたが、10分もすると、覗き込んだ私に向かって舌を飛ばしてきて、触ろうとしたら噛み付かれたので一安心。

あ~~~~やれやれ。肝が冷えたわ。

くり2
     入ったら、1週間おやつ抜きだぞっ!

(話、戻ります)
肝が冷えたのか、腹が冷えたのか、昨夜の腹痛が思い出したようにレベルアップしてよみがえり、額にはあぶら汗が・・・。

とりあえずだんなに朝食を用意したものの、とても自分で車を運転できる状況ではなく朝一でだんなにかかりつけの胃腸科に連れて行ってもらった。

何分“常連”なので、先生はどこが具合悪いのか(ここ、外科、皮膚科、肛門科もやってる)尋ねもせず、「はい、ベッドに仰向けになって。」
私が口を開く前に腹を触診していた。

先生 「夏のゲリです。」
私  「夏バテとか、疲れのせいでしょうか?」
先生 「そう思いたければ思ってください。悪いものではありません。」
私  「あ・・はい。」

この先生にかかると、これ以上突っ込みようがないのだわ~。
そしていつものように、先生言うところの「スペシャルな薬」(先生自ら調合した薬)をもらいました。
これ、整腸剤や健胃消化薬、粘膜保護剤などを混ぜた、そんなに強い薬ではないんだけど、マジ効くから不思議なんだな~。市販してくれればいいのにな~。

ここ3年、毎年夏に胃か腸をひどくやられるので、かき氷もスイカもスタバのフラペチーノも食べる気にならず・・いや、見ただけで腹がゴロゴロしそうで・・・。

昨日はざーざー降り、今日もハッキリしない曇天・・・静岡はまだ梅雨明けしておらず、暑さはこれからが本番だってぇのに・・・今後を考えただけでもまた腹が・・・ナンマイダ。

牡丹
     どうだこれで!逃げてみろ。
     普通のプラケースだと広すぎて、ひっくり返ってばかりいるので
     こんな入れ物に・・・。


では本日の「福」。
アマガエル1
前足が出てからたった2日で、リッパなアマガエルになりましたよ♪
ふしぎですねぇ、色もすっかりカエルらしくなって。

アマガエル2
1cmくらいだけど、すごいジャンプ力。そろそろ自然に返そうかな。

テーマ:両生類 - ジャンル:ペット

7月16日(木)  共存共栄は難しい?

ここ数日の猛暑で向かいの田んぼは干上がり、哀れなオタマや小さな生き物たちは日干し・・いや、わずかの水は相当熱かったはずだから“煮干し”か・・・になった。

近年成体のアマガエルをあまり見かけなくなったのも、猛暑のためにこうしてオタマのうちに日干しになっちゃう率が上がったせいもあるんだろうか。

くり1
     衝撃の驚愕画像大公開!ソファの下のくり。ほ、ほこりが・・。
     皆さんの掃除に関するコメントを読み、己の怠慢さを思いしら
     されました。あんな記事、書くんじゃなかった・・。

今年の梅雨はアジサイ見物にも行かなかったけど、カタツムリも1匹も見てないなー。
カタツムリなんて、もう10年以上見た記憶がないよ。

ところが!
また大阪ネタで恐縮ですが、大阪府門真市の団地の植え込みで、カタツムリが大発生してるそうで。
しかも“ヒメリンゴマイマイ”・・・そう、あのフランス料理で使われる欧州原産のいわゆる“エスカルゴ”~!

マイマイ
     ヒメリンゴの名前の如く、直径3cmと小ぶり。

これまでに約2000匹も駆除されたそうだけど・・・高級?食材だってわかってるのに、なんで駆除なわけ?
団地でエスカルゴ食い放題パーティーでもすりゃあいいのに。あぁもったいない。

この種は乾燥に強く、冬でも活動できるため、生息域が広がる恐れがあるとの懸念もあるらしい。
しかし、食材がなんで植え込みにいるんじゃ?

