一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘却の彼方へ・・・w

師走の声(「働け~~!掃除しろ~~!」と・・)を聞くと、鬱の声(「いやだぁ~~!何にもしたくない~~!」と・・)が後を追うように、日増しに大きく聞こえるようになります。
こだまでしょうか・・・いや、言ってることが違うので幻聴でしょうか・・・w

師走と言えば、忘年会。
私は基本的に群れるのが苦手なのと、結婚前にほぼ「Everyday drink!」な生活だったので、今さらもうたくさん・・って感じもあり。

でも“忘年会”って、どうも本来とは違った意味で使われるようになったみたいですね。
「忘年」って「年(1年)を忘れる」んじゃなくて、本来は「年齢を忘れる」って意味だったそうで。

で、この「忘」っていう字の「亡」は、手足を折り曲げた使者の骨の形で、「亡くなった人」って意味。
それに「心」を加えて「忘れる」となったようです。

師走の幻聴を忘れたいので、ちょっくら秋の行楽に行ってきました。

パーク1
     毎年恒例、山梨県の富士川クラフトパーク。

ここ、自然を生かして、良く手入れされたとてもいい公園(道の駅でもある)なのに・・・

パーク2
     午前11時前・・閑散・・w(午後もあまり変わらず)

今年はちょっと時期が遅かったため、見事な黄色のじゅうたん=ポプラの落ち葉はすっかり掃除されてしまっており、どんぐりも全然落ちてない~(泣)

パーク3
     「落ち葉が少ない~~~!!」
     くりは枯葉の中でがさがさ駆け回るのが大好き。

花粉
     落ち葉はないが、スギ花粉予備軍はいっぱい・・・恐w

パーク4 
     「おまけに飯時にこんなもの付けやがって・・」
     サングラス着用でも、果敢に海苔に挑むw

この時期になると、決算間近でもないのに気分的に「忙しい」のですが、実際特に(するべきことは山ほどあるが)何をするでもなく・・・。
そして、この「忙」と言う字は、もとは「忙しい」ではなく「茫然」と同じで、心の中がぼんやりして間の抜けたさまを表したそうです。
まぁ忙しすぎてもぼんやりしますが・・・。

パーク5
     日本庭園はまさに秋の風情。ここも無人w

パーク8
     市街地ではこんなきれいな赤にはならないね。

さらに、私の大好きな「妄想」の「妄」も、「亡」を含むのですが、これは「みだりに」とか「偽り」の意味で、荒野に捨てられた亡者=死体の怨みの霊を恐れる字なのだとか。
本来の意味を知ったら、いっそう「妄想(ありえないことをみだりに想像すること)」が楽しく思えてきました。
私もいよいよヤバいでしょうかww
ぐふふふふ・・・

あ、肝心の「忘」ですが、この本来の意味は「意識に存在しない」ことです。
これを見事に体現、実践している我が亭主。

家事の手伝いとか、心遣いとかいった、私の師走の幻聴退治を助けてくれるようなことは一切なく・・・何を言われても(言わなくても)、自分の関心事以外、Almost「忘」!

パーク6
     ここへ来るのはこの並木の紅葉を見るのが主目的。
     でも年々紅葉具合が不揃いになっていく。

パーク7
     もうちょっと赤くなります。
     ヒマラヤ杉だと思い込んでいたけど、メタセコイヤだと判明w

あ・・・また幻聴が・・・
“年末うつ”の季節到来ww



・・・おや?

何か

また・・・何か通りましたかね?



本日(この日)の「福」。
いろいろ忘れて秋を満喫。
パーク9
拭くべき床や窓も、料理すべきキッチンもない・・・あぁサイコー♪
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

自分が幸福ならいいのだ♪

人間って、いつから物事を数字や順位で表すのが好きになったのかしらねぇ?

先日、ちらっと新聞に載っていただけでも、初めて聞くようなランキングがいくつかあった。

イギリスの社会心理学者エイドリアン・ホワイト教授が作った「世界幸福地図」なんてのがある。
これによれば、1位はデンマーク、次いでスイス、オーストリア、アイスランド、バハマ、ブータンは8位。
ちなみに米国は23位、中国82位、日本は90位だそうな。
この幸福度は、健康・富・教育から求められるんですと。

くり
     「しあわせ~~~♪」

ブータンは面積は九州くらいで、人口は70万人(静岡市と同じ)、医療・教育は無料で、国民の約97%が幸せ♪と答えるけど、彼らの指標「国民総幸福量(GNH)」には“富”という項目はない。
それでも8位って・・・すごいな。日本は何なの?って感じ。

我々におなじみなのは、金銭的・物理的豊かさを示す「国民総生産(GNP)」だが、ノーベル賞経済学者のセン教授(インド人)が提唱する“人間の潜在能力アプローチ”を加味した「人間開発指数(HDI)」なんてのも、最近は用いられるらしい。
これによると、1位はノルウェー、次いでオーストラリア、オランダ、米国、ニュージーランドで、日本は12位。
で、ブータンはというと、187ヵ国中141位!

