一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツタケ不作より、家中の“ゴミ豊作”が深刻w

お恥ずかしい限りですが、ワタクシ、20数年生きてきて(ウソこけ!)本物のマツタケというものを食した記憶がございません。
今年は猛暑の影響か、マツタケの不作が懸念されているそうですが、おかまいなくw

今までに食した一番マツタケに近い味(推測)と思われるモノ・・・永谷園のお吸い物でしょうかw

お吸い物
     最近はご無沙汰してます、マツタケのお吸い物。
     そういえば生のマッシュルームも食べたことないわ・・。

市販の“マツタケご飯”は信用していません。
つい先日も、弁当の中の“マツタケご飯”と称した部分から、なにやらヒラヒラしたフリル状のキノコが発見されました。いかに非グルメ、食オンチな私といえども、舞茸くらいはわかります。

なめんじゃねぇ!!コレはサギだw

ここんところ、どーも言葉遣いに品性が失われる一方で・・・罵詈雑言の数々、大変申し訳ございません。
夏に蓄積した肉体的ストレスが言葉に変換されるのでしょうか・・・。

くり1
     「夏のせいにするんじゃないよ!おか~さんの品格!」
     お菓子の空袋を舐めるのはよしなさい!愛玩犬の品格が・・。

お恥ずかしい話を披露しろと言われれば、底を付くことはないのですが・・・日常生活において、片時も「感じない時がない」のは家の中の雑然振り。
人間は一応2名しか住んでいないはずなのに、5人くらいで雑居してるような気配がw

だんなの部屋は電化製品と塵芥であふれ返り、私の方は布、紙、雑貨、生物が氾濫。

掃除は一応、電気掃除機、クイックルワイパー、雑巾、サッサ、静電気クリーナー等駆使してしてはいるのですが、掃除直後ですら、“きれいになった感”が微塵も感じられない・・・。

カエルやカメのように、整然と暮らしたいのですが・・・。

牡丹
     姿は乱れていますが・・・カエルルームの不用品は
     脱皮の皮とウン○くらいね。

私のような、いわゆる“片付け下手”“掃除下手”な人はけっこういるようなので、若干安心しています。(だからイカンのだ!)

“かたづけ士”として活躍中の小松易さんの指摘によれば、片付け下手には3タイプあるそうで。

①先送り型・・・・明日やる、週末やる、と先延ばしするタイプ。
②迷走型・・・・・片付け始めると、アルバムや物に見入ってしまい、作業が進まないタイプ。
③リバウンド型・・一旦掃除しても、すぐまた散らかってしまうタイプ。

私は明らかにリバウンド型。
だんなは救いようがない“全型混合タイプ”だ。
第一、ヤツには「キレイにする」「整頓する」という概念、意識が決定的に欠落している。
私が大掃除をしてもまったく、絶対に、気づかない!
その代わり、PCキーボードの上をミクロな白い虫が歩いていても気づかない(&気にならない)・・・末期だw

それぞれの解決策としては、①の場合、すべてに手を付けず、1日15分とか短時間で部分的にやること。
②は始めるのを何日の何時から何時までと決め、中断しがちな人は完成のイメージ図を紙に描いておく。
③は一番簡単で、使ったらしまう場所をきちんと決める。

くり2
     舐め終わったらゴミ箱へ捨てなさいよ!
     なぜか100均の“醤油飴”の包み紙だけ舐めたがる。

おかしいよなぁ・・・「出したら元の場所へ戻す」はきちんと実践しているのになぁ・・。

よーするに、私の周りには物が多すぎるのだ。しかも統一感のまったくない有象無象がw

物を減らす基準は「要る」「要らない」で決定しろというが、再利用、リサイクルが得意というボンビーな性分が災いして、この決定ができないのだ。
5cm角の布切れまでが「有用資源」に見えてしまう。

そーだ!私は再利用→エコの化身だったのだ!
だが・・大いなる問題は、エコと貧乏性の境界をどこに引くか・・。この答えは永遠に出そうもない。

だから我が家は一生片付かない。

・・・結論がわかっているのに、無駄な分析に時間を浪費してしまった。


本日の「福」。
今日もスバラシイ秋晴れ♪ 散歩も充実。
くり3

そして、やってくれましたね!アラフォーの星、いや太陽か!?伊達公子さん!
伊達
前日にあのシャラポワを破ったかと思ったら、40歳のバースデイには、なんとハンチコワまで!
ヒール好きはちょっと棚に上げといて、伊達さん万歳&おめでとー♪
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

好きなヒール、嫌いなヒール。

イチローの前人未踏の偉業も、白鵬の連勝記録更新もすごいとは思うんだけど、「やったー!」とか「よかったよかった♪」とかいう気持ちはおこらないのよねぇ・・・。

ところがさぁ、ボクシングの亀田戦となると、なぜか血がさわぐ。

亀田
     次男、成長したと思います。

土曜の夜は次男大毅が、WBCフライ級王座を3-0の判定勝ちで初防衛。
「いや~よかったよかった、よくやった♪」と、心から思っちゃったりするわけでw

相撲も、朝青龍がいた頃は、彼が勝つと「よし!」とテレビに向かってつぶやいてました。
今は力士も観客もたてまえ上「善良な人々」ばかりを集めた状態なので、なんだかちょっと・・・正直に言うと、面白くない。
プロスポーツはやはり娯楽性もないとさぁ・・・ヒールがいなくちゃ盛り上がらない(私が)。
そしてヒールがすき♪→“悪人正機主義”(は?)

これって、子供の頃から、プロレスで場外乱闘で椅子ブン投げたり相手をフォークで突き刺してるのを見て、「スゲー!」と感動しながら育ったせいでしょうか。
なら、私の歪んだヒール好きは、私にプロレス観戦を付き合わせた父のせいだw(父はヒール嫌いだが)

ウルトラマンよりバルタン星人の方が断然好きですw

くり
     久しぶりに家からの遠出散歩。ニオイも新鮮。

ヒガンバナ
     彼岸に間に合わなかった彼岸花が多数・・。

しかし・・・なぜか私の布団にだけ棲んでいるかのように、家の中で私だけを「狙い撃ち」するヒール、ヤツは憎い!
今年ほどいっぱいやられた年はない。猛暑のせいか。
布団乾燥機の“ダニパンチ”なんか、屁の役にも立たなかった。

・・・ということは、ヤツはダニではない?

そんな疑念が浮上した頃、新聞にカラー写真と共にデカデカと「南京虫」という文字が踊った。

南京虫
     南京虫。別名トコジラミ。

南京虫なんて、戦前戦中の生物だと思っていたら今も健在で、それどころか殺虫剤への耐性や先進国での再び大発生が問題になってるそうだ。

成虫は5~8mmの円盤状で、室内に生息して夜間に活動し、人畜の血を吸い、激しい痒みや痛みを引き起こす。
「シラミ」とは言っても分類学上はカメムシ目で、刺激を与えると悪臭を放つらしい。

・・・私にとり付いたのはコヤツか!?
私は布団の中にカメムシを飼っていたのか!? オーマイガーッ・・・w

しかも名前は「南京」→中国・・・気にくわねぇ!
 
べるぴー    
      「差別発言だ!」 上等だ!・・・怒られちったw

あの解放された中国漁船の船長や仲間の漁民たち、「日本なんか怖くない」「またあそこへ漁に行く」とほざいてるっていうじゃないかっ!
国際的ヒール軍団じゃ!

・・・ってか、南京虫一匹やっつけられない日本政府は、効かない殺虫剤かよ・・・使えねぇw
ハーブで除けられる虫じゃないんだよっ、中国は!

スイマセンw ヒートアップして話が脱線しました。

じつはこの南京虫にはボルバキアという共生細菌が寄生しており、そいつが必須栄養素のビタミンB類を作り出して南京虫を「元気ハツラツ」にさせていることがわかったそうだ。

ボルバキアは他の昆虫類にも寄生しているけど、これまでは宿主に利益をもたらすことはないと考えられていた。
それが実は「悪にエネルギーを供給」していたわけだ。(人間からみた解釈)

だからこの細菌ボルバキア(怪獣っぽくね?)をやっつける抗生物質を作り出せれば、人に安全な殺虫剤を開発できるらしい。

私の健やかな眠りと痒みからの解放のために、ぜひとも「南京虫パンチ開発」頑張っていただきたい。
ついでに「イビキ防止剤」も発明してくれないかなぁ・・・。ノーベル賞ものだと思うけど。

ボルバキア
     妖怪ボルバキア。
     「シュッと一吹き。痒みもイビキも即STOP!」素敵♪


本日の「福」。
午前中は爽やかな秋晴れ。2ヶ月ぶりくらいにフルコースの散歩ができた。
おかげで
さつま芋
100えんで無人販売のさつま芋が買えた♪

無人販売
9時すぎだったけど、すでに品薄でしたw

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

数字は落ちる・・・。

早朝から(世間的には)めでたいニュースが飛び込んできた。

イチロー
     イチロー、前人未踏の大記録達成!

特にイチローファンでもないし、野球が好きってわけでもないけど、このチョ~沈滞ムードの日本に、久しぶりの朗報ってことで、けっこうなことじゃないですか。
昨今の日本は何もかもが転落傾向なのに、日本人が世界の頂点に立ったってのは気分もいいし喜ばしい。
(ホントは・・・どうでもいいw)

ちなみに野球ほど「統計」にこだわるスポーツはないそうで。
打率、本塁打数、盗塁数、奪三振数、集客数、移籍マネー・・・そりゃもうすごい数の項目があるらしい。

これでまた「朝カレー」ブームに拍車がかかるのでしょうか?

牡丹1
     「日本人はなにかと流され易いのだ。」
     牡丹ちゃ~ん、アゴの真っ黒なお髭、剃りましょうよ~(泣)

話は変わりますが、先日も引用した『星の王子さま』にでてくる天文学者のセリフ、
・・・「おとなというものは、数字が好きです。
 新しくできた友達の話をするとき、おとなの人はかんじんかなめのことは聞きません。」
大人は年齢、人数、体重など数字を聞いて
「やっとどんな人か、わかったつもりになるのです。」・・・

また発表されましたね、数字。

ブランド
     米コンサルティング会社が発表した
     “企業のブランド価値”ランキング。

基準は、事業の財務分析などを通じてブランドが持つ価値を金額に換算したものらしい。(わかったようなわからないような・・)

日本が落ち目なのはわかってるから、大して驚きもしないけど、ワタシ的に意外だったのはジレット、シスコ、マールボロ。
ジレットってカミソリ屋だろ?シスコってシリアルメーカーでしょ?
この大禁煙時代にマールボロ?
ほーw そんな儲かってるんですかw

牡丹2
     かわい子ぶってもオッサン臭さはカバーできない・・。
     大人になるって、そういうことなのね・・・黒々w

そしてイギリスからは、教育専門誌が発表した今年の“世界大学ランキング”。

上位200校に入った日本の大学は昨年の11校から5校に減り、アジア1位の座を6校ランクインした中国(香港を除く)に奪われた。
くっそーーーー!よりによって中国!!頭脳結集して軍事力UPか?

1位は7年連続で米ハーバード大。
5位までをアメリカが占めたってのは「まぁそんなもんだろ」ってとこだけど・・・ねぇ、東大って・・20位にも入ってないの?
日本で最高の東大は26位(昨年22位)。
昨年までアジアトップの座を、21位の香港大に奪われた。

くり1
     もってけ、ドロボーw 
     「おか~さんの大学は?」 聞かんでよろしいw

東大以外では京大が57位(昨年25位)、東京工業大112位(55位)、大阪大130位(43位)、東北大132位(97位)。
この落ちっぷりは何!?

つい先日、先進国中で国が教育に費やす予算が最低なのは日本だという記事を目にしたばかりだが、やはりこの調査元も、日本の低下理由の一つに「高等教育における最近の財政削減」を挙げている。

テレビで観てても、子育て支援のことしか耳に入ってこないが・・・「産めよ増やせよ」も国力増強には必要だろうけど、お金をかけてそれなりの人間に育てていかなければ、医療でも技術でも経済でも、優秀な人材はみ~んな海外に流出しちゃう・・いや既にしちゃってるじゃないかー!
スポーツだってそうじゃん。

やっぱり、なにか間違ってるというか・・・ズレてるんだろうな、日本の国政を担う連中の意識は。
危機感も薄いような気がしてならないが。

どうなるニッポン!?

くり2
     「なるようになる・・・」 前足、つったの?


本日の「福」。
だんなの自転車がパンクしたので、私の自転車を貸してやっていたのに、鍵を落としてきやがった!
モノをなくす、落とす、汚す・・・そういうことをさせたら右に出る者はいない男だ。
だが、幸い落としたのが墓参に行った寺の駐車場だったため、拾った人が母屋に届けてくれてあった。
キー
よかったね、私の自転車の鍵♪仏の・・いや私の功徳じゃw



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

デュオいろいろ。

ロマンチックは止まりましたが(ボクサーの元チャンピオン内藤さんがビミョ~に復活させましたが)、ぼっちさんの面白さは止まりません。

車
     マジ、こんな地名があるのか!?なんかの冗談か?
     日曜日、蓮華寺池を散歩中に発見。

以前、熱帯夜の怪がありましたが、今度は早朝の怪・・いやもう“快”ですかね。

朝、大根を千切りしていると、またハモる声が。
初めてハモった時の私の楽器!?はガラスカップと箸で、「カタカタカタ」という卵を溶く音に「カカカカカ」とぼっちさんが重唱。

普段も“カ行”で鳴くので、大根の千切りの際は想定外でした。
楽器?はまな板と包丁で、音は「トントントン」・・・“タ行”じゃないか。
それでも「トントントン」にあわせて「カカカカカ」w

その夜はキャベツの千切りにもハモり、プラスチックの卵ケースをグシャガシャバリと捻りつぶす音にも、狂喜してハモっておりました。

ぼっち1
     「別に狂喜してないけど。ファンサービスさ♪」

そのくせ、庭で仲間が鳴いていても(大きなヌマガエルが1匹棲み付いていて、よく“カ行”で鳴いている)全く反応しません。
なんでかなーw

ぼっち2
     「あいつの声は野太くて下品なんだ。」 あ、そw
     なにしろ黒いので、写真写りがいまいち・・・。

一方、ツノガエルの男衆・もんちゃんと牡丹は、昼間は鳴かず(牡丹がたま~に)必ず夜中に“ガ行”のデュオを始めるので、だんなは「やかましいっ!」と即座に耳栓をする。
男同士だからムカつくのか? 楽しいデュオなのにさw

私は「同じ“ガ行”でもてめぇのイビキより数億倍美しいメロディーだ!」と、ヤツの耳栓を引っこ抜いて耳元で叫んでやりたい気持ちです。


ところで、敬老の日に先だつ調査では、今じゃなんと男性の5人に1人、女性は4人に1人が高齢者、いわゆる65歳以上という・・・もう「人も歩けは高齢者に当たる」(不謹慎w)、みたいな恐るべき超高齢化ですが、ペット(犬猫)社会の高齢化もすごい勢いで進んでいるようですね。

くり
     「来年は“ハイシニア”だって。もっといたわって欲しいよ。」

昨年ペットフード協会が行なった調査では、ペット犬の45.8%、猫の37.8%が7歳以上、いわゆる高齢だという。
今じゃ“15歳以上用”なんてフードも売られているし。

犬猫とも室内飼いが増えたので感染症のリスクも減り、餌や医療の進化もめざましいからねぇ。
不況の中、ペット業界だけはドル箱産業だって話じゃないの。

でも反面、人間同様、運動不足や肥満による成人病や痴呆が増えているのもまた事実。

チホーでもなんでも、くりには長生きしてもらいたいし、うめにもカメにもイモリ&カエル諸君にもそうあってほしい。

にぼし
     くりと私の健康食、煮干(私はいわし、くりはワカサギ)。
     皆さん、来年から日本では2月14日はバレンタインデーじゃなくて
     「煮干の日」です!(読み方に無理がある・・)

しかし。
この度の中国漁船衝突事故問題に関する中国指導部の対応や、日の丸を燃やしたり日本人学校に物を投げつけるアホ連中を見るにつけ、「おまえら一式、はよ死ねっ!」と言いたくなる。くそったれ!
(大半のノーマルな中国国民の皆さんに対してはこの限りではございません)

たださ・・・やられっ放し、なめられっ放しの日本政府にもほとほとがっかりさせられるわ・・・。腰抜けじゃw


本日の「福」。
久しぶりにいい映画を見た気がする。
映画1
生きることに疲れた時、心に空洞ができた時観ると、心地よい脱力感に包まれます。
私は、「夏を生きることに」疲れ果てていたのでw

映画2
こんな家に住みたい。
近くにコンビニと病院があればw

ちなみに前日観た映画は「バイオハザード」。早くⅣが観たいぞ。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット

「敬老の日」って何?

今日は敬老の日

いまだに「敬老の日=9月15日」って観念が抜けませんw

エコパ1
     土曜日のエコパ。久々に行ったはいいが・・・。

親が還暦を過ぎたあたりから、毎年悩むんだけど・・・なにかしてあげるもんなんでしょうか?
私の母は、自分の両親にお小遣いのようなものをあげていましたが。

でもさー、「敬老の日」って、どーも孫が「おじいちゃん、おばあちゃん、元気で長生きしてね♪(お年玉の出所が減るから)」って、祖父母をねぎらう?日のような気がして。

それに、父の日、母の日、各誕生日、バレンタインデー・・・もう十分だろー!
散財させようっていう、デパートの企みにのってたまるかって気もするし。

エコパ2
     暑すぎて散歩になりませんw でも長距離走の記録会やってた。

エコパ3
     人間もくらくらするほどの照り返し。
     こういうとき、“小さいもの”は便利ですw

しょっちゅう旅行しまくり、デパートでお買い物しまくり、思いつきで買った食品の賞味期限を全く気にせず、溜め込むか廃棄しまくる母をみるにつけ、「こやつに小遣いをやる必要はない。」と判断してしまうわけで。

さらに、ドクロやキスマークの付いた私のCapを「オレに似合うな。よこせ。」といって、どんどんグランドゴルフに被って行ってしまう父も「敬老」には価しないと断定。

何なんですか、敬老の日って?
もとはただの「老人の日」で、1966年に「敬老の日」と改称し祝日にされたそうですが、それは単に公務員が休日を増やしたかっただけなんじゃないか?

そんなこんなで、今年もカレンダーで「敬老の日」は見なかったということにして、サラリとスルーしました。
親不孝万歳w

ミニストップ1
     結局コレ食って・・・。

お茶     
     食後はコーヒーの空コップで(くりが)お茶を飲んで、
     カインズホーム寄って帰りましたw

しかしながら、いずれ私も「老人」に分類されるわけで・・・まぁ別に何をしてもらいたいってわけでもないんだけど。
ワタシ的には、4車線道路を自転車で角度30度の大斜め横断してヒンシュクかったり、国道やバイパスのど真ん中を時速30km以下で原付走行したり、犬の糞をヘーキで放置していくような、妙な老人力を発揮せず、世間の片隅でちんまりと生きるゴキブリのような「軽老」になりたい。


そうそう、我が家には立派な仙人級の老人がいるのですよ。

うめ1
     コザクラインコ(多分ジャパニーズゴールデン)のうめ。
     御年16歳。男子。

コザクラの平均寿命は10年と聞きますが、16歳っていうと人間的には何歳になるのだろう?
怪しげなエキゾチックアニマル店のセールで買ったうめは、雛の頃は天頂ハゲ(親にいじめられたらしい)で、天頂ハゲが羽根で埋まったら今度は毛引きで逆コンドルw
大きさも普通の半分くらい。(他にも大きくて健康的な子は沢山いたんだけどね)

この有様で16年。
ただの一度も体が羽根で埋め尽くされたことは無く、偏食で青菜は一切受け付けず栄養なんかろくにないレタスが大好物。
さらに、インコの体にいいとは思えない“のりたま”の黄色い卵だけ選りすぐって食い散らかし、真冬でも冷水で水浴びをする。
ケージは飼い主の住処同様、ちょー汚い。(キレイなのはカメ、カエル、イモリのお部屋のみw)

うめ2
     「そんなことは寿命とは無関係なのじゃ」 へへ~っw

人間もそうだけど、健康と食生活や住環境って関係あるのだろうか?って疑問に思うことも。
去年、自然食品とか無添加食品しか食べない母の友人が胃がんで死んだw

とりあえず、冬までに毛引きは控え、せめて背中くらい羽根で覆われてもらいたいよなぁ。
いくら温暖な静岡とは言え、老人が素っ裸で冬を過ごすのはちょっと・・・。
念のため、20wのヒヨコ電球、もう1セット買いました。


では本日の「福」。
私の場合、男に一目ぼれってのは万に一つの確率で、たとえホレたとしても指くわえてみてるだけの小心者だが、相手が「物」となるとホレっぽいうえに手が早い。
冷やかしで入った雑貨&家具店で、即断即決でダイニングセットをお買い上げ♪
ダイニング1
ダイニング2
椅子はチェア、ロングベンチ、スツールの3種から選べ、着脱可能の椅子カバーも赤、緑、こげ茶、アイボリーから選べます。(うちはチェア2、スツール2)

ただし、ダイニングテーブルが新調されたからと言って、私が張り切って豪華な料理を作る気になるかと言えば、金輪際そんなことはございませんw

追記:さっき、チェアの脚だけ白木であることに気づき、店に電話したら「間違いだった」と。馬鹿者っ!
私が気づかなかったら、このままチェアだけ白木の脚だったってことか・・・あー気づいてよかったw

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

食文化と愛しい(4本足の)家族のはざまで。

某地方紙に、『飼うということ』というテーマでコラムが連載されている。

今回のお題は「中国のペットと食文化」。

書き出しはこんな・・・
 「犬や猫は家族の一員としてかわいがられ、牛や豚は食べられる。“食肉のために飼育される”といえばその通りでも、子供にペットと家畜のはざまを教えるのはなかなか難しい。」


くり1
     「カチクって何?」 “家畜”はね、家計を担っているエライ
     動物様のことよ。アンタとは違って働き者なの。  
     

いかにも。
ましてや今は、豚やヤギもペットになる時代。
私なんかいまだにニワトリとヤギを飼いたいと思ってやまないw

筆者が中国・広西チワン族自治区を訪れた際、案内役の地元の大学教授がそこの名物料理を勧めてくれたという。
焼いた後、醤油や砂糖、香辛料で煮込んだ肉料理で、柔らかくてくせも無く、おいしかったそうだ。

実はそれ、犬の肉だったんですねー。

店員いわく、「食用の犬が特別にあるわけではないが、子犬だとまだ肉が締まっておらず、成犬だと硬い。子犬と成犬の中間が一番旨い。」

中国の犬
     北京の路上で売られるペット用犬。
     要らなくなったら・・・食うのか・・?

筆者は「食文化とはこういうことか」と素直に感じたという。
(動物愛護団体はこう言う事実を知って吠えないのかしら?毛皮ばかりが動物じゃないんだぞー)

まぁ日本でも戦後の食糧難の時代や原始時代(問題外?)には、犬でも猫でも食べたはずだけどさ。

ところが、急激な経済発展で、中国でも犬をペットにする家庭が増えた。
案内役の教授は、「我が家でも8年前から室内犬を飼っています。今では犬の肉は食べません。2度ほど犬の肉を食べて帰ったら犬が怒ったので。」と。

教授の愛犬は、彼に近寄らず、黙って彼の顔をにらんでいたそうだ。
驚いたことに、奥さんの妹も同じ経験をしたという。

教授は「あぁ仲間を食べたことを怒っているんだ」と思ったと。
犬の嗅覚は人間とは比較にならない。
彼の息から犬肉のにおいがしたのだろう。

猫
     ぺットでも家畜でもない“野良”という生き方。
     「フリーダム万歳!」なのだろうか?

私は何を言いたいのか。

食は文化。
犬を食おうが(個人的には嫌だけど)、イルカを食おうが(個人的には抵抗あるけど)、アザラシを食おうが(個人的には食いたくないけど)、シーシェパードだかグリーンピースだかわけのわからん理屈をこねる歪んだ“動物愛護原理主義者”にはとやかく言う権利も資格もない。
牛や豚や鶏は別格だなんて都合のいいこたぁ言わせない!


・・・なんて偉そうに吠える私は何様だw

ちなみに北の将軍様の大好物は犬肉料理で、どこだかにその専門店を作ったとか。
日本人女性リポーターが試食していた。・・・「柔らかくて美味しいですぅ~♪」だとw


犬といえば、近年バリ島で狂犬病が拡大し、大変なことになってるとか。

バリ島には昨年の調査では約60万匹の犬がおり、約76%は野犬。
しかもヒンズー教信仰で犬は「忠義の象徴」とされているので、対策に乗り出しても一向に減らない。

くり2
     水曜日の吉田公園。静岡は朝嵐だったのに、こっちは降ってない。
     「父ちゃん、あちぃから脱がせて」  なんか卑猥だw

日本では狂犬病患者が出たなんて話はついぞ聞かないが・・・実は、ふとどきなヤカラがけっこういるそうだ。
多頭飼いをしている場合、“代表者(犬)1名”のみに予防接種を受けさせる
てことはだな、他は登録料も納付してない、つまり不法飼育ってことじゃないか。

更にあきれたことに、フィラリア予防薬も与えない。
なぜって「よその犬はみんなフィラリア予防してるでしょ。フィラリアにかかった犬の血を吸った蚊に刺されなければ感染しないんだから、うちの子が薬飲まなくたってフィラリアになるわけ無いじゃない。」

バカも休み休み言え。
と、言いたい。

くり3
     不出来なコスモスと不細工な犬。よく似合うw


本日の「福」。
やっと晴れた。秋らしい乾いた空気と青空・・・空は青いのがいい。
くり4

犬は走っているのがいい。
くり5

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

食欲の秋こそ、めざせ“細マッチョ”!

相撲が始まった。

たった一場所だけのテレビ中継自粛と力士の謹慎なんて・・・ちょっとアレじゃない?と思うけど、まぁこれを生きがいにしていらっしゃる介護施設のご老人方もいるわけだし、しょーがないか。

とはいえ、開幕直前に、またもNHKでもおなじみの“スイーツ親方”の暴行事件が発覚。
ねぇ、“暴行”って何? “しごき”は暴行?
じゃあ私だって鼻血出してヘド吐くくらい暴行受けてるぞw

そして国技館入り口には、「暴力団の入場は固くお断り・・・云々」と墨で書かれたでっかい立て看板。

ヌマガエル
     初めて発見! 野生のぼっちさん・・じゃなくてヌマガエル!

おい。それで「あーそーなのw」ってすごすご引き返すようじゃ、暴力団員はつとまらないじゃんか。
入場お断りなのはペットじゃなくて、極道な人々なんだからさー。

お?「相撲」の「撲」って「撲殺」の「撲」よね?
つまり“相撲”=“相殴る”ってこと?
ならさー、ちょっとド突いたって、病院送りにするほど重傷負わせなきゃいいんじゃないの?・・・なんて思っちゃう私に「品格」なんかございません
えーございませんともw

くり
     「無責任発言。」 
     おい、“サル座り”だぞ。犬らしく座りなさい。

一方、世界柔道の方は日本勢大活躍で、結構なことでございます♪
私、友人にジューダー(柔道選手)が多かったせいもあり、観戦するのはかなり好きだったのですが・・・なんかダメなの、今回は。
特にね、重量級。

ましてや相撲。
相撲も嫌いじゃなかったんだけど、あのマワシからはみ出た肉を見ると・・・あっ・・・クラクラッ・・ど、どうしたのかしら・・と思っていた矢先、目の前の読み終えた本に気づいた。

京極夏彦著『どすこい(まる)

おちゃらけ短編集なのだが、全編にわたり力士が登場する。
別に力士がモンスターに変身し人肉を食らう、とかいうグロい内容ではないのだが・・・その描写を想像するに、あまりにシュールで、夢にまで見てしまった。

べるぴー
     「どすこい。」 アンタ、ツノガエル的には超小兵じゃないか。

そのパロった題名だけで、あふれる涙と笑いをこらえ切れないオノレを「アホかw」と思う。

参考までに収録作品名を紹介しよう。
 1. 四十七人の力士  新京極夏彦
     (原作:四十七人の刺客  池宮彰一郎作)
 2. パラサイト・デブ  南極夏彦
     (原作:パラサイト・イヴ  瀬名秀明作)
 3. すべてがデブになる  N極改め月極(つきぎめ)夏彦
     (原作:すべてがFになる  森博嗣作)
 4. 土俵(リング)/でぶせん  京塚昌彦
     (原作:リング/らせん  鈴木光司作)
 5. 脂鬼  京極夏場所
     (原作:屍鬼  小野不由美作)
 6. 理油(意味不明)  京極夏彦
     (原作:理由  宮部みゆき作)
 7. ウロボロスの基礎代謝  両国踏四股(ふみしこ)
     (原作:ウロボロスの基礎論  竹本健治作)

で最後に漫画。
まんが

なんかちょっと・・・肉とか脂とか力士とかごっつっぁんですとか・・・胸焼けがしてきたので、ならば自分はその世界から隔絶したところへ行こう!と決意し、仕切りなおしに(!?)こんな本を買ってきた。

ターザン
     1年半に1度くらい買ってみる。

日本人はいくら鍛えても、西洋人より5%ほど筋肉量が少なく、細マッチョ向きなのだそうだ。
旧型アメ車みたいに、無駄に燃料(カロリー)を必要とし、おまけに燃費も悪いゴリマッチョ(西洋型)より、ハイブリッド車のように省エネ体質の細マッチョこそ、これからの世界を救うのだ!(なんのこっちゃw)

さぁ、アナタもワタシも、めざせ“細マッチョ”♪


では本日の「福」。
もういっちょ仕切り直しに、こんな本を買った。
催眠
2009年夏、スウェーデン出版界を席巻した匿名作家の衝撃のデビュー作。
明かされているのはペンネームのみ。
各国で翻訳権の奪い合いだったらしい。

新聞書評の「身の毛もよだつ」と「おぞましい」の文字がこの購入に私を駆り立てたのである。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

終わりゆく夏・・・ショボw

9月半ばだっちゅーに、35℃って・・・なんだかなーw

獣医氏に、「今年は例年に無くダニが多いから気をつけて」と言われた。
もちろん草むらなどにいて、犬や猫に取り付くマダニの話。


マダニ
     マダニ~~~!
     左が血を吸って丸々太ったメス。針で突付いてみたいぞ♪

・・・なのに、くりではなく、私ばかりが(家の中で)ダニに食われるのはなぜだー!!(涙)
だんなもくりも、全然痒くないと言う。

しかし、デリケートなワタクシのナイスボディはダニダニダニ・・・のキスマークで埋め尽くされ(大げさw)・・・蚊と違い、ダニに刺された痒みは1週間以上続くのよねぇ。
私、ダニに愛される体質なのかしら・・・蚊にも熱愛されるんだけど・・・。
え・・・なんか私、そういうフェロモン出してる?
NO~~~~~~!!!

家ダニ
     家ダニ~~~!
     やはりホコリにまみれているのか・・・じゃ、うちにもいるわなw

さぁそろそろ、この夏のまとめでもしてみようかね。

年々夏のすごし方がショボくなるような気がするのだが、こうやって書き出してみると気のせいではないようだ。

この夏“しなかった”こと。
 1. 花火を見なかった。一度も。
 2. 生きたセミを見なかった。一度も。
 3. かき氷を食べなかった。
 4. スタバのフラペチーノを飲まなかった。
 5. カフェ等、飲食店に入らなかった。
 6. 1人で延べ1時間以上の車の運転をしなかった。
 7. 障子を張り替えなかった。
 8. 畳を雑巾掛けしなかった。
 9. 高速道路を走らなかった。
 10. 繁華街へ出なかった。
 11. 一度もファンデーションを塗らなかった。(日焼け止めのみ)

う~~~~侘しくなってきたから以下省略。

くり
     「いいんだよ。人間もただの動物なんでしょ。」
     そ、そうでした・・が、人間特有の煩悩がまだ・・w

では、この夏“したこと”。
 1. 自律神経の薬を朝晩飲んだ。(継続中)
 2. オタマから育てたヌマガエル・ぼっちを家族に迎えた。
 3. 直径10cmの蜘蛛を、新聞紙で処刑した。アーメンw
 4. バラに付いたシャクトリムシをハサミで切り刻んだ。南無w
 5. ヒートで萌えまくりのくりをマッサージしすぎて(?)右腕の筋肉が100g増えた。
 6. 引きこもっていたのに、よく“日焼け”した。
 7. 家中のカーテン(だんなの机横のを除く)を洗った。
 8. ウサビッチの脇キャラ・オカマのコマネチにはまった。(継続中)
 9. 毎晩、花粉症による鼻水流出で苦しんだ。(継続中)
 10. 舞台「トーマの心臓」を観て、青木隆敏氏(スタジオ・ライフ所属)に惚れた。(上昇中)

漫画
     うっかり漫画まで買い込んだw 中学校以来かも。

きわめて行動範囲が狭く、医療費とくだらない雑貨代以外支出のない、質素な夏だった・・・。
かつての「暑いからなんでもやっちゃう」不埒な夏が嘘のようだった。


では本日の「福」。
近所の友人が娘さんを連れて珍しい卵を持ってきてくれた。
「洗ってないから、洗って使ってね」・・って、普通の卵は洗ってあるのか。
卵
ナントカっつー高貴なニワトリ様がお産みあそばしたレアな御卵だそうで、洗うと鮮度と味が落ちるらしい。ほーw

この母娘、マトリョーシカみたいで可愛いんだ♪ 丸々と・・・。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

人の死と経済学。

ここ数年、毎年“自殺者の増加”が取り沙汰される。

日本における自殺者は、なんと12年連続で3万人を超えているそうだ。
依然として中高年が多いものの、20代30代が急増しているという。

日本の自殺率は、OECD(経済協力開発機構)加盟国中、最悪だとの報告もある。

くり1
     「ZZZZZ・・・」

先日、長妻厚労相が「自殺者やうつ病患者が出たことによる所得減、労災補償や生活保護給付の負担増などで、昨年1年間の経済的損失は約2.7兆円にのぼる」とした初の推計を発表した。

どうやら英国にならったものらしいが、あるコラム筆者も書いていた。
「自殺やうつ病による経済的損失を数字化して、何の意味があるのか?」
同感だ。

当局の言い分は、「社会的インパクトを与えることで、優先課題としての政府の認識が高まる」。なんじゃこれw
よーするに、対策予算をいっぱい獲得するためってことか。

もちろん対策は大事だけど、そういう人たちの死を損得勘定に置き換えて公表するなんて、遺族の気持ちを考えたら、無神経極まりないような気もするのだが。

くり2
     「“オイラ、仕事してるんだぞ!”って誇示してんじゃないの」

サン=テグジュベリ作『星の王子さま』に登場する天文学者が、こんなことを言っているそうだ。
「おとなというものは、数字が好きです。
 新しくできた友達の話をするとき、おとなの人はかんじんかなめのことは聞きません。」
大人は年齢、人数、体重など数字を聞いて
「やっとどんな人か、わかったつもりになるのです。」

そうかもしれないね。

官僚の頭では、「3万人の死は、これくらい国益を損ねるんだ」と理解するのだろうか。
なんか・・・侘しい。虚しい。

べるぴー
     乱れても暴れても相手にされず、遠い目でもんちゃんを
     見つめるべるぴー・・・あぁ。

私も大学入学後程なく、バンド仲間だった友人を自殺で失った。
国立大に入り、音楽の道を志したとばかり思っていたのに・・・理由は「何のために、何をするために、大学なんか入ったのかわからなくなった」。

当時の私は、「そんなこと悩んで人は死んじゃうのか」・・・そう思った。
「死ぬほどのことかよ?」・・・とも思った。

でも今なら彼女の心のうちが、少しわかるような気がする。

正直、今私は、将来への前向きな夢やら希望やら、そんなものはカケラも持っていない。
いろいろあって、何年か前に全部捨てた。

生きたくても生きられない人がいるのに、惰性で生きているなんて“生への冒涜”というか・・実に罰当たりだと思う。
だから罪滅ぼしにドナーカードは全部丸付けて、あちこちに入れてある。(不良品ばかりかも・・)

生死について、あまり考えないようにしている。

「人間の目的は悟ることではありません。
 生きるんです。人間は動物なんですから。」

鬼才・岡本太郎氏の言。私の座右の銘。

あられ
     「なにカッコつけてんのさ。」
     前足のささくれで首を傷つけ、流血~!バンソコ貼ってみたw

今を生きる。何をするかは人それぞれ。とりあえず生きる。
人間なんて単なる哺乳類の一種。
いろいろ数えたい奴らには、数えさせておけばいい。



本日の「福」。
私ともあろうことが、今朝、資源回収(瓶、カン、ペットボトル)であることを忘れ、10時半過ぎにのらのら家を出たら山積みの収集品が!
あせったね~。ダッシュでもろもろ取り揃え、通りに出たら回収車が!
火事場の馬鹿力で袋3つ抱えて走った走った!・・・今そこにあった危機を脱した。今を生きたw
カン
最近話題のゼロ系ビールもどき。噂ほどに旨いとは思わなかったが。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

熱帯夜の怪。

この夏はテレビでホラー映画とか背筋が寒くなるようなドラマ、全然やってくれなくてつまんなかった。(なら借りて来いよ!ケチw)

京極夏彦氏のコワイ系シリーズは読み尽くしてしまい、今読んでるのは『ドスコイ』なんて超パロディだしw
ただ、笑いと涙をこらえての読書って、いい腹筋運動になりますな。

どすこい
     いわゆる“お笑い”では全く笑えないのに、ナンセンスもの
     にはめっぽう弱い。それぞれの題名だけでずっと笑ってたw

昨晩、ガラスカップの中で、箸で卵を溶きほぐしていた時のこと。

カタカタカタと軽やかに卵を溶く音・・・キッチンには私しかおらず、当然1人でやってるのに、なんかその音がハモッて聞こえる。
同じ音程、同じテンポ。
私が箸を止めると、もう一つの音も消える。

もう一度やってみる。カタカタカタ・・・。
・・・またハモる。止めるとハモりも止まる。
もう一度・・・ハモる。止まる。

去年、左耳の耳鳴りがひどくて耳鼻科で診てもらったんだけど、特に異常は無く、また違う異変が起きたのか・・・憂うつになった。

気を取り直して、もう一度カタカタカタ・・・再びハモ・・・ホ、ホラーだっ!!

と思った時、2m先にもう1人居ることに気づいた。

ぼっちさんじゃ~~~~ん!

ぼっち1
     「アンタがここに置いたくせにw」

ハモっていたのはぼっちさんだったのです。

数日前、ぼっちさんは“カ行”で笑うと書きましたが、卵を溶く音もなんとなく“カ行”。
おかげでかき混ぜすぎて、卵はすっかり泡だってしまいましたw

最近はすっかり「パブロフのカエル」になったぼっちさん、私が食卓に座ると(目の前にケースが。その向こうにだんなw)飛び出してきて、「僕にもワームちょうだい!」とビームを送ってきます。

ツノガエルと違って見た目はチョー地味だけど、なかなかどうして面白いヤツです♪

牡丹
     「負けてたまるかっ!」 張り合わんでもよろしいw

面白いといえば・・・イッチョ前の“男”になったアクロバット・ガエル牡丹、この頃は大分落ち着いて小さいながらも貫禄が出てきたのですが、その代わり、べるぴーが乱れ気味。
昼間、口半開きで恍惚状態でボーっとしていたかと思うと・・・

べるぴー1
     実は視線の先には牡丹が。食うチャンスを狙ってるのか?

夜になると、激しく乱れます。

べるぴー2
     立ち上がって横歩きw

べるぴー3
     何をアピールしているのか・・・。

そのすぐ横で、2匹が何をしていようが泰然自若なのは

もんちゃん
     もんちゃん。

日本の首相もかくあって欲しいものですw


では本日の「福」。
面白くて、毎日卵溶いちゃいそうだよ~。
ぼっち2
ぼっちさんから野性を奪ってしまったのかもしれないと思うと、ちょっと胸が痛みますが。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット

とんがりねずみ純愛中w

掘れ真下
ホレましたw

コマネチ
      オカマヒヨコのコマネチに♪

じゃなくて。

青木隆敏(あおきしげと)さま。

自慢じゃないけど、ワタクシ、他愛もないキャラクターや駄菓子には尻軽女の如く(実際に軽いがw)ホイホイはまっちゃうのですが、男に関してはきわめて“薄い”んです。
「冬ソナ」みたいな純愛や、えー・・・ナントカみたいな(例が思いつきません)熱愛って、ひいてしまうと言うか・・・。

かなり若かりし頃、「なんだよ、男なんか○×■$△☆◇%▼*じゃんか!」的経験をしてしまったがために、すっかり冷えた女になってしまいました。
元々面食いではないので、一目ぼれなんか一度も・・・あ。一度あるわ。
それ、まだ続いてます。

うまい棒
     日曜は急遽暇ができたので、三保の松原へ。
     “うまい棒”の明太子、売ってなかったー!サラミ味で我慢(泣)

小学3,4年の頃、友達の高校生の兄ちゃんが聴いていたKISSとDEEP PURPLEにガツンとやられ、ことにKISSのポール・スタンレー氏の目と尻に一目ぼれ(どんなガキじゃ)。
5年前、初めてポールの“生尻”を目前で見たときには、「あぁ私の舌がカエルみたいにびょ~~んと伸びて、ポールのお尻に吸着できればいいのに・・」などと不埒な思いを抱いたものですw

あぁお尻・・い、いや、ポール♪

ポール
     頭髪が年々増えていくのが謎w

余談はおいといて。

このたびホレた話。

先日、NHKのBSで夜中に「トーマの心臓」という舞台(2004年?)を放送しており、その原作漫画(萩尾望都作)を読んだ記憶があったので、普段舞台なんか観ないんだけど、なんとなく録画しておいたんです。

で、その主人公?ユーリ役の20代半ばと思われる男子が、私の鋼鉄のハートを鷲づかみ。

くり1
     さっさとう○こ。

くり2
     勝手に散歩。

ビビビ、ときたのはカーテンコールの時。
大写しになった出演者達の顔・・・みんな笑顔なのに彼は笑っていない。
なんというか・・・口元だけで薄笑い、でも目が笑ってない・・・ひんやり感の漂う笑み。

実は私、笑わない・・笑ってもニヤリ、みたいな男に魅かれるのです。
多分、高校以降、周りの男子はすべからく体育会、しかも猛者系(アメフトとか柔道とか)で、体はでかいわ声はでかいわ・・そんな連中ばかりなので、彼のような少々線の細い冷ややかなタイプに耐性がないのだと思います。

くり3
     おい、この暑いのにもうベルギーチョコかいなw
     毎年夏場はフルーツ系ソフトになるのに、チョコはくどいっ!

そんなこんなで・・・妄想純愛中のとんがりねずみでございますw

もしかしたら、猛暑による一過性の脳障害かもしれませんw


本日(日曜日の)の「福」。
久しぶりに海風にあたり、しばし心地よい夏を感じました・・・が、もう秋のはず・・・。
くり4
台風の影響か、うねりが入ってました。

テーマ:゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚ - ジャンル:恋愛

ミニミニガエルと頭キーンw

絶滅を危惧されるものあれば、新たに発見されるものあり。
生物の世界はまだまだ捨てたもんじゃありません。
また見つかりましたね、かわいいチビチビガエル♪

成体でも体長10数mmの豆粒くらいにしかならない新種のカエル(ヒメアマガエルの一種)がボルネオ島の森林地帯で見つかり、これはアジア、アフリカ、欧州のカエルの中では最小らしい。
こういうの探す学者さんって、すごい根性と言うか・・・この小さな生き物を広大な森林の中で“石をこすり合わせるような鋭い声”を頼りに発見したと言うのだから、その熱意と努力には脱帽。

親はウツボカヅラ(食虫植物)の一種に産卵し、オタマジャクシはそのつぼ型の「捕虫のう」の中にたまった水の中で過ごすんだって。
溶けちゃわないのか!?

しかし・・・世の中に「ケロケロ」と鳴くカエルがいかに少ないか、思い知らされる今日この頃w
アマガエルのほかに誰かいるんですか?

ウツボカヅラ
     ウツボカヅラの一種。この袋の中には消化液が入ってるのに
     虫は溶けて、オタマは元気なのか!?

カエル
     この小さいカエルの声を頼りにって・・・気が遠く
     なりそうな探索だわ。

さて、話は変わりますが・・・毎日掲載されている新聞の医療相談の欄に、目を見張るというか目が点になるというか・・あっけに取られる質問がありまして。
他にも同様の悩みを抱えている人がいると踏んで、掲載したのでしょうか?

「12歳の男児ですが、カキ氷を食べると頭がキーンとして頭痛がすると言いますが、薬を飲ませた方がいいでしょうか?」

・・・このお母さん、カキ氷食べたことないのかしら?
それとも氷食べても、キーンてしない体質なのかしら?

医者の回答は、簡単に言えば「ほっといて良い」的なことでしたw

くり1
     「コーラはベロがジ~~~ンとするけど、それが
      病み付きになるんだな♪」 犬にコーラはいけませんw

キーン・・・そういえばここ4,5年カキ氷食べてないや。
あれ、クーラーの効いた店内で食べると寒くなるから外で食べたいんだけど、露店のカキ氷って氷が粗くてじゃりじゃりしてるし、シロップ少ないし、おいしくないんだよねー。
おまけに、ストローの先を切り開いたヘンなスプーンでさ、食べにくいったらありゃしない。

くり2
     「アイスのカップはもっと浅くしてほしいなぁ。
      これ、舐めにくくて・・・」 舐めなくてもよろしいw

カキ氷の場合は、舌で感じた寒冷刺激が脳に伝わり、キーンと痛いように感じるんだろうけど、他にも飲食物に含まれる物質が原因で起こる頭痛があるそうですよ。

おなじみなのは、アルコールによる二日酔い。
それに、亜硝酸塩(ソーセージやハムに入ってる?)による“ホットドッグ頭痛”。
さらに、グルタミン酸による“中華料理症候群”。
でもさ、グルタミン酸って旨味を出すアミノ酸だし、和食にも当然含まれているはずだけど・・・なんで中華?化学調味料使いすぎか!?

そんなもんでいちいち頭痛くなっていたらかなわんなー。

アメリカのホットドッグ大食い(早食い?)大会の出場者って、みんな頭痛くなるのだろうか?

くり3
     「何か食べ物入ってないかなぁ・・」
     この犬の脳は“食欲中枢”が90%を占めますw


本日の「福」。
すごい久しぶりに達成感!
ボールペン1本使い切り。
ボールペン
最近のもらい物のボールペンって、大抵中国製で、絶対途中で出なくなる!あれ、チョームカつくわ。
これは国産です。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

政治より国技より、ぼっちさんがGOOD!

いよいよ民主党代表選とあいなりましたが・・・なんかもう政治そっちのけの“大将の座”争い・・・アホくさw

幕末とも世紀末とも違う、日本政界の末期のような様相。

トロイカだかスルメイカだか知らないけど、私にゃ年とって売り物にならなくなったタコが3匹で雁首並べて“ずいずいずっころばし”(知ってる?)でもやってるように見えますがw

トロイカ
     ロシアのトロイカ。
     3頭立ての馬ぞりで、夏は馬車になるらしい。古馬3頭じゃ・・ね。

仲裁に入ったという鳩山さん、何か勘違いしてねぇ?
彼は菅氏とは盟友だそうで、しかも首相辞任する時、小沢も道連れにして菅氏に委ねたのに、それがどうよ。
「小沢氏には、私がお願いして民主党に入っていただいた“恩”があるので、それに報いることが“大義”ですから。」というようなことをのたまっておりましたが・・・。

“報恩”“大義”・・・武士かw
見当違いも甚だしい。
党内で恩を着せあってて、民主的な政治ができるんですかね?

そもそもあれだけ考え方に隔たりがある菅氏と小沢氏が同じ党に属していること自体、おかしな話だわ。

もんちゃん
     「今までは与党に反論すると言う大義で団結してい
      ただけである。」 いつもクールに平たいもんちゃん。

おかしいと言えば、相撲界もまたまたヘンテコなことを考えましたねぇ。

情報伝達をスムーズにするために、親方衆や床山やらにi Padを配布するという。
なんでi Padよ? 別に「携帯電話の常時所持」で済むことじゃないの?
i Pad何台も買うお金があっていいですねぇ。ごっちゃんですw

んでもって、国技館には監視カメラを設置して、暴力団締め出しの一助にするとか。
カメラで暴力団員を識別できるんですか?

そういう人だって、Gパンにポロシャツ姿ならフツーの人に見えるし、フツーの人だってソレっぽいファッションが好みの人もいるわけだし・・・なんだかなー・・・安直極まりないw

べるぴー
     そんなに丸くなって、何のまねですか?
     「深呼吸とストレッチですw」

国政も国技も・・なんだかズレまくっているような気がするのは、私だけですかね?



国政より国技より国産ガエルだわっ!
本日の「福」。
ヌマガエルのぼっちさんが鳴いた~~~~♪
ぼっち
(これはもうかなりしぼんでしまった喉)
2週間くらい前から、夜時々「ケケケケケ」とか「カカカカカ」とか“カ行”で笑うような妙な声・・というより音が聞こえたんだけど、今日、確かに鳴いている現場を確認!
少し黒っぽくなった喉をパンパンに膨らませて笑っていた(!?)のは、まぎれもなくぼっちさんでした。

でも、カエルになってまだ1ヵ月半そこそこ。もう鳴いちゃうのね~。早熟w
ツノガエルの牡丹なんか、鳴くまでに1年4ヶ月もかかったのに。
牡丹
「悪かったな。大器晩成型なんだ♪」

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。