そういえば、結構なじみのあるニジマスも実は北米原産の外来魚で、「要注意外来生物」になっているとか。

ニジマス
     受け口で、けっこう人相(魚相)悪いっすね。

静岡県富士宮市が、先日ニジマスを「市の魚」に制定した時も、そのせいで県外の環境保護団体からすごいブーイングがあったらしい。(市民の多くは賛成だった)
しかし・・・いずこでも「環境保護団体」というのはいちいち悶着を起こすもんだなぁ。

ニジマスって、ブラックバスやブルーギルと違って警戒心が弱く、真っ先に釣られてしまうお人よし。
静岡県では、放流が行なわれている川でも在来種への影響は報告されておらず、自然繁殖も確認されていない。
だから放流を止めれば、やがていなくなると考えられている程度の魚。

まぁ外来種とわかっていて放流するってのはいかがなものかとも思うけど、いちいちイチャモンつけてくるプチ・グリーンピースやシーシェパードもどきみたいなヤカラもねぇ・・・。
べつに市が繁殖に乗り出すわけじゃないんだし、たかがシンボルにしたってだけでそう目クジラ立てることもないでしょーに。
そんなことより、外来種ならセイタカアワダチウソウでも駆除しなさいよっ!

くり2
     「今日も散歩は中止?」 だって~~~34℃超えてるし~。
     早朝は飼い主の都合でダメ、夕方、夜はアンタが歩かないじゃん!

あらゆる交通網が発達し、物も人もそれらの付着物も瞬時に移動可能となった時代、ばい菌や外国産生物をカンペキにシャットアウトするのは絶対にムリ。

ペットとして生き物を飼う人や食材としてそれを扱う人が、それぞれ管理なり、処分なり、責任を持ってするしかしようがないんでしょうね。

くり2
     「じゃあ筋トレだけでもしておくか・・・」
     どうして私の投げたおもちゃは拾ってこないのさ?

しかし、絶対に絶滅の危機に瀕するのは日本在来種の方。
なんでみんなそんなに軟弱なんじゃ~?
ドブネズミのように逞しくなりたまえ!


では本日の「福」。
煮干にならずに済んで幸いでしたね。
オタマ1
1匹に手も出ました♪この子の方が体は小さくて細いんだけど、成長は早かった。

オタマ2
尻尾はまだ長いけど、目つきがカエルっぽくなったような気がしますが。
    


テーマ:動物・植物 - 生き物のニュース - ジャンル:ニュース

7月14日(火)  掃除もアレルギーも体に悪い。

東京都議選、まー予想通り・・と言うか、ワタシ的には予想より「自公健闘」だったように思えますが。

過半数が64で、自公:非自公=61:66でしょ、もっと大差になるかと。
それにしても、これだけ注目度の高かった選挙でも投票率50%超えれば上出来なんて・・・なんだかなー。

うめ1
     「と~さん、今日はアレ、かけんのか?」

この結果をみて「地方選と国政は関係ない」と豪語していた麻生さんも、とうとう解散を決意したようだが・・・マジでそう思っていたのかな?それとも精一杯の強がりだったのか・・・。

「自民党をぶっ壊す!」と宣言したのは小泉さんだけど、それを見事に実行したのは麻生さんだったかも。
面白い事になりそう・・・ついつい、野次馬根性が。

ところで、最近、特に朝晩、鼻水地獄で毎日責め苦にあっているとんがりねずみでございます。
オタマ救済の功徳を積んだにもかかわらず、今日もズルズル・・・目はカユカユ。

杉花粉の時よりひどいよなー。
くしゃみはあまり出ないんだけど、とにかくティッシュの使いすぎで・・これではアンチ・エコでグリムスが枯れちゃいそうだわ~(泣)
イネ科など雑草のアレルギーは草が生えている近辺限定(雑草の花粉は大きいから、そんなに飛散しないらしい)のはずなのに、雨が降ってても、家の中にいても・・いやむしろ室内の方がひどい感じ。

