一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫は虫でも・・・。

あーづーいー・・・

朝8時半、うちの2階は31℃超えてますw
寝室なんざぁ、夜9時回っても32℃から下がりません。
こんな家に誰がした・・・。

建てたばかりの頃は、周りに家も少なく、交通量も今ほどじゃなかったしなぁ・・・1階は爽やかな風が吹き抜け、クーラーも不要だった。(今もないが)
朝8時にくりの散歩に出ても、まだ通勤渋滞中で、広い歩道も陽炎が立つほど熱い。

家の中では、39℃近い体温のくりが座れば腿の上に、寝そべれば腹の上にw

くり1
     薄笑い浮かべて、そんなカッコしてないでよ~!
     (首に巻いた手ぬぐいは見なかったことにw)

あー・・・わたしも暑さを楽しむかのようなセミや尺取虫のように、ギャンギャン文句垂れて、ワシワシ飯食って、快適に暮らしたい・・・。

虫と言えば、変わった虫の研究本を見つけました。

本
     『「腹の虫」の研究』(名古屋大学出版会)
     6930円って・・・高すぎるー! 

自分って何?・・・これこそは人類最大の謎。
なにしろ自分の心や体と言っても、勝手に痛み、疼き、病む。
ご先祖様たちがこの謎を探求し続けた足跡を、医学、国文学、文化人類学という“複眼”で追ったのがこの本、だそうです。

心身が操られるのは、何かの侵入によると考えたご先祖様が、最初に見た正体は鬼、悪霊。
不調は“もののけ”が憑りつくためと理解したご先祖様にとって、調伏こそが治療法。
これが平安以来の「霊因観」。

くり2
     「陰陽師がお医者さん・・・」あんた、目が変w
     一番冷風が当たる所で、腹掛けをして寝る犬。

だが室町、戦国、江戸時代のご先祖様たちには、体に巣食う奇虫の姿が見えた。
腹や胸が痛む症状、壁土を食べる異食症、ふさぎ、つかえ、喜怒哀楽までを操るのは、心身をつかさどる五臓に飛び入る“身中の虫”だとする「虫因観」がこれ。

腹の中から物言う声が聞こえ、自分の声と言い争うという奇病も、江戸の名医は「応声虫」(今でいう自閉症?)の侵入と診断。
昔はマジでこんな風に考えたのかと思うと・・・笑っちゃいたくなるが。

虫という病因が見えたのだから、治療は当然オジャマ虫の駆除。
応声虫には“雷丸”、胸虫には童子の大便パウダー入り生姜汁(!!)“胸虫薬”が処方された。
・・・だ、大便パウダーって・・・ウグイスじゃなくて、子供の・・ww

でんちゃん
     「私の大便はカラフル&ヘルシー&無臭です♪」 
     レタスうんこ中のでんちゃん。沢山出しますねぇ・・

こんな奇天烈な江戸医学、侵入した異生命体を薬で駆除するという考え方は現代医学と同類で、それなりに合理的なのだが、幕末、明治期に欧米から入ってきた近代医学によって「非科学的」と、その方法自体が駆除されてしまったw

今では「疳の虫」も自律神経失調による神経の異常興奮と説明されるらしい。
赤ちゃん時代から自律神経失調じゃ、先が思いやられるじゃないか~。

くり3
     自律神経失調の藤の花。ピンクの藤があちこちで。

評者も言うように、いくら科学的に探究、理解したところで、なぜ自分がそんな不幸な目に遭うのか“納得”はできない。
勝手に腹が立ち、胸が痛んだり騒いだりする。ケガもしていないのに、内臓におできができる。
やはり永遠に心身とは人類最大の謎・・という結論になりそう。

近くに虫がいないとか、虫が苦手な学生諸君、夏休みに「己の心身に巣食う虫の研究」はいかがでしょう?

とんぼ
     10㎝位ありそうなトンボ。誰ですか?


