一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらゆる生物(人を含む)に対して身勝手なのは人間です。

(注)本日キモ画像ありますw

ウスカワマイマイの“デンちゃんズ”(デンデンムシ2匹ってことでw)のおうちをリフォームしました。

捕獲保護時には、鹿沼土と培養土が少々しかなかったので、それらをテキトーに混ぜて、そこらに落ちてた枯葉を入れておいただけのアバウトな住まいだったのですが(飼ったとこもないし・・)、本によれば夜行性らしいデンちゃんズ、寝てばっかりw

で、あちこちのブログやらHPを参考に快適リフォームをすべく、ホームセンターで赤玉土とカブトムシ用の無農薬枯葉を購入。

デンちゃん1
     赤玉土の上に水苔のせて、その他備長炭と枯葉を
     アレンジ。何分小さいので、プラケはミニサイズでOK。

餌は卵の殻を皿代わりにしてレプトミン(カメの餌)をのせ、キャベツはお好きでないようなので、ニンジンとレタスにカルシウムパウダーをプラス。

するとどうでしょう・・・まだ日も高いうちから動いているでないか~~!!

デンちゃん2
     一番の好物はレプトミンのようです。

そして夕方のぞくと・・・あら?こんな天井で何を?と思ったら

デンちゃん3
     ウンコしてるでないか~!

デンちゃん4
     食べ物によって色が変わるらしい。最初の草色のはレプトミン
     ウンコ?後から出た黒いのは枯葉ウンコ?

いや~、デンデンムシと言えども快適な環境だと、こんなにもゲンキンなほど活動的になるんですねぇ。びっくりびっくり。

適切に扱えば、適切に?反応。
生き物は正直だわ。
おべっか使ったり(犬猫は使うような)せず、快適さを体や行動で表現してくれるので、お世話のし甲斐もあるというものです。

ラムズホーン
     「お~美味い美味い♪」 コリドラスの餌に群がるラムズ。

人工的に作出されたり、害虫・不快虫として駆除対象になっている生き物を嬉々として飼育している私が言える道理もないのですが・・・先日来、ちょっとした明るい?話題になっているあの鳥・・・ホレ、「36年ぶりに野生で雛が孵った」と騒いでいるトキ・・・私、あれには何となく違和感を覚えるのです。

某地方紙では、23日の朝刊1面トップ記事よ!
小沢も原発も蹴散らして・・・アッパレw ・・ってか、日本は平和?

トキ
     親になると、顔がニホンザルに見えるのですが・・w

そもそも保護センターで人工繁殖させた親鳥を野に放ち、餌となるドジョウやカエル、昆虫は、農家の協力(農薬散布止めたり?)で何とか確保し、一般人を近づけないようにし、とりあえずネットや柵の無い場所で“深窓の令嬢”のごとく暮らしているものを“野生”と言えるのか・・・。

トキが絶滅したのは、主に乱獲が原因らしいけど、この繁殖計画には当初農家の反対もあったようです。
だって、彼らにしてみれば、トキは田を荒らす敵だものねぇ。

どーしてそこまで金と労力をつぎ込んで「トキ復活」を望むわけ?
学名がニッポニア・ニッポンだから?(学名って全部ラテン語のはずだけど、これもそう?)
日本にしかいない固有種ならわかるけど、トキは東アジアに分布しており、今繁殖させてるトキだって、中国からつがいを譲ってもらったのが発端なんだから、DNAが違うとか・・・まぁなんでもいいけど、とにかく中国や朝鮮にもいるわけよ、フツーに。

やはり観光や地域おこしに一役かってもらうためか?
手厚い保護の裏に「経済」が見え隠れするように思えるのは、私が歪んでいるせいでしょうか?

べるぴー1
     「あんたほど歪んでいるヒトも珍しい。」
     3年たっても成長を続けるあんたも変わり者よ!

絶滅、もしくはその危機に陥らせた後、手厚く保護し、やがて増えすぎて害をなすからと言って駆除する・・・トキがカモシカやニホンザルみたいな運命をたどらないよう祈ります。
つくづく人間って、身勝手な生き物だと思うわ。

べるぴー2
     「ふんw えらそうに」 この寒い冬を便秘もせずに一人快調に
     過ごしたべるぴー、なぜか2回りほどデカくなったww



では本日の「福」。
農家や園芸家の皆さん・・・こんな本買っちゃってごめんなさい。
本
でも「飼い方」が出てるんだから、文句言われる筋合いもないかw
作物の食害に対する免罪符みたいな感じ(笑)
日本のデンデンムシは、エスカルゴみたいにガーリックバターで食べられないのかしらね?









スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:ペット

消えた浮草と掃除婦交代。

先日5株500円(+送料)でお取り寄せしたドワーフフロッグビット、初めの数日は2~3㎝長さの根もあり、新芽も次々に出てきたんだけど・・・日に日に根がなくなり・・・ややっ、よく見ると株数が減っている!

ドワーフ
     お取り寄せ時のドワーフフロッグビット。

ラムズホーンが葉の裏(スポンジ状に膨らんでいる)を食べるという話もあるが、今やウキガエル水槽の掃除屋として採用したピンクラムズホーンは豪華別宅住まい。
そして、住込みの掃除婦は私・・・なんという不条理。

ラムズホーン1
     サンゴ砂に備長炭、マツモ入り、温度計完備の豪邸w

ウキガエルが浮草を食うのか?
「フロッグビット」という名は、カエルが好むから?・・・んなはずないよなぁ。

で、土曜日にホームセンターでドワーフ(矮性)でないアマゾンフロッグビットを発見!
ドワーフより葉の直径が2回りほど大きく(2㎝くらい)、根が10㎝以上ある。
・・・くっそう・・・なんてこった。10株近く入って198円!
1株100円+送料のドワーフに対して、1株19円ってか!? ぐったりw

アマゾン1
     見た目はドワーフの方がきれいだけど、根がしっかりある
     のが心強い。こっちがアマゾンフロッグビット。

アマゾン2
     上から見るとこんな。

まぁ浮草があろうがなかろうが、ウキガエルたちは浮いておりますが。

しかし、購入時は腰骨が浮いていて、いかにも「餌用」っぽかったアジアウキガエル、2日に1度モリモリ食べて(やりすぎ?)ドズコイ体型になってきました。
性格の違いも顕著で、ずうずうしい奴は(多分メス)他のヒトの頭を蹴飛ばして餌を奪います。

ラムズホーンのために買ったザリガニの餌は、彼らには全く見向きもされないので(コリドラスの餌が大人気)、結局ウキガエルの餌になりました。
何でも食べてくれるのはありがたいですが、こまめにウンコしてくれるのはありがた迷惑で・・・あーーーなんのために買ったのだ、ラムズホーン・・・。

ウキガエル
     「あんたの掃除嫌い&下手を矯正するためじゃないのか」
     うるさい!ウンコッたれカエルめ!

で、雌雄同体のラムズホーンたちは、毎日せっせと卵を産み・・・孵化しているはずなんだけど(数匹は見た)、多分掃除のときに糞と一緒にスポイトで吸い取っちゃってるんだろうなぁ。
なにしろ直径1㎜以下で、白いのでね・・・微生物並み。

時々ラムズたちがみんなで水面下に集っている時があります。

ラムズホーン2
     「わいわいがやがや・・・」

これを訳すと、「ちょっと、水臭くない?」「おい、水が汚いから替えろや!」と無言のアピールをしているそうで・・・糞を吸い取り、水を半分ほど替えると一斉に下へ降りていきます。
成長と共に、出すモノも増えてきて・・・イコール掃除の頻度も上がるわけでw

ラムズホーン3
     直径2㎝位に育ったヒト。多分最初に買った2匹。

なんだかラムズホーンたちにコケにされてるような毎日でございます。
高等生物としての私の立場は・・・ぐすん(泣)


では本日の「福」。
運動がてら花見。
ウコン桜もきれいだし
ウコン桜
シャガの花も優雅だけど
シャガ
やっぱり野に咲き乱れるタンポポと、うれしそうに歩くくりがいい。
たんぽぽ



テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット

皿の上なら「命の重み」、口に入れば「味覚の対象」。

暖かくなったせいか、それともホルモンの周期なのか、ツイ(レオパ♀)が一昨日から1日中ドタバタもぞもぞ暴れております。

ツイ
     寒い間中“食う以外冬眠”状態だったしな。
     でも水入れの中で暴れるの、やめてくれない?

同じメスでも、アラの方は春になったら食欲にむらが出てきて、なんとなく不調・・・私同様、春が苦手なタイプのようで。

アラ&ツイ1
     丸顔のツイ(右)、蛇顔のアラ。

アラ&ツイ2
     体型も違うねぇ。

両生類や爬虫類を飼育するようになってからというもの、常に感じている(飼育下での)不自然な食物連鎖。
大事に育てている生き物を、これまた大事に育てている生き物に食わせるという矛盾というか、不条理というか・・・。

人工繁殖させたコオロギやワームを購入し、家でさらに養い育て丸々太らせ・・・レオパやカエルのお口にポイw
でもレオパやカエルに、「あんたたち、“尊い命をいただいている”のだから、感謝して食べなさい」とは言わないし、そうしてもらいたいとも思わない。

一方、これが人間の場合だと、よく「命をいただくのだから、感謝して食べましょう」と言われ、また自分でもそうしなければ、と(若干)思う。

なんでかね?
人間は本能以外に思考力や心(感情)のある生き物だから?
原始人は「感謝して食べましょう」なんて思わなかっただろうなぁ・・・。

同じようなことを考えてても、それを解明しようと行動に出る人はスゴイ。

内澤旬子さんというルポライターをご存知でしょうか?
世界各国の食肉解体現場を渡り歩き、『世界屠畜紀行』を書いたお方。
今度は、自ら1年かけて3種3匹の豚を飼育して食べるまでを綴ったルポを刊行したそうで。

本
     映画「シャーロットのおくりもの」を思い出したよ。
     「春に生まれた豚は雪を見られない」・・・   
     豚は生後1年以内に屠られる。

執筆の動機は、これまで1万頭以上の家畜の死の瞬間を見てきた彼女だが、「思えば肉になる前の事は何も知らない。どう生まれ、どんな時間を過ごし、肉になるのか、一度ちゃんと見て、感情移入してみよう」と考えたからだとか。
しかし・・・鶏とかじゃなく、よりによってデカい豚を・・・気骨が違うw

交配、出産から立ち合い、千葉県で廃屋を借りて軒先に豚小屋を建て、3種3匹の豚と暮らし始める。
名前も付け、あえて家畜とペットの境界を曖昧にすることで、個性や違いをちゃんと観察した。

くり1
     「海苔ーーー!!」 雑食性チワワ。

くり2
     うっとりと海苔を堪能するw

犬猫を飼うように、3匹との暮らしは「本当に幸せだった」そうで、食肉公社に連れて行く時は、やはりためらいも生じたと。

ここで彼女がスゴイのは・・・スゴ過ぎw
彼女は豚の喉を切る作業員(そうやって屠るなんて知らなかった~・・・)に撮影許可をもらう際、「私の豚なんです」と言い、さらに作業員に最大限の敬意と自分が育てたという自負を伝えるべく、「肉にするんです。私が食べるんです」、そう言うと、誇らしささえ感じたそうだ。
畜産農家の人も、この「誇らしさ」を感じるから、家畜を売ることができるんでしょうねぇ、きっと・・・でなきゃやってられないわー。

そして開かれた“3匹を食べる会”。
肉を口に入れ、脂の甘みが広がると、「あ、今3匹が来てる、入ってきた!」という感覚があり、「食べたことでずっと一緒にいてくれる」と確信したと言う。

・・・なんだか似たようなセリフを、人肉を食べた外国の連続殺人魔が言っていたような気がするが・・・w

くり3
     誰もいない芝生広場でのびのび運動。

くり4
     ??前足、不自然じゃない?

でも、本当は何の肉でも「食うなら同じ」なのかも。
人肉やペットの肉はタブーってのは、人間が勝手に作り上げたモラルでしかないのかも。

畜産の大規模化や都市型消費社会によって、我々の日常から家畜の「死」が遠ざけられているという内澤氏。
よく口にされる「命をいただくことへの感謝」は大事だが、違和感を感じると言う。
人は「命をいただく」と言った瞬間、考えることを止めていないか?

・・・う~~ん・・・そうかも。
人間のために屠られた動物の肉は、口に入った途端、単なる「味覚(美味いか不味いか)の対象」になってしまうような気もする。
一口ごとに「ありがとう」と律儀に感謝する人は・・・いるのかね?

くり5
     珍しくまともな顔。デイジーはお好き?

「命をいただく」など安易な言葉に集約せず、その言葉を免罪符にせず、生きていたものを食べ、その死を引き受けることについて心に留め置くことが大切と彼女は言う。

彼女の言葉は私には難解だけど、人間の傲慢さは私も感じることもある。
「命をいただく」と神妙な面持ちで口にする割には、人はやれ賞味期限切れだの、やれ固くて不味いなどと、安易に“ご遺体”を捨てる。
捨てる時点で感謝や憐みの気持ちはろくに残っていまい。
また、動物愛護団体という人々は、毛皮や飼育法にはうるさいが、肉の事についてはどう思っているんでしょうねぇ?

弱肉強食は世の常、自然界の掟だが、人間は本能や知恵以外にエゴをも駆使して“強者”の側に立っているような気がする。





では本日の「福」。
水曜日の昼、春真っ盛りの香りを満喫し、野を散策。しあわせ~♪
くり6

そして、去年は咲かずじまいだったツルバラ“テディベア”に蕾がついたー!
バラ
どんな色の花なのか、忘れてしもうたw






 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

ビール飲んで冷え性改善♪

人間ドックの結果が送られてきました。

まぁカンペキ健康体とは言えないまでも、今回は何かの再検査は免れ、それだけでもヒジョ~にありがたい♪
年々「経過観察」が増えていくのは、年のせいだと思うことにする。

でも腹囲や体脂肪率、BMI値などは数年間まったくと言えるほど変わっていないのは、我ながらすごいと思う。
理由は・・・毎年ドックをやる3月末は花粉症と木の芽時の自律神経失調で、1年で最悪の体調時なので、何もかもが「低値安定」ってことなのかもしれない。

BB1
     B.B.のメタボ測定。 「楽勝~♪」

低血圧も相変わらずひどくて・・・運動してもほとんど上がらない。
上が80~90台で、上下の差が20あるかないか・・・おっそろしく馬力のない心臓のようです。
パワー不足のために押し出された血液が、手足の末端まで到達しないうちにUターンしてくる(そんなのありか?)ようで、体温は高い方なのに手足の冷たさは死人以上だと言われ・・・カイロを握っていると、カイロが冷えますw

そしたら、こんな記事が新聞に出てた!
『炭酸水で体温低下抑制』

ホントか!?

BB2
     メタボはクリアしましたが、知恵が足りず、
     足が引っかかって通過不能w

「お~いお茶!」の伊藤園が、静岡県立大学のチームと共同研究を行った結果、このことが確認されたとか。

20~30代の冷え性の女性を対象に、涼しい場所で炭酸量が違う3種の炭酸水と無炭酸の水を飲んでもらい、手の皮膚温の平均値を比較。
結果、炭酸量の多い水を飲んだ場合、最も皮膚温の低下が緩やかだったそうだ。
炭酸好きの私、よく母から「そんなものは体を冷やすから止めなさい!」と言われていたが、違うじゃ~ん♪

要するに炭酸水の刺激が細胞を活性化し、体熱の上昇を促進、放熱を抑制したと考えられるらしい。
県大教授によれば、「炭酸水で指先の冷え対策に効果が期待できるかも」と。

BB3
     体前屈。なかなかの柔軟性。
     私の爪の赤黒い点は、くりに噛まれた血豆w

てぇことはだな、炭酸にアルコールが加われば、もっといいってことじゃない?
てぇことはだな、ビールやチューハイなんかサイコーに冷え対策にいいってことじゃない?
ブラボー!!

ビールは体を冷やすから良くないとほざいていた保健指導のオバチャン、うははははは~、ざまーみろ♪(??)
これでためらうことなくビール(ま、うちは発泡酒だけどw)が飲めるぞ~♪

ちなみに東南アジアでは、吐き気がすると医者に「スプライトを飲みなさい」とマジで言われるそうだ。
そして吐き気がするとその医者の言を実行する我が亭主は、マジで治ると言うw

BB4
     斜めに色が分かれた目は何アイって言うの?

話は変わりますが。
先週の金曜に、放置していた庭を見るに見かね、草むしったり枯葉を掃除していたところ・・・未知との遭遇!

10年以上見たこともないデンデンム~シムシ、カ~タツムリ~♪が、枯葉の中からポロw
しかも記憶にあるカタツムリとはちょっと違い、殻が小さくこんもりしていて模様も変わっている。
外国のヒトかしら?と思って、調べてみたら

ウスカワマイマイ1
     このヒトっぽい。

普通大人は枯葉と一緒にゴミ箱に放り込むか、草むらにでも置いてやるかするのだろうが・・・うちにはなぜだか空のプラケがやたらとあるので・・・保護w

夜行性らしいので昼間は殻にこもりっきりか土の中に潜ってる。
その晩に、川エビとカメの餌を置いておいたら、エビを完食し、カメの餌は半分食べてあった。ウンコはどっさりw
あんたも便秘してたのか?外はまだ寒いしなw

ウスカワマイマイ2
     大きくなっても1.5㎝って・・・かわええ♪

なんだかプラケが増えちゃったなー・・・。

枯葉
    こんなものまで買ってくるし・・・
    しかし枯葉を買う時代がこようとはね。
 

では本日の「福」。
まぁとりあえず、終わった。
結果

しかし、今現在のこの胃の不調・・・13日の金曜日から町内会の組長になってしまってせいか?あー・・・

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

なんか違う。

急に暖かくなったせいか、下降気味だった生き物たちのバイオリズムも上がってきたようで、ツイ(レオパ)は美しく脱皮に成功し、もんちゃん(ツノガエル)は6ヵ月にわたる便秘に終止符を打ちました。

目下のところ、便秘記録更新中なのは牡丹のみ。現在5ヵ月めw

しかし不思議です。
ツノガエルは、特に冬場、便秘しやすいと聞きますが、昨冬やはり6ヵ月便秘したべるぴー、特に寒い今冬は快調に月1,2回ペースで出し続け、他2名が持久戦に。
同じもの食べてるのに・・・これじゃ体質とかも関係なさそうだよねぇ?

共通事項は、半年も食い溜めた分のカスが「え、それだけ?」ってことでw
(もんちゃんの場合、直径1㎝×長さ7㎝でした)
それに、見た目には全然“スタイル”に変化がないw 圧縮ウンコか?

もんちゃん
     「食べ物の栄養を一片たりとも無駄にしてはいけません。
      はぁすっきり♪」byもんちゃん

さらに不思議なヒトたち。ハニーワーム。

ハニーワーム1
     なぜこんな狭い所に入り込むのでしょう?

しかも没交渉で各自繭を作って引きこもり。
非常に取り出しにくいので、繭はやめていただきたいw

ハニーワーム2
     「取り出されないように繭を作ってるんだ!」
     ま、そりゃそうだよね・・・

さて、年度も改まり、新学期が始まりました。
朝の静寂は、登校中の小学生の声と迷惑千万な高校生の暴走自転車にかき乱され・・・。

で、今学期か中学の体育の授業では、武道やらダンスやらが必修になったそうですが・・・柔道なんか、専門家が指導しても事故は起こるのに、にわか仕込みの体育教師がどこまでできるのか・・・不手際を責められた教師が、鬱に追い込まれるだけじゃないのか?

日本政府って、薬の認可や法律改正にはおっそろしく時間がかかるのに、なんでこーゆーことは超速決なのかしらね?

くり1
     「雪の・・雪国の香りがする・・・」
     どんな香りか知ってるのかよ~?

ちなみに、わが静岡県では、昨年度から柔道での事故防止など安全対策の実技研修を実施してきたらしいが、それも体育教師全員への義務付けじゃなくて、「各校1名以上の参加」でOK、日程はなんと1日!!
ボー然ww

昨年たった1日の研修で(研修内容を又聞きしただけの教師もいるってことだよね?)、教える目的の「武道の精神と礼節」が習得でき、教師に柔道の何たるかが体得できたとすれば、お日様が西から昇り月が自転するw

欧州の柔道大国フランスでは、指導が国家資格になっており、運動生理学や医学など多分野にわたる長期間の受講が義務化されているそうです。

くり2
     「甘く切なく・・ちょびっと塩辛い・・ 
      正確には“雪の宿”の香りかも・・」 

さらにさらに、またまたびっくりするような教育がわが県で今年度から始まったようで。

県内の小中学校の20のモデル校に、就職支援のキャリアコンサルタントを派遣し、児童生徒の職業観育成や社会理解、ひいては後々の就職難を突破するためのキャリア教育をするそうだ。
県の担当者は、「子供が社会を知り、自立するきっかけになる」とその必要性を強調するが・・・なんか違くねぇか?

お上の考えることって、どこの国でも机上の空論っていうか・・・こんなにズレてるのかしら?(これ、ズレてるって言わない?)
じゃあどうするのがいいのかと聞かれても、子育て経験のない私にはよくわからないけど、とりあえず柔道教えれば武士道精神と礼節が備わり、キャリア教育でフリーターが消失するとは絶対に思えない。

くり3
     「あぁ・・・日本海の雪の香りが・・・」
     よい子の皆さんは真似をしないように。

今の子供って・・・つくづく気の毒な気がするわ・・・



では本日の「福」。
長年行っている美容室が大手ショッピングセンター内に移転したので、そっちへ行ってみた。
・・・場所がまずい。余計なモノばかりが目に入る。財布が開くw

カエル1
こんなものと
カエル2
こんなものを
買うてしもうたw
どっちも高さ10㎝位の木製。バリ島ではたしかカエルも神様なんだよね?










テーマ:雑記 - ジャンル:日記

新着情報。

よく行く運動場=吉田公園で日曜日から“チューリップ祭り”が始まるので、「そりゃかなわん!」と思い、土曜日のうちに下見&運動に行ってきました。
が、おそらく同じことを考えたであろう人々で10時半にはかなりの人出。

ただ、人が群がっているのはチューリップがある所だけで、くりの運動場はカンペキに無人&無犬。

公園1
     「無人ですが、おかまいなく♪」

公園2
     「るんるんる~~ん♪私のフィールド!」

子供は遊具がないとだめで、大人(平均年齢高し)は見る物か食う物がないとだめらしい。
空を見上げよ!
芝の香りを嗅げ!
鳥のさえずりを、波の音
(海の近くだし)を聞け!

公園3
     そんな露骨に嫌な顔しなくても・・・w
     「花は食えないし、人や犬は邪魔です!」

公園4
     まぁそう言わずに。せっかく来たんだから写真くらい・・    
     
さて、新着情報です。

この1ヵ月くらい気温変動が激しいせいか、レオパたちの脱皮がどーも失敗傾向で。
毎回世話を焼かせるローズはしょうがないとしても、大抵カンペキに脱ぎ終えるツイ、アラ、B.B.まで脱ぎ残しだらけで。

ことに脱皮上手のアラは、初めての失敗で顔だけ脱げず、“乾きすぎてガビガビになったパック”状態になってしまったのか、口や目もうまく開けられず、食欲もゼロ。初めての拒食。

拒食対策にはもってこいのシルクワームも途中からバタバタ死に出し、残りもわずか。

シルクワーム
     1ヵ月育てても、1㎝位のままのヒトもいる~。
     明らかに成長ホルモンの異常だ。でも死なないのが不思議。

かといって、またシルクワームを買うのはちょっとためらわれ、違う対策品を購入してみた。

ハニーワーム1
     ハニーワーム。釣り餌のブトウ虫そっくり。
     養蜂家の敵・ハチノスツヅリガという蛾のお子様です。

このヒトたちは蜂蜜入りの人工餌を食べて育っているので、丸々太り、ワーム汁(体液)はほんのり甘いのだとか。
蜂蜜のにおいが(犬の嗅覚では)するのか、くりがすっ飛んできて

ハニーワーム2
     「ぺろぺろ~♪」 な、なめるんじゃない!
     おが屑みたいのが手作りの秘伝餌らしい。(餌も買ってしまった)

このカップを持って歩くと、くりが後をついてくる始末・・・w
犬にも与えていいのか?

が・・・ハニーワームが届いた土曜の朝、アラの拒食はすっかり解消。コオロギをガッツリw
喜ぶべきか悔しがるべきか・・・やれやれ。
余計な「観察対象」が増えてしまっただけだったりして・・・。


そして、多くの、特に若い日本人にとっては新着情報かも。
みなさん!4月8日はお釈迦様のバースデイ“花祭り”でこざいますぞ!

○○寺に詣で、いずれそこの墓に押し込められる諸君、余所の神様の誕生日を祝うより、後々の事を考え(??)お釈迦様の生まれた日を祝いなさい。
儀式としては、花で飾った花御堂(小さなお堂)に安置したお釈迦様の像の頭から、“甘茶”を注ぐのです。
特に賽銭や祝儀は取られないと思いますが。

花祭り
     お釈迦様は幼少期モデル。天上天下唯我独尊のポーズ?

どうしてもツリーやオーナメントが欲しいなら、松か杉の木に仏具を吊るすとか、シャンパンが飲みたいならスパークリング日本酒もありますし、ケーキの代わりに饅頭にカメヤマロウソクを立てるという手もww
目覚めさせるのだ、大和魂を!

ちなみに甘茶ってのは、アマチャヅルの葉を蒸して揉み、青汁を除いて乾かしたものを煎じた甘みのある飲み物だそうです。


では本日の「福」。
犬は嫌そうな顔だけど、車は新車だ!
車
結婚後4代目のスバル。
よくわかんないけど、減税だかなんだかで7万円もキャッシュバック♪(契約時点では、そんな減税無かったのだが)





テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

キレイ事には裏がある。

新聞にでっかく載っていた・・・

広告

この広告。
「どこぞの“組”の人材募集か?」(最近人手不足らしい)と思いましたw
とても元野球選手とは思えない、妙な迫力(特に右のヒト)と日サロで焼いたような黒光りするお肌・・・怖すぎw

さて、フィギュアスケートシーズンも終わり、国民の関心は夏のロンドン五輪に向かうのでしょうか。
水泳・平泳ぎの北島選手、29歳とはいえ、素晴らしい泳ぎでした・・・が、本番には「魔物が潜む」と言われるので、どうなることやら。

くり&BB1
     「おまえも何かパフォーマンスしてみろよ」
     回し車を回せるようになったB.B.、態度がデカくなった。

サッカーやマラソン代表も決まり、だんだん盛り上がってきたのに・・・嫌な記事を読んでしまった。

北京五輪の時も、会場を作るために住民の強制移住が問題になったけど、あれは「中国だからな」と思ってました。
が、ロンドンでも同じことが起きてる。

ロンドン東部のイーストエンド(テムズ川北岸地域で、17世紀頃から貧しい移民が過酷な労働者生活をしていた場所。かの有名な“切り裂きジャック”事件もここで起きた)が、その対象地区。
そのあたりの公団住宅は五輪会場候補地にあったので、市に強制収用され、約450世帯の住民は周辺にバラバラに安っぽい住居をあてがわれ、コミュニティーは崩壊。
その仮住まいたるや、カビだらけのアパートで、そのうえ、そこで暮らすには月に約6500円も生活費が余分にかかり、捻出に苦労する人々・・・彼らの暮らしの変化にマスコミや市民の関心は集まらなかった。

くり&BB2
     「ホレホレ♪」
     「仕方ないなぁ・・とっておきの秘技だからね!」

ロンドン五輪は、確か「倹約型」が売りだったはずだが?
なのに、開会式の入場券は最高2000ポンド(約26,000円?)もするし、地元民には家賃半年分をつぎ込んでも買えない高額チケットも。

立ち退きを強いられた人々の言葉は、北京の人々と同じだ。
「巨額のテレビ放映権や再開発事業など、近年の五輪は巨大企業のために存在する。地元住民は何の利益も享受できない・・」

さらに五輪スタジアム入り口付近には、昨年欧州最大級の宝石や高級衣料店がひしめくショッピングセンター(ウェストフィールド・ストラトフォードシティー)がオープンしたため、近くの商店街にはつぶれる店も目立ち始めたそうだ。

また、イギリスと言えばナショナル・トラストの本家。
それが生態系を守る湿地帯にまで補助練習場が建てられ、市民からもかなり批判の声があがったらしい。

くり&BB3
     「よーーーし・・・気合を入れて・・」
     ぎっくり腰には気を付けてくださいよ!

年々ド派手になる五輪の開会式や閉会式、高騰するチケット代、会場設営にまつわる暗い裏話・・・五輪って、平和の祭典じゃなかったっけ?
どこの国でも、裏では同じような悲劇が起きているのだろうか?

スポーツは大好きだけど、(やり過ぎ感のある)お祭り騒ぎは大嫌いな私にとって、残念ながら五輪の魅力は回を追うごとに薄れていくのも事実・・・。

[広告] VPS

     「そりゃ~~~~~っ!!」(R指定・・・かもw) 


では本日の「福」。
文句ばっかり言ってるので、たまには「ほ」が必要だ。
ほ
ぽそぽそのシフォンケーキにゆるゆるのクリーム入り。
安っぽい味が痛い胃と腰、くしゃみのしすぎでこりこりの首筋に安らぎを与えるw

&本日の「不福(服)」!
昨日の亀田兄のタイトル防衛戦・・・なんじゃありゃ?
ワタクシ、何を隠そう熱烈な亀田ファンなのですが、昨夜の試合にはいささか不満爆発。
あれで防衛なのか? 審判団の八百長かよ~・・・なんだかなぁ。

テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

長生きにも質ってもんがねぇ・・。

毎年3月最後の金曜日は人間ドック。
今年も何とか終了。

毎年、胃のバリウムの排出に大変な労力と日数を要するはめになるので、今回は“奮発して”経鼻胃カメラに変更。
自慢じゃないけど、ワタクシ、経口・経鼻胃カメラともベテランですのよ~。
なんせ20代から年1回はやってるし、ポリープなんか販売したいほどあるわい!

写真
     記念写真。アルバムでも作ろうかな。

胃でキノコを育てたい方には、ポリープのタネ、お分けしましょうか?

強力下剤を飲んでも一週間近くバリウムをため込む私に対し、だんなは即日、しかもドックが終わった頃(2,3時間後)には排出してしまうという・・・どういう消化器官だ?ミミズ並みの直通消化器じゃないか。

一番屈辱的なのはマンモグラフィーですな。
あれは・・・やったことある人はわかると思うけど、小さい方が技師も患者も苦労する。
なかなかうまく挟めないのよねぇ・・・技師さん、毎回お手数をおかけしますw

くり1
     ドッグの後、近所をちょっと散歩。
     カメラに向かってカットバックを決めるくり。

この不景気なのに、人間ドックは以前より繁盛しているような。
メタボ健診が始まったせいもあるだろうし、世の中、マラソンや登山、マクロビに様々なサプリ等々、やたらと健康志向が高まっているせいだろうか?

でも「一病息災」って言うように、一つくらい病気抱えていた方が健康に留意するようになるかもね。
やたら元気な人の方が、思わぬ病気であっけなく逝っちゃったり。

くり2
     国道沿いのJR駅のすぐそばに土筆の群生。
     これだけあれば佃煮ができるのに・・犬がおしっこしなければ。

100歳以上の人たちのうちで、完全自立あるいは軽い介助だけで暮らせる人でも、97%は慢性疾患(高血圧、白内障、骨折など)を抱えているそうです。
ただ、男女、国内外を問わず共通しているのは、糖尿病患者が少ないことだそうで。
やはりアレは万病の元なんですねぇ。

米ボストンの研究チームは百寿者と病気の関係を3つに分けました。
①サバイバー=80歳までに大病をしたが、生き延びて100歳に到達した人。
②ディレイヤー=80~99歳までに大病をした人。
③エスケイパー=100歳まで大病をしなかった人。

日本では③が大半らしい。すげーな。

くり3
     外では風の子、家では火の子w
     4月なのに最低気温が2℃って・・・さぶー。

私はヨレたパンツや首がビロビロに伸びたTシャツの始末をしていないので、今すぐぽっくり死ぬのは困るけど、人様の介助を受けたり下の世話になるくらいなら生きていたくないなぁ。
自分の病気より、世話人への気兼ねというストレスで発狂しそう~。
ちなみに母の友人は、旅行へ行くたびに、古い下着やぼろい服は全部処分していくそうだ・・・なんとも用意周到。

何が何でも長生きしたい方は、ハダカデバネズミのDNAを注入するか、デバエキスサプリ(んなもん、あるか!)を摂取するのがよろしいかとw
彼らはネズミのくせに約30年の寿命があり、ガンになりにくく、酸素が少なくても生きていけるのです。

images.jpg
     毛がなくて出っ歯のネズミ=ハダカデバネズミ。
     見た目そのまんまのネーミングってのもどうかとw

この御長寿ネズミさんの脳や肝臓、腎臓で働く遺伝子は、普通の哺乳類では加齢とともに変化していく一方、20年たっても生まれた直後とほとんど変わらない状態なんですと。
・・・これが中国や北朝鮮に知れたら、ハダカデバネズミ狩りが始まるかも・・・。

美人薄命と、ハダカデバネズミ似で健康長寿・・・あなたなら、どちらを選びますか?

B.B.
     「んーーー、究極の選択だなぁ・・・」
     B.B.随分大きくなったので、昨日水苔シェルターを大きくしました。


では本日の「福」。
どこかのHPをたまたま見たら、「ぜひ手元に置きたい1冊」とか「これを上回るものはない」など挑発的な賛辞が並んでいたので、ついつい探して買ってしもうた~!
図鑑
1997年版で、増刷されていないらしいので中古だけど、ほとんど定価(6,800円)販売。
プレミア付きなのか、18,000円以上で売ってる店もあった。
絵や写真がきれいなのは、やはりPCで見るのではなく本で持っていたいもんね。

そして、今朝見たら、ピンクラムズホーンが卵産んでたー♪
ラムズホーン
いちゃいちゃしてたからなぁ・・・雌雄同体だから、全員産めるわけだ。
シャンパン色の数の子みたいのが、5~8個単位で4,5か所に。でも午後見たら、あまりないんだけど・・・?


テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。