うめ2
     「おお、これじゃこれじゃ♪これを待っておったのじゃ♪」   
     茶碗の周りを回って、のりたまを催促。老人は何でも許される。

今、普段家にいる主婦で、室内の方がアレルギー症状がひどいと言う人が増えているそうです。
今の家は機密性が優れている反面、ハウスダストやダニの死骸、カビ胞子、排気ガスなどなど、いろんなアレルゲンをカーテンやカーペットなどに吸着したまま封じ込めちゃうんでしょうね。

私のアレルギーも、近所にバイパスが2本もできてから劇的に悪化しましたもん。

アレルギー撃退には、1にも2にも掃除が大事だって新聞にも出ていたけど・・・毎日掃除なんてさー・・・腰に悪いし、ストレスで蕁麻疹も出そうだ。

うめ3
     「鳥といえども適度な塩分は必要じゃ。」 塩土で摂取してください!

その掃除の仕方にもポイントがあるそうで、間違った方法だと意味がないらしい。

①掃除は「起きてすぐ」または「帰宅直後」にする。
     人が動き回っている時だと、ホコリが宙に舞ってしまう。

②まず床をモップや乾いた布で拭いてから掃除機をかける。

③拭き掃除も掃除機がけも、高い所から下へ向かってする。

④空気の流れを作りホコリを追い出すため、必ず窓を開けて換気。

⑤紙パック式掃除機は、こまめにパックの交換をする。
 ゴミポット式のポットは、最低週2回は水洗いを。

・・・紙パック、パンパンになるまで使ってますが・・・だいたい週2回も掃除機なんてかけませんし・・・。

先日レースのカーテンを洗おうと外した時も、レールの上のホコリとカーテンの汚れで、もうぎっくり腰になるくらいくしゃみ連発で滝の如き鼻水が~~~~!!
要するに・・・自業自得ってことですか?ハイハイ・・・一言もございませんww

うめ4
     「と~さん、わざわざすまんの。」 黄色い卵だけを狙ううめ。

このポイント通り真面目に掃除に励むか、はたまた鼻水地獄でのた打ち回るか・・・。
前者は精神的ストレスで、後者は肉体的ストレス・・・どっちも体に悪いなぁ。
家の中でマスク着用ってのも暑苦しいしな~。

日本の類稀な科学技術をもって、しゅっと一吹きでアレルゲンを分解消滅させてくれるような“ミラクル・スプレー”でも開発してくれないかなぁ・・・。

うめ5
     「なんじゃ~~!!生卵混ぜちゃったらダメじゃないか~!」
     暑くなるといっそう羽が寂しくなります。ま、今さら・・ね。


鼻水地獄と暑さで消耗しきった体で夏を乗り切る必需品が届きました。
本日の「福」。
くすり
夏バテにはこれば一番!・・という使用者の言葉を信じ、去年から夏にお世話になってる「補中益気湯」。名前からして効きそうじゃない?
今年も「信じる者は足元を救われる」の論理に基づき、お世話になります。
通販で薬が買えなくなると困るなー。

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

7月12日(日)  想定外のほころび&眠い日曜日。

4月に「妖怪道五十三次展」で買った目玉オヤジのミニクッションが早くもほころんだ。
普通、胴体と頭が分離するのが筋(?)ってもんじゃないかと思うのだが、さすがメイド・イン・チャイナ且つ妖怪、瞳と白目の境目が破けて綿が飛び出した。

目玉オヤジ
     外科手術中。

昨日から実家に帰省していただんなが朝10時過ぎに帰ってきたので、三保の松原へ散歩に。

三保1
     “神の道”を暴走。

三保2
     どの松も防虫処理が。年々増えるこのタグ・・・見栄えがねぇ。

体内時計で週末を熟知しているくり、だんながいなくても朝からハイテンションで、今朝4時半に起きた私は二度寝もさせてもらえず、あ~~~~眠いったら・・・。

なぜ4時半なんかに起きたかって?
夕べ、8時半に寝たから。理由は眠かったから。

なので今日はネタも浮ばないんで、くりの“海苔くれ踊り”でごまかす。

三保3
     海苔が欲しけりゃ

三保4
     踊ってみ♪

三保5
     あ、ソレ♪

三保6
     あ、もっと♪

三保7
     はぁうまうまうま♪ ・・しかしがに股だな、くり。

仕上げに・・・

三保8
     大海原を背に、己のケツを嗅いでみる。潮のカホリ?