では本日の「福」。
あんまりホーけてばかりいてボケると困るので、パッチワークでもして肘の痛みを増幅させよう・・じゃなくて、脳に刺激を与えようと思い、折りたたみ式の小机を買った。
机
1260円でも、なかなか使い勝手はいい・・・が、くりが膝に乗ろうとするのが困るw

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

暑中おみまい申し上げます。

只今、絶賛夏バテ中のとんがりねずみでございますw

関西や内陸部の方々に言わせれば、「たかが32,3℃で、ガタガタ騒ぐんじゃねぇ!」とおしかりを受けるでしょうが・・・バテてるもんはバテてるんだからしょーがねぇだろ!・・・逆切れしてみたりw

昔は自他ともに認める夏女だったんですけどねぇ・・・チワワのくせに、寒さにはめっぽう強く暑さにはてんで弱い“くり”を迎えてもうすぐ11年、エアコン生活にどっぷりつかり、もはや私の体温調節機能はまったく働かなくなってしまいました。

文明の利器が人体を滅ぼす・・・あな恐ろしや・・・。

例の熱中症予防ベストを着せて、なけなしの根性を振り絞り、毎朝30~45分くりの散歩をし、家事少々(生物の世話ともw)をこなすと、あとはホーけてしまいます。
おまけにくりは「萌え期」真っ盛り。

くり
     カメラもぶれるほどの勢いで抱きついてくるw

ひたすら私にへばりつき、粘つくような熱い視線と尻を向けてきます。私に尻を向けられても・・・ねぇ。
私の姿が見えなくなると、オオカミのごとき遠吠え。小型犬は遠吠えはしないそうですが?
来月11歳になるってのに・・・いい加減「上がって」もらいたいものです。

ゾンビみたいに生きてる私・・・よしゃあいいのに、どうでもいいことはする。
庭で「ぼっちさん拾い」ww

ぼっち1
     「捕まっちゃった」 ぼっちさん=ヌマガエル。

向かいの田んぼから、ヌマガエルのおチビがぞろぞろ上陸してきて、庭には小さなぼっちさんがぴょこぴょこ。

一昨年の夏に、オタマジャクシから育てたぼっちさん(その時付けた“ぼっち”という名前が、ヌマガエルの代名詞になってしまった)は、ひと冬を我が家ですごしたんだけど、6月の繁殖期に入ったら嫁が欲しくなったのか、全然餌を食べなくなり、狂ったようにジャンプを繰り返すように。
すっかりやせてしまったので、出身地の田んぼに返しました。

旧ぼっち1
     寄り目のオタマがヌマガエル。アマガエルのオタマは
     目が離れてます。

旧ぼっち2
     まな板の上で野菜を切っていると、包丁のトントンと言う音に合わ
     せて「カカカカカ」と鳴いてくれました。嫁は見つかったか?

彼の子かどうかは定かでありませんが、無駄に空のプラケがごろごろしているので、ついつい2匹保護(捕獲だろ!)。
ところが、1匹はミルワームにあっさり餌付いたものの、もう1匹がなかなか。

ぼっち2
     2日でこの体格差。

やせっぽっちの方は庭へ戻し・・・よしゃあいいのに代打投入w

ぼっち3
     元いたぼっちさんはどっちだ?
     今度は2匹ともミルワームをお召し上がり♪

あー・・・もう生物を増やすのはやめようと、緩く心に誓ったのに・・・特に水棲生物はめんどくさいしな。
イモリにウキガエルにツノガエル、ラムズホーン、金魚(外の睡蓮鉢)、デンちゃんズ・・・断水になったら困るし、めんどくさい。なのに飼うw

でもねぇ、夏場はやはり水の生き物は涼しげでいいんですよねぇ・・・って言いたいけど、うちのはみんなむさくるしい(笑)

というわけで、楽しく墓穴を掘っているとんがりねずみ、絶賛夏バテ中ww
バタリ。

もんちゃん
     「ご自愛ください。」
     とっても涼しげな(!?)もんちゃん。口の骨格が直角なのか?


