一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野良ガエル “ヌマぼっち”さんの物語。

今年6月半ば、あるところに(ま、向いの田んぼですがw)沢山のオタマジャクシが平和に暮らしておりました。

彼らがまだ生まれて間もないある日のこと、世にも類まれなる天女の如き女性が、クロックスをはき、手にはバケツとひしゃくを持ってやってきました。
その麗しき女性はしばし卵の抜け殻やアオコでよどんだ田んぼの水面を見つめていましたが、意を決したように、不意にひしゃくを水に突っ込むと、ドロドロの物ごと水をすくってバケツに入れました。

彼女はバケツを覗き込むとニヤリと笑い、もう2すくいして、そそくさと去って行きました。

べるぴー
     「うちにそんな天女みたいな女の人、いたっけ?」
     もう飯やらんぞ!

バケツの中のドロドロに濁った水は、そのまま小型のプラケースに放り込まれ、女性はその濁った水を見て、何かを確認したように「よし!」と一言言いました。

翌日、プラケースの中では、ドロドロのものは下へ沈み、5匹のオタマジャクシが元気よく泳いでいました。
1cmにも満たない子が3匹、二回りほど大きな子が2匹。
他に無数のミジンコや、細長くて脚が沢山ある生き物、鳥の餌のような丸くて白い、くるくる回るモノもいます。
きっと目には見えないものたちもいっぱいいるのでしょう。

ケースの中の全員が力をあわせて水をきれいにしようと努め、数日のうちにドロドロはきれいな砂状になり、水も澄んで、ニオイもしないのです。

オタマたちははじめのうちはドロドロの抜け殻やミジンコを食べているようで、ミジンコの数は日に日に減ってきます。
(でも小さな赤ちゃんが次々に生まれているのですけどね)

ミジンコが少なくなったので、メダカの餌をパラパラ。
ところが、水面に浮いた餌を上手く食べられない不器用な子もいます。
そこで沈下性のランチュウの餌を入れてみたら、みんな喜んでもりもり食べ(くるくる回る虫も一緒に食べていました)、みるみるうちに大きくなっていきました。

オタマ1
     「おいちいおいちい♪」

メダカの餌をまいた時、女性は5匹の中に1匹、プラナリアのような寄り目のオタマがいる事に気づきました。
(アマガエルのオタマは目が離れています)

プラナリア
     「ども、プラナアリアですw」

オタマ2
     「立ち泳ぎが得意です♪」

まず最初に2匹がアマガエルらしき緑のカエルになって、外の世界へ旅立っていきました。

そして3匹目にも手足が出て・・・あの寄り目のオタマですが・・・でも緑になりません。
体には小さなイボイボが現れ、前の手の平はとても小さくて吸盤も見当たりません。

カエル1
     「ちゃんとくっつけるもん!」

女性はPCであれこれ調べたところ、このイボイボで茶色の子は“ヌマガエル”であることがわかりました。

資料に「ヌマガエルは人に慣れやすく、ピンセットからコオロギなどの昆虫を食べるようになり、飼育は容易」と書かれていたことを思い出し、他の4匹が無事旅立った後、カメのおやつ用の川エビを、試しにピンセットでつまんで彼の目の前でピロピロと振ってみました。

すると・・・あれま、あっさりと飛びついて食べるじゃないですか。

カエル2
     「おなかは白いんだ。」

女性は気をよくして、庭にいた野生のヌマガエルを1匹捕まえ、お友達としてケースに投入。
一回り大きなお友達は、エビどころかミルワームにも猛烈にアタックしてきます。
先住の子の分まで横取りして食べちゃう、大食漢です。

ワーム
     夏場のせいか、生きたミルワームをどこにも売ってない
     ので、半生タイプの“死にワーム”で代用。

フィールド出身のお友達に圧倒されたのか、温室育ちの子は餌を食べなくなってしまいました。

お友達はもう彼の2倍くらいにでっぷりと成長したのに、先住の子は5日経っても何も食べようとしません。

このままでは餓死してしまうと思い、女性は泣く泣くオタマから育てた子を、弱りきってしまう前に野に返してやりました。

今日からプラケースはフィールド出身のヌマガエル“ぼっち”さんのワンルームになったわけです。
少々メタボな“ヌマぼっち”さんは、こうしてとんがり家の一員となったのでありました。

カエル3
     「あの子はやせっぽっちだったな。」
     行水がすきなぼっちさん。

なぜ“ぼっち”さんかって?
彼を見ていたら、自然にそう呼んでいたんですよ。
「でぇだらぼっち(だいだらぼっち)」とは関係ありません、念のためw


そんなわけで、本日の「福」。
ヌマガエルの“ぼっち”さんをよろしくお願いします♪
カエル4
スポンサーサイト

テーマ:☆水槽の中☆ - ジャンル:ペット

ウナギにまつわる思い出とウナギに代わる黒い物。

土用の丑の日にウナギを食べなくなってから、もう随分経つような・・・。

だんなは毎年、絶対社用とか接待とか言って、有名ウナギ店でガッツリうな重を食しているようだが・・・それ以上脂ぎるのは止めていただきたいw

くり1
     ウナギ食ってもいないのに、毎年真夏に発情w
     「おか~~さん・・・」 ターゲットは私オンリー。

私は胸を患って・・な~んて言うとオサレ?だけど、何のことはない“肺結核”で3ヶ月あまり入院した時、バブルだったのか、中国産の怪しいブツだったのか、10日に1度はウナギの蒲焼が出てさぁ。。。そしてウナギの日のデザートは決まって森永の3連プリンが1個。
ウナギにプリン。コレステロール上がりそうw

プリンはおいしかったけど、ウナギはね~、皮がゴムみたいで・・・焼いてあるって言うより蒸しただけって感じ。

ウナギの日には必ず炊事場(長期入院患者ばかりなので、ちょっとした厨房がある)から、「お~~い!焼いて欲しい人いねぇかぁ~!?」とおっちゃんの声が。
何人か、いそいそと丼持って炊事場へ。

くり2
     読めないからどいてくんない?
     「腰揉んでくれなきゃイヤ!」

炊事場はボヤか!?みたいな煙と、ウナギ屋か!?みたいなにおいが充満。
魚焼用の網でおっちゃんがゴムウナギを焼きなおしてくれるので、しっかり焦げ目のついたおいしい鰻丼に変身♪

結核なのに糖尿病で高血圧、というありえない組み合わせをしょいこんだオッサンが1人、口惜しそうに刺身を食べていたっけ。

長期療養病棟(患者は10数人しかいなかったけど)の入院者は、すき焼きに付いてきた生卵をゆでようが、食パンを焼こうがフレンチトーストにしようが、おおむねお目こぼし♪
今思えば、ありえない入院生活でした。

くり3
     私は貝になりたい・・じゃなくて犬になりたいw

そんなにしょっちゅうウナギで精をつけていた甲斐もなく、結局2年後には肺の3分の1を切除するハメになったんだから・・・くっそーーー!ウナギなんか役に立たん!

・・・というわけで(はないけど)、ウナギ、特に蒲焼には触手が伸びません。
ウナギへの逆恨み(かも)w

ところで土用に食べるのは、別にウナギでなくてもいいんだそうですね。
「黒い物」なら、ウナギでもシジミでも・・えーと他になんだっけ・・・ま、とくかく「黒い物」ですよ。
黒い物は精が付くってこと?
イモリの黒焼きとか・・・w

いもり
     「化けて出てやる。」

みんなガンガン黒い物食ってるのか、また日本人の平均寿命が伸びたんだって?
男は79.59歳、女は86.44歳。

常々思うのですが・・・これは少々介護は必要でも、何とか娑婆で暮らしていける人の平均?それとも植物状態でも何でも、とにかく「死んでいない」人の平均?

動物界でも寿命が伸びているようですが、愛媛県立とべ動物園の12歳のアカカンガルー“ブティー”さんには驚きましたね。
赤ちゃん産んだって言うじゃないのっ!

ブティー
     生涯現役とはこのことでw

カンガルーの飼育下での寿命は8~10歳で、12歳まで生きてること自体驚異的なのに、ブティーは白内障で目も見えず、人間なら100歳以上にあたるっていうじゃないの。
それでもちゃんと人手を借りずに出産育児・・・驚くべき野性、称えるべき母性。スバラシイ!


暑さになれてきた・・つもりでいたのに、今日は死に体な私w
明日雨だっていうから、気圧が下がってきたせいかなぁ・・。

本日の「福」。
こんなの買ったのに、使うの忘れてた。
ローズウォーター
こんな日はいい香りに包まれて、マッサージでもしてもらいたいんだけど・・・
仕方ないから、ブルガリア産ダマスクローズウォーターをすり込んで、マリー・アントワネットな気分に浸ります・・・。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

人類の多様化は進む。

今朝、また暴走老人バイクでトマトが運ばれてきた。
まだあるから要らないと言ったような気がするのだが・・・まぁありがたくちょうだいする。

トマト
     「今年は桃太郎(品種名)じゃない」と言っていたけど、
     味の違いはまったくわかりませんw

さて、昨夜某テレビ番組で「オタクで町おこし」といった内容のレポートをやっていたけど・・・キョーガクの実態w
「ついにここまで・・」感いっぱい。

市内をゲゲゲの鬼太郎一族だらけにするとか、アニメなどに出てきた実在する場所を巡る“聖地巡礼”、ガンダムおたく・・・このくらいなら私にも理解できる。

くり1
    一番涼しい場所でのびてます。(でもバテてはいない)

しかし・・・ケータイだかPCだか、とにかくゲームキャラの彼女と一緒に旅行するって・・・???

その女の子キャラを常にケータイ画面に表示し、何万円もかけて東北から熱海まで。
絵馬があれば「永遠に一緒」みたいな願を書く。
ホテルには一人で泊まるのに、ツインを予約するか、布団を2組敷いてもらう・・・そこで2人で寝た気になるのか?と問えば、「まだそこまでの関係になってないから・・」とマジに答える40歳男性。
彼はホンモノの(人間の)彼女なんて要らない、と断言。

駐車場
     雨や猛暑の散歩(ダッシュ)に最適な場所発見!
     近所の夜しか営業してない焼肉屋の駐車場。

少子化問題って、経済的、施設などの条件的なことよりも、こーゆー“繁殖する気のない”男性(女性も?)の意識をどーにかすることも真剣に考えないと、絶対解決しないような気がするのだが・・・。

まぁ少子化に加担してしまった私には、あれこれ言える資格も筋合いもないのですが・・・。

くり2
     とりあえず蓮華寺池に行ったけど、暑くて3分の1は抱っこ。
     ショルダーの中にはくりの散歩グッズ。2人の時はだんなが持つ。

さらに、最近は“おけいこ男子”なる種族が出現しているそうで。

いわゆるカルチャー教室に通う、多くは若いサラリーマン男子。
仕事とは別の未知の世界で、リフレッシュを求めているとか。

絵画とかヨガとか楽器演奏とかなら、昭和頭な私にも納得できるけど、茶髪で今風ファッションの20代男子会社員が、趣味で会社帰りに生け花やバレエ、お菓子作りって・・・別にわるいことではないですけども・・・なんか不思議な感じw
で、女子はと言えば、ボクササイズに空手、テコンドー教室で汗を流す・・・。

くり3
     沢山のカワニナと一緒に清流を楽しむ・・んじゃなくて、
     水飲んでるだけw 水筒のよりこっちの方が旨いらしい。

最近あまり聞かなくなったけど、オスをメス化するのでは?と言われていた“環境ホルモン”・・・なんかその作用、真実味を帯びてきたようなw

事実、隣家の3男はほんとに「取って付けて」女になってしまった。
はるな愛くらいきれいになっちゃってさ~~!完全に「負けた」感w
私もタイに行って、色々と「付けて」こようかしら・・・。

牡丹
     真夏の大放糞。なんでいつも仰向けでするの?


今日も猛暑。でも大分慣れてきた。
本日の「福」。
名古屋の“キオスク土産”、一口ういろう(アンコ入り)。
ういろう
ういろうって、中にアンコが入っていないと味気なくてダメだな~。絶対アンコ入りにすべき!

そして、ヌマガエル飼育ケースを、先輩方のご指南をもとに改装。
ケース
泳いではいないけど、けっこう水に入ってますね。備長炭の橋も気に入ったようです。
2匹いますが、さておわかりになりますかな?

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

アブナイ血統と夏の読書。

“梅雨明け10日”とは言うけれど・・・この猛暑、いい加減にしてもらいたい。
昨日も35℃はあるだろうと思っていたのに、静岡市はたった33℃弱・・・それでこんなにへばっててどうするんだ!?

アメリカで42℃は経験したけど、湿度が低いせいか、こんなに不快ではなかったけどなぁ・・・日本の夏は暑さが体にまとわり付くような不快感。

そんな猛暑をものともせず、実家の家庭菜園でトマトがたくさん採れたと言って、朝父がバイクで配達してくれた。

バイク
     古希過ぎて、こんな凄まじいバイク(車と同じエンジン
     搭載だとか)に乗るのはいかがなものかとw

片目の緑内障が悪化したので、今年から車は止めたんだけど・・・60歳頃だったか、ボンネットがぐちゃぐちゃになり即廃車ってなほどのキョーレツな自損事故を起こした父。
これに懲りて、しばらく自重するかと思いきや、「へ~きへ~き♪」と、すぐに次の車を買いに行くような人なので・・・さらに、新婚2日目にスーパーカブでなぜか居酒屋に突っ込み、数日間意識不明になったという武勇伝もありまして・・・その血が私の中にも少なからず混じっているようでして、だんなの運転にはイラつきますw

ところで、先日気の迷いで買ったこれ・・・。

教科書
     高校、大学で歴史を選択しなかったので。

先に読み始めた日本史、後数ページなんだけど、辛抱ならず逃避。
おもしろくなーーーーい!!

で、ふらっと立ち寄った本屋で、こんな雑誌を買ってみた。

雑誌
     生まれて初めて買う『暮らしの手帖』。

私にとってはあまりに“浮世離れ”していて・・・
おもしろくなーーーーい!!

こんなにオサレにポリシーを持って整然と暮らす能力があったなら、私は今ここでガラクタにまみれ、カエルを眺めてはニヤニヤしていないだろうw

で、いつも手元にあるこれにした。

ムーミン1
     夏だからこれ。

やっぱこれだ。
このシリーズを読むと落ち着くのだ。

小学校の図書館で初めて読んで以来、幾年月・・・今でも1年に何冊か読み返します。
でも日本でアニメ化されたムーミンは可愛すぎるので嫌です。

ムーミン2
     この絵がいい。モノトーンってのもいい。

ムーミン3
     うちにもニョロニョロが生えてくればいいのに。

ムーミンに登場する人々(生き物?)は、楽天家あり、厭世主義者あり、形式主義者、オタク、引きこもり・・・とても童話とは思えないほどバラエティーに富んでいて、しかもストーリーの根底にどことなく漂う世紀末思想・・・。

ちなみに、“とんがりねずみ”、この中に出てくるかなりマイナーな生き物です。

小さな生き物と言えば・・・今日庭に出たら、ヌマガエルのベビーが7,8匹ピョコピョコ跳んでましたので、1匹捕獲。
そしてオタマ・ドスコイ3号がめでたくカエルになったので、野に放ちました。
もう1匹は足だけ出して、のんびりすごしてます。

3号
     あんなにデブオタマだったのに・・・ふしぎねぇ。


そんな本日の「福」。
ヌマガエル、餌付いちゃったので、ありあわせの物でちょっと住まいをセットしてみちゃったり♪
ヌマガエル1
検索しても、飼育状況の画像が見つからなくて・・・これで何か不都合がありますかしら?
コオロギはやっぱムリなのでミルワームなら、と思うんだけど、なにしろまだ15mmもないので・・・ちっこい川エビをパクパク食べてます。
撮影後、小さい観葉植物を入れたら、その土の上が気に入ったみたいだけど、やっぱり水苔より土のほうがいいのでしょうかね?

ヌマガエル2
「つかまっちゃったw」by 新入り。
まだピンセット給餌は抵抗があるらしい。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

日本も私も不安でいっぱいw

20日早朝、大韓航空機爆破事件の実行犯・金賢姫が再来日。

確か前日のニュースで、「警備上の問題から、滞在先など詳細は明らかにされていない」ってなことを言っていたような気がするんだけど・・・空耳だったのかしら・・。

虫
     このヒトは誰ですかっ!?イチジク全滅だわ~(泣)! 
     体調1.5cmくらい。

空港到着時からあの報道陣・・・カーテンの引かれたワゴン車で移動中も、ヘリや中継車が執拗に追いかけ、上から横から実況生中継。

これ、どーゆーことなんでしょう?
宿泊先が鳩山さんの別荘に決まったのは、彼女が田口八重子さんから習った手料理を息子の耕一郎さんに食べさせてあげたいからキッチンのある所を、という条件に合ったのと、あの別荘はよく政治会談が行なわれる上、見通しのよい道路沿いにあるので警備にも慣れていて都合がよい、という理由だそうだが・・・。

湧き水
     これはどうしたもんでしょう。
     住宅の横から毎日とうとうと湧く地下水。ダイジョブですか?

どこへ泊ろーが何泊しよーが、かまいませんよ。極秘なら。
私が疑問に思うのは、なんでこんな重要人物、マジでテロの標的になりかねない危険人物の行動が、芸能人さながらこ~んなにあからさまに報じられちゃっていいのかよ?てこと。

北の工作員って世界中に潜伏していて、日本の警察なんかよりずーっと狡猾で怖い感じがするんだけど・・・大丈夫なんですかね、報道規制とかしないわけ?

何かあって政府がボロクゾに叩かれるのは知ったこっちゃないけど、守られるべき人々の身に何かあったら・・・考えすぎでしょうか?

以前も自衛隊から国防機密情報が数回にわたり漏洩していたことがばれちゃって、アメリカの信頼をかなり失ったのに・・・。
それにたとえ彼女自身の意志でないとしても、元死刑囚。チャーター機に、信号も全部青にして、ヘリで富士山観光までさせてやる必要がどこにあるんですか?
VIPでもないのに・・・皆目わかりませんw

なんだかなー・・・拉致問題も忘れてません、っていうパフォーマンスにしか見えない。
平和ボケで危機管理意識もかなり稀薄な気配の日本・・・不安だ~・・・。

指
     あなたが噛んだ人差し指が痛い・・・。

牡丹
     「暑さボケで餌と間違えた♪」 とボケるんじゃないっ!!


そしてこの夏の猛暑を乗り切れるか、きわめて不安な私・・・。
こんなものがあったのを思い出しました。

百合油
     百合油。英語だとLily Oil。

妹の台湾土産なんだけど、彼女、台湾行くたびにこれ買ってくるのだ。
いわゆる“ばらまき用土産”の定番みたいなものらしいけど、その恐るべき効能。

効能
     魔法使いの薬か!?

私は台湾に行ったことないけど、これ、そんなにメジャーな秘薬なんですか?
ばらまけるほどの秘薬って・・・大丈夫なのか・・・?

とりあえずラベンダーとメントールの香りで“一瞬”す~~っと爽やかになるけど、こめかみに塗ると、くりがすかさず顔を舐めに来るのがちょっと難点w


ファイト一発!やけくそ気分で大掃除。
本日の「福」。
ま・・大掃除って言っても、カメの部屋だけどw
あられ
せんちゃんが死んじゃってから、汚れる度合いが半分になったせいか(ほんとか?)、ついつい半年も床材替えるの忘れていた(汗)。
くりの散歩後これやったから、明日はまたバテバテで死ぬのか、私?

テーマ:憂国ニュース - ジャンル:ニュース

瀕死なケヤキと死に体な私。

梅雨も明け、連日の猛暑・・・と言っても、まだ2,3日だけど。
静岡はまだ32℃程度なので、猛暑と言うにはまだ「あま~~~い!!」かもw

なのに・・・小学校から中学までは陸上、高校はテニス、大学以降は波乗りでならした自他共に認める“夏女”だったこのワタクシ・・・日曜日の昼間、数時間公園や海に行っただけなのに、夜ビール(発泡酒ですw)飲んだらいきなりめまいと吐き気・・・早々に寝て、夜中にトイレに起きたらもっとフラフラしてて、便座を下ろしてなかった便器にはまったw
便座は使用後下ろすように!

翌日もせっかくの休みなのに依然“死に体”。
ここ4年、毎年こんな風になる。

公園1
     吉田公園は夏景色。心なしか雲が秋っぽい?

仕方なく完全休養=外出しない、ことに。

ゆっくりテレビ見るとか本読むとかしてりゃいいものを、家にいると他の病=貧乏症が発症し、家中のカーテン洗濯を開始。
めまいも収まってないのに脚立に登る・・・のにさ~~、だんなはPCに張り付いてる。

こういう時、普通「おれが(カーテン)外してやるよ」とか、一言声でも掛けるのが虚弱な妻を持つ夫ってもんじゃない?

一声もないので、「アンタの机の横のカーテンくらい外してよ!」と言ったら、、「いいよ、洗わなくても。俺、そういうの気にならないから。」
気になるとかならないとか・・・そういう問題じゃない!
それでも外せと強要したら、ブツクサ怒られた。くそったれ!

公園2
     よく茂ってフカフカの芝の上で“四股”にも気合がw

今日もスバラシイ快晴。
でも午後のヨガは、大事をとって休んだ。
ここで無理をしなくなったところが「私も大人になったなぁ」と。
え?年とっただけって?フンw

静岡市で瀕死なのは私だけではなかったようだ。

JR静岡駅前北口広場に26年もの間、シンボルツリーとして親しまれてきた大きなケヤキの木。
ケヤキは他市との合併前まで静岡市の“市の木”だったし、市内には“ケヤキ通り”もあるくらいあちこちに植えられているのに、いつの間にか市の木は“花水木”に変わっていた。
あいつの仕業か!?8億円ガンダム市長!

で、その駅前のケヤキが1年ほど前から上部から枯れ始めた。
これは水を吸い上げる力が弱っている証拠で、根に何らかの異常がある可能性が。

公園3
     真夏の大暴走。年寄りの冷や水w

駅前広場は、もう何年間も再開発工事が行なわれていて、とにかくず~~~っと工事中。
バスターミナルや地下道を整備しているらしいけど、一体いつ終わるのさ?
なんでこんなに時間がかかるわけ?時間がかかる=税金もかかる、だろー。
この再開発も8億円ガンダム市長の肝いりだろうさ。ケッw

ケヤキの異常に気づいたのは、市の公園緑地課一筋に30年勤め上げた元職員のおじさん。
以前はケヤキの他にも、竹、マテバシイなど数百株を植え、静岡の玄関口を“緑の拠点”にしようと尽力していたそうだ。

それがどうよ。
再開発で一面に舗装された広場。
ケヤキの不調は、工事で地下水の流れが変わってしまったのが原因だろうとおじさんは言う。

公園4
     「父ちゃん、暑いな。」顔がブルテリアw

駅前や街中がきれいに整備されるのはよい。
ただ、手入れに手間のかかる樹木を取り払い、訳のわからん金属や石のオブジェを設置しても何の癒しも得られない。
まして夏は、そんなもん暑苦しいだけだ。

暑苦しいんじゃない・・・熱くて苦しいのだーーー!!

公園5     
     ヒマワリ娘。
     ちょっと!ヒマワリさんに謝りなさい!その失礼な顔w


もう夏は要らない。四季じゃなくて三季でいいよ。
そんな本日の「福」。
この子が餌を食べたーー♪
ヌマガエル
2日ばかり、糸ミミズやエビをピンセットでピロピロ目の前で振ってみたものの徒労に終わっていたのだけど、今日川エビをパク。
う~~~、どうするのだ?飼うのか?飼うのか?野に放つのか?・・・発狂しそうw

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

カエル観察日記。

一昨日、カエル(元オタマ)1号を野に放ちました。

カエル1号
     無事育ってくれて何より♪

小さな体にしっかり吸盤の付いた巨大な足・・・まさしくアマガエル!・・と言いたいところですが、よくわからなくなりまして。

ネットでちょっと検索したところ、アマガエルは黄緑色、シュレーゲルアオガエルなどは濃い緑色と書かれており、去年の子と比べるとこの1号はかなり緑が濃いんですよね~。

去年の1号
     去年のカエル1号。きれいな黄緑。

カエル1号
     今年のカエル1号。大きさは同じ位だけど・・あんた誰?

さらにカエル2号も尻尾が吸収されて上陸したはずなのに、ケースの壁はもちろん天井にも張り付いていない・・・。
半日くらい、何度ものぞいてやっと発見。

カエル2号 
     いた!水苔と同化してる。

この子、とりあえずアマガエルでないことは確か。
オタマだった時も、この子だけ寄り目で尻尾に斑点があり、珍しい顔したヤツだなとは思っていたんだけど・・・よく見ると手足が小さくて吸盤がないのか、壁にうまく張り付けない。
顔(口先)も尖っていて、茶色の背中には小さなイボイボ、おなかは白。

どうやら“ヌマガエル”のようです。
“ツチガエル”は知ってるけど、ヌマガエルなんて知らなかった~。
ちょっと見そっくりだけど、見分け方は腹が白いか否か。白いのがヌマガエル、らしいです。

ピンセット給餌でコオロギなども食べるようになるので、飼育は容易・・などと悩ましい事が書かれていたので、今、悩んで悩んで頭の中バクハツ寸前w
だって、かわええんだもの~~~~っ♪

で、オタマ3号。

オタマ3号
     別名どすこい3号。

明らかに、他の3匹と比べると太りすぎ&でかい・・単なる巨漢なのか?
足がしっかりしてきたので、上陸準備ケースに移したんだけど、足が・・・太くて短いw
これ・・アマガエルなのだろうか・・・?

一番チビのオタマ4号がまだ入っているケースはミジンコ牧場。
田んぼからすくってきてちょうど1ヶ月、すくった水のまま一度も水替えしてないのに臭くもないしミジンコやその他の生き物も増えたり減ったりしながら、ミクロの世界を維持している。
すごいよな~~。あんだけオタマがウンコするのに、綺麗に砂状に分解されてる。

オタマがいなくなったら、田んぼに戻すか?
う~~~~ん・・・・もったいないな~~~・・・・どうしたもんかw

ところで、こっちのカエル。
このヒトのこともよくわからなくなりました。

牡丹
     「なにか?耳かゆくてw」

ベルツノガエルの牡丹ですが、足の指に抱きダコもないし、メスのはずなんだけど・・・鳴くんです。
べるぴーもメスで、持ったりつついたりすると小さい声で「くえっ」って声は出すけど、昨夜「クワックワックワッ」っと、かなり気合の入った声が聞こえるのでもんちゃんかと思って横を見ると、牡丹が喉を膨らませて鳴いてるw

ツノガエルで鳴くのはオスだけ、とモノの本には書いてあったように思うのですが・・・雌雄同体なのか、こいつは!?
牡丹・・・行動も何かと問題が多いけど・・・やっぱり変だーーー!


梅雨明けにもってこいのありがたいお届けモノが♪
本日の「福」。
アイスクリ~ム詰め合わせ~♪
アイス
ただ・・・ちょっと風変わりなのがいくつか混ざっておりまして・・・。
キモ試し気分で楽しませていただきます。ありがとうTさん。

テーマ:☆水槽の中☆ - ジャンル:ペット

8億円のガンダムってどう?

去年の夏でしたっけね?お台場に等身大ガンダムが登場したのは。

蓮華寺池
     昨日は休暇。雨の蓮華寺池公園。蓮が見頃に♪

私はその手のアニメにはキョーミがないので、アムロとかシャーとか・・なんのこっちゃ?だったのですが、すぐ近くにバンダイ本社ができて、毎日のように社屋の壁いっぱいに描かれたガンダムを見るハメになったこともあり、「シャー専用」と言う言葉は覚えました(が、意味はわかりませんw)。

そして、頼みも望みもしないのに、JR東静岡駅前広場に7月24日から来年3月末まで、お台場のガンダムが移設されることに。
静岡市長が躍起になって誘致したらしい。

ガンダム
     キョーミなしw 地場産品の物産展の方がいい。

でもって移設金8億円

んなもん、勝手に決めるんじゃねぇ!!
税金だ税金!我々小市民の血税!!

しかもそのガンダムに占領された広場は、だんなたちが毎週フラッグフットボールの練習をしていた場所で、結果的に彼らは追い出され、代替地探しに奔走。
ま、市有地なんで文句は言えないんだけどさ。

それに国道沿いよ!常に渋滞するあたり。
さらにバンダイ本社はそこから徒歩でも10分くらいの場所にあり、庭もあるんだからそこに設置すればいいじゃんかー!

8億円。きっとそれ以上かかっているに違いない。
元取れんのかよ?

市民に何の打診もなく、勝手に決めやがって・・・クソ市長!はよ、辞めれーーー!!
(この市長はとにかくいろんなハコモノばかりをボコボコ作り、他にもアリーナを造るか否かで県ともめてる)

ふぃっしゅーな
     焼津港の公園“ふぃっしゅーな”。
     「クローバーに栄養を♪」造ったはいいが、すでに草ボーボー。

ふぃっしゅーな2     
     引き潮で潮溜まりが。このヒト、どんどん岩場を下りてくる。

先日くりの散歩中、踏み切りで電車の通過待ちをしていた時のこと。
80がらみのば~ちゃん2人が噂話。

婆1「今度、駅前になんだかお~きいロボットができるんだってねぇ。」
婆2「そうそう、なんてったっけねぇ・・・えーと・・」
婆1「あーあれあれ、・・だむ・・・ば・・ばんだむ!!」
婆2「そうそう!ばんだむ!」
婆1「どうやってもって来るだかね?」
婆2「大きいから、うまくトラックに乗るのかねぇ。」

踏み切りはとっくに上がっているのに、思わず耳がダンボになって、話に聞き入ってしまいましたw

バンダム。

バンダイ製のガンダム→略してバンダム。
そう、そうです。ば~ちゃん、あんたがたは正しい。
バンダムw

かに
     うまく収納されているカニ。

フナムシ
     これはフナムシ?4cmくらいの巨大なのもいた~!
     しかし、なんというすばしこさ・・・
     写真とろうと追いかけたら、潮溜まりに落ちそうになった。

そういえば・・・最近、ジャン・クロード・バン・ダムの映画、観てませんねぇ。
あの手のバリバリ、ハリウッドアクション系はもう流行おくれ?

しかし、ガンダム・・・何がどう、そんなに大人までも魅了するのか、教えていただきたい。


本日の「福」。
今年はもう来ないのかと思ってあきらめていたんだけど・・・来たーーーー!!
中元
もうとっくに取引関係もないのに、いまだにお中元とお歳暮をくれる某優良(中小)企業。
夏は素麺。今年はさっぱり来ないので、あきらめて昨日スーパーで買ってしまったわ~・・。

テーマ:独り言 - ジャンル:日記

バチ当たりなくりと試飲ビールとオタマ日記。

雨の合間にくりを散歩させていた時のこと。

まー、石とか虫とかゴミとか草とか、何でもかんでもスンスンフンフンにおいを嗅ぎたがる品のない犬ですが、その日は妙に念入りに何かを調査(においを嗅ぐ)した後、おもむろにそれに放尿。

蒸し暑さのあまり私はボーっとしてあらぬ方を見ていたのですが、その放尿のターゲットをよくよく確認したところ・・・カタツムリw
     
くり
     そ知らぬ顔で、干してある布団の上で
     くつろがないでくださいっ!! 

