一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月30日(月)  遠州森町の納戸仕分け展?

土曜日は小春日和というには暑すぎるくらいの1日でした。
11月も終わろうというのに、20℃って・・・何なんでしょうねぇ。
ちなみに小春日和の「小春」は旧暦の10月のことで、今の11月~12月初めにあたるそうです。

ま、お天気がよくて暖かいのは、お出かけにはありがたい要素です。
そんなわけで、土曜日には、遠州森町の「町並みと蔵展」に行ってきました。

くりはいかなる場合でも「飯を食ってから」でないと稼働しないので(車を降りる=ご飯、とインプットされているため、時間は関係ない)、とりあえず太田川河川敷でコンビニランチ。

河川敷1
     「父ちゃん、具は何でもいいよ。海苔!」

河川敷2
     「ワクワク♪ はやくっ!」

河川敷3
     「とっととよこさんかい!わりゃーっ!」 キレたようですw

河川敷4
     食後の運動にひとっ走り。首の肉が少々落ちたようです。

さて、くりのエンジンがかかったところで、メインイベントへ。
森町のメインストリートでのイベントだと思うのですが・・・なんとものどかで、客の年齢層はきわめて高く、まったりした展示会・・・というより、各家の「納戸仕分けセール」みたいでした。

イベント1
     「何の蔵かな?」 金持ちのコガネムシが建てた金蔵だろ。

イベント2
     1個80円のコロッケは給食の味でした。
     あきらかに業務用コロッケ。町おこしなら手作りしろー!

イベント3
     戦争用品はいかがですか? 「でっかい坐薬!」違う!

イベント4
     一番繁盛していた古い鎌やノコギリの店。

イベント5
     手でもすくえそうにないあの巨大金魚を紙ですくえと?
     誰が300円も払ってそんなアホな挑戦するか!

イベント6
     ワニブームなのでしょうか? 誰か買ってやれよ。

イベント7
     骨董品と不用品の仕分けは、素人には難しい。

イベント8
     コイに恋するくり。 どこに魅かれたのか?

イベント9
     蔵展というより・・・「廃墟展」のようでしたが・・実際。
     ちなみにこの隣家はピカピカの新築モダン住宅。

原木
     これが皇室にも献上する“次郎柿”の原木。結構小さい。

そして・・・本人がどーしても出せ!ときかないので・・・本日の特出し生写真。

イベント10
     このヤギの像、敬老の日に大手スーパーに設置したら
     大ウケだったそうで。

小春日和の1日でした。


そして本日の「福」。
背中じゅうに力を入れすぎて観戦したため、今日は背中が亀のようだ~。
亀田兄
亀田兄2階級制覇、祝着至極!!
や~~~いい試合だった。亀田も大人になった。
内藤さん、よく頑張りましたが・・・止まらなかったのは“ロマンチック”じゃなくて、鼻血w
私も何かでっかい事やらかして、「どんなもんじゃい!」って叫んでみたいw





スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

11月28日(土)  事業仕分けもゴミの分別も難しい。

連日取り上げられる事業仕分けの様子はネットで生中継され、すごいアクセス数でつながりにくい状態だとか。

観ている人たちは、どうやら内容より、仕分け人が官僚どもをスパスパと一刀両断に切り捨てていくのが気持ちいいらしい。

ヨーダ
     我が家にも仕分けすべきものが多々。
     ペプシコーラのおまけ・ヨーダのキャップは・・・コレクターグッズか?

ネット公開はなかなかいいと思う(観てないけどw)。
テレビで観ただけでも「こんなアホな施設造っていたのかっ!?」みたいなのが色々あった。

しかしなんだね、官僚と言う人々はもっと高ビーで弁が立つと思っていたけど、仕分け人の追及にしどろもどろ・・・文面にするのは得意でも、ディベートの訓練はしてないんだなー・・って、日本じゃディベートする機会がないか。
それともやはり、しどろもどろにならざるを得ない仕事しかしてないってことか?

鈴
     毎年正月に取り替える神社で買った“福梅鈴”(うめの娯楽用)
     うめの記念品として取って置くべきか?

先日、科学技術に関する仕分けに対し、ついにノーベル賞受賞者たちが立ち上がり、反論の記者会見を開いた。
日本を背負って立つ科学技術に金を惜しむなど、言語道断!・・みたいな。

たしかに偉大な発明は、万に一つの偶然の産物であると言われる。
その万の無駄・・というか、一つの大発見、大発明にたどり着くまでの多くの事柄には、それ相応のお金がかかるのは当然。

日本の大学だとろくな研究費ももらえず、さらに何かの発明に至っても、それは発明者個人ではなく、所属する大学や企業の功績という形にされてしまうので、日本の優秀な人々はアホくさくなって海外に行ってしまうのだ。

くつ
     かなりすり減ってるけど、歩くには問題ないスニーカー。
     捨てるべきか・・・マジ歩きにくくなるまで履くべきか?

ノーベル化学賞の江崎玲於奈博士は、
「“科学技術”という一つの言葉として考えて欲しくない。科学と技術は別物。科学は国際的に共有しうるものであり、技術(スーパーコンピューターの製造など)はそれぞれの国が科学に基づいて発展させていくものだ」
というようなことを言っていた。

物作り大国・日本も、あまりケチケチしていると中国やインドにどんどん色々な面で追い抜かれてしまうかもしれない。
切るべきは、研究費じゃなくて、そういう機関に無意味に存在してのらりくらり給料を吸い上げている参事とか理事とかいう名の天下り連中だろう。

ただ・・科学技術の成果があまねく人々の役に立ち、より良い暮らしが約束されたとしても、今そこにある貧困に直面している人々は、今この瞬間、病院にもかかれず日々の食にも事欠いているのに、そんなものの恩恵にあずかる前にあの世行きだ!と思うよなぁ・・・。

缶
     リアルゴールドの限定品?“リアル・キアイダー”の空き缶。
     お宝品として認められるまで保存すべきか?