本日の「福」。
キターーーーーー!!!
そうめん
10年来、唯一届けられるお中元。
もう全然付き合いもない会社から。きっと経理が顧客整理とかやってないんだろうねぇ・・・ありがたいことにお歳暮もくれる。
今年はなかなか届かないので、ついに見直したか、と思ってあきらめて素麺買いに行こうと思っていたところだった。ラッキ~♪



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

浮世離れした?我が台所。

人間って、なんで一つの食材が高値になったり品薄になると、あんなにパニくるんでしょうねぇ。
それがないと生きていけないわけじゃなし・・・。

主食の米や小麦の場合はわからないでもないけど、牛のBSEの時然り、クジラにマグロ、バター、トマト、バナナ・・・今度はウナギ。
どれもなきゃないで済むものばかりじゃん。

くり1
     下戸ですが、好き嫌いはありません。
     ウサギの皮だって食べます。食べなくてもいいんですけど。

まぁそれらを扱う商売の人たちにとっては深刻だろうけど・・・土用にウナギの蒲焼きを食べなきゃ夏を乗り切れないとか厄が落ちないとか・・そういうもんでもなかろう。
日本人たるもの、土用にウナギを食わずしてなんとする!と言われれば、わたしゃ非国民ということになる。

そもそも蒲焼は好きじゃない。脂っこくて甘ったるい。
ウナギなら、絶対白焼きをわさび醤油で♪これがいちばん。
もちろん私のカレンダーには「土用」はない。

くり2
     「父ちゃんはすき家の牛丼は甘すぎるっているのに、
      蒲焼やスイーツは大好きなんだよねぇ。変なの~」

くり3
     本日のおにぎり後の菓子パンはジャムトースト。うげw

とまぁ、我が家の台所には季節感もグルメ感もおふくろの味感も一切なく、「ちょっとだけ栄養バランスを考え、冷蔵庫とそこらにあるものだけを駆使して、残さず食べられる量だけが作られる」わけです。
同じメニューを2日続けて食べるのは平気だけど、残り物を翌日食べるのはイヤなんでw

賞味期限とかはぜ~んぜん気にしません。生ものはにおいで確認。
ソースは開封後2年過ぎても平気だ(だんなで確認済み・笑)

昔は好きだったし得意でもあった料理、結婚後、超嫌いで苦手になったのはなぜだろう?

今じゃ自分の食欲や食事内容より、飼育動物の食いっぷりや栄養バランスの方が優先事項になっているのは明らか・・・w

蓮華寺池1
     炭水化物を燃焼中。


こんな本があります。『ナチスのキッチン』

本
     藤原辰史著 (水声社)

無駄はないが大いに偏っているという意味においては、うちも「ナチスのキッチン」かも。

著者によれば、台所は人間の身体の派出所、外部器官だと。
食材を調理して消化器官に送り込む場所だから。

身体の切実な欲求に直結している台所の様態や、そこでの出来事は、家族や社会のありさまを反映し、同時にそこで表現される欲望は、社会や政治を変化させてきた。
台所は政治的圧力装置であり、企業が甘い言葉をささやき続ける大口顧客であり、汚水と廃棄物を捨て続ける巨大な環境破壊施設でもある。

う~~~む・・まさに。
     
蓮華寺池2
     左前脚と右後脚を上げてシッコ。

蓮華寺池3
     「旺盛な食欲と栄養バランスと日々の運動のたまものです!」
     女子には無意味な行為だと思いますが・・・w

今ももめてる食糧の輸入規制の件なんか、まさに国家的かつ政治的思惑が渦巻きまくっている。

この本では、生命活動をする身体と社会の結節点である台所に焦点を当てて、過去に繰り広げられた(主にドイツの)歴史を考察している。(書評によればw)

なかなか興味深い本だが、4200円もするので、経済力と興味のある方はぜひお買い求めくださいw

牡丹1
     この暑いのに炬燵ですか、牡丹さん?