これは健康・教育面に、所得を加味しているから。
それでもGNPよりは精神面が考慮されているんですと。そうは思えないが・・w
でも、所得が幸福と全然関係ないって・・・ブータン国民は幸せのマインドコントロールを受けてるのだろうか・・・なら世界中そうすればいいのに。

べるぴー
     「しあわせ~~~♪」

そもそも人間の幸福度を比較することに、何か意味があるのかしらねぇ?

サミュエルソン教授が提唱する「幸福の方程式」ってのがあるそうだ。
H(幸福)=I(所得)/D(欲望)
幸福は所得を欲望で割った値ってこと。
つまり、いかに高所得でも、欲望が大きければ幸福感は低くなるわけだ。

ある人が言っているように「近代文明は確かに人類に高い所得を与えることに成功した。だが、その欲望をコントロールする術を与えなかった。」
同感だ。なんか、アダムとイヴの話みたい。

いもり
     「しあわせ~~~♪」

いろいろ文句ばかり垂れている私だが、この方程式で計算すると、幸福度は結構高いかも。

こんな風にぐーたら寝てばかりいるヒトたちを見ているだけで、かなり満たされるのだから。

ツイ
     ツイは昼間はもっぱらヒーターも敷いてない水苔の中で
     グースカピー。メタボは暑がりなのか?

アラ
     アラは日がな1日、この狭苦しい中に。
     ここ、本来は水を入れる場所なんだけどねぇ・・。

ローズ
     ローズもここがお好き。この子はおなかがデリケートで、
     毎日餌をやるとたまに吐き戻すのよねぇ。草食系男子?

あーーーーー幸せ♪

ん?

何か

今、何か・・通りましたか?



では本日の「福」。
あー床ワックスかけたぞー!
これで大掃除終わったも同然(と思いたい・・・)。
ワックス
しかし、正確に言うと、年々頻度は減り、やり方は雑になり・・・今年は単にほこりと汚れをワックスで塗り固めただけって感じ・・・w
有効期間6か月なんだけど・・・どんどん伸びて(勝手に伸ばして)1年になってしまった(汗)
肩腰ゴリゴリなので、今日は指圧へ行く~♪

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

偉そうに述べますが、私はただの“穀潰し”w

またややこしい話題になりますw

ブータンの(アントニオ猪木似の)イケメン国王夫妻が帰国なさいました。
若くてきれいではつらつとしたお二人を見ていると、新婚当時の皇太子ご夫妻のようで・・・なんだか現状を思うと、ちょっと・・・何とも言えない気持ちになりました。

ブータンでは国のありようをGDPだの失業率だの専門的で気がめいるような数値ではなく、“幸福度”で表すとか。
何とも分かりやすく、公平な評価方法だと羨ましく思います。

仏画
     仏教美術にハマった時代もあったぜw
     これはチベットの修行僧が書いた普賢菩薩。5000円w

経済が成長したところで、その恩恵にあやかれない人々は多く、求人広告は結構たくさん出ているのに「そんな仕事はイヤ!」な人も多く、高学歴でもそれなりの職には就けず、人々は常に不平不満を抱え・・・なんだか矛盾だらけの先進国。

くり1
     「変身・・穀・・?」(寝起きw)

くり2
     「何の話・・う~~~~~ん・・」(伸びw)    

ところが、経済的先進国には含まれないであろうブータンの国王夫妻を見ていても、ブータンが先端技術とは無縁で貧しいようには思えないし、幸福度世界一というのも「さばを読んでいる」とは思えない。
人間、やはり“心のありよう”がすべてを変えるのだろう。
幸・不幸も、満足・不満足も、みなその人の気持ち次第。

ブータンは敬虔な仏教徒の国だけど、信仰がよりどころになる国には必ずといっていいほど存在する狂信的、あるいは原理主義といった極端な人間がいないんでしょうね。
仏教には“中道”という考え方がある。

くり3
     「ふわ~~~~っ」失礼な奴だな!まじめな話だ。

くり4
     「アクセスが減るような話か・・」す、するどいな・・。

まぁ宗教心が希薄で、八百万の神々でもイエス様でもマリア様でもお釈迦様でもガネーシャ様(ヒンズー教のゾウの姿の神様)でも(さすがにアラーは・・w)、楽しいイベントのみ大歓迎で便利大好きな日本人に、ブータン国民のような暮らしをせよ、と言っても無理な相談w
日本人は先進国の「前進するしかない」という哀しい定めに従って、カツカツ生きるしかないのだ。