学者が研究に没頭するあまり、実社会とかけ離れてしまった時によく使われる言葉があるそうだ。
“象牙の塔”。

遺伝学者の東大・池野成一郎教授(1866~1943年)は、1日中顕微鏡を見て暮らしているうちに、日露戦争が始まって終わっていたという。
そんな風に世間とは遠く離れた存在を意味するのが“象牙の塔”らしい。

こだま
     もののけ姫の“こだま”の植木鉢用ネームプレート。
     目のあるものって、捨てられないんだよねぇ・・・。

大いなる発見・発明のおかげで、国力がUPするのも事実だけど、研究に携わる人々が国民の理解を得る努力をしているかどうか・・・そのあたりもビミョ~なところかも。

仕分けに聖域があってはならないが、資源のない小国・日本から頭脳までもが流出してしまったらまさにスッカラカン・・・難しいなぁ。

くり
     「おか~さん、これは事業仕分けじゃなくて、“ゴミの分別”・・。」
     おだまりっ!! 今年は市街地の桜の紅葉がきれいですw


難しくてよくわからない本日の「福」。
お嫌いな方、スイマセン。とてもレアな光景なので。
牡丹
牡丹がまた妙技を披露してくれました。
裏返しになってウンコw
ツノガエルが自ら裏返しになる事だけでも稀有な事象なのに、ウンコまで・・・お宝画像ですw


     
     

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

11月26日(木)  郷に入らば郷に従え、である。

先日オバマ大統領が来日した際、皇居で天皇に深々とお辞儀をしたことが「低姿勢すぎる」と、アメリカのニュースサイトで物議をかもした事は皆さんもご存知かと。

オバマ
     今どき、日本人でもこんなちゃんとしたお辞儀はできないぞ。

こういう批判をしたの共和党の一部のガチガチ保守派連中らしいけど、以前クリントン元大統領が、やはり日本でペコリと頭だけ(うなづく程度)下げた時もかなりブーイングが出たそうだ。
他にも、オバマさんがサウジアラビア国王にお辞儀をしたことも気に食わなかったらしい。

ごく一部とは言え、アメリカ人の、特に白人の中にはいまだに「我らこそ世界一優位なる国民(もちろんアングロサクソンだけ)」といった根強い信念があるんだろうな。

うめ1
     「お♪父さん、今日は卵のりたま飯だな♪」 卵かけご飯にのりたまって      
     ・・・チキンライスにケチャップかけるようなもの?

イスラム圏に行くときは、皇室の女性だってスカーフを被り手足の出ない服を着たり、サッカーの応援でも女子は長袖長ズボンを着用するなど、「郷に入らば郷に従う」のが礼儀ってモンでしょう。
挨拶だって、当然訪れた国の流儀にあわせるのがマナーってもんだと思うんですけどねぇ。
まして年長者に対する礼儀として敬意を表するのに、何の問題が?
お辞儀が天皇に「へつらっている」ことになるのか?

そういうくだらない批判をする連中こそ、きっと己が国に端を発したサブプライム大不況も自分達には関係ないと言い、失業者があふれているのにガッポリ退職金をせしめてのうのうと生きていくんだろう。

うめ2
     のりたまはしょっぱいから体に良くないですよ。
     「何を言うか。コレはわしの長寿力養成食じゃ!」 

マナーといえば、もう一つ信じられないような話が。

来年5月に開催される“上海万博”にむけて、上海市当局はマナー向上運動の一環として、パジャマ姿で外出しないよう市民に呼びかけているそうだ。

万博会場付近の住宅街では、パジャマ外出取締りのボランティア部隊まで結成されたとか。

私は行ったことはないけど、上海では路上でパジャマ姿の市民を見かけるのは珍しくないって本当ですか?
日本だったら、ヤク中か病気で徘徊してるのかと思われるよな・・・。

その他、タバコのポイ捨てをしない、外国人には友好的に、など公共の場での心得を記した冊子を配布しているらしい。
上海って、ビジネスや観光も盛んな国際都市で、住民ももっと近代化っていうか・・・体裁を気にすると思ってましたよー。

うめ3
     「あ~~~ん♪」 朝、ユニクロの広告を見ながら、
     インコと共に卵のりたま飯を食う世帯主w

北京五輪の時は、デパート内でつばや痰をを吐かないようにとか、路上で子供におしっこさせないようにとか、お達しが出たそうですが。

しかし驚くべきは、上海紙が約1000人にアンケート調査したところ、4割が「パジャマ姿での外出は問題ない」と回答し、禁止令支持者は1割にも満たなかったという事。

うめ4
     「オバマさんもパジャマで訪中すればよかったのにな。」

郷に入らば郷に従え・・・。
上海万博にはパジャマで行くべきか?
いやはや、風俗習慣というのはまったくもって千差万別でww


本日の「福」。
激化した肩こりで、背中がカブトガニ状態だったのですが、指圧&針で
タコ
こんな感じにほぐれました。
ただ・・・タコでいられるのは2,3日ってのが哀しいところで、すぐまたカブトガニに戻っちゃうのよねぇ・・。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

11月24日(火)  男女の間にやはりウンチクは必要なのか?

今朝くりの散歩をしていたら、保育園の先生4人と、2,3歳児くらいの子供達が20人近く、向い側からぞろぞろと歩いてきた。

子供達が口々に、「せんせー!ちっちゃいワンちゃんだよー!」「チワワだよー」「ねぇ先生、かわいいー!さわりたいー!」などとしきりに話しかけているのに、先生達は全員自分達の雑談に夢中で、子供達なんか無視。返事もしない。

信じがたい光景でした。アレはいかんなー。

猫
     刈り取り後の田んぼのど真ん中に猫。珍しい光景です。
     この猫、少なくとも2時間以上ここにいた。

信じがたいと言えば、以前にも記事にした覚えがあるけど、11月22日=“いい夫婦の日”に先立ち、こんな本の公告が。
『新・良妻賢母のすすめ 
    愛としあわせを約束する26章』

          (ヘレン・アンデリン著)

これを読むと、新婚時代よりもっとしあわせになれるそうです。
全米で300万部のベストセラーで、日本でも25万部突破とか。信じられんw

こんな本読んだって話は、私の身辺ではいまだ聞かないが、こういう類の本は密かに買って読むべきなのか?

本
     この一冊であなたの人生はみるみる変わる、そうですw

一番のポイントは「男性は愛よりももっと欲している“もの”がある」ということで、ほとんどの女性がこれをはっきり理解していない、と著者は言う。
・・・なんだよ、若い女か?豊満な肉体か?小遣いUPか?・・・理解不能ww
我家に関してのみ言うならば、「(アメフトの)オークランド・レイダーズ優勝」でしょうか。

ちなみに私の母は、女子高校を卒業する時、『女性宝典』なるケース入りの本をもらったそうだ。
内容をチラッと読ませてもらったことがあるが・・・赤面モノだった。
・・・初夜の寝所では、三つ指をついて「不束者でございますが、云々・・」といい、夫の言うようにナントカカントカ・・・たしか、そのようなくだりがあり、ノーカットの男性誌を見るより驚愕した覚えが。
これ、昭和30年代の事だと思うのですが・・・30年代ってまだそんな時代だったのか!?

品のない余談はさておき、子供のいない我が家においては、良妻賢母なんぞより、「良妻健忘」になった方がしあわせになれそうだ。

いもり
     ラブラブと言うより、オスがメスに喝あげされているように見えるw
     (バンザイしてるのがオスの与三郎)

そして勤労感謝の日の広告欄にはこんな本が。
『婚勝(こんかつ)アドバイス
   離婚相談3800件に見る“ダメ男”47タイプ』
     
          (Re婚カウンセラー 鈴木あけみ著)

ちょっとさぁ・・・あんまり男を小ばかにしてるみたいで・・・気の毒な感じも。
私が男なら「なめんじゃねぇ!てめぇのことは棚に上げるのか!?」って、壁に向かってつぶやきたくなるような。

まぁ読んだわけじゃないので実際の内容はわからないけど、こういうのを書く女性ってのは、どこか心の奥底で女性の優位性、なんつーか、古いところではウーマンリブっての?、なんかそんな感覚を抱いているんじゃないのかなぁ。

くり1
     「おか~さんは女の敵?」 いやそうじゃないけどさぁ・・。
     ねぇ、歩くとがに股なのに座ると後足は内股なの?

この手の本や雑誌の記事、わりとよく目にするけど、逆バージョン、つまり男が女の何たるかを分析したり言いたい放題書いてる本って見かけないのよねぇ。
なんでじゃ?

男女間の事、恋愛、結婚の事って・・・ブログなんかで私見として公開するには別になんとも思わないし、勝手だけど、持論(まぁ学術的、統計的に考察したものかもしれないけど)を一般論化して本にするって、いかがなものかと。

はっきり言ってもいいかなー・・・これ、どう50人くらいしか見てないブログだしな・・・

くり2
     「やめたほうがいいと思うよ・・・。」
    
一方的に女の立場からペラペラしゃべると、かえって女がバカっぽく感じられるんですが。
あくまで私見w 日本は言論の自由が保証されてるはずですもの。
私、やっぱひねくれてるのかしら。


本日の「福」。
これで安心。
消火器
古い消火器の爆発事故が相次ぎましたが、じっさい従姉妹の家でも爆発したそうで。
我家のを見たら期限切れになっていたので、慌てて買ってきた。
以前は近所の防災用品店で詰め替えてもらっていたけど、すごい割高。ホームセンターなら無料で古いの引き取ってくれるし、買った方が断然安くて使用期限も長いことを知ったよ。

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

11月21日(土)  トレーニング・デイ

今日はくりの“トレーニング・デイ”。

公園1
     紅葉通りこして、すっかり冬木立の吉田公園。

気温も20℃を割った事だし、夏の間にたっぷりと蓄えた“首の肉”をそぎ落とすべく、吉田公園でしっかり走ってもらいましょう。

公園2
     「腹が減ってはイクサもできないです。」 目がキラ~ン。

公園3
     “武士は食わねど高楊枝”ってことわざ、知ってるか?
     海苔一切れのために、前足にも力が入る。

走って・・・とは言え、くりももう8歳。
人間なら還暦くらいの勘定になるはずだし、もうあまり走らないかも・・いや走らせるのは良くないかも・・・といらぬ心配をしている間に

公園4
     走り出してます。

公園5
     膝は大丈夫ですかー?・・・と問うべきは、後ろのだんな。

公園6
     コーナーワークも鮮やかに。

公園7
     なんで口を一文字に結んだまま走るんですか?
     あんなに走った後で息も切れず、口も開かないのはなぜだ?

くりは私とだんなの間を何往復も走っているので、かなりの距離を運動したはずだが、人間は最短距離を歩いただけで散歩にもならない。
あっという間にトレーニング終了。

そこで島田市の「どうだん原」に行ってみることに。
前日の夕方のローカル番組で「ドウダンツツジの紅葉の名所です」って言ってたので、案の定、ソレを観ていた暇な中高年がいっぱい。
その山に1軒だけあるペンションのおばちゃんも、すごい人出に驚いてた。

どうだん原1
     残念ながら、紅葉の盛りはまだ。もっと真っ赤になるはず。

さらに上の展望台に登ってみる。

どうだん原2
     「父ちゃんは泣きそうだけど、私は吊橋なんか平気♪」

どうだん原3
     登山犬。

山頂まで急勾配だけどたいした距離ではなかったのに、私は思わぬ事態に陥り・・・。

息が上がる・・いや、空気が上手く吸えない、ってか酸素が入ってこない感じ。ハァハァする、フラフラする、足が上がらない・・・なんじゃこりゃー!!??
いつも蓮華寺池公園の山は駆け上がっても平気なのに。
酸欠?過呼吸ってやつ?

そんなこんなで山頂からの写真も撮れず終い。
なんとか下りてきて、気付けにペプシコーラを飲む。

あー、恐い経験でした。
まだ自律神経がグルグルしてるんでしょうか。
それとも先日、ブログのネタにした床屋のグルグル棒の祟りでしょうかw


ドクターヘリの世話にならずに済んでよかった本日の「福」。
くり
青空。乾いた空気。走る犬。行き倒れを免れた私。 



テーマ:チワワ生活 - ジャンル:ペット

11月20日(金)  鯛焼きヌーボー?

昨日はボージョレー・ヌーボー解禁日。
例年通り、着飾ったプチセレブ・ファッションのおねーさま(小娘じゃっ!)が、口をそろえてチイパッパ・・・じゃなくて、「今年のは特にサイコーですぅ~♪」・・・あんたら、酒を飲める年になって何年じゃ?

確かに今年のヌーボーは好天に恵まれたおかげで、過去10年で最高の出来と言われるが、私はかつて「今年のワインは前年より今一・・・」といったコメントを聞いた事がない。
テレビで報じないだけで、陰で「ちょっとこれはねぇ・・」とか言ってるワイン通はいるのだろうか。
それとも、なに?新モノだからご祝儀ってとこ?

980円のペットボトル入りヌーボーで驚いていた私だが、なんとまぁ780円なんてのもあるそうで・・・なんだかボージョレー・ビンボーな気分w

くり1
     ちょっと、顔怖いですってば!押し付けすぎw

まぁ日本酒や焼酎だって紙パックやペットボトル入りがあるんだから、慣れればどうってことはないんだろうけどね。
気位が高い(らしい)フランス人がよく許したなぁと思ってさー。
そのうちペットボトルのレミー・マルタンやドンペリもできる・・・わけないか。

くり2
     「これくらい?」 まぁそんなところでしょう。

話は変わりますが・・・ボージョレー・ヌーボーの公告と共に舞い込んだ「白い鯛焼き 大変身にて新発売!」のちらし。

“一瞬”一斉風靡したかのように見えた白い鯛焼きだが、あっという間に2匹目、3匹目のドジョウが現れ、もう珍しくもなんともない。
スーパー内のパン屋にだってある。

だんなが早々に買ってきたけど、米粉ではなくタピオカ粉なんぞを用いた「舶来のモッチリ感」が売り?な白いソレは、シリコンを注入した某姉妹のオッ○イ(触った事ないけど)の如き不気味な触感。
だんなが食するのを見聞するに、開口一番「おいしくなーい!」
したがって、私の口に入ることはなかった。

もんちゃん
     某姉妹とは違い、天然のもっちりぷにぷに。

まぁ好き嫌いは分かれるところだけど・・・なんでもあっという間に類似品が出回るのは世の常。
中国のことばかり、とやかく言えたもんじゃないわ。
創出するより真似たモン勝ちか?

さて、その「大変身」ですが・・・何が変わったかといえば、白いだけじゃなくて「白い“薄皮”鯛焼き」に変身したそうで。
皮が薄くなったらモッチリ感が消えて、甘くてくどくなるだけじゃんと思ったら、中身はキーマカレー、カレーチーズ、栗入り抹茶あん、白玉入り黒あん、生キャラメルに。
1匹180円也。

もう1種は、「“かける”鯛焼き」。
よくわからんが、鯛焼きにあんをかけるようだ。
みたらしあん、きな粉黒蜜あん、クリームぜんざい・・・くどそうw

牡丹
     本日、“牡丹”餅は珍しく伸びておりますので、
     お好きな餡をかけてお召し上がりくださいw

中身カレー系はやや魅かれるので、「アンチ・モッチリ」派でパサパサ好みな私としては、皮のモッチリを止めてくれれば「買ってやってもいい」と思うが。

以上、何が言いたかったかといえば・・・「私はいまだ流行りの白い鯛焼きを食べた事がなく、触感だけで拒絶反応を示し、今後もモッチリな鯛焼きは何色であろうと具が何であろうと買うつもりはない」ということ。

ご精読、ありがとうございましたw

アフ
     白くてモッチリ・・いやムッチリでヌルヌル♪あぁ可愛い♪


では本日の「福」。
昨日よしゃあいいのに、夕方から床ワックスをかけた。
途中でめまいが悪化しようと動悸が高まろうと、嫌な用事はさっさと済ませるに限る。
そのご褒美だろうか、
バラ
病虫害で壊滅状態のバラが1輪きれいに咲いた♪これはレディローズ。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

11月18日(水)  従軍犬と絶滅危惧コアラ。

昨日は低気圧のせいか、一人お楽しみのだんなが5日ぶりに帰国するせいか、朝から私の自律神経は

床屋
     こんな感じにグルグルグル・・・。
     何で床屋はみんなこのグルグル棒を設置してるのだ?

めまい、耳鳴り、頭重、動悸、吐き気etc.・・・もう不定愁訴のオンパレード。

しかし、こんなものに負けていては昭和の女がすたる。
午後からヨガへ。
足を上げてはよろめき、背伸びをしてはふらつき、ポーズを決めては尻餅をつき・・・いやーよく頑張った自分を誉めてあげたいところだったが、夕飯は98円のカップ焼きそば。吐き気増進ww

今日もダメ気味ですが、これ以上“ミシュラン(人形)”化されては困るので、40分ほどくりとさくさく散歩。

用がなけりゃ(用は食う・出すのみw)寝てばかりいる、どっかのぐうたらチワワとは違い、世の中には“従軍犬”などという立派な犬がいるのですね。

くり1
     聞こえない振り。

2,3日前、感動の実話を知りました。

アフガニスタンで従軍中、タリバンの奇襲を受けて行方不明になっていたオーストラリア軍特殊部隊の爆発物探知犬サビ(ラブラドール・レトリバー 10歳メス)が、約1年2ヶ月ぶりに無事見つかり、部隊のトレーナーと喜びの再会を果たしたそうな。

サビは昨年9月、部隊が移動中にタリバンの待ち伏せ攻撃にあった際、車から飛び出し、撤退する部隊をしばらく追いかけたが、はぐれて行方不明になっていた。

く~~~~~っ!泣かせるじゃないか~~~!
犬は3日餌をやれば生涯その恩を忘れないと言うが、うちの犬なんざぁ、3分後には忘れていそうだ。
それにひきかえ、このサビは1年2ヶ月も・・・5階級くらい昇進させてやってくれ!

くり2
     おいっ!聞いてるか!? あくびしてる場合じゃない!

オーストラリアといえば、少し前までコアラが激増してユーカリを食い尽くすので、駆除するだなんだともめていたけど、今度はそのコアラが、地球温暖化や森林伐採などの影響で、過去10年間に半数以下に激減した可能性があると保護団体が発表した。
そして今後30年間に絶滅する恐れもあるとして、絶滅危惧種に指定するよう政府に求めているらしい。

・・・数が減ったの・・・ほんとは“害獣”として駆除したからじゃないのかよー。

日本にマグロやクジラを獲るのはまかりならん!などと勝手なことを言いながら、自分らはカンガルーやコアラ、ばんばん駆除してるじゃんかー。
ずるいよなw

コアラ
     「まったくです。ユーカリ植えてくださいw」


では本日の「福」。
今日もグルグルで、福な気分じゃないんだけど・・・とりあえずアメリカ土産。
カレンダー
カエルとブタのカレンダー。
ブタのは自分(だんな)用らしい。なんでも
ブタ
これに魅せられたんだそうでw

牡丹
我家にだってカレンダーにして欲しいカエルがいるぞ。

テーマ:動物・植物 - 生き物のニュース - ジャンル:ニュース

11月16日(月)  ガイジンからみた日本の犬事情って?

昨日は少々風は強いものの、気温は高めで空は晴れ渡り、スバラシイ日曜日でした。

更にスバラシイことには、西方より友がわざわざ静岡まで遠征してくれて、食べたりおしゃべりしたり買い物したりと、久々に充実した1日を過ごさせていただきました。

両家とも、留守番の憂き目にあったのは犬達。

くり1
     「ハ、腹減った・・・。」 くり、行き倒れ中。

くりにいたっては、出掛けにお昼のおやつをあげ忘れたので、朝6時半頃ご飯食べてから夕方まで、空きっ腹で行き倒れていたかのように、帰宅した私に撒きションしながら大歓迎・・・じゃなくて、「は、早くおやつを~~!!」と猛アピール。

かたや好きな物を好きな時に好きなだけしか食べない上品なTさんちのえるざちゃん、こなた飲み込めるものなら何でも胃袋に収めようとする牛飲馬食の首太り犬くり・・・同じチワワでも十犬十色。

くり2
     毛を逆立てておやつを貪る。
     「いつ食糧難になるかわからないじゃん!」 あんたは岩でも食うだろ。

昨日の夜、新聞を見てたら、こんな本の紹介が。

『犬の帝国』 (アーロン・スキャブランド著 岩波書店)

外国人が日本の犬事情?を分析しているのがミソだな。
書評をちょっと引用。

なぜお父さんは犬なのか、携帯電話会社は教えてくれないが、シェパードと言えばドイツ第3帝国、ブルドッグと言えばイギリス人(ソースじゃないのか・・)、と、企業も国家も人々も、自他の弁別には人類最良の友=犬が登場する。

これは他者との差異強調でアイデンティティーを確認する人間にとって、身近で飼い主に似る犬は、格好のメタファー(隠喩)だから。云々。

くり3
     菓子の袋を舐める貧乏犬・・・か、飼い主に似る!?

日本人の犬を見る目は猫の目で、文明開化では洋犬崇拝、土着犬迫害。
自ら植民帝国を目指すと一転し、日本人に似て主に忠誠な「日本犬」なるカテゴリーを創造。秋田犬を天然記念物と称揚し、中国犬をおとしめる。
ついに戦争となれば、なぜか兵隊が犬という『のらくろ』が子供の軍隊への興味をかき立てたが、修身教科書にも採用されて抜群の教育効果を利用されたのは忠犬ハチ公だ。

のらくろ
     テレビで観たような観ない様な・・・
     でもマンガ本があるなんてしらなかった。

忠誠の鏡ハチ公は、当然「日本犬」でなければならないが、困った事に実物は垂れ耳、垂れ尾で、「日本犬標準」規格外。
だから上野の国立科学博物館のハチ公の剥製は、耳をピンと立て尾も巻いて、整形された。
渋谷のハチ公像もお国のために徴用されて、溶かされてしまったという。

平和が戻った戦後、ハチ公は垂れ耳姿で再デビュー。

ハチ公
     ハチ公の耳が垂れているなんて・・・知ってました?

ハチ公は渋谷ギャルにも大うけで、ついにはハリウッド・デビュー。

こうして今や、ハチ公からチワワのくぅ~ちゃん、お父さん犬まで、最良の友は徹底的に商業化、商品化されてしまっている。

長くなるのでこの辺で切り上げます。(十分長い)

確かに犬の商業、商品化・・・感じますね。
ペットブログが本になったり、殺処分を待つ犬たちまでもが写真本になって店頭に・・・いろんな実情を世間に知らせることも大事だから、一概に良し悪しは言えませんが。

しかし、ハチ公が垂れ耳だったなんて全く初耳だー。
私が以前ハチ公について聞いた話では、あれは主人を待っているのではなく、その場所に屋台が立ち並び、焼き鳥などのおこぼれに事欠かなかったからだ、・・・ということですが、真偽のほどはいかに。

そして私はかつて、ハチ公前で待ち合わせた友と会えずじまいに終わったしょっぱい思い出が。
なぜかと言えば・・・田舎者の私、上野の西郷隆盛が連れている犬を「ハチ公」だと思い込み、忠犬よろしく何時間もそこで待っていたからで・・・。(ケータイなき時代w)
西郷さんの犬、なんて名前ですかー?

西郷さん
     まぎらわしいんだよっ!! あんた顔でかいな、西郷さんw

この本、ちょっと読んでみたいとは思うけど、何分3360円という“法外な”価格のため、文庫化を待つこととする。


では本日(昨日)の「福」。
おみやげ
どっさりのお土産と楽しい時間をありがとう♪
メロンパンが1個、“煎餅”になっちゃってた(笑) 味は変わらないからいいのだ。


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

11月14日(土)  日本全国“ケンカ事情”。

13日の金曜日・・・ジェイソンは人を殺し、私は歯医者へ行き、だんなは“今年も”アメリカに行きました。
なぜって?NFLでかの汚名高き“勝ち知らず”のオケラランド・マケデースの“負け試合”(断定)を観に。
ちがいました。正しくはオークランド・レイダースでしたww

くり
     「やっぱり置いてけぼりだ・・・。」 報復方法、考えとけよ!

そんな話は胸くそ悪いので、おいといて。

先日、無料情報誌に興味深い記事が。
読んだ方もいらっしゃると思いますが、全国でアンケート調査した「夫婦関係のスタンダードに迫る・第2弾 “夫婦ゲンカ編”」。

「夫婦ゲンカをする」と答えた夫婦は、思ったより少なく、全国平均で20~60代のどの世代でも夫・妻共に30%強。(回答は夫婦別々)

ただ、ケンカには至らなくても一歩手前の「イラッとする」ことは多いようで、約9割の妻が月1回以上イラッとしており、毎日と言う人も4人に1人。
ところが、毎日イラッとする妻をもつ夫のうち約半数は、妻がイラついている事に気づいてさえいないらしい。
・・・そんな夫だからイラッとするんだよw

イラッとする原因となる言葉は
言葉
     これ、BEST10じゃなくてWORST10じゃないのか?

また、“ケンカ道”にも県民性が現れるようです。

まず、ケンカが多くてしかも激しい『鹿児島県的 スポーツ型』。
鹿児島県は日本一よくケンカをする県民(77,6%)。しかしルールが決めてあるため、尾を引かない、爽やかな!?スポーツのよう。
男性が強い県民性のため、妻の自制心の上に成り立っているらしい。
壮絶な舌戦や料理をひっくり返すなど。
  (類似県=熊本、栃木)

そして回数は多いが静かなケンカの『和歌山県的 家庭放棄型』。
ケンカにルールはなく、黙って家を出たり、夫の親に告げ口したりと“冷ため”。
妻は自ら謝罪せず、原因が何であろうと夫が謝る傾向。しかし妻は、謝られればあっさり許す。
  (類似県=広島、岡山  *こちらは家出せず、居ながらにして家事放棄)

ケンカの回数こそ少ないが、激しいタイプの『静岡県的 完全燃焼型』。
日本一ケンカしない県民性(60,7%)だが、一度火がつくと収拾不能。
無視する、言い負かす、怒鳴る、物を投げるなど、ケンカのフルコース。
しかしケンカ期間は平均1日未満が約6割と、男らしい?スタイル。
  (類似県=なし)

回数も少なくケンカ自体も静かな『北海道的 おっとり型』。
ケンカをよくする割合は一番少なく、またケンカを始めても怒鳴ったり言い争ったりせず、気が付いたら仲直りしている。(これじゃケンカにならないじゃないか!?)
  (類似県=滋賀 *「言い合わない・言い負かさない・怒鳴らない」という
                      ルールにのっとった真面目なケンカ)

さぁ、皆さんのご家庭はいかがでしょう?

イモリ1
     「まぁまぁケンカなんかせずに・・」 お手するイモリ。
     くりは食べ物がないとお手しないけど、イモリはちゃんとする。

ちなみに仲直りのサインは
夫の場合 
 ・スイーツを買ってきて「一緒に食べよう」と言う。       
 ・「初めから怒ってないよ」と、けんかと思っていない振りをする。
 ・仕事先から「帰るコール」をする。
 ・家事を率先して手伝う。  など

妻の場合
 ・夫の好物を夕食に出す。
 ・普段買わない蟹などを買い、「一緒に食べよう」と誘う。
 ・おはよう、いってらっしゃいなど、ちゃんと挨拶をする。
 ・笑顔でコーヒーを出す。  など

へ~~~、そんなもんで許しちゃうんだなーみんな。けっこう優しいわ。

二人とも静岡県民で“完全燃焼型”の我家の場合・・・発端は大抵 だんなが怒鳴る。
そして私が黙する。自慢じゃないが、何時間でも何日でも黙っていられるのが特技なのだ。
上記のような優しい仲直りサインなどなく、「黙っていることに耐えられない」だんなが、何事もなかったようにぼそぼそとしゃべりだす。
私はすぐに“氷解”するわけではなく、玉ねぎの皮をはぐように徐々に・・・謝るのはニンニクや牡蠣より嫌いなのだ。(注・亭主に対してのみ)
イヤな女だ。わはは~♪

イモリ2
     「化けて出るタイプですね。」 当然ですw
     2本足で立つこともできます。くりは食べ物がないと立ちませんw


では本日の「福」。
こんなもの買ってしまった。
ベルト
毎年寒くなると、自分の手で顔を洗うのも嫌なほど手足が冷たくなるので、新聞公告で毎目にするこんな保温サポーターを。
ネットで買ったら安く買えたけど・・・怪しげな公告に惑わされ、こんなものを買ってしまうようになるとは・・・私も焼きが回ったっつーか、年とったつーか。我ながら情けないw
問題は、効果があるかどうか。



テーマ:毎日の暮らし - ジャンル:ライフ

11月12日(木)  今年の10大ニュースは何だ?

ここ2,3日の間に色々な出来事が目白押しで・・・報道番組はニュースなのかワイドショーなのか、よくわからないような有様。

アフ
     「最近我々の出番がない!」 
     だからってそんな怪しげな格好で・・・ただでさえ不気味なのに。

のりピーの判決が出てすったもんだしていたと思えば、市橋容疑者がとうとう逮捕され、同じ頃森繁久弥氏の訃報が舞い込み、さらにはカメラマンの篠山紀信氏が公然わいせつ罪でしょっ引かれ、おまけにジュビロ磐田のゴン中山こと中山雅史選手の戦力外通告・・・あ~~~の世の中はせわしない。
師走は来月ですのにww

べるぴー1
     「ワタクシの出番もめっきり減った!黄色いぼた餅や
      チビのひっくりカエルよりずーっと愛らしいのに!」

ワタシ的に一番ショック・・・まぁ少なからず予感はあったけど・・・だったのは、ゴン中山の戦力外通告かなぁ。

彼の功績を見て、改めて「ゴンは(日本の中では)すごい!すごかった。」としみじみ。
1998年には4試合連続ハットトリックを決め、得点王とMVPに輝き、この記録はギネスにも載っているそうだ。

その彼ももう42歳・・・今期の出場は2試合のみだし、ピッチで姿を見ることもあまりなくなって寂しい限りだった。

彼は、私の住む市から一つ市を挟んだ岡部町の出身だし、彼のお父さん・ゴンチチこと中山儀助氏は元町議で、今もよく地元情報番組に出演する程の有名人。
みかん農家のめっちゃ面白いじいちゃんだ。
ゴンチチのおかげか、ジュビロファンじゃないけど、中山選手には親しみを感じるのだ。

儀助
     ゴンチチこと中山儀助さん。

実はですねー、ワタクシ、儀助氏とは近いような遠いような関係にありまして。

近い感じで言うと、「叔母の父の従兄弟」。
遠い感じで言うと、「私の父の弟の連れ合いの父親の従兄弟」。
なんです。

息子の戦力外通告について、儀助氏は、
「戦力外?あー今朝、新聞で見たわ。連絡?にゃあよ(ないよ)。
 だけーが(だけど)驚くったって、あいつぁはぁ(あいつはもう)42だら?
 そーゆー事があっても不思議ゃーねぇずら(不思議はないだろう)」
と、あっさり。

ジュビロの中山のままで終わって欲しいというファンの声も多いようだけど、まだまだやれると思うし、私としては現役にこだわって欲しいと思う。

べるぴー2
     「ワタクシ以外の誰がこんなに丸くなれるとお思いかね?」
     ははっ、恐れ入りましたw

驚いた話はまだある。
いや、げんなりしたと言うべきか。

あのボージョレー・ヌーボーをイオンがペットボトル入りで980円で販売するって話。

近年フランスワインは高くて売れないって聞くけど・・・ねぇ。
先日の棺桶じゃないけど、いくら価格破壊の時代とは言え、超高級とは言わないまでも由緒あるボージョレー・ヌーボーをペットボトルなんぞに注入して売るなんて・・・980円と言う値段よりペットボトルが不快だ。
生産者に失礼な気がするよなー。
・・それとも、誇り高きフランスの生産者側も、そこまで売れずに困っているのかしら?

私はワイン愛好家じゃないけど、なんだか嘆かわしく思う。
物事にも人生にも、ある程度メリハリが必要だ。

ミルキー
     千歳飴をスーパーで売るってのはどう?
     1本105円。袋は別売りで60円。これで済ます親もいるのかな?


では本日の「福」。
本
京極堂シリーズ第7弾『塗仏の宴 宴の始末』完読!

次、第8弾『陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)』(厚さ4,3cm)いきます。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

11月10日(火)  困ったぷにぷに&ありがたい?ぷにぷに。

地球温暖化のせいか、はたまた中国の陰謀か、時々日本海側に出没するあの巨大なエチゼンクラゲが、今年はなんと太平洋側にも、そして我が静岡県沿岸にも姿を現し、漁業関係者を悩ませていると言う。

クラゲ
     大きくなると笠の部分の直径が1~2m、重さ100kg超に。
     一時期はやったペットのクラゲと違い、全然癒されないw

エチゼンクラゲは春に中国沿岸で発生し、成長しながら海流に乗って夏から冬に日本沿岸に漂着して、漁網を破損したり毒で魚の鮮度を低下させたりと、ったく、ろくなもんじゃねぇ困ったちゃん。

地図
     こんなルートで太平洋までやってきた可能性が。

先日、ウマヅラハギ(多分)がこのクラゲをつついて食べていたのには驚いた。
遠慮しないでジャンジャン食べていただきたいものだ。

エチゼンクラゲのぷにぷにした笠を見てると思い出すのがこのヒト。

もんちゃん1
     もんちゃん。 正式名は“悶悶”。悶悶と悩んで買ったから。

一応男子なんだけど、秋になってからぜ~んぜん鳴かなくなっちゃった。
やはり“メイティングコール”というくらいだから、ムラムラして鳴きたくなる時期って決まってるのかしら?

カエルになってもう1年半以上経つから、大きさはこんなもんで決まり(最近体重計ってませんでした・・)じゃないかと思うけど、リッパに育ってくれまして。

もんちゃん2
     まさに大ぶりのぼた餅w

去年の5月にうちに来た時は

もんちゃん3
     こんな矢印みたいだったのに。

頑固な拒食小僧で、ベビーの時から砂肝以外は一切拒否で、困ったものでしたよ。
だって、ショップの人は「ベビーに砂肝なんて厳禁です!」って言うし~。

ま、『99%は仮説』とかいう本があったけど、その通り、ずっと砂肝でも何の問題もなく育ちましたが。

小さめにまとまってるべるぴーとは違い、このヒトは水を含むと横幅の方が広くなり、お尻からジェット噴射で排水すると3分の1くらいに縮小すると言う、きわめて変幻自在な肉体の持ち主。
以前、カエルの下腹部には水を保持するAQP(アクアポリン)が存在するって記事を書いたけど、もんちゃんはそのAQPを沢山持っているってことかしら?

もんちゃん4
     こういう体型の方がツノガエル的には“男前”?

オスは前肢の親指に“抱きダコ”といって、繁殖時にメスにしがみつくための黒いタコがあるんだけど、これ不思議なんですよー。
もんちゃんは“アルビノ種”で、黒い色素が欠乏しているから目も赤いし斑点にも黒は入っていないのに、タコだけはちゃんと黒い。
さらに脱皮した皮も、体部分は半透明なのに、タコの部分はやっぱり黒い。

もんちゃん5
     親指だけイジョーに太いですな。

皮
     これが抱きダコの皮。ね、黒いでしょ。

だんなは「こんなに動かないもの見てて、何が面白いんだ?」と聞くけど、よく見ていればもぞもぞ動いたり、眠そうな目つきになったり・・・面白いんですがね。
そうよ、面白いんだからしょーがないのよ。はははww


本日の「福」。
みなさんに、この“福笑い”のご利益をおすそ分け。
もんちゃん6
なんとも言えず、めでたいご尊顔ww
ご利益は・・・各々適当に探してみてください。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

11月7日(土)  本日も晴天なり。

今日は立冬・・・だっつーのに、このぽかぽか陽気は何?
11月も半ばにさしかかろうと言うのに、Tシャツ2枚重ねでOKって・・・いいのか、こんなことで!?
ありがたいけど、困った事かも。

金曜日からどこのテレビ局でも、「週末は絶好の行楽日和です」と口をそろえて行楽をそそのかすので、我家的には少々遠出して(車でたった2時間w)、山梨県は身延町へのりピーの足跡を追って・・・じゃなくて、富士川クラフトパークへ散歩遠征。

パーク1
     晴れ渡る空、快適な気温・・・・なのに無人。
     なぜだ!?もう10時半だぞ!

ここ、平日はいつもの吉田公園といい勝負なくらい人口密度が低いそうだが、行楽日和の週末の10時半にこの有様って・・・10時半は世の中的には「もう」ではなく、「まだ」なのか!?

パーク2
     1時間経過しても、こんなもんです。だだっ広い公園って流行らないの?

どこまでも貧乏性な私は、太陽が昇れば動きたくなる。
小学生の頃から部活の「早朝練習」で身に染み付いた性分は、結婚前までやっていた波乗りでさらに磨き上げられ、3時に家を出て昼前に帰ってくる(そして夕方から再び動き出す)という、世間一般とはかけ離れた体内時計を作り上げたようだ。
グランドゴルフ・デビューは意外と早まるかもww

パーク3
     ノーリードは禁止だけど、何しろ誰もいないので失礼して・・。

パーク4
     「父ちゃん、この山の上でお弁当にしよう!」

パーク5
     小山の上は少々寒かったので、断念。
     「父ちゃん、そのドーナツ、油臭くない?」 「加齢臭か?」

ここの紅葉は実に素晴らしいうえに、広さと言い適度なアップダウンと言い散歩には申し分なく、何よりいつも酸素が多い=人が少ないのがいい。
一応“道の駅”でもあるんだけど、週末でさえこんな客の入りで採算が取れるのか、他人事ながら心配だ。

パーク6
     影の長さが晩秋を感じさせますな。

パーク7
     うちの方では、桜は赤くなる前に散ってしまいます。見事に赤い。

パーク8
     ハナミズキもご覧の通り。赤い実なんて我家の木にはついた試しがない!

パーク9
     「いい加減にして・・・」 まぁそう言わずに♪
     1本のカエデで紅葉のグラデーションが楽しめます。

11月に入っても、天気予報では「紫外線対策を」と言うだけあって、3時間も陽に当たってるとけっこう疲れる。疲労って、動いていると気づかないけど、座るとくるんだよな~。

パーク10
     アイス食べたらお休みモードの“老人とくり”。
     “若い”私は、体験工房や売店を散策。

やはりオゾンホールも拡大の一途なのだろう・・・いや我々の老化が進行の一途なのか?

しかし、休憩後まだ行かねばならない場所が。そこがメインの目的地。

パーク11
     「これは栗?」 これは多分クヌギだな。
     以前いっぱい持って帰ったら、ニョロ虫がゾロゾロ出てきた~!

パーク12
     このヒマラヤ杉の並木が・・・くぅ~~、残念ながらちょっと早かった。
     大きなヒマラヤ杉が赤く染まるのが楽しみなのだ。

まぁそんなこんなで、広い公園を独り占め状態で堪能し、全員疲れて夕方帰宅。だんなはそのまま床屋へ直行。

立冬の夜の宴は、お持ち帰り寿司と発泡酒で幕を下ろしたのでありました。


では本日の「福」。
パーク13
身延良いとこ、一度~はおいで♪

お土産は
キャラメル
なぜか北海道産品ww

さらに!帰宅してポストを見たら「やった!」の通知が。
国民年金過払い分37,000円が振り込まれたと♪・・・あ、やった!もなにも、取り戻しただけかww
まさか自分にも過払い分があるなんて思いもしなかった。







     



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

11月5日(木)  褒章あれこれと棺桶事情。

先日、秋の褒章受賞者が発表されました。
賞にはいくつか種類があるのは知ってたけど、このたび、初めてその何たるかがわかりました。

くり
     「アイスにはいくつか種類があるけど、これは100円くらい・・。」

芸術・スポーツ・学問で功績を残した人に贈られるのが“紫綬褒章”。
その道一筋に励んだ人を称えるのが“黄綬褒章”。
公共利益に貢献した人に贈られるのが“藍綬褒章”。
人命救助に尽力した人には“紅綬褒章”。
社会奉仕活動に取り組む個人、団体を対象にしたのが“緑綬褒章”。
・・・なんだそうです。ほ~~。

私のじいちゃんも、確か中曽根総理の時になんだかもらったような・・・額に入った賞状が実家に飾ってあった。
多分、郵政事業関係だから、黄か藍かどっちかじゃないかと。

公園
     公園を散歩中、植え込みの中で発見。明らかに野良猫用餌場だ。
     こんなの作るなら、飼ってやるか虚勢手術してやればいいんだ!

こう言っちゃ失礼だけど、今まで褒章なんか気に留めていなかったので、こういうのもらうのは「限りなく棺桶に近い人」だと思っていたんですよー。
最近知ってる人が結構受賞するじゃないですか・・・「や~私も年取ったなーw」な~んてビミョーな心持ちでしたが、40代前半にも受賞者がいて、妙な安堵感に包まれたりww

かの中島みゆきさんももらったんですよね、紫綬褒章。
彼女、年齢不詳っぽかったけど、これで年がばれちゃったよなー。57歳って・・・マジかよ。
なんで年齢を表示する必要があるのかしらね?欧米ではあまり公表しないそうですが。

中島さんが受賞の感想を「棚からぼた餅ならぬ、棚から本マグロの気分」と言っていたけど・・・う~~~ん、私だったら棚から落ちてきて欲しいのは何だろうなぁ・・・。
コモドオオトカゲとか、ガラパゴスウミイグアナとか、ガラパゴスゾウガメとか、ダチョウとか、ドーベルマンなんかでもいいなー・・・って、取らぬタヌキの何とやらww
大体そんなモン落ちてきたらどうすんだよ。

木
     木の股から「ヤッホー!」と言っているような・・・ちょっと卑猥な?
     ような・・・どうなっとるんじゃ?

こういうの受賞する人、どうやって決めるのかと思っていたら、一般人が推薦することも可能らしいですよ。
内閣府のHPに詳細が出てました。興味のある方はこちら

自己推薦はできるのかしらね?我と思わん方は狙ってください。

車止め
     スズメのオブジェ付きの車止め。可愛いですね。

そうそう、「限りなく棺桶に・・」で思い出した。

アメリカじゃ、とうとう棺桶まで価格破壊の波が押し寄せたようで。
スーパー最大手のウォルマートが、オンラインストアで棺桶販売を始めたらしい。ライバル店のコストコホールセールも。
価格は895~3000ドル(約8万~29万円)。
アメリカの棺桶相場は知らないけど、かなり割安らしい。

アメリカと違って日本は火葬だから棺桶ごと燃やしちゃうし、それこそ高級棺桶なんてアホ臭いような・・・日本でこそ格安で販売すればいいのにね。
わたしゃ、ベニヤ板製棺桶で十分だわ。なんなら発泡スチロール製でも段ボール製でもww


では本日の「福」。
柿
叔母から庭で取れた柿をいただきました。
柿はビタミンC豊富で、風邪予防にも二日酔いにもGOODです♪

あ、風邪と言えば・・・さっき、米アイオワ州で飼い猫から新型インフルエンザウィルスが検出されたと言ってました。飼い主から移ったらしい。
いよいよ動物界にもパンデミックが(恐)!?

そしてゴジラ松井がワールドシリーズで日本人初のMVP! やったね♪

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

11月4日(水)  連休の疲労度は老化のバロメーター。

週末から昨日にかけて4連休。
なので「香港へ観光旅行に」・・とでも言いたいところですが、言えるのは「本日は長編です」くらいで。

土、日はそれぞれ別行動。
2日は雨上がりの吉田公園へ。
せっかくの平日休みなのに、我家の老人が土曜は米原まで母校のアメフトの試合観戦に行き、日曜はフラッグフットボールの練習でかなり疲れているのはわかっていたのでね。
年寄りの冷や水は、後のツケが恐いんでww

見掛けは変わらないんだけど、首の激太りが判明したくり、目いっぱい走ってもらいました。

公園1
     ダッシュでもポーカーフェイスな犬。
     どんなに走ってもハァハァしないんだけど、スポーツ心臓か?

公園2
     カメラマン(私)も一緒に走ってるので、ボケボケです。

公園3
     地球が丸く見えますが、目の錯覚?ただのブレ?

一昨年くらいまでは30分走りっぱなしで、「誰かあの犬を止めてくれ~~!」みたいな感じだったけど、8歳にもなるとさすがにね・・・インターバルでダッシュ&ジョグ。
それでも人間は追いつけません。

公園4
     平日の公園はご覧の通り・・・。怪しげな空と不気味なオッサンww

公園5
     気持ちがいいのか我慢してるのか・・ビミョ~な表情。

ついでに、「いつもガランドウ」との噂高き富士山静岡空港へ物見遊山。

空港1
     やっと晴れ間が。客は98%物見遊山と遠足。

空港2
     噂に違わぬ閑散振り。職員の人たち、1日が長いだろうなぁ。

空港3
     売店を調査。限定商品買ったのに、製造元はうちの近所だった。

そして3日の文化の日は、カルチャーライフとは無縁にまた散歩。

秋バラがきれいだろうと期待して行ったのに、ほとんど蕾ばかりの富士・広見公園。

広見1
     島田のバラ園はもっといっぱい咲いてたよな~。

広見2
     ワラジムシ採集に協力中のくり。団子虫しかいなかった。

広見3
     くりの逆鱗に触れる3秒前。眉間に皺が・・・。

空も海もあまりにきれいなので、富士山と桜の絶景ポイント・御殿山(蒲原町)へ初登頂・・とは言っても、歩いたのは200mくらいか。

御殿山1
     駿河湾、伊豆半島が一望できます。

御殿山2
     裏手には富士山の絶景が・・・しかし無念にも雲が。

蒲原宿の旧街道を歩こうとしたものの、くりが「帰る!」と言って聞かない。
しかたないので、数分歩いたのち、帰宅・・せず、東海大学海洋学部の大学祭へハシゴ。
毎年、ここの「すいぞくかん」を楽しみに見に行くのだが、今年は“カエルアンコウ”がいなくて少々心残り。

すいぞくかん1
     チョウチョウウオ(だっけ?)と見詰め合うくり。

すいぞくかん2
     お座敷金魚。風流?です。

すいそくかん3
     裸の王様、ならぬ「裸のヤドカリ」。かなりグロいです・・。

この時点ですでに疲労困憊で居眠りモードのくり・・・しかし、ここのグラウンドには何度もフットボール観戦来ており“私の庭”なので、帰り際にいきなり走り出す。
そしてついでに何かを拾い食い。
出店の焼き鳥かなにかか・・・・何食った!?

帰宅途中、テンジンヤ(ローカルでは最大規模の弁当屋)で弁当を物色中、疲れているのはくりだけではない事に気づく。
帰宅するなり、老人とくり(ヘミングウェイっぽいw 「老人と海」)はマッサージチェアで高いびき。
私は洗濯物入れたり、お湯沸かしたり、うめと遊んだり・・・帰宅すると忙しくなる!
ふと横を見ると、死んだように眠るアラレ(ホシガメ)が。
「あぁ、私もカメになりたい・・」と一人つぶやく秋の夕暮れ。


そんなこんなで4連休の「福」。
公園5
内紛は絶えないものの、総合的にみて平和な4連休。 




テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。