というわけで、我が家の台所は21世紀の社会や政治からつまはじきにされてる感が・・・って、私の責任か?

牡丹2
     「暑い時こそ、足腰を冷やさないようにね♪」by牡丹

でも私にだってこだわりはある。
アイスは井村屋アズキバー(6本入り徳用箱)、ナッツ類は無塩無油ロースト、ドライイチジクとドライアプリコットはトルコ産。ニンニクは一切NG。
・・・どれも「こだわってどうする」みたいなもんばかりだったりする。


では本日の「福」。
くりの夏の散歩対策にこんなものを買ってみた。
服

くり4
今日着せてみたら、ちょっとごわごわするけど、嫌がる風でもなく、ほとんどハァハァせずに炎天下を30分ほど歩きました。
おなかもしっかり断熱するので、効果的かも♪

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

不調は雪だるま式w

梅雨が・・・明けましておめでとうございますw

九州の豪雨も一段落したようですが、復旧はちっとやそっとじゃ終わらないでしょうねぇ・・・それに次は台風の心配が。

ところがすぐそばの朝鮮半島は大干ばつだそうで。
ま、飢饉の心配もどこ吹く風、北の坊ちゃん元帥様は、ミッキーマウスやロッキーのテーマ曲の演奏を楽しんでいらっしゃいましたが。
やだなぁ・・・あのデブチンと好みが同じなんて・・・(ワタクシ、ロッキーのコレクターズBOX持ってますw)

国旗
     祝日には必ず翻る日の丸。海の日にも必要か?
     ここ、若い人が多いマンションなんだけどねぇ。

そして泣きっ面に蜂な私・・・(泣)

ワタクシ、土曜日に熱中症になりかけたせいか、モーレツな夏バテ中なのですが、そこへもってきて、今度は体のパーツに故障が。
3ヶ月くらい前から右肘内側が痛くて、髪を洗うのも拭くのもしんどい時もあったんだけど(動かす角度で痛みが違う)、指圧と針でだましだましやってました。
が、1週間くらい前、右膝をついたら激痛が。
膝のお皿の下、内側寄りの骨あたりを押すと痛い・・・打った覚えはないし、青あざもない。
そのうち痛みが膝下全体に広がってきたので、ヤバいと思ってしぶしぶ整形外科へ。

整形外科は、朝もはよからにぎわっていることw
一番乗りのつもりで行ったけど、待合室は7割椅子が埋まってた。(もみじマーク80%)

毎度、やる気も儲ける気もなさげな若先生に症状を話すと、レントゲンも撮らず触診して、「あー、肘は腱鞘炎ね。膝は靭帯の炎症だね。悪い痛みじゃないから。」
良いも悪いも・・・痛いものは痛いんだよっ!!

原因は大方使いすぎ。あるいは使わなすぎ(運動不足)。
筋肉が疲労で固くなったままの状態で動かし続けると、靭帯や腱に負担がかかり、それが蓄積して炎症を起こす、とまぁこんなことらしい。

あー、そういや毎日玉ねぎ20個のみじん切りと、くり(2㎏強)を抱いてのスクワット200回がきいたかなぁ・・・・そんなことしてません

唯一の救いは・・・「先生、これ老化?」
「いや、若い人でもなりますから。」ふははは・・・なんだかほっとした(笑)

痛くても休ませてる場合じゃない肘と膝。
十分なストレッチと湿布でごまかすことに。



話は変わりますが。
先日ちょっとしたハプニングが。

相変わらず回し車が大好きで、乗ったらエンドレスで回し続けるチャラ男ローズ。
先日、ローズが楽しそうに回していると、ツイが「アタシも出してよ!」と暴れるのでしょーがなく出してやった。

ローズ&ツイ1
     いつもはお互い知らんぷりなのに、この日はツイが
     自ら車に乗ろうとする。

ローズ&ツイ2
     強引に乗り込んだはいいが・・・どっちへ回すの?