それならそれで、徹底的に突き進めばいいのに・・・変なところで及び腰になるのが日本w

くり5
     「う~~~~ん・・」また伸び?失礼ね!
     (この後またあくびしたw)

故・小渕総理は「創造的な中小企業やベンチャーの育成は日本経済の再生につながる」と、所信表明演説で述べた。
起業により、新ビジネスや雇用が生まれ、結果として経済が成長する・・・これは誰もがわかる論理。

そして、それに不可欠なベンチャースピリット(起業家精神)が日本には決定的に欠けていることも、けっこう明白な事実なのでは?
近年は、海外留学を望む野心ある学生が激減しているとか・・・お先真っ暗w

企業経済研究所長の磯辺剛彦氏が、13年前に英米の研究家たちと“起業家精神の国際比較”プロジェクトを立ち上げ、各国の起業家精神を数値化したそうだ。
明らかになったのは、「起業家精神が活発な国ほど経済成長が高くなる」・・・まぁ当然だわなw

くり6
     「まだ書くの・・・?」 うるさいっ!

問題は・・・この調査で、日本の起業家精神は世界で最低だったということ。

この精神が旺盛な国の特徴は
1.移民の比率が高い
2.所得税率が低い
3.女性の社会的地位が高い
4.所得格差が大きい
5.小学校から経済について学ばせる

4はともかく、たしかに日本社会とは対極的な特徴ばかりで・・・やれやれ。

伝統を守ること、国風を大切にすることは重要だけど、そこに固執するとやはり資本主義先進国の中では置いてけぼりを食うのだ。

くり7
     「ねぇ、まだ書くの?」 く、くどいっ!

日本はこれまでの伝統的価値観ややり方を重視すべきなのか、それとも価値観や慣習を思いきって変え起業家精神を育む国をめざすのか・・・TPP問題に直面している今が、その分岐点であり決断の時なのかもしれない。

・・・なんだか偉そうに述べてしまった・・・私は起業もしなけりゃ就職する気さえないのに(笑)

くり8
     「ZZZZZZ・・・」 やな奴w


本日の「福」。
毎回ヨガあの先生に「足が冷たすぎる!5本指ソックス履きなさい!」と言われるのだが、そんな七面倒臭いモノ冗談じゃない。
でも靴下重ね履きなら妥協できる。
そこで、究極の相殺案として
ソックス
5本指だけど半分だけ、ってなシロモノを見つけた。
これなら履くのも楽だし、分厚くなくて違和感が少ない。(もちろん上にもう1枚ソックス履きます)
興味ある方はこちらをどうぞ 
http://www.orbis.co.jp/small/3702100/

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

交渉の場で、尋常に勝負しろ!

世論を二分するというのは、まさにこのことか・・って感じのTPP(環太平洋経済連携協定)問題。

ま、どうせ私一人が何考えたって、どーにもならないんで傍観・・・どころか、新聞やテレビの報道にも関心がわきませんが。

ただ、某東大教授が言っているように、「日本は単独では生きていけない」、これを忘れている、あるいはそうは思っていない人々が結構いることは確かなようですね。
日本が独立独歩でやっていけるなどと思うのは、壮大なる妄想だ!

アラ
     「言い切りましたね?」
     ええ、言い切りましたとも!

3・11の震災直後も、報道されていたのは被災者の暮らしぶりや日本人ボランティアのことばかりで、外国部隊のスーパーマン的活躍は全然報じられなかった・・・これって、実に失礼な話じゃない?

被災地への物資輸送で大活躍していたのはオーストラリアの軍事用輸送機で、オーストラリアは手持ちの輸送機3機をすべて日本へ貸してくれたそうだ。
そんな話、聞いてないぞ。

そして地震と津波で崩壊状態だった仙台空港、陸路からの輸送は極めて困難だったのに、ある晩、米軍輸送機がそこへ強行着陸し、重機をおろして一晩で空港を利用可能な状態にしてしまったという。
これは戦地で実際に難しい離着陸を経験している米軍だからできる芸当であり、日本の航空会社や自衛隊ではムリムリw(できるんならやってただろうに)

そう・・・日本の自衛隊だけじゃ、復興はもっともっと遅れていたってわけだ。

ローズ
     「父ちゃんの机の上にも米軍の援助が必要だと思う」
     あと2億円あれば、片づけに来てくれるかしら?
     暗闇だと赤目がかわいいローズor薔薇男(決めかねてる)

価値観の差こそあれど、民主主義という大きな共通概念をもつ国々とうまくやっていかなければ、日本なんか、ある意味まったく無力なんだと思う。

軍事はさておき、経済では強国だった日本も、いまやかなりお寒い状況。
温暖化は気温だけで、経済は冷え込む一方。氷河期も近い?

TPP交渉への参加にやみくもに反対する人たちの気が知れない。
この交渉に参加すれば、日本の従来のやり方はことごとく否定されてアメリカの良い様にされ、やがては属国化されてしまうかのような、被害妄想的推論に凝り固まっている!

大体、本当に優れた制度なら、他国がそれを取り入れる可能性だってあるわけだし、とにもかくにも話し合ってみなければ、何がどう転ぶかもわからないではないか。

くり
     毎晩ローズの家をノックするくり。ここにいると、
     何かもらえると思っているらしい。
     コオロギかシルクワーム、食べてみるか?

主にTPP反対派が多い農業・医療分野・・・これって、日本のそれらに関する制度には問題ないって言えるの?
農家を守るという建前で既得権益に固執する農協やら、とにかく新薬の認可が遅く、規制でがんじがらめの医療制度・・・一般の日本人の中にだって、そういった制度に疑問を抱く人も少なくはないはず。

反対する人々は、日本の良いところが崩されるのを懸念しているのではなく、既得権益を失うのを恐れているように思えてならないのだが・・・。

ここで堂々と参加国とわたり合わなければ、日本はいっそう矮小な国として相手にされなくなりそうで、そっちの方が不安だ。

アマガエル1
     「私は年々エサが減っていくのが不安です・・」
     数年ぶりに見た“野良アマガエル”。小学校の手洗い場にて。

アマガエル2
     あまりに小さく、あまりに儚げで・・・
     いじらしくて、見ていると泣けてくるわ~・・

最近・・・日本って心底外国から「尊敬されている国」なのかどうか、疑わしくなってきた。
“逃げ腰JAPAN”にだけはなってほしくないぞ!
サムライなら、ちゃんと出るところへ出て勝負しろ!
・・・え?公家JAPAN?・・・そうなると、どうなるんだ?



では本日の「福」。
コンタクト洗浄液を買ったらおまけにくれたこれ。
レンズ着用前にレンズに1滴落とすだけで、スーッとした感じで、心なしか乾燥感も減ったような気がする。
目薬
私のコンタクト、なにしろ使い捨てじゃないので(使い捨てのは私にあう度数がないのだ~。医療用レンズは厚すぎるらしい)最低3年は大事に使わなければいけないため、日々のお手入れと目の保護は重要案件w

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

“売り場”と“お買い場”。

前々回の顔つきソックス、前回の餃子ティッシュの他にも落ち着かないものがまだありました。

キルト
     先日作ったパソコンカバー。

ハート・・・この私がハート柄・・・それだけでも壮大な違和感なのに、これまた気の迷いで買ってしまったあらかじめハート形にカットされているアメリカンコットンのセット。
届いたものをしみじみ眺め、改めて己というものがわからなくなりました。

こんなものはさっさと使ってしまおうと思い、適当に配置してアップリケしただけなのに、これだけの“落ち着かなさ”をかもし出すハートハートハート・・・恐るべしww
赤系と黒系のハートは除外しておいてよかった。
ここに、さらに赤と黒が加わったら・・・発狂ww

牡丹
     「赤と黒系ですいませんねぇ」
     若干明るい表情が戻ってきた牡丹。カエル本来の鳴き声も
     披露するようになりました♪早く治れ~~!

通販でモノを買うと、画面やパンフレットで見たのとはかなり印象が違うブツが届いたりするので、これは一種の賭けです。
でも通販の方が品数も多いし、安いし、楽ちんだし、いろんなポイントも付くしww

買い物と言えば、私、デパートでもスーパーでもバイトしたことがあるのですが、どちらでも一般に商品を陳列してある場所は“売り場”と呼ばれます。

それが最近では、“お買い場”と呼ぶ店が増えているそうで。

もんちゃん1
     「お狩り場ではないのですか?」
     それは・・・万引きとか皇室の方専用の場かとw

“売り場”は売る側から見た定義で、売り手にとって仕事がしやすい。
同じアイテムの商品を集中的に陳列すれば、販売員は特定ジャンルの商品知識だけで接客できるし、在庫の管理も容易で、メーカーが「今これが流行りです」と勧めるものを並べておけばOKだった。

が、“お買い場”は、お客にとって便利でなければならない場所。
たとえば、客が婦人服売り場で持参したスカートを取り出し、「これに合うジャケットと靴とバッグを探してほしい」と言う・・・こうなると、客は靴売り場、バッグ売り場とたらい回しされる羽目に。

もんちゃん2
     「僕のお狩場にも、砂肝、ハツ、マウス、魚など
      各種取り揃えてもらえるとありがたいですね」
     あなたのお狩場は新聞紙の上ですからねぇ・・・。

まぁ私なんぞから見たら、「そんな人、信じられん・・」だが。
店に入っても、呼びもしないのに店員が近づいて来たり、さらには「何かお探しですか?」などと声をかけようものなら、絶対に即店を出る主義。
ウザいんだよ~!ほっとけ!って感じw

デパートのオバチャン店員ってのは、とかく客に付きまとわりたがる。
なんでかね、あれは?売り上げが給料に反映するから?
以前店員がうるさいので、「一人で見させてくれませんか?」って言ってやったら、3mくらい離れてずっと無言で付いて来た!その店には二度と行く気になれん。

年配の方がデパートの売り子に相談しているのはよく見かけるけど・・・この超高齢化社会、お客様に手取り足取りのサービスやアドバイスも必要とされるようになるのかしらね~・・・。

もんちゃん3
     「飲み込みやすいように一口大に切ってくれるサービス
      くらいほしいですよ」あんたの一口は鶏卵くらいだろが。

先日、1年ぶりくらいに昼間のデパートへ行ったけど、否応なしに「高齢化の波」を痛感させられた。
オサレなオーガニックフード・カフェに、ビニールの買い物袋やエコバッグをいっぱい下げたオバ(ァ)チャン軍団がのしのし入ってくる・・・w

健康志向のオサレなカフェでも、ランチメニューに“しらす丼”とか“まぐろ丼”はやめた方がいいと思うなぁ・・・まぁ集客のためには仕方ない?
年齢性別問わず誰でも気さくに入れるカフェと、雰囲気や客層を重視する(敷居が高そうな)カフェ・・・これは立地で決まるのかしらね?

もんちゃん4
     「ごっく・・・・んww」
     やれやれ、ここまで5分くらいかかりましたかね。

まぁ“ユニバーサル○○”って言葉が一般化してきた今日この頃・・・「誰にでも優しいお店」であることが重要なのかな、やっぱ。
でも、サービスに関しては「人を見て」決めてほしいね、手助けするかほっとくか。


本日の「福」。
一昨年「鉄欠乏性貧血」と言われて以来はまっている“食べる煮干し”。
こんな深海魚みたいのがいた~~~!!
にぼし
普通の顔したイワシより、パワーがありそうな気がする(笑)
これ見つけてから、いちいち煮干しの顔を見て食べるようになったよ。暇人すぎ?

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

菊花展リベンジ。

前記事の顔つきソックス同様、なんだか身に着けていると落ち着かないもの。

ティッシュ1
     スーパーでもらったポケットティッシュ。

ティッシュ2
     裏面もしつこくギョーザw

これをバッグやポケットに入れていると、ニンニクのにおいを振りまきそうで落ち着きません。
ニンニク嫌いのせいもありますが・・・やだなぁ、においそうなティッシュw
くりのウ○コでも拾うか・・・。

さて、一日中雨降りだった金曜日にはインフルエンザの予防接種も済ませたことだし、土曜日は元気よくいつもの河川敷でいつものように

くり1
     海苔を狙う。

しかし、この日はくりの走る意欲をそぐような“不測の事態”が待っていたのであった。

くり2
     「こ、こんなもの・・・」

くりももう10歳、白内障予防(すでになってるけど)には何よりも紫外線ケア=サングラス。
以前4000円も出して買ったのはだんなが紛失しやがった(どうせ嫌がってろくに使わなかったけど)!
また買っても「くりは地蔵になるだけだ」と私が止めるのも聞かず、また買いやがった。

くり3
     ほめてもなだめてもお菓子でつっても・・・

くり4
     やっぱり地蔵化ww てこでも動きません。

さて、今日はまた近くで菊花展をやっていたので、前回、菊川でジジィにコケにされたリベンジに(?)また見に行きました。

今回の会場は藤枝市の田中城跡で、池や茶室もあり、全体の雰囲気もなかなかよいし、主催が藤枝市菊花会でSBS(地元テレビ局)の後援もあるので、作品もみごたえがありました。
お客の入りもまぁまぁだし、クソジジィもいないしw

菊1
     菊はみごとですが、鉢が・・・最近は洋風のが流行りのようだ。

菊2
     「カレー饅菊」

クモ   
     この珍しいクモはどなたでしょう?胴長2㎝ほどでほわほわうぶ毛が生えてる。
     先日、映画『シャーロットのおくりもの』を見て以来、すっかりクモのとりこ♪

菊3   
     「私が一緒に写る必要はないかと・・・」

蝶
     私が好きなセセリチョウ。蛾だと誤解されがちで。

菊4
     余興。扇菊と犬と黒子w

ほんとは城跡内は犬NGだったみたい(たぶん主催者は気付いてない)だけど、気が付けばくりを囲んで菊花会のジジババとおしゃべりの輪が。
くりは「かわいい」と言ってくれる人には、それなりの顔をする。
足を高々と上げてシッコするくせに、そういう時だけ女になるのだ。

おまけに「やっぱ飼い主さん(私よ!)がかわいいと、犬もかわいくなるのねぇ」などと、本心どうかは定かでないが、女心をくすぐるおべんちゃらにのせられて、ついつい菊2鉢も買っちゃったわよっ!

菊川のクソジジィに育て方を聞いたら、「あーーー、素人には無理無理無理!」とにべもなくあしらわれたのに、ここのじいちゃんは「あ~、こんなもんはちょちょっと水やって、花が終わったら切って、そこらの土に挿しときゃどんどん増えるで。
な~~んもせんでいいで、横着もんにはピッタリじゃ」

菊5
     「やっぱ、おか~さんからは横着者のオーラが出て
      るんだ・・。私もテキトーに育てられたし・・」

こういうじいちゃんには長生きしてもらいたいわ♪
私、生まれた時から祖父ちゃんっ子だったせいか、どーもじいちゃんと話をするのが好きで(笑)
おまけに、大学時代に飲み屋(カウンターのみの一杯飲み屋)でバイトしてた時も、私の固定客はみんな老人ww なんでだ?


では本日の「福」。
ピンクの菊が300円、咲いてない盆栽用の菊が100円~♪
「盆栽用のなんてちゃんと咲く?」って聞いたら、「適当に水やってりゃ、それなりに咲くよ」ということで。
菊6
「それなり」・・・上等じゃねぇかw

テーマ:日記 - ジャンル:日記

話の主旨がわかりませんw

注:本日キモ画像あります。


通常、ソックスはもっぱら無地、柄物ならせいぜいストライプくらいな私ですが、ちょっとした気の迷いでこんなものを

ソックス1
     ウサビッチ(プーチン)のソックス。

ソックス2
     3足500円のフリース製ルームシューズ。

なんというか・・・イジョーに落ち着きません。
足だけ別の生き物になって呼吸し、行動しようとしているかのような錯覚に陥ります。

ソックス3
     裏にはキノコまでww

やはりソックスに目があったりキノコが生えているのは息苦しいです。


さて、10月初めから後足が腫れてしまい、イソジン消毒を続けているベルツノガエルの牡丹ですが・・・脚の腫れは完全に引いたものの、おできみたいなプヨプヨした腫れ物が1つ治ると1つでき、はかばかしくありません。

牡丹1
     水疱がはぜると赤く肉?が露出し・・。

本人もこうしている方が傷口が早く治ると思っているのか

牡丹2
     このところ、裏返し生活w ま、以前もやってたけど。

そうかといって弱ってきている風でもなく、食欲ガッツリ、出すモノもなかなか良い出来栄えで。

牡丹3
     お目汚しで申し訳ございません。
     この姿勢でよく力が入るなぁ・・。感心w

毎日欠かさず消毒しているのですが、やはり抗生物質とかが必要なのでしょうか・・・。
これ、いわゆる“とびひ”に似ているんですよ。水疱性の出来物が次々に・・・で、イソジンの効能書きには「とびひ」とあるので、もう少し続けてみます。

カエル介護も楽じゃないw

介護と言えば、人間とその他の動物を区別する大きな特徴として、「他者の世話(介護など)をするか否か」ということがあるそうです。
動物は一般に、成長期は親が子の面倒を見るけど、ある程度成長するとお互いに手助けはしない。

人間以外の霊長類で、歯を失うことはかなり生存の危機に瀕するわけで。
でもフランスで発見された20万年前のネアンデルタール人は、一緒に住む高齢者に食料を与えていた可能性があるそうです。(全歯を失った40~50代の人骨が見つかっている)

ツイ
     「ネアンデルタール人の洞窟より散らかっている・・」
     注:私の机ではありません。

グリム童話って、私、まだ読んだことないんですけど・・・童話なのに、日本人的童話観をぶっ飛ばすような話があります。
『寿命』という話。

神様はロバ、犬、サルにそれぞれ12年、18年、20年、人間には70年の寿命を与えた。
その老いる過程は、歯がなくなり、耳が聞こえなくなり、やがてよだれを垂らして認知症になる・・と、しっかり書かれているらしい。

昔の日本の童話『猿蟹合戦』や『かちかち山』なんかは、出会い系の口説き文句やオレオレ詐欺に気をつけろよ的含蓄があったように思うのですが・・・最近作られる童話はどうなんでしょうね?
夢だの希望だのきれいごとばかり並べて、この世の現実を子供には教えたくないみたいなところがあるんじゃないのかしら・・。

しかしまぁ、そういう警告を含む童話を子供や孫に読み聞かせていた世代が、コロッとだまされたり、いとも簡単にオイシイ話にのってしまうとは・・・人間は他者の介護はできても、動物みたいに一度覚えたこと(犬のおしっこポイントみたいな)をずーっと記憶しておくことはできないのかしらね?

グリム童話の「耳が聞こえなくなり」と「よだれを垂らし・・」の間に「もの忘れが激しくなり」を入れた方がいいかも。

べるぴー
     「今日は何の話だ??」

・・・カエルの介護には根気がいる、という話でしたww
老化の過程には、「話がすぐに本筋からそれる」というのもあるような・・・。


では本日の「福」。
鉢植えの放置プレイ山茶花が、今年も勝手に咲いてくれました。
赤いのはもっと寒くならないと咲かないね。
さざんか

山茶花も咲いてるのに・・・なぜかまだノキシノブが青い葉をつけている~!
ノキシノブ
これ、下に風鈴ぶら下げたりして、夏の風物詩って感じなんだけど・・。
季節がごちゃまぜww (バラのアーチの下にノキシノブぶら下げるのも、和洋ごちゃませだ・・)

テーマ:かえる - ジャンル:ペット

マンネリ化に菊を添えるw

休日の日記、特に気温が低い日の日記は、マンネリ感で満たされています。
我ながら「・・・ww」な気分になるほどマンネリネリネリでw

だって、犬が

くり1
     おにぎりの海苔を狙っているか

くり2
     狙っているか Again

くり3  
     肉球とケツの穴見せて走っているか
 
くり4   
     走っているか Again

くり5
     真面目な顔して走っているか

くり6
     これは特異な例。
     モグラのおかげで珍しい光景。土の下は穴だ~。

ふくれっ子
     これは今私がはまっているモノ。

くり7
     花と一緒にどんよりしているか

くり8
     どんよりしているか Again

いつもこればっかりww

文化の日は公園行った後、菊川市役所で菊花展やっているっていうんで、ふらっと寄ってみたのですが・・・車は役所に置いていいっていうけど、肝心の菊はどこよ?・・・と思ったら、100mほど離れたち~~~さな公園でなにやら・・・

菊花展
     これか?

菊
     カレー饅菊(勝手に命名)。花の大きさ、そろえなさいよ。

会議用机に並べられた鉢の数も少ないけど、客はゼロ、おまけに肝心の菊の出来栄えが今三w
近くの神社でやっているもっと見事な菊花展を見慣れているせいか、どう見てもド素人作品。(まぁまぁなのも数点)

で、“番人”のじいちゃんに販売用の菊盆栽について、「これ、来年もうまく咲くかな?」って聞いたら
「あ~~~無理無理無理!咲かない咲かない!

・・・おい。売る気はないのかよ?
私 「なんでよ!?」
じいちゃん「素人には無理無理!どこ切っていいかもわからんじゃろが。
      この菊を作った衆は1年かけて勉強したんだから」
私(内心=なんだ、たった1年かよ。だからこの程度なんだな、けっw)
  「でもそこらの店で菊の苗売ってるじゃん」
じいちゃん「そんなこたぁおら知らねぇ」
私 「じゃあ育て方教えてよ」
じいちゃん「おりゃ、わからん」

・・・なに、この会話ww
見物客は我々以外に2~3名いたが、背後から失笑ともいえるくすくす笑いがw

いくら素人には無理だからって、菊よりパンジーをどっさり売ってるって何なのさ!?
だったらもっと上手な作品を展示しろよ、じいさん!
サイテー育て方くらい、客に説明できるよう勉強しとけ!

くそー・・・私もなめられたもんだ・・・がーーーーっ!!

ま、この程度の会話には慣れてるんでな。(対戦相手は父)
こんなじじい、たいしたこたぁない。・・が、しゃらくせぇじじいだ!(向こうは私をしゃらくせぇと思ってるだろう)
もうちょっと食い下がってやりたかったが、こんなところでじいさんとやりあって何になる?
と思ったら、じじい、そっぽ向いて、ほかの客に「今日は朝からよく売れてな~♪」だって!キーーーッ!!

さて、こんなことで無駄なエネルギー使ってる場合じゃございません。
先日、新聞に載っていた2011年度の“新聞広告クリエーティブコンテスト”の結果、なかなか私のツボにはまるものがありました。

最優秀賞。
ポスター1
     何の意味か、私にはわかりかねますw
     イノシシかクマの子が応募したのか?

優秀賞。
ポスター2
     下に小さく「仕事には、誰かを幸せにする力がある。」と。
     「食い物のため、だけ」な犬を見て、落ち込む飼い主・・・。

ポスター3
     「ゴールか通過点か」
     今の己を見つめ直すよう示唆してるのか?

でも私の一押しはコピー賞のこれ!

ポスター4

私もエライ人になれそうな気がしてきた!


では本日の「福」
冠婚葬祭にはなるべく金を使いたくないので・・・
バッグ
ホームセンターの特設バッグ1000円均一会場で、葬式用バッグをお買い上げ~♪
結婚した時母が持たせてくれたエナメルのフォーマルバッグを何年振りかに開けてみたら、エナメルがバリバリはがれてしまったw
革製品はこまめに手入れするか、使っていないとすぐ劣化する。
実は黒い革パンプスも、この前の法事で履いたら、靴の内側の革がぼろぼろ粉になって・・なので、合皮のに買い替えた。
ったく・・・めったに使わないんだから、葬式=喪服って制度、やめてほしいわ。気持ちの問題でしょ~?
私の葬式(やるつもりないけど)には、ジャージ、クロックス履き、ビキニ、素っ裸、なんでも良しとします。ふるってご参加ください。

テーマ:チワワ生活 - ジャンル:ペット

人生、知らぬがホトケw

関東地方のあちこちで、放射線量が局地的に高い場所が次々と見つかっているが、そのうちのいくつかは、どうやら原発事故とは関係なさそうだってことが明らかになってきた。

ローズ1
     初めて見たローズの脱皮。
     頭からいくようです。ツイは大抵胴体からだけど。

先日も家の床下に何10年も保管されていた放射性物質が見つかり、今度はスーパーの駐車場から同じように古い放射性物質が出てきた。

昔がん治療などに使われたような種類の物らしいけど、ほかにもそこら中くまなく調べたら、戦時中の化学兵器やら古い医薬品や塗料やらぞろぞろ出てきて、実はホットスポットだらけだったりするんじゃないの~?

原発事故がなかったら、身辺の放射線量を量るなんてこと絶対しなかったと思う。
そして、これまで長年そういう所で暮らしている住民に、特別ガン患者が多かったってわけじゃなかろう?

なんだかアホ臭くなってきたよ。
「知らぬが仏」って、こういうことを言うんじゃないの?
パンドラの箱も、蓋が開いたことを知らなければパニくることもないのだ~。

べるぴー
     久しぶりに見たべるぴーの“秀作”。
     形と言い色艶と言い、このように美しいのは年1,2度。

そういえば、先日ひまわり畑見て思い出したんだけど、被災地で汚染された土から放射性物質を吸収する効果を期待して、育てたひまわり・・・結果的に何の意味もなかったようだけど、抜いた花はどうしたんだろう?
ほっといたら腐って・・・う~~~大変じゃ~~、放射性うじ虫が大発生なんてことには・・ww

そもそも何の根拠でひまわりだったのさ?
チェルノブイリで効果があったのは、葉の花じゃなかったっけ?

こんな本を見つけたぞ。

本
     著者は元・手塚治虫の「火の鳥」の初代編集者で、その後家業の
     種苗会社“野口種苗研究所”を継いだ変わり種。

農業でも園芸でも、基本的資材となるのはタネ。
タネもヤバいらしいよ。

近年の大量生産・大量消費社会の市場は、工業製品のように均質な農作物を求める(先進国ほどそんな感じ・・)。
昔のように、農家が採種して地域品種を維持する慣習はすたれ、一代限りの雑種タネを大手種苗会社が農家に売るようになった。

最近では、雄性不稔(正常な花粉ができず、自家受粉ではタネができない)の親株に他品種の花粉をかけ、一代雑種を作るんだってさ~。
だから農家は毎年タネを買わなきゃらならい。

アメリカでは遺伝子組み換えにより、次世代の芽生えを起こさせないための“自殺遺伝子”、ターミネーター(終わらせる)遺伝子を組み込んだ作物が開発されている。
日本では「遺伝子組み換え」ばかりがやり玉に挙げられてるけど、「雄性不稔」だって十分不気味だ~。

近年は健康志向やスローライフブームも手伝ってか、有機栽培や地元固有種にこだわる農家も増えてきたように思うけど、全体的にみたら微々たるものじゃないのかなぁ。
でもいくら無農薬や有機栽培でも、タネがヤバかったら・・・なんだかなー・・って感じじゃない?

ローズ2
     くりのパートナー・クッキーモンスターを吟味中。

ローズ3
     このローズ、どうやら男子であることが確実視され・・
     「薔薇男」と改名を検討中。どうでしょう?

ま、私はジャンクフード志向なのでどうでもいいんだけど(笑)

世の中、知らない方が幸せなことがいっぱいだわww


では本日の「福」。
去年あたりから白内障が顕著になってきたくり。
獣医さんが、お試しで初乳入りの万能サプリをくれました。
ラクトフェリン
脱毛が治ったり毛艶がよくなったり、いろんな症例が報告されてるとか。
元はアトピーのために開発された成分が入っているようで、免疫力UPが期待できそうです。老化食い止めにも効果を発揮してくれればよいのですが。
実は偶然“肉体改造アレルギー改善サプリ”を飲み始めたところ。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。