そんな本日の「福」。
三保9
久々の海だよ。海はいいねぇ・・・暑いのはいやだけど。
こんな感じで梅雨明けしちゃいそうだな・・・。

おまけ:本日の「善行」。
向かいの田んぼのオタマ、水が枯渇して日干しになりそうだったので、数匹救助。
とりあえず外のスイレン鉢に。これは現世での“功徳”としてカウントされますかね?

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

7月10日(金)  大阪のおばちゃん万歳!

まー・・・・雨が降るよで降らない日の蒸し暑さったら・・・すでに夏バテ指数89。

昨日はスーパーでスイカ“見た”だけで、帰宅後いきなり腹が下りました。

くり1
     31℃の室内で、まったりベッタリな二人。

一昔前までは、自他共に認める夏女で、裏も表もわからないほど凹凸がなく、いや真っ黒に日焼けし、35℃なんて“へのカッパ”だったんだけど・・・。
くりが来て以来、エアコン生活になってめっきり暑さへの抵抗力がなくなりました。

このくそ暑くてだるいのに、テレビに映し出された「あの人たち」はなんであんなに元気なのか・・・。
「あの人たち」・・・それは大阪のおばちゃん。

くり2
     内腿の付け根あたりがツボらしい。これじゃ淑女のたしなみが・・。

これまで周りに関西の方がいなかったせいか、どーも生の関西弁やデカイ声(に聞こえる)に免疫がなかったのですが、あるコラムを読んで、彼女らの奥深さを知り、もう目からウロコww

一家に一人、「大阪のおばちゃん」。
招き猫や大黒様より福やパワーを引き込んでくれそうだ~。

大阪のおばちゃんをマジで称えるのは、著述家、コメンテーターとしても活躍する大阪研究家・前垣和義氏。

数年前、某テレビ番組で「あなたのイメージする大阪人は誰?」というアンケートをとったところ、明石家さんま、上沼恵美子ら有名人に混じって、「大阪のおばちゃん」が堂々の7位ランクイン。

くり3
     「あ・・・もうダメ・・・」 こんなことでいいのか・・・。

前垣氏いわく、「おばちゃんの行動力は、相手を喜ばせて自分もうれしいという、旺盛なサービス精神が貫かれている。」

彼が指摘する彼女らの代表的な行動とは
①言葉が通じなくても、臆せず外国人への道案内を買って出る。
    これを東京でやると、変人と思われがち。

②とりあえず値切る。
    うるさいけど、疑問があれば何でも突っ込むから、
    振り込め詐欺の被害には遭わない。

③隣り合った人にアメをあげる。
    名刺代わりに“アメちゃん”を渡すと、誰とでも仲良くなる
    術は、ビジネスでも役立つ。

④ド派手なアニマルファッション。
    「えげつない、コテコテ」の一言で片付けてはいけない。
    「どこで買ったん?ナンボしたん?」と会話のねたになる。
    服一枚で人を感動(!?)させることができるんや、と思えるように
    なれば、かなりおばちゃんに近づいている。

くり4
     エクスタシー状態のまま、薄ら笑い&半眼で爆睡。

「せっかち、ケチ、あつかましい・・など、作られたイメージに惑わされず、本質を理解して欲しい。日本人が不得意な事ができるのが、“大阪のおばちゃん”」 氏はこう訴える。 

なるほどねー・・・言われてみれば、ちょっとアメリカンなところもあるのね。
アメリカ人って、英語わからなくても「Don't mind!」だし、90の婆ちゃんがショッキングピンクのTシャツに短パンだったりするし。(ちょっと違いますかね・・)

ワタクシ、こう見えて(どう見える?)口げんかのボキャブラリーには少々自信があるのですが、大阪のおばちゃんが相手だったら・・・1R30秒KOかも。

生粋の大阪のおばさま方、実際のところ、彼の考察はいかがでしょう?

なんでもいい。元気な人はいい。おめでたくても少々うるさくても明るいのはいい。
大阪のおばちゃん万歳!!

そういや・・・うちの牡丹も大阪人だから、サービス精神旺盛なのかな・・・。

牡丹
     掃除、餌やりの度に過分なサービス。どうしたもんだ。


ひっそりと本日の「福」。
オタマ
後足が出たよ~ん♪ もう1匹のオデブちゃんはまだちょっとだけ。
太りすぎは成長を遅らせるのかしら?

サンスベリア
マイナスイオンを出すというサンスベリアにも脇芽が♪
夏に数回水をやるだけですくすく育つ、経済的で手間いらずの観葉植物。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

7月8日(水)  追悼あれこれ&達成感。

昨日はマジメに?地方自治なんか語っちゃったので、もんちゃんの予想通り、今朝方まで豪雨でした。

もんちゃんは低気圧に反応するのか、雨の降る夜や明け方は必ず大きな声で鳴きます。
しかし・・・最近の彼の鳴きっぷりときたら、甲高い声で「わんっ!わんっ!キャン!キャン!かぁっ!」
あんた、カエルか?

もんちゃん
     「人生色々。カエルも色々、なのだ。」
     そんなもんかね?

さて、今日未明に行なわれたマイケルの追悼式、感動的というか、まるでグラミー賞かなんかのセレモニーみたいでしたね。
改めてマイケルがいかに偉大だったか、いかに愛されていたかを痛感。
そしてアメリカ人のイベントの演出の上手さも。感動の演出にかけては右に出るものはいないだろう。

そこいくと・・・先日の石原裕次郎の23回忌法要・・・これについてイチャモンつけると炎上するかな?

でもさー、スタジアムに“なんちゃって本堂”なんか造っちゃって、坊さん120人もかき集めて大合唱・・いえ、大読経って。
120人の坊さんで何を演出したかったのだろう?
供養の読経は、読む人の数で効果が変わるのだろうか?

さらに、あの渋い渡さんまで、空に向かって「裕ちゃ~~~~ん」×3・・・ドリフ的に言うと、“ズッコケ”そうでしたよ。
(ファンにとっては)ひたすらにカッコよく憧れの的だったはずの裕次郎さん・・・あんな法要、望んでいたのだろうか・・・知る由もないが。

うめ
     「ま、人生色々、法要も色々じゃろ。」 
     石原軍団の派手好きは、西部警察だけにとどまらなかったのね・・・。

さぁ炎上か!?

今日はこんなつらつら書く予定じゃなかったんだよ。
書きたかったのは、この京極夏彦の厚さ5cmの文庫本『鉄鼠の檻』、

本1
     
完読。

久しぶりに感じた達成感。いや~文庫本5冊一気読みした気分だ。
面白かったですよ、ワタシ的には、ヒジョーに。
禅の解説書読むより、禅の歴史やなんたるかがわかりやすく?書かれています。

私、小説の類は飽きるまで同じ著者の作品を読みあさるタイプなので、当分『京極堂シリーズ』、続きそうです。


で、本日の「福」。
本2
祝・完読。バンザ~~~イ♪

すでにもう2冊買ってしまった。
本3
本4
『姑獲鳥の夏』は去年か一昨年、映画化されましたよね。
あわせて“たったの”7cm弱。全然余裕♪ やっぱ夏はお化けだ。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

7月7日(火)  七夕に「脱・官僚政治」を願う。

解散総選挙の前哨戦として注目されていた静岡県知事選も無事?終わり、大接戦の末、川勝平太氏(民主他推薦)に軍配が。

投票所
     今回は“清き一票”を投じましたよ。
     小学生のサッカー大会で、うんていと棒のぼりができなかったのが心残り。

この方、これまでは静岡文化芸術大学の学長で、早大で政治経済を学んだ後、英オクスフォード大の哲学博士号を取得という、政治とは無関係の分野出身。
しかも、頼み込まれて最後の最後に立候補したのよね。

一方、僅差で敗れた坂本ゆき子氏(自公推薦)は東大法学部出身の元官僚で、国会議員も静岡県副知事も務めた人。
しかも京都出身の川勝氏と違い、県内出身だし。

くり
     だんなのスポーツ用タイツを“自宅”に引き込み離さないくり。

それでも静岡とはあまり縁のない川勝氏が勝ったってことは、県民がいかに前知事の4期も続いた官僚政治にうんざりしていたか、そして今後も官僚や政治屋による政治に期待していないかがはっきりしたわけですね。

だいたい前知事の4期務めた置き土産は、大赤字を生み出すであろう富士山静岡空港・・・ありがたや~。

今回の4人の候補者は、くしくもみんな還暦(1人は59歳)。
川勝氏は普段学生の中にいたせいか、見た目も若々しく、健康的で明るい雰囲気で、好感が持てました。
坂本氏は・・・頭脳は明晰なんだろうけど、細小さくて(ヒトのことは言えないけど)、「あれで激務に耐えられるのか?」みたいなはかなげな風貌で。

オタマ1
     オタマは正面から見ると、お口が“ミッフィー”です。

オタマ2
     ところでアンタ、誰の子? 右の白い点はミジンコ。

『人間見た目が9割』とかいう本があったような気がするけど、あながち嘘ではない・・いや、事実だと思う。
見た目でわからない1割・・・たとえば、麻生総理がカトリック教徒だってこと。
バチカンでローマ法王に会うんだってさ。失礼な事言わなきゃいいけど・・・。

見た目で仕事ができるかどうかはわからないけど、新知事には、県民の変革を求める声にぜひこたえていただきたいものだ。

おぅ、今日は妙にマジメだぜ。

もんちゃん
     「明日も雨ってことだな。」 私のせいじゃなく梅雨だからだ!

しかしまー・・・雨雨雨曇り霧雨・・・じめじめじめじめ・・・。

元気なのは庭の団子虫とオタマとミジンコとうめとご飯食べてるくりと・・・なんのこたぁない、私以外みんな元気だ。
だが、新たにボウフラ対策に買った5匹の金魚、またも神隠しに。
1匹は死体を確認したけど、他4匹は消えた。カラスの仕業か?

オタマが空から降ってくるのと、水中の金魚が忽然と消えるのとでは、どちらがより超常現象的なのだろう?

昨夜からゲリぴーで、今日はヨガ休みました。あーヨボヨボww

べるぴー
     「私はべるぴー。」 
     暖かくなったら、べるぴーのべんぴーは解消しました♪


本日の「福」。
歯
あ~~~歯医者通いが終わった~♪
しかし、大口開け続けたためか、顎関節症気味~!アゴが痛い・・・。

お、今日は七夕じゃんね。
願い事書くなら短冊なんかじゃ足りないんで、トイレットペーパーくらいの長さ欲しいところだけど、欲張るとろくな事ないので・・・「一病息災・家内安全」以上控えめで。

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

7月4日(土)  供養産業、今昔。

前回の“川の流れと時間の経過の関係”にかんがみて、自分の足取りより川の方が速いと感じるようになると、おのずと「川だけが流れている状況」になった時の事も若干考えたりします。
つまり、自分はもう川に沿って歩く事も這いずって進む事もできず、突っ伏したまま動けなくなり、やがて朽ちていく時のこと・・・。

くり1
     今日は熱帯植物園に来ました。

ソテツ1
     これはソテツの新芽ですかね?可愛いです。

ソテツ2
     そこから若葉が“突き出す”と・・・SFっぽく不気味に変化。

私は絶対に墓石の下に入りたくないと思っている。
ホントはチベットの鳥葬(山頂でコンドルやハゲワシに食われる)がいいけど、日本じゃムリ・・・。

とりあえず焼いてもらって、灰は「千の大気汚染物質となって」漂い、やがて地に還り、新たな生命体をはぐくむのだ・・・って、その上にセイタカアワダチソウがワサワサ生えたりどーんとファミレスが建っちゃうのもちょっとな・・・。

とりあえず、墓石の下に入りたくないんで、文字を大にして叫びますが、これ、遺言として採用されますかね?

くり2
     今度は大草原を疾走。

私みたいに考える人も少なくないと思うが、そのせいか日本の葬祭、仏具の需要も、随分変わってきたらしい。
こういうジャンルの業種を「供養産業」と言うとは、知らなかった・・・産業・・ね。

折込チラシにも一見家具風なオサレな仏壇がずらり。
場所をとらない“皮製壁掛け式仏壇”なんてのもあるそうだ。これ、仏“壇”って呼べるのかね?
東京では売れ筋の3割以上がミニ仏壇(位牌しか入らないような極小サイズも)だそうで、ろうそくもアロマキャンドルと見分けが付かない。

ろうそく
     これ、全部“仏具”です。故人の嗜好に合わせて選ぶとか。

静岡は仏壇メーカーが多いらしいけど、ある仏壇屋の社長が言うには、「供養産業は10年前と比べ、様変わりした。祭る対象が先祖から特定の故人に変わった。」と。

たしかに・・・申し訳ないが、顔も人柄も知らないご先祖様には何の親近感もわかないし・・・そりゃ先祖のおかげで自分があると言われりゃその通りだけどさ。

くり3
     「うそだよ、いつもの吉田公園じゃん。
      ねぇまだ花も咲いてないのに写真撮るわけ?」お気の毒。

更にその供養産業の新分野・・・そう、ペットの葬儀事情も大きく変わってきている。
昔は庭に穴掘って埋めるのが普通だったけど、今じゃそうはいかない。

清掃事務所に頼めば数千円で“焼却”(“火葬”じゃない!)してくれるけど、遺骨は返してもらえない。
一般的なのは、民間業者に火葬だけ頼むって形らしいが、中には悪徳ぼったくり業者もいるようなので気をつけないと。
しかし、移動火葬車ってのが自宅まで来てくれて、その中で火葬してくれるなんてビックリだー。

東京の霊園で、ペットと一緒に入れる墓を売り出したら、大人気らしい。
私もそれなら考え直すわ。

相場
     爬虫類、両生類とかはどうなんだろうか・・・。

バカバカしいとお思いになられる方もいらっしゃるかと・・・しかしながら、こうして手厚く供養する事は飼い主の悲しみを癒し、“ペットロス症候群”防止に役立つといる面もあるらしい。

戸惑っているのはお寺さんの方で、2008年に住職、火葬業者、石屋など約45団体が「動物供養協議会」を設立し、色々な決まりごとを作ったそうだ。
たとえば「仏教の経典を見直し、動物は煩悩がなく清らかなまま旅立つので、お経は短くてよく(うまい言い訳だな)、料金は火葬費用(3万円程度)+お布施(2万円程度)とする」など。

くり4
     「ねぇ・・・まだ撮るの?」 受難のくり。

こうして淡々と記事に書くとバカバカしく思えるけど、実際わが身の上のこととして考えると・・・やはり「バカ」になるのはミエミエ・・・。
こうした“ペットバカ”も経済復興に貢献していることは確かだと思うが、いかがだろう?


そんな本日の「福」。
くり5
川の流れに追い越されても、キミと一緒に走れる幸せ。





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

7月2日(木)  流れに遅れをとると、貼る湿布の枚数が増えます。

あーーーついこの間、やっと年賀状書き終えたかと思ったら、もう半年経っちゃったのかぁ・・・どーすんの、7月だってさ。
あと半年したら、また大掃除と年賀状かよ・・・梅雨空よりもどんよりした気分・・・。

「光陰矢のごとし」なんて、もはや前時代的な言い回しだ。
今じゃ「光陰電波のごとし」、あるいは「ステルス(戦闘機)のごとし」くらいか。

くり1
     「ピッチャーの球は矢よりも遅いが、ユニフォームはプロ並み。」
     1年坊主の練習試合だって。私の母校(高校)にて。

子供の頃の梅雨の記憶って、何日もシトシト雨が降り続き・・って感じだったけど、昨今の梅雨は、入ったかと思えばカンカン照り、降ったかと思えば嵐のごとく。
梅雨入りも梅雨明けも「事後報告」で、心も体も何の準備もできていないうちに灼熱の夏へと突入・・・気象予報士は役に立っているのか?
きっと来年も同じ文句言ってるだろうな・・・。

人はなぜ年をとるにつれ、時の経つのが早く感じられるのだろう?
・・・こんな疑問をお持ちの方も多いのではないかと。

この疑問をマジで掘り下げたい方にうってつけの本を見つけました。
『なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか?』
    (ダウエ・ドラーイスマ著 講談社)

くり2
     母ちゃん応援団までオソロのTシャツ。
     お父さんの草野球の応援にも行ってあげてください。

著者はこう例える。
「人生の朝のうちは、人はまだその川よりも速く、川沿いを颯爽と走っている。正午ごろになると、スピードはいくらか落ちてきて、川と同じ速度を保つ。夜に近づくと彼は疲れ、川の方が速く流れるので、彼は遅れていく。」

要するに、我々は疲れてしまい、次第に時という名の川の流れに取り残されていくということか。

そう考えると、森光子さんは超人だな~。
89歳で新に舞台の台詞を覚え、毎日のように数時間の舞台やら取材やら当然練習もこなす・・・どうなってるんだ、彼女の肉体と脳は?
なんか・・・死なないような気がする、あのヒト・・・。人間なのか、ほんとに?

この本には、人がこの世に生を受けてから人生を終えるまでの、時間と記憶を巡る大いなる旅路が、多方面から刺激的に考察されているそうです。
面白そうですが、2520円“も”するので、私は買いませんが。

くり3
     「ふっ・・・ケチは死んでも治らない。」
     なんなのさ、その目は!?

さて私の関節痛の指ですが、キルトも止めたし湿布貼ったりしたら痛みは薄れてきたので、やはり使いすぎのようで。
筆圧が高いので、字を書くときもイジョーに肘から指先にかけて力が入ってるし・・・でもペンの持ち方とかキルトやる時のくせって、そう簡単には直らないのよねぇ。

某メーカーの湿布薬のCMじゃないけど、1人で貼るのは結構難しい湿布。
先日、新聞の医療相談に「湿布の上手な貼り方を教えてくれ」というものが。

湿布
     これは役立ちそうです。

さぁ皆さん、これで上手に貼れますよ♪
え?私みたいにあちこち痛くない?
まぁそう言わずに老後のために覚えておくがいいですよ。

また、かぶれやすい方はじかに貼るのではなく、ガーゼを当てその上に湿布を貼るとよいそうです。
そして入浴の30分以上前にはがす事と、入浴後すぐに貼るとかぶれや腫れの原因になるので30分くらい経ってから貼るのがよいと。

とんがりねずみの“ヨボヨボ豆知識”でした。

牡丹
     今日も元気ハツラツ!?な牡丹ちゃんを優しく見守る(狙う)もんちゃん。


ヨボヨボだって止められない本日の「福」。
キルト
やっと完成、オクタゴンのキルト。こんなに時間がかかったのは初めてだ・・・年か?
どうせくりのヨダレでヨレヨレになる運命。
キルト布をくださったTさん、デザインまで真似して申し訳ない(汗)。




テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。