ローズ&ツイ3
     「うっふ~~ん♪」 なんだか色目を使うツイ。

すると突然、ローズの尾の先がぷるぷるっと小刻みに震え、次の瞬間

ローズ&ツイ3
     「がしっ!」 肉食系男子に変身ww

ヤ、ヤバい・・・交尾行動か!?
こっちの心の準備も知識もないうちに困るんだよ、子供作られても!

ローズ&ツイ5
     引き離そうとするも、ツイの首筋に噛みついて離れない。
     でも嫌そうでも痛そうでもなくへー然としてるツイw

今1歳余のローズ・・・まだまだお子様だと思ってたけど、いつの間にか男になっちゃって・・・いやはや感無量w・・・なんて言ってる場合じゃない!
何とか口こじ開けて、やっと引き離したわ。
あー油断した・・・まいったまいったw


では本日の「福」。
整形外科でもらった伸び伸び湿布。
サロン○スとかだと半日でかぶれる私も、この湿布は丸1日張りっぱなしでも大丈夫だし、けっこう効く。
湿布
これと別れる日はいつ来るのやら・・・ダスキンさんと専属シェフが必要だ。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

九州は天災、国民生活と学校は人災に見舞われている。

九州では単なる梅雨とは思えないような、自然の猛威を誇示するがごとき大災害に見舞われていますが・・・これも温暖化のツケなのでしょうか。
被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。

しかし・・・原発を止めれば電力はおのずと火力に頼るしかなくなり(太陽光や風力なんて、規模が知れてるのだ!)、そうすれば、どーゆーわけか震災以来「死語」になった感のある「CO2」の排出による気温上昇は免れないわけで・・・どうするんでしょうねぇ、人間は。
人間以外の生き物たちの声が聞こえてきそうですよ・・・「ったく、人間なんてろくなもんじゃねぇ」w

まぁせっせと省電力製品を開発し、ケチ電・・おっと違った、節電生活にいそしむしかないのでしょうか。やれやれ。

くり1
     省エネ冷却法実行中。
     白いからって埃だらけになるのは困る。(掃除しろ!)

くり2
     「おか~さんも一緒に寝る?」 ・・せっかくですが・・w

土曜日も、息苦しいような雨あがりの中、くりはクールマックス着用で、大井川河川敷を暴走してきましたが、画像が毎回同じなので、今回はカットw

その河川敷に、陸上競技用グラウンドがあり、土曜日に行くとどこかの中学の陸上部らしい子らが練習をしているのですが・・・なぜに11時近くから始めるわけ?
冬はいいけど、こんな時期、熱中症で死んじゃうぞ!(日陰全くなし)

BB1
     色は涼しげ(ボディはむっちり暑苦しい)B.B.。
     重たいせいか?回し車はチョ~スローペース。

BB2
     「何か文句でも?」 いや、快食快便は結構なことです。

そこでちょームカつく、というか呆れた事態に遭遇。

グラウンドの周りにぐるっと遊歩道があるんだけど、私たちが後数mでそこを通ろうという時に、陸上部の顧問だかコーチだか・・30代前半と思しき男(他に2人)が部員(約30名)を歩道に整列させた。

おい!通れないじゃないか!
後列あたりの生徒が私たちの方をちらちら見ていたが、男はお構いなしに演説をぶち始めた。
クソ暑い時間、部活の前に話すような内容とは思えない話(テレビのどの番組を見ろとか、ウサイン・ボルトがどうしたとか、内村航平(体操だろ!)がどうだとか・・)で、部員もシラ~~・・。
己の知識をひけらかしているだけって感じの演説が延々。

そもそもグラウンドがあるのに、なぜそこでやらないのだ?
歩道は人が歩いたりジョギングする場所だろーが!

我々が「どけ!」と言わんばかりに、わざとしばし手前で立ち止まっていたのに、気にする様子は全くない。
普通、生徒に「そこ、道を開けなさい」くらい言わないか?
しかたなく、我々がグラウンド内へ入り迂回。

あきれたね。

ローズ&くり
     くり 「あの夫婦はキレると暴れるから、はらはらしたよ」
     ローズ「わかるよ~。父ちゃんはマジで怒鳴るからねぇ」

モンスターペアレンツばかりが問題視されてるけど、ここのところマスコミをにぎわせている各地でぼろぼろ露見してきた中学生の自殺に対する教師や学校、教育委員会の態度を見れば、よ~くわかる。
教える側にも絶対に大いなる問題と欠陥がある!

公共の場でのふるまい方や、周囲の雰囲気を見極めたり読んだりする力もないような人間に、教えを請わねばならない子供たちがかわいそうだ。
義務教育では、子供は師を選べないしな。

あー、ここにも日本沈没のタネが・・・南無ww

ツイ&アラ
     こんなショットはもう見られないんだなぁ・・・。
     最近暴れん坊ツイがおとなしい。(でも食欲は大復活w)


では本日の「福」。
あまりの蒸し暑さに吐き気を催しながらも、2週間で50g増えていたくりを30分ほど歩かせてきた。
タチアオイも終わり、あちこちでムクゲが花盛り♪
ムクゲ1
小ぶりなハイビスカスみたいで好きだな~。
1本の木にすごく沢山花が付くんだよね。

ムクゲ2
これ、ややこしいけど、珍しいね。

あー・・・ムクゲは爽やかだけど、吐き気がすごい・・・バタリw
おまけに昨夜から脚にじんましんがマシンガンのごとく出始め、かゆくて発狂しそう~(泣)

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

気が付いたら終わってた七夕と首太り犬の散歩。

七夕も気づかないうちに過ぎてしまいました。
ま、七夕だからどうだってこともないのですが・・・そもそも子供の頃から、短冊に願い事を書いて笹につるしてもかなったためしがありませんしw

でも日本ってのはロマンチックなことを考えますよねぇ。
年に1度、織姫と彦星が天の川を渡って・・・何をするんだろう?会うだけ?(子供じみた大人の想像は広がるw)・・・まぁとにかく逢瀬を楽しむわけです。

七夕の夜に降る雨を「酒涙雨(さいるいう)」(演歌のタイトルっぽいが)と言うのだそうで。
二人が逢瀬の後に流す惜別の涙なのか、あるいは逢瀬がかなわなかった悲しみの涙なのかは、定かでありませんが。

でもさぁ、月遅れで8月に七夕祭りやるところも結構あるから(「八夕」とは言わないのか?)逢瀬のチャンスは実は2度あるわけです。

実は私、まだ子供の頃、実は天の川ってのは1年中空にあり、見ることもできるという事実を知ってしまってから、一気に七夕に対する興味を失いました。
ついでにいうと、サンタクロースなんか信じたこともない嫌なガキでしたw


アラの喪も明けていませんが・・・土曜日は「首太り犬」のために、雨の中、公園散策(散走かもw)と小山登り。
相変わらず、老犬は走り、飼い主は二人とも「○○が痛い~」を連発w

蓮華寺池1
     なんでそんなに走りたいんだ!?

蓮華寺池2
     下りも走る。下りは膝に悪い!

蓮華寺池3
     昼近かったけど、雨のせいか蓮もまだ咲いてた♪

蓮華寺池4
     「父ちゃん、これがそんなに美味いのかい?」
     このジャムパンの美味さは未知の領域だったそうでw

  
ひどくなる雨の中、何とか公園を一回りした後は、お約束の公園前のミニストップへ。

くり
     「まだかなぁ・・・」あんたのために寄るんだよ!

ソフトