一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美学と必要性は相いれない?

人はそれぞれ、自分なりの“美学”、まぁそこまで気取らなくても“こだわり”みたいのを持っていると思います。

私はファッションやアクセサリー、化粧といった人の目にもろに映るモノはどーでもいいんだけど(自分が満足していればいい。妙でもw)、これは譲れない、と言うこだわりが一つ。

ヘソの下と尻の下と二の腕に、プヨプヨした肉を付けない。

中央公園1
     島田中央公園再び。本日も暴走中。
     
中央公園2
     尻の下もケツの穴も締りまくっております。

中央公園3
     でも暑くなると、肉は締まっても顔が緩みます。

3ヶ月以上入院した時、栄養失調だったこともあり、とにかく太れと医者にも言われ、やけくそに食ってあっと言う間に7,8㎏取り戻したのはいいが、運動不足とパジャマ(ウェストがゴム~!)生活のせいで、あっちもこっちも不自然にプヨプヨ。
太さは人並みに戻っただけなんだけど、筋肉ってものが消失。

いやー、運動バカだった私にとって、あれはかなりの屈辱と違和感でしたね~。
自分の体をプヨプヨ星人に乗っ取られたみたいな、オカルトじみた違和感w

・・・実際のところ、今だって「○○に贅肉を付けない」などと言う前に、「スタミナ(体力)を付ける」ことの方が重要かつ優先事項だと思うのですが、腰に重症のヘルニアと言う爆弾を抱えている私には、下半身と腹筋背筋の筋力維持こそがぎっくり腰を防ぐ唯一の方法。

医者に「鍛えろ」と言われれば、忠犬ハチ公のように(うちの犬にはムリw)真面目にとりくんでしまう妙な根性と忠誠心!?だけはあって・・・医者に「もうちょっとやりたいと思う一歩手前でやめときなさいね」と言われる始末。

バラの丘1
     花との記念撮影では笑顔を見せない、という美学か。
     中央公園の向かいのバラの丘公園。

バラの丘2     
     何枚撮っても・・・

バラの丘3
     全部こんな顔ww

でもヨガ15年、日々の軽い筋トレ(腹筋、背筋、腕立て伏せ、スクワット30~50回)10年余、見事にぎっくり腰からは解放されました。
肩こりはひどくなる一方のような気がするんですけど・・・w
継続は力なり、です。(でもスタミナは相わからず老人以下w)

そして、こんなものを買ってみた。

靴1
     今流行の「履いて歩くだけで痩せる」(わけない)スニーカーの
     アルペン版。有名メーカー品は1~2万円だけど、これは4000円弱。

靴2
     底は全て曲線で、姿勢よく歩かないとぐらぐらする。

合わないとアホらしいと思って、お試し感覚で安いのを買ってみたけど、これが効く!
靴本体も、日本人の足を研究して作ったとかで、実に履きやすい。

歩くと脚の外側とふくらはぎが疲れてくるのがわかります。
1週間くらい前からくりの散歩時に履いてるけど{チワワと言えども、人間のウォーキングペースで歩いてくれるので助かります)、初日は30分もしたら脱ぎたくなった。

今さらマラソンランナーのような脚を作り上げることより、スタミナをつける方が実生活には絶対有効だとはわかっちゃいるのですがね。
ま、これが私の“美学”ってことでww

あ、バラも美学ってことにしときましょう。

バラの丘4
     
カタツムリ
     これは・・・趣味?
     第3.4陣の卵たち、全員孵化。めでたし。



では本日の「福」。
5月30日は「ごみゼロの日」で、「消費者の日」で、そして私が生まれてしまった日でもあるので、バラ園でやってた体験教室で自分へのプレゼントを作った。
サンキャッチャー1
サンキャッチャー。
こんな効果があるとかで↓ 信じる者は救われる、と思うことにする。
サンキャッチャー2
ちなみに青いビーズは冷静さ、緑のは調和をもたらすらしい。(色は自分で選ぶ)
で、本体のサンキャッチャーは、涙型などより、こういう球体が一番パワーがあるというので、奮発して球体をチョイス。

そして、先日NHKアーカイブスで観てしまったのが運のつき・・・こんなもんも買っちゃったw
本
いまさらですが、ファーブル昆虫記。幼少期はシートン専門で、虫には触手が伸びなかったので。
まともに買えば8000円のところ、古書で半額以下、しかも新品同様だった。ラッキー♪

まだある。
ホームセンターで金魚すくい(1回100円!)したら、上限いっぱいの10匹も捕ってしまった・・・w
金魚
5匹は隣の幼稚園児に差し上げた(押し付けた)。

スポンサーサイト

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

写真撮影の笑顔強要はイジメですw

自分で言うのもなんですが、私はソトヅラがいいので、初めて会った人々の中でもすぐに話し相手を見つけられるし、職場でもややこしい人間関係をうまくスルーして、楽しく過ごすことができました。

が、どんな場合であれ、最も嫌いで苦手なこと・・・写真(に撮られること)。

くり
     「それが私に遺伝しました」
     マグノリアの蕾は1週間後も変化なし。固くて毛深いw

とにかく写真映りが良くない・・・と言っても、実物はもっときれいなのに“映り”だけが良くないというのではなく、どーも表情が不自然(に自分では見える)。
「はい、笑って~」と言われても、どういう風にどの程度の笑顔を作ればいいのか、決めかねているうちにカシャリw

なんでみんなで申し合わせて写真撮る時、笑わねばならないのか?
そのくせ、日本ではパスポートなどの証明写真での笑顔はNG。
運転免許の写真なんて一発勝負だから、毎回犯罪者か病人みたいで絶対人に見せたくない。
欧米人の身分証は、みんな満面の笑みじゃないか~!
せめて証明写真くらい、自分で納得のいく顔を作ってから写してもらいたいw

BB1
     寝ている時も笑ってるヒト。

劇団イキウメ主宰者の前川知大氏が、うれしいことを言っていた。
「笑顔至上主義、やめませんか?」

そうだそうだ!
ハネムーンだろうが同窓会だろうが、ビッグスマイルが自然に出ちゃう瞬間なんてそうそうないと思う。
ってか、“偽造であれ”そういう上手い笑顔がいつでも作れる器用な人がうらやましい。
(米国では、撮影時に前歯を見せて笑うのが鉄則だという噂だが、ほんとか?)

演出家は俳優に「笑って」という注文は普通出さないそうだ。
笑う、というのは結果なので、その原因や動機となる理由を注文するんですと。

「相手を安心させてあげて」と注文すれば穏やかな笑みが、「相手をガキ扱いして怒らせて」と言われれば、からかうような笑いが出るかもしれない。
が、「笑って」とだけ言われて出た笑いは理由がないので行き先不明であり、生きた人間のしぐさに見えず(大袈裟かも)、写真に撮ってもぎこちない(上手い人もいるだろうが)と前川氏は言う。

ローズ
     笑っていても恐いヒトw
     夜になると不思議な声で鳴く。「チャッ、チョッ」って。

笑顔至上主義・・・つまり「幸せに見えそうな顔をして写真に納まる習慣」は、無理強いしないでいただきたい。
結婚式の記念写真の、ひきつったとしか言いようのない不気味な自分の笑顔・・・2度と見たくないわw(実際1度しか見てない)

パリコレのモデルや高級化粧品やブランド品の外人モデルは仏頂面でもきまってるじゃん。
・・・まぁあれはみんな実物がきれいだからな・・・。

昔の人は写真を撮られると魂を吸い取られるとか、寿命が縮まるとかマジで思っていららしいが、私もカメラを向けられるとそんな気分になるんだよ~!

BB2
     毎朝タッパの蓋をあけると、おかず(ウンコ)入りの
     ずしりと重い特性B.B.弁当がw
     是が非でもこの中でウンコしないと気がすまないB.B.。

というわけで、今私がポックリ死んじまったら遺影はありませんw
まぁ今は合成写真も簡単にできますかね。

今日も中途半端な雨・・・陽気病み著しく、マジで笑えないとんがりねずみでございます。
放射能より湿気で命を落としそうだ~。

・・・と写真に文句と言いつつ、デジカメを新調する矛盾w
    
カメラ
     1.5mの高さから落としてもOK、水中撮影もOK、GPSも付いてる。

問題は結構前に買ったのに、いまだに使いこなせず、「福」になりえないということです。
ラムズホーンの卵ばかり撮って、どうするんだ私!?


では本日の「福」。
引き続きバラです。
マリーナ開花。
マリーナ

白だと思って買ったらピンクだったニコールも。
ニコール

で、先日開花した白いシュネープリンセス、赤い蕾が出たのですが・・??
シュネープリンセス
以前、花びらに赤が混じったことはあるけど、蕾丸ごと赤いのは初めて。

ついでにブラシの木(金宝樹)も咲いた。強健としか言いようのない不死身の木。
ブラシの木





テーマ:雑記 - ジャンル:日記

迷走するヒト、暴走するヒト・・・不安定な5月w

5月もいよいよ終盤なのに、いわゆる“初夏らしい”さわやかな“緑の風”ってのが吹く日は何日あったことか・・・だんだん四季の感覚がなくなる。

こうも毎日日替わりでジェットコースターのごとき気圧の上下動に見舞われると、ウルトラ陽気病みで、しつけ糸並みの強度しかない私の自律神経は瞑想・・ならいいんだけど、迷走しっぱなしで・・・

くり1
     こっちは年も考えずに暴走中w

くり2
     緑の芝生を独り占め。
     若葉色、若芽色、若草色の違いがわかりませんw
     (日本は一番色の種類(言い方)が多い国なんだとか)

歩けば地面が波打つ様な感じがするし、グルグル眩暈がするわけじゃないけど、なんだか脳みそを菜箸でゆるゆると撹拌されているみたいな、いや~~なもやもや感が。

あ、今読んでる本の副作用かなぁ?
『アナザヘヴン』(飯田譲治 梓河人著) これって、去年あたり、ドラマでやってました?

しょっぱなっから人間の脳料理のオンパレードで・・・脳シチュー、脳カレー、脳ドリア等々。
ま、想像しても私は平気で食べられますけどね。
そんなものを想像するより、肉眼でウニの乗った寿司とか蟹味噌を見る方が卒倒しそうになります。
あんなキモいモノ(牡蠣も~!)、誰が最初に食べようなんて思ったのか・・・ダ、ダメだw

まぁ「キモい」の定義や感じ方は人それぞれですが・・・しかし、これは誰が見てもNo Thank You!でしょう。
中国江西省で売られていた“人造豚耳”。

豚耳って、犬のおやつにもあるけど、沖縄ではミミガーっていう有名?な料理があるよね。
中華街では豚の足から顔まで何でも売られていたし・・・しかし、その豚耳がゼラチンとプラスチックでできているなんて、誰が想像するでしょう。
さすがの中国でも、かなり騒然としたらしい。

虫
     エサのワームは平気なのに、こういうのはダメだ!
     公園の売店で買おうとしたブロッコリ・・・ダメw

“普通の豚耳”の半額くらいだったので、購入客が殺到したものの、化学薬品っぽいにおいがして、ちょっと触るとすぐ裂けたので、不審に思った客が通報してばれたらしい。

なんちゅーか、あの国の突拍子もなく豊かすぎる創造力・・・もうちょっとまともな方向へ(「まとも」の定義が違う?)向ければ、たいそうな国になると思うんだけどねぇ。
日本のオレオレ詐欺やマルチ商法みたいなセコイ犯罪じゃなく、まさに人命に直結するような大胆で無軌道な“企画力”・・・いやはや、コメントのしようもございませんw
とはいうものの、彼らの手口って、着眼点はスゴイ!?んだけど、詰めが甘すぎるんだなー。すぐバレバレw

くり3
     脱力状態で撮影に応じる・・・お気の毒。
     ただでさえ長い胴が余計伸びそうで嫌だなぁ、この撮り方。

さて、今日もデンちゃんネタなのですが・・・。

またまたやってくれました。
産卵しすぎるから別居させたウスカワマイマイのデンちゃんズ、別居後にも赤玉土の中に3,4個の卵塊を発見。

私の持ってる図鑑には「ウスカワマイマイは単独でも産卵するらしい」と書いてあったけど、“らしい”じゃなく、紛れもない真実でした。
証拠写真も撮りましたぞ!

デンちゃん1
     土の中だけじゃ飽き足らなくなったのか、こんな
     壁に張り付いたまま産んじょる~~~!!

恐るべき種の保存本能。アッパレw
人間もこんな風に産めれば、少子化問題も明るい方向に向かうかもしれないのに。(そういう問題じゃない?)
それにさ、韓国みたいにカタツムリエキスを顔に塗るんじゃなくて、不妊治療とか単体繁殖に応用できないのかしらね?

・・・スイマセン・・・頭の中がシチューになりかけてて・・・ww

デンちゃん2
     カルシウムウンコ?真っ白です。
     バリウム検査思い出すなぁ・・・


では本日の「福」。
またバラが咲きました。
半身をコガネムシにやられ、1本枝で頑張ってるマウントバテン。毎年咲くのは1,2輪の貴重な花。
バラ1

エレガントなフレンチレース。はかなそうで、かなり丈夫。
バラ2

アンジェラは早くも7,8分咲きに。
バラ3

ところで、この「さなぎの木」みたいのは何ですかね?
サナギの木


テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

別居と誕生と女の資産。

5月2日(多分)に産卵したデンちゃんズ、2週間後にまた産んだ~!

このままでは、秋までに何回産むのか考えると気が遠くなるし、体力消耗して早死にされるのも嫌なので、別居に踏み切りました。
NISSOのプラケは、ミニサイズでも間仕切り付きなのが便利。

デンちゃんズ
     同じ位置、同じ角度で食べてる~♪

で、2日に産んだ卵は13日未明に孵化を確認。
二人分あったので、一人分の卵は水苔カップから濡らしたキッチンペーパーを敷いた容器へ移したところ、どんどん茶色っぽく変色し、目と思しき2つの黒い点が見え始め・・・先に孵化したのはペーパーカップの方。

ベビー1
     ちゃんと1巻半の殻も背負ってるよ♪直径2㎜位。

ベビー2
     いっちょまえのデンデンムシだね~。

水苔の方は、15日あたりからやっと孵化の兆しが見え始めたけど、ペーパーの方とは違い、次から次へと誕生するわけではなく、すごくゆっくりペース。
2日後でもまだ卵のままだったり、生まれた子もじっとしてる。
空気にたくさん触れた方が、孵化や活動が促進されるのでしょうか?


さて、話は変わりますが。

最近、めっきり見かけなくなった(カメラに映してもらえなくなった)レースクイーンやボクシングのラウンドガール。
(そうえいば、この前の亀田興毅戦でラウンドガールをやったのは国生さゆりだって)
昔はハイレグのギャルがちゃんとテレビにも映ったのにねぇ・・・やはりセクハラとかなんとか、世間がうるさいのでしょうか?
そのくせ、女性下着の露骨なCMやるくせにさ~・・・アレは青少年の目の毒じゃないのかえ?

私は(一応)女だけど、あーゆーの賛成なんですよ。
キレイなモノは大いに見せればいいと思う。
ヌードモデルでもストリッパーでも、本人が好きでやってるのなら、それは自分の持つ魅力を最大限に活かした職業であり、とやかく言われる筋合いはない。

普通のオフィスでも、TPOさえわきまえていれば(ここ重要w)女らしさを振りまいても全然OKだと思うわけです。

バラ1
     「同じことをしてもセクハラだと訴えられるオヤジと、
      “やだぁもう!”で済まされる男の違いは何?」
     私の大好きなヘリテージ(バラ)があんたの顔で台無しだわ~!

が、世間一般では、いかなる場合でも「オンナを使うのは反則」と考えられているようで。
仕事はもちろん、恋愛の場でも、お色気は計算高い女の裏技で、まともな女は知性や心の美を磨くべきだと。

不思議なのは、男も女も「お色気ムンムン」を「けしらかん」的目で見ること。
使えるものは使えばいいと思うんだけどねぇ(TPOを忘れずに!)

そんな時、新聞の書評欄で目にしたのがこの本。

本
     エロティック・キャピタル (キャサリン・ハイム著)
     「すべてが手に入る・・」っていう副題は腑に落ちん。

実にまっとうな内容だと(抜粋を読んだ限りでは)思う。
女の色気を明快に分析し、正当に評価。
要するに、「性的魅力とはキャピタル(=資産)であり、それは才能と同様、パワーを持つべきだ」と。

賛成。
(残念ながら、私はその種のキャピタルを持ち合わせておりませんがw)

くり
    「胸だけの体脂肪率がわからなくてよかったね。」
     アルペンでインナースキャン中。

著者はある意味フェミニストなのかもしれない。
男性に対する見方はすさまじく厳しい。
「男性のセクシュアリティー(性認識、性欲、性行動)は経費ゼロで供給過剰なため、価値がない」

言っちゃうねーww

性的魅力がないのに性欲過剰な男たちが、恋人や妻に向けて主張する「欲求不満を(無償で)解消する権利」を、著者は一刀両断し、プライベートな関係でも男女平等の意味を突きつける。
・・・なんか、これもかなりのフェミニズムのような・・・ここまで言うかね(笑)

お色気バリバリ超OK!と思える米国でも、保守的キリスト教徒の人々には「なんてはしたない」ってことになるんだろうし、イスラム社会に至っては言語道断。
でも、お色気を保存しつつ女性の権利を広げたのがフランスのフェミニズムなんだってさ。
どんなんじゃw ・・・あ、サルコジ前大統領の奥さんとか?

公園
     富士市の中央公園はバラが満開。
     一富士、二薔薇、三チワワw

性的魅力のある女がそのパワーを利用してもとがめられない自由・・・そんなエロティック・キャピタルに寛容な社会こそが、人間の自由と快楽を安全に保証する世界に思えてくる、とこの書評を書いた人は述べている。

でもさ、エロティック・キャピタルが女の資産(武器とも?)なら、男の資産は何なのさ?
今はその中間の人々も多いし・・・性差を尊重しつつお互い特有の資産をも尊重しあう・・・難しそうですな。

以前、何かで読んだ言葉が今も頭に残っている。
「立たせて売る!エロはアンチ権力だ!」
誰の言葉だったかなぁ・・・アラーキーとか篠山紀信とかが言いそうだけど。

私、何が言いたかったのでしょう?

BB
     「あなたのキャピタルが“カオス”であることを世間に
      知らしめただけですね」
     まぁそういうことでお願いしますw



では混沌とした本日の「福」。
出た~~~~~!!
溜めに溜めた6ヵ月半!最長不倒記録・・・になってほしいツノガエルの便秘記録。
牡丹
記録樹立者はこのヒト、牡丹さん。
ウンコの海に仰向けで余裕たっぷりに寝っころがる様は壮絶??でしたので、画像は控えますw

そしてそれを祝うかのようにレディローズが開花。
バラ2


テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

ゆるい(くさい?)話と怒髪天再び。

カタツムリを飼うまで、彼らがどんなウンコをするかなんて考えたこともなく・・・それが、先日「レインボーカラーのカタツムリのウンコ云々・・」と言う話を聞き、注意して見るようになりました。

最初に見たのは、抹茶色のレプトミン(カメの餌)とまさに同じ色のウンコ。
その後、ニンジンのモノらしいオレンジ色のウンコ。(写真撮り損ねた~!)

ウンコ1
     先日の写真。茶色いのは枯葉ウンコ?

そして今回新たに見つけた

ウンコ2
     モンブランウンコ~♪(モンブランが食べられなくなった
     らスイマセンw)

元は何だと思います? サツマイモ。
カタツムリが芋を食うとは考えもしなかったなぁ。サツマイモ大人気で、一番食いつきがよかった。
うちのデンちゃんズはニンジンや小松菜、キャベツは好みに合わないようで、今一人気がありません。

・・・ほんとはね、あまりあげない方がいいらしいんだけど、レプトミンと乾燥エビが大好きなのだ。
草食と言われるウスカワマイマイの知られざる肉食本能w

レインボーカラーにするなら、あとは赤や黄色のパプリカとかナスの皮とか・・・水色とかはどうすれば?

デンちゃん
     「迷惑ですってば。レプトミンお願い♪」
     大きいデンちゃんは昼間でも活動的。

でもカタツムリって、自然界ではお相手が身近にいるとは限らず、こうしてつがい(雌雄同体だからつがいとは言わない?)で飼うと、せっせと産卵しまくってあっという間にあの世行きになっちゃうらしいので、別居を検討中。
もしかしたら、赤玉カップの中に、また卵があるかも・・・。

爆殖はラムズホーンだけで沢山~!
誰か欲しい人、いません?遠慮なくお申し出ください。贈呈いたします。
カメの餌にもいいそうですw

このブログ・・・何分飼育生物が多いがゆえに、「ウンコ」と言う言葉が連呼されているような・・・まぁ毎日、何人(匹)分ものソレを処理しているので、「ごはん」と言うのも「ウンコ」というのも大して変わらない感覚で使用してしまうのですが、やはり普通の(?)人は、子供でもあまり口にしたくない言葉なんでしょうかね?

金曜日に実家方面の公園に散歩に行ったら、ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の花が満開で、幼稚園、小学校、おばさんチーム、老人会が大宴会中。

ナンジャモンジャ1
     特等席は老人の先発隊が確保したもよう。

ナンジャモンジャ2
     この木があちこちに20本くらいあるのかな?
     桜とは違った、真っ白なほわほわの優しい雰囲気。

ナンジャモンジャ3
     よく見ると、くしゃみ出そうな小さな花の集合体。

前方からやってきた小学2,3年くらいの男の子が、女の子に「ウンコウンコって100回言ったらいいものやるよ!」と言うと、女の子は「や~だぁ、そんなの」
あら、そ? じゃ、私が代わりに言うから、いいモノちょうだいよ。
・・・と言いそうになったが、大人げないのでこらえたw

そのくらい「ウンコ」が、私の日常のボキャブラリーに浸透しているということを、その時しみじみ悟りました。
ふ・・ははははは・・・ウンコ万歳!!


話は変わりますが。

もう1件ありました、怒髪天ネタ。ついでだからぶちまけとこう。

皆さん、郵便局に不平不満はございませんか?
再三ニュースになる、配達員が郵便物をポイする事件・・・あれって、発表されていないのはどれくらいあることやら。
配達放棄の理由は主に「めんどくさくなった」というきわめてガキみたいなものですが・・・どうも非正規雇用社員の犯行が多いようです。

民営化が悪いとは思わないけど、国営時代に機能していた郵政監察制度や人事院への報告義務がなくなったので、チェック体制や運営などの透明性はかなり低下したそうです。

吉田公園1
     連休明けの吉田公園は化粧直し中。

吉田公園2
     せいせい走れれば、花なんかどうでもいいヒト。

で、私が怒髪天化したのは、ゆうパックの件。

不在配達通知が入っていたので、ドライバーに連絡しようとしても、電話番号は空欄。
あるいは書いてあっても電源切ってあるか、つながっても切られてしまい、絶対に出ない!

うちの近所を担当しているのは明らかに委託業者の○○運送と書いた軽ワゴンで、ドライバーはよぼよぼのジジイ。(まじで腰が45度以上曲がってる)
こんな年寄に任せて大丈夫なのか? ぎっくり腰になったり、ブレーキとアクセル間違えたり・・・心配せずにはおれない。

毎度そんな調子なので、フリーダイヤルの再配達依頼の受付ねぇちゃんに、ドライバーと連絡できない件を話そうとしたら、言葉を遮られ、「そういったことはここでは受け付けられないので、今から申しあげる番号におかけ直しください。では番号を・・」と、こっちがペンを用意する前に、どんどん勝手にしゃべる!

数日後、またも同じことがあったので、またフリーダイヤルの(別の)ねぇちゃんに苦情を言うと、「少々お待ちください」と言われ、10分待たされた上に、「では本局の方へお電話してください。番号は・・」

キレたね。

そこから内線で回すとか、申し伝え事項として処理するとかできないのかね?
他にこういう苦情はないのか!?
あんたの所じゃ、なんでもたらい回し、もしくは客自身に仕事をさせるのかね?

怒髪天降臨。

吉田公園4
     犬の顔はたるんでますが、マグノリアの蕾は
     ピチピチで、きれいな産毛で覆われていました。

くり
     たるんだ顔はドデカミンストロングで一発回復!

その後、たまたまだんながいた時にそのジジイが配達に来たので、だんなが「ケータイ番号記載するの、決まりになってるんじゃないのか?今度同じことがあったら、本局に知らせるからな!」と一喝すると、「はぁ・・・すいません」とだけw
以降不在配達になった事がないので、状況の変化はわかりませんが、ジジイは相変わらず私の顔も見なければ、「ありがとうございます」とか「どうも」とかの一言もなく、無言で去っていく。

ひょっとしたら「妖怪・幽ぱっく」なんじゃないかと、気味悪くなる。
箱明けたら、ミニサイズの爺さんがいっぱい出てくるとか・・・きゃ~~~~っ!!


では本日の「福」。
怒ってばかりいると疲れますよ。
吉田公園3
やはりこういう所でいい空気を吸わないとね。5月の風は・・・寒い~~~!

アンジェラも咲き始めました。満開にはあと2週間ってとこかな?
アンジェラ










テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

とんがりねずみ、怒髪天となる。

ありがたくて涙が出そうな話。

中国がご親切にも、日本(と韓国)にトキを2羽寄贈してくださるんですって。
パンダみたいに賃貸料を取る「レンタル」じゃなくて、「無償提供」ってことなのね?あーうれしw

トキ
     あんたら、盗聴器内臓じゃないだろうな?

けっw
なんだよ?賄賂か?
希少資源も希少生物も、我々(中国)はた~くさん持っているんだぞって、誇示してるんだわ。

トキやパンダに怨みも罪もないけど、そんなものでへらへらとエセ友好ムードを演出するくらいなら、「そんなものは要らないから、さっさと尖閣諸島から手を引け!」とでも言ってやればいいのだ。
腰ぬけJAPAN(怒)!!

トキのお礼に、マムシの1ダースでも送ってやれw
今度もらったトキには「怒怒(ドードー)」と「嫌嫌(ケンケン)」とでも命名せい。

BB1
     「まぁまぁそう怒るなって。」
     私に上ってくるB.B.。

BB2
     私の髪の毛の中で絡まって遊ぶのが好きです。
     ちなみにこれは天然パーマ。あぁ憧れるは漆黒の直毛・・

怒れる事案はすぐそこにも。

今年度から組長になった我が家(2度目)。
年度最初のお仕事は、1年分の町費4800円を集金して回ること・・・なんだけど、17軒中の1軒がくそったれで!

そのくそったれが住むのは、名称と実物のギャップが著しい(築30年以上と思われる“マンション”と言う名のボロアパート・・・家主は公家文化オタクか源氏物語フェチか!?ってな名称で)が、場所がいいせいで、常に満室。
ただ・・玄関周りを見ればわかるけど、物が散乱していたり、掃除もしていないような部屋が多い。

そこの住人がみんなそうだってわけじゃないですよ、真面目にちゃんと組長やってくれた人もいるし。
ムカつくのは、組に入らず(うちだって入りたいわけじゃない!)、町費も払わないのに、ごみは出し(出し方が悪い!)、そのくせ清掃当番はやらない。ずるい!

くり&ローズ
     くり「怒りすぎて、おか~さん熱が出たんだって。」
     ローズ「バッカじゃないの。」 

この度ムカついたのは、母子家庭と思われる1軒。
いつ行ってもいない(あるいは居留守)し、名簿に載ってる電話番号にかけても「この電話は現在使われておりません・・」w

5回目に夜9時ころ訪ねたら、高校生くらいの男子が出てきて、「お母さん、もうすぐ帰ってくると思うけど・・」
町費の事はわかっているらしく、私が「もう5回も来たんだけどお留守みたいだし、電話も通じないし・・うち、すぐ裏だから持ってきてくれる?」と言うと、男子は「あ、電話はケータイだけにしちゃったんで」(だったら名簿に載せるなよ!)「僕が持って行ってもいいですか?」と言うので、「誰でもいいけど、期限があるのでなるべく早くお願いしますね」とその日は辞した。

・・・が、2日たっても音沙汰なし。

再び夜行ったら、また「お母さん、もうすぐ帰るんだけど・・持っていこうとしたけど家の場所、忘れちゃって」
アンタねーーー!!

デンちゃん
     「まぁまぁ、私のようにのんびり行きなさいよ」スル~~
     アンタの生活に期限はないでしょう!

名簿あるんだから電話かけるとか、集金に来るのわかってるんだから、お金用意してもらっておくとかあるでしょーが!
ド阿呆!

怒髪天になった私、翌日夜8時半頃再訪。
やっと出てきた小太りの30代と思しき母親(全然生活苦は感じられない)、「あ、うち、2,3か月後に引っ越す予定があるので、組を抜けようかと思って、言いに行こうと思っていたところで・・」

・・・数10秒の沈黙。
やっと私から出た言葉は、「あ。そう。」
「何度もすみませんね」の一言もないわけ?

「ふざけんじゃねぇ!!」と(ビリーズ・ブート・キャンプで覚えた)回し蹴りを見舞うところだったが、何とか自制した自分を褒めてあげたかった。
絶対引っ越さないね、あいつは。

単身者用っぽいアパートが増え、普通の家でも新しく入居した人々は町内会に入らない傾向が年々強まり、それに、いま我々が入っている町内会だって、交流なんかないし、隣家の職業や家族構成や名前さえよく知らず・・・こんな町内会、何の意味があるのかと思うわ。
東北みたいに、何かあっても助け合えるとは到底思えない。
あの町費は、大方役員やってるジジイたちの「年度末反省会」(=飲み会)資金だろうよ・・・ばかばかしいw

けし
     今年も出てきた・・・このケシ、ヤバくね?
     毎年違う場所に1株だけ現れるのが不思議w


怒れる本日の「福」。
バラが次々咲いたよ♪
カクテル
ツルバラのカクテル。挿し芽で増やしたチビ木。
シュネープリンセス
小さなシュネー・プリンセス。
ウィミィ
大輪のウィミィ。だいぶ株が弱ってるけど、最初の1輪は見事に咲くのだ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

あー終わった終わった♪

(注:本日キモ画像あります)

なんだかあっというまに過ぎてしまった今年のGW。
いや~、めでたい♪

でも体は正直で、昨日から口内炎がぼこぼこと・・・何もしていないようでも、疲労はたまる。迷惑千万w

静岡県内は第2東名の開通で、サービスエリアフィーバーだったけど、そんあこたぁ関係ねぇ。(5月1日にETC付けたんだけど)
他にも浜松祭りやサンバカーニバル等々・・・ま、どれも関係ねぇ。

我が家のGWの出来事と言えば・・・

①電子レンジで出し巻卵を作った。

容器    
     ニトリで300円弱の道具。

白い容器に卵1個と水大匙1を入れてかき混ぜ、電子レンジ強(500w)で40秒。
いったん取出し、粉末だしを加えてかき混ぜ、さらに40秒。
蒸しパンみたいにブワ~~~っと膨れてくるので、その上から黄色い容器で1分押さえつけると、巻き簾でまいたような波模様が付きます。

卵
     冷えたらしぼんじゃったw 味と食感はまぁまぁ。

油使わないからヘルシーだし、お一人様や弁当にはGOODかも。

②生まれて初めてゴーヤを食べた。
 と言っても、セブンイレブンのサラダだけどw
 ツナソース(ツナのマヨネーズあえみたいなもんだ)で食べると、全然苦くなくて、キュウリみたいだった。

③5月2日、デンちゃんズがいちゃいちゃしてた。

デンちゃんズ
     殻が小さいので、体も精一杯伸ばしても短め。
 
 で、数時間後、何気にケースの底を見たら・・・!!

卵
     卵でないか!?

翌日、飼育先輩から教わったキッチンペーパーを敷く方法に替える時、ついでに卵を保護。(放置しても勝手に生まれるらしいが)

ケース
     赤玉土はブルガリアヨーグルトの空き容器へ。
     お掃除が楽♪デンちゃんはちゃんと土へ潜りました。

卵2
     卵は直径2㎜ほどのビーズみたい♪
     こっちは梅干しが入っていたカップへ。

ケース掃除していたら・・・なんと卵は2人分ありました。全部生まれたら50匹以上!?
どうするんだ、私・・・w

④3日は夫婦で指圧へ。有意義な雨の1日。
 起床→朝飯→朝寝→昼飯→指圧→夕寝→晩飯→風呂→就寝。

⑤「絶叫」したのは久しぶりだった。
 冷凍コオロギは見慣れたけど

コオロギ    
     でもフタホシコオロギは黒くてゴキブリチックなのよねぇ。

コオロギのついでに買ってみた冷凍の

ジャイミル
     ジャイアントミルワーム!4~5㎝ある。
     絶叫~~~~!!(生きてるのは見るのもゾワッw)

でもレオパの皆さん、とてもおいしそうにお召し上がりくださり、私の絶叫も報われました。
袋から取り出すのは、今でも嫌ですが・・・。

最後の日曜は、だんなはフットボールの練習だし、なにもせずにぐうたら過ごす。

出かけたのはくりの散歩がてらの公園とコンビニ、ホームセンターのみww
渋滞とも人ごみとも無縁で、平穏な連休でございました。

中央公園1
     最後に行った島田の中央公園。新緑がきれい。
     くりもいつになくいい顔。

中央公園2
     ・・・と思うでしょ? 上の顔は建前。
     ほんとはこんな気分のはず(笑) 写真嫌い犬w


では連休の「福」。
はるか北の大地から、こんな素晴らしいお届け物が~~♪
お届け物
国産栗の渋皮煮にじゃがいもでできたあられ、くりの好物のプロポリスクッキーにガム!
以前いただいて「美味しい」と言ったのが催促になってしまったか(笑)
ぴょここさん(ブログはこちら)、ありがとう♪

そして5月5日、子どもの日、牡丹お迎え3周年になりました♪
牡丹
去年の秋から冬にかけて、突然下肢にいっぱい出来物ができ、その後体が風船みたいにパンパンに膨れたりと、生死の間をさまよった時期もあったけど、牡丹の不屈の生命力とイソジンのおかげで、無事今日の日を迎えることができました。
最近は毎晩ガァガァと元気よく歌っております。

牡丹の3周年を祝ってか、去年咲かなかったツルバラ「テディベア」が今年第1号の花を付けました。
バラ
なんつーか、変わった色です。オレンジがかった茶色?「熊色」なのでしょうか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

大型連休がなぜ「黄金」なのか?

今年のゴールデンウィークは9連休という方もいらっしゃるでしょうが・・・そんな方々にお聞きしたい。
楽しんでますか~?

くり1
     「何事も気持ちの持ちようです♪」
     裸より5倍涼しくなるらしい服を着せてみました。

我が家においては、再三書いておりますが、GWおよび年末年始は夫婦そろって痩せる傾向にあり・・・原因は何かは、追求しないが花かとw

今年の調査では、若者の6割は“イエナカ(家中)志向”らしいですが・・・じゃあ元気に山歩きしたり、第二東名のサービスエリア巡りしてる方の多くは“もみじマーク”寄りの人々なのでしょうか?
寿命も延びるわけだよなぁ・・・ストレス発散、適度な運動と紫外線・・・長寿大国万歳w

ごはんですよ
     昼ごはんに“ごはんですよ(乾燥版w)”。
     三木のり平と大村昆の区別が付きませんw

新聞のコラムを読んで思い出したのですが・・・
80~90年代(バブル期)のこの時期は、「お父さんは帰れない」=帰宅恐怖症候群がしきりに叫ばれたらしい。
「らしい」というのも、私の父はその頃ず~っと単身赴任続きだったので、いないのが普通だったし。

当時「帰れなくなった」お父さんたちは、靴下と女性が強くなった高度成長期に育ち、就労時は安定成長期。
父を見ても思ったけど、いわゆる会社人間、企業戦士って言葉がメジャーだった時代かも。
日曜出勤もいとわず・・・その代り、家には居場所がなくなる。
真面目(会社に対して忠実ってこと?)で無趣味、要領の悪い人が侵されやすい、5月病のような一種の軽いうつ病らしい。

くり2
     連休初日。吉田公園は遊具のある場所以外
     相変わらずガラガラ。花を愛でる人もいない・・w

ハチ
     藤の花には欠かせない一品。クマバチだよね?

わが実家の場合、父不在が当たり前だったので、違う意味での「帰宅恐怖症候群」が我ら女3人(母と妹と私)の間に蔓延していた感が。
父が帰ってくるとウザい。
話すことも特になく、タバコの煙は迷惑だし、晩酌を欠かさないので食卓がいつまでも片付かないし、テレビのチャンネル権も強奪される。(ニュースを見ないとバカになると言いつつ、自分はプロ野球やプロレスを観てる!)

父が在宅期間中に私にとって「益」となったのは、父が沢山釣ってくる魚をさばけることくらいか。
子供の頃から、魚のハラワタを抜くのがヒジョーに好きだった・・・そして今の私があるw

帰宅恐怖症や5月病、さらに今は引きこもり系も多いと思うけど、その根を断つにはストレス発散や気分転換が必要・・・なんてこたぁ誰だってわかってる!
それができないから、そういう状況に陥るのであって、教科書通りに行動してハイ解決!ってなわけにいくもんじゃない。
カウンセラーや医者なんて、つくづく無責任なことを言うと思うわ。

静波
     こっち(静波海岸)も波ないし、ほぼ無人。くりには天国。

貝
     私は一生懸命貝殻拾い。なぜって?
     デンちゃんズのご飯のお皿にするためw

コラムには「家族持ちならば、まずは夫婦の意思疎通から」と書かれているが・・・我が家のように、違うレーンをRV車と軽トラックで並走しているような夫婦には、それもまた難題。

今朝も一発。
洗った洗濯物を「箪笥の上のケースに片づけておいてよ!」と、私はフリースジャケットのことを言ったのに、「おお、押入れの上だな?スキー用品の中でいいよね?」・・・何言ってんだ、こいつ・・・亭主はフリースをダウンと勝手に聞き違えているばかりか、場所まで何を聞いているのやら・・・「疎通」したのは「片づける」のみw

フットボールとITグッズ命の男に、カタツムリを熱く語っても無駄・・・そして私はフットボールのルールすら知らない。(知る気がない)
柔道を一緒にテレビで観ていても、技を観て盛り上がっている亭主、一方で「あの人の髪型、変~!」と言って笑っている私w

意思の疎通・・・我々にとっては「通疎=通じ合うことに疎い」といった状況で。ははは。
これ、解決策、あるんですかね? (多分、どっちも自分は悪くないと思ってる)

くり3
     この鍵の持ち主は、車にもバイクにも乗れず、家にも物置にも
     入れなかったはず・・・まさか、海に入ったのでは!?

コラムの筆者は「GWが明ければ母の日。“妻の日”でもあるよ、とバラの1輪でも手渡したい」と鼻血が出そうなことを言っているが・・・それって、我が家以外では特に鼻血が出るようなことでもないのだろうか・・・。

私がこれまでに男性からもらった花と言えば・・・父が誕生日にくれた花の咲いた“超固いとげのあるサボテン”くらいだ。
・・・はい、そうですとも。私はそんな女だってことでございますよ、ええ。上等だ!

連休後半戦・・・とりあえず入っている予定は、「指圧」だけw



では本日の「福」。
カタツムリに次いで、10年ぶりくらいにお目にかかった!
アゲハ
これ、キアゲハですかね?
ふと見ると、2階の出窓に。出窓に乗って撮ろうとしたら逃げちゃった。
モンシロチョウはいっぱいいるのに、アゲハ類はめったに見かけなくなったなぁ。













テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。