カタツムリさん、ごめんなさいっ!!
今日日、めったに見かけることのない尊いお方なのに・・・なんてことをw
くりの浴びせた生温かい黄色い雨・・・かえすがえすも申し訳ございません。

さて、話は変わりますが、こんなものが当たりまして。

ビール
     新発売の、いわゆる第3のビール。

あ、べつにビールに当たって腹を下したわけではございません。
試飲モニターね。

しかし、なんですねぇ、最近新しく出てくるビール系飲料、あれもこれも省くばかりで。
カロリー、糖質、プリン体。

アルコール分までゼロにしちゃったものは、成分見ると飲む気が失せます。
着色料や甘味料まで添加されてるのね~。

で、この新製品、糖質もプリン体も激減されてるせいか、すっきりさっぱり。
普段、麒麟淡麗グリーンラベルを愛飲している私はけっこうおいしいと思いますが、キリンラガー愛飲者の父なんぞに言わせれば、「こんなもん水だ!」・・ってことになるでしょうw

まぁ私も以前はもっぱらアサヒスーパードライでしたが、今じゃもう、そんなもん「くどくて」飲めません。
そしてアルコール4.5%になれると、5.5%をたまに飲むと、かなり酔います。
かつては「ざる」通りこして「枠」との異名をとったこの私・・・落ちぶれたものですw

そういえば、最近酒屋へ行ってもバドワイザーやクアーズ、ハイネケンといった外国産メジャービールの姿をトンと見かけませんが・・・売れないんですかね?
資源回収のときも、そういう空き缶はもう随分見てないし。


ところで、オタマ日記。
1匹がめでたくカエルもどきに変身しました♪

オタマ1
     昨夜はまだ水中に。でも顔がカエル化。

オタマ2
     今朝見たら、あらま、尻尾つきミニガエルに♪

オタマ3
     色も少し緑がかってきました。

オタマ4
     もう一方は、昨夜から立ち泳ぎ状態。
     今にも出そうな前肢が透けて見えます。


では本日の「福」。
実家からもらった梅をジャムにしました・・が、これっぽっち(例年の5分の1程度。泣)
ジャム
白梅、紅梅があり、毎年紅梅の梅の実(種が尖っていて、梅干向きでない)をもらってジャムにするんだけど、今年はどっちの梅もかつてないほどの大凶作で、もらったのは20粒そこそこ・・・しかも大きさもバラバラで熟れ方もバラバラ。
例年4,5kgは採れる白梅、今年は1個も採れなかったそうです。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

ブラボー、スペイン!とやっぱり・・な参院選。

眠いです・・・ちゃんと二度寝したんですけど。

昨夜の選挙速報は、地元の結果が早々に出ちゃったのでどーでもよくなり、W杯決勝に備えてさっさと寝ました。

ハーフタイムに起きて朝シャンで目を覚まし、後半から。
ベスト8あたりからはどこが勝っても不思議はない戦いぶりでしたが、疲労もつのっている中、オランダVSスペインは延長までもつれ込むビッグゲーム。

薄暗いキッチンで1人、テレビと卓上のオタマを交互に見ながら貧乏ゆすりw

オタマ
     4匹中、2匹は後肢がカエルになってきたので上陸準備。

日本と同グループだったオランダに勝って欲しかったけど、どっちが勝っても初優勝。
なにはともあれ、おめでとうスペイン!
今日はフラメンコダンサーと牛と闘牛士とパエリア(とりあえず“スペイン”で思いつくもの全部w)が国中を乱舞しているのでしょうか。

そしてスペインと共に、ドイツ戦7試合と決勝戦の勝敗をすべて的中させたタコのパウル君にも、大いなる称賛を送りたいと思います。
タコ、恐るべしw

さて、参院選ですが・・・ある評論家が「国民は腰の定まらないリーダーを歓迎しない」と述べておりましたが、まったくそのとーり!

それが如実に結果として表れましたな。

あじさい
     花か嫌いかカメラが嫌いか・・・不機嫌なのは如実w
     「うらめしや~~・・」

ジェットコースターのような民主党政権。
支持率は一気に上り詰めたかと思えば、あっという間に谷底へ急降下。その繰り返し。

腰が定まらないどころかフラダンスでも踊っているような鳩山さんを引き摺り下ろし、妖怪小沢を葬り、満を持して党首の座に付いたであろう菅さんでさえ、あの通りハナッから迷走。
口が軽いのか、言っちゃってから言い訳に終始する姿は、みっともないの一言。
思いつきでしゃべってるような演説は、鳩山さんも菅さんも大して変わんないわ。口は災いの元w

はみがき
     「父ちゃんが帰って来たと思ったら歯磨き・・・だまされた!」

しかし驚いたのは比例代表。
自民党の片山さつきや佐藤ゆかりの返り咲きはうなづけるとしても(三原じゅん子はアンビリーバボー・・・)、民主党のトップ当選が谷亮子!?

みんな彼女に何を期待したのだろう?
スポーツ振興に金を回してサッカーやスケートを強くしろと?

私は「ママでも金」については応援したいが・・・なんだかなー・・・。

選挙
     投票率は58%弱とか。これでも多い方だよね。
     北欧なんて90%近かったような。


本日の「福」。
隣のおばあちゃん(80歳くらい?)が手編みのアクリルタワシをくれました。
たわし
去年ご主人を亡くし、乳がんと股関節&膝関節の手術を乗り越え、リウマチも患っているのに、1人で明るくがんがんリハビってる気丈なおばあちゃん、見習いたいものです。
(隣に長男夫婦が住んでるのに交流なさそう)

なぜか近所のご老人方と仲のよい私w

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

過去の予言と信じ難いあれこれ。

新聞を読むのが・・いや、正確に言うと「新聞のオヤジ系週刊誌の広告見出しを読む」のが好きです。

今日の朝刊の『文○春秋』の広告は、なかなかキョーミ深い。
“的中した予言50 われらの未来を考えるヒント

タコのパウル君のおかげで予言ブームか?
タコに踊らされる人間w

岡ちゃん
     岡田監督と・・

タコハイ
     タコハイのタコが似ているような・・。

三島由紀夫 「日本はなくなり、無機的なからっぽな国が残る」
大宅壮一 「一億総白痴化」
司馬遼太郎 「インダストリィは汚職する国家では興らない」
松本清張 「日本人の休日の増加は、欧米の謀略である」
小泉純一郎 「自民党をぶっ壊す」

う~~~む・・・ノストラダムスよりは当たっているような。

アルゼンチン
     監督は誰だ? atアルゼンチンのベンチ。

ところで、世の中には色々と信じがたい出来事、物事があるものです。

中東は連日チョ~猛暑にみまわれ、イラクでは最高54℃にまで達したとか。
砂漠では80℃に達する可能性もあるらしい。

タコがゲームの勝敗をズバズバ当てる。
なぜ世の“占い師”と称する人々は、人間のメンツを守るためにも対抗して占わないのか?

戦後でもあるまいに、アメリカとロシアが拘束していたスパイの交換。(例のアンナ・チャプマンの件)

高崎山で1ヶ月以上も行方不明で、死んだと思われていた32歳の元ボス猿“ゴルゴ”(もみ上げがゴルゴ13に似てるからだって。人間なら100歳超)が、先日ひょっこり帰って来たとか。
1ヶ月以上群れを離れた猿が戻るのは、前代未聞だそうで。

ゴルゴ
     不老不死の妙薬でも探してきたのか、ゴルゴ爺。

わが家においては
エラが張ったカエルとか。(もんちゃん幼少期)
もんちゃん

のりたまをしつこく所望するコザクラインコとか。
うめ

飼い主のパンツを抱え込み、30分もハウスに立てこもる犬とか。
(注・赤いのはパンツじゃありませんw)
くり

シートを汚さずに器用にオシッコをする犬とか。
シート

ベルツノガエルの牡丹がおかしな動きをするのにはもう慣れたけど・・・
牡丹1

これにはまいった。

牡丹2
     温度計を握ってくわえてるーーーー!!!

取上げようとしたら

牡丹3
     吸盤飲み込み中のところで釣れたw

信じられん・・・。


梅雨の晴れ間となった本日の「福」。
だんなは1人で里帰り。
プリン
私はいっぱい洗濯したご褒美に、贅沢なプリンをお召し上がり♪

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

タコの心配と物忌みすべき私。

W杯準決勝ではスペインが勝つと予言したタコのパウル君(前々記事参照)の元へ、殺せとかサメの水槽に入れろとか脅迫メールが殺到していると言うので、ドイツではなくパウル君が心配で、思わず4時に起きてドイツVSスペイン戦観てしまいました。

タコ・・恐るべし。スペインの勝ち。

が!恐るべし、などと言ってる場合ではなく、今回は「タコ、危うし!」

水族館の方、しっかり寝ずの番をしてあげてください。

べるぴー
     「スペイン人はビール片手にタコを食いながら観戦してたぞ。」
     食われたか、タコ・・南無w アナタはなぜにそんなに丸く?

さて、梅雨も本番・・あ、もう末期?

“半夏生(ハンゲショウ)”という花がありますが、“半夏雨(ハンゲあめ)”という言葉(季語)もあるんですね。

半夏生
     ドクダミ科多年草。花は毛虫みたいな部分。

“半夏生”という言葉は花を指すだけでなく、夏至から11日目にあたる日(太陽暦7月2日頃)という意味もあり、梅雨が明けて田植えの終期とされるそうです。

先日来、各地でゲリラ豪雨による被害が出ていますが、この時期は梅雨末期の大雨をもたらすので、昔の人も物忌み(ある期間、飲食・行為を慎み、身を清め不浄を避け、家に篭る)をし、地方によってはタコや焼サバを食すとか。

なぜに物忌みにタコ?サバ?
タコは消化が悪いし、サバはあたりやすいし・・・結果的に「身の不浄」を導きやすいような気が・・・。


食べると言えば・・・先日、島根県では“ベコ”なるものを食べると知り、驚愕いたしました。
ベコ=牛、じゃないんですよ。

アメフラシ!アメフラシィーーーーーッ!!

アメフラシ
     ギョーーーーーw 食うのか、これを・・。

ちなみに、この方の卵は

卵     
     通称ウミソーメン。こっちの方がましw

まぁホヤだのナマコだの・・・そんなに変わりゃしないけど・・・ウゲw

少量の水でゆでた後、ミカンとかの入っているネットに入れて「コンクリートの上で」よ~くもんでから、酢の物、炒め物にどうぞ。

タコの心配していたら、また訃報です。

前記事の小さい方のオタマが神隠しに。

前日の夜はちゃんといたのに、昨日の朝見たら、影も形も骨さえない・・・きっと誰かの栄養になってしまったのでしょう。
あのチビだけ妙に成長が遅かったのよねぇ・・・あぁどこもかしこも弱肉強食。

こうも不幸が続くとは・・・物忌みすべきはこの私。
今夜はタコか焼きサバを・・・。

くり
     「おか~さん、サバにあたって蕁麻疹と下痢で大変だったじゃん」
     あ、そうだった。忌まわしき夏の記憶・・・。


本日の「福」。
ご近所のピンクのノウゼンカヅラがとても綺麗です♪
ノウゼンカヅラ
オレンジ色のが多いけど、ピンクの方が涼しげな感じ。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

増えるもの、消えゆくもの・・・。

オタマ水槽のミジンコが過疎化してきたので人工餌を投入したことは先日書きましたが・・・いまや、オタマは「不溶性顆粒だし入りの澄まし汁の具」状態w
ミジンコの繁殖力、恐るべしw

で、こんなもの買ってみました。

レンズ
     15倍。

しかしこれ、コンパクトなのはいいんだけど、動く物を見るには今いち不具合で、水槽にレンズを密着させて覗くも、運良く水槽の壁沿いにミジンコが通ってくれれば、内蔵の動きまで見えるんですが・・・かなりキビシイ確率。

オタマ
     成長の差、著しい。大きなヒトはチラッと足が。

ところで、訃報です。

信じられないことに、前記事で「手の平予言」をしてくれたオスのアフリカツメガエル、あの写真を撮った3日後の一昨日、ポックリ死んでしまいました。
あの手の平は発情の黒ではなく、“喪”の黒の予言だったのでしょうか・・・。

アルビノと言っても真っ白ってわけじゃなく、ピンクっぽく見えるんです。
足ヒレの薄い膜には血管も見えるし、目も真っ赤。

ところが彼、だんだん血の気が引くように目まで白く・・いや透明になり・・・皮膚や体型など、色以外の見た目はなんら変わりはないのに、まるで失血したように真っ白に。

なんだったのでしょう。

以前、白いウーパールーパーを飼っていた時、エラの血管が切れて大出血を起こし、それこそ血の海に漂う蝋人形のようになってしまった(奇跡的に生還)ことがありましたが、今回は出血の気配はまったくないし・・・。
残念です。アフは女2人になってしまいました。

くり1
     「おか~さんは貧血なのに真っ黒・・」
     おだまり!アンタには毛虫の花がお似合いよ!

死後の世界の存在、信じますか?
帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)先生が講演会でこう尋ねると、約100人の聴衆のうち、信じると答える人は毎回15,6人なのだそうです。

帯津先生自身は、がん治療の臨床医だったこともあり、「信じる」派。

なぜなら、人は死して後、しばらくすると実にいい顔になる。
生前は決して見せなかった顔。
『ふるさと』の歌詞のように、「志をはたして いつの日にか帰らん」・・・この“故郷へ帰る顔”なのだと先生は言います。

夏目漱石も死後の世界を信じ、『野分』の中で「死んでも自分はある。死んで初めて本来の自分に還れるのだ。」と言うようなことを述べている(らしい)。

べるぴー
     「本来の自分ってなんだ?オタマジャクシ?卵?」
     それは若かりし頃の自分・・。

ところが、私の好きな作家・藤原新也氏は、インタビューでこんな風に。
「永遠と言っても少しきついんじゃないかな。それに死んでからも風になってそばにいられたんじゃ、うっとうしいよ。」
いやはや・・・彼らしい(笑)
だから好きなんだ。

私は(人間に関しては)断然藤原説を支持。
帯津先生は夏目、藤原両説を場合によって使い分けることにしたそうで。

幼いころから数え切れないほど生き物の死を見てきました。人の死は3回。
でもやはり、死後の世界・・・そんなもん、信じられない。
あれは生きてる人間の壮大なる妄想だと思う。

くり2
     「お化けは好きなくせに。」う・・そ、それは・・。
     それは死後じゃなくて、はなっから“死んでる世界”です! 


本日の「福」は冥福です。
珍しく名前も付けなかったアフ。
アフ
どこか苦しかったのか・・・なにもしてあげられなくてごめんよ。
先に逝ったみんなと仲良くカエル天国で楽しく暮らしてください。(死後の世界は信じないんじゃ?・・とか突っ込まないようにw)
楽しませてくれてありがとう。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット

タコが好きですw

魚にうるさい実家では、スーパーの魚屋では魚を買わず、行きつけの魚屋さんで買っていました。

大学4年の夏休み、タンクトップに短パン、ゴム草履にポニーテールといういでたちで母と一緒に魚屋へ行き、母は魚を選び、私は大きな水槽にアワビの如く張り付いておりました。

Because “タコ”がいたから


たこ
     このような状態ではありません。
     実にセクスィで妖艶なタコでした。

I love タコ&イカ。(注・鑑賞に限る)

興味を引かれるものがあると周りが見えなくなるのが、私の困ったところでして・・・迷子のお呼び出しをされた最終経験も大学4年の時(輸入博で)w

魚屋の大将に聞かれました。
「下のお嬢ちゃん(妹がいる)?大きくなったねぇ、何年生?

一瞬の間の後、正直に「4年生。」と答えました。
母は明らかに聞こえなかった振り。
すいませんね、貧相な体型でw

とも子
     「セクスィな私は何歳に見えるかしら?」by とも子。
     私が知りたいですよ。今何歳で、後どれくらい生きるつもりですか?

で、タコの話。

ドイツのオーバーハウゼン水族館にすっげータコがいるそうな。
サッカーW杯南ア大会で、ドイツ戦の試合結果をすべて的中させている“予言ダコ・パウル君”。

パウル
     セクスィ♪

準々決勝の対アルゼンチン戦では、ドイツが勝つと予言。

パウル君はドイツとアルゼンチンの旗を付けた水槽内の容器のうち、ドイツの方を選んで中の貝を食べた。
ただ、ドイツ側に近づくものの、最終的に貝を食べるまでに約1時間も「足踏み状態」が続き、見守る関係者をハラハラさせたそうだ。

水族館関係者は、「延長かPK戦になるという予言では?」と解説w

アフ
     アンタも何か予言しなさい。
     「手の平が黒い・・・発情でしょう。」・・・w

当たるも八卦、当たれば8強。あ、4強か。

ちょっと・・・マジ、4-0で勝っちゃったんですが、ドイツ。
タコ、恐るべしw


では本日の「福」。
藤枝くんだりまで出かけ(散歩のついでだけど)、久々に購入。
きんつば
おきせきんつば。
誰が何と言おうと、きんつばはここのがNO.1!特に草きんつば♪
店舗は老舗というより、ただ「昔のまんま」なのだが、味も不変だそうで。奥に「パーラー」もあり、プリンアラモードなども食せます。

テーマ:どうでもいい話 - ジャンル:日記

ものは考え様。

諸行無常。

W杯サッカーで日本は敗退し、オタマは日々成長し、人は日々老化し、パク・ヨンハは自ら命を絶った・・・。

それにしても多すぎる韓流若手スターの突然の自殺。
ヒートアップするネット、儒教思想の名残による縛り・・・主たる要因はわからないけど、みんなそんなに孤独なのだろうか・・・。

オタマ
     オタマにランチュウの餌(沈下性)をあげてみたら
     大喜び♪・・・だと思います。もりもり食べてる。

そしてワタクシ。

昨日意を決して整形外科へ。
第4,5腰椎間の椎間板ヘルニアということで決着(!?)いたしました。

10年程前は大先生、今回は息子の若先生に診てもらったんだけど、けっきょくスカスカであれプヨプヨであれ軟骨が飛び出して神経を圧迫していればヘルニア、っつーことで。

痛くて辛いことには変わりないんだけど、「変形性腰椎症」というといかにもババくさいので不愉快でしたが(病名に愉快も不愉快も・・)、今回「椎間板ヘルニア」という病名に変わったことで、一気に若返った気分です(アホかw)。

いーーんです!
ものは考え様。
同じ症状なら病名だけでも若々しい方がいいじゃないの。

うめ
     「わしもこの際、桜とかローズにでも改名しようかのう♪」
     そんな~!うめ(梅)ってのは縁起がいいじゃないですか~。

15代将軍・徳川慶喜もこう詠っていますし。
  楽しみはおのが心にあるものを
    月よ花よと何求むらん

そ。痛い足腰にムチ打ってあれこれ遠出したり観光したりしなくても、楽しみは私の心の中に・・・う・・あるのか?・・きっとありますともw
慶喜さん、いいこと言うぜよ。

くり1
     ポジティブ・シンキングは、この“怪しい紫”のパワーでバッチリ!
     「信じる者は(足を)すくわれます」 宗教じゃないしw

ところで、一昨日の夕方、久し振りに雷雨がありました。

雷光のことを“稲妻(稲光り)”と言いますが、常々「なんで稲の妻よ?なんで稲の光よ?」と思っていました。
英語だと“lighting"とか“thunderbolt(単にbolt)"。そのまんま。

また、雷の多い年は豊作になるとも言うそうで。
それには科学的根拠があるらしいです。
雷は放電時に窒素酸化物を作り、これが稲の生育を助けるのだと。
たしかに肥料の基本成分は「窒素・リン酸・カリ」。

よーするに、雷(光)と稲は相互扶助関係→夫婦関係に似てるってこと?

でも・・・それなら稲が妻じゃなくて、雷が妻の方が適切な気が・・。
それとも稲妻は、「稲が雷の妻」じゃなくて「雷が稲の妻」と解釈すればいいのか・・・すいません、腰痛と湿気で脳ミソにキノコがw

くり2
     暑さで行き倒れ中w


本日の「福」。
10年くらい使ってた100均の手鏡のもち手が取れ、縁が割れ、ついに鏡面も取れちゃったので、再び100均で新調。
鏡
一番壊れそうもないヤツを選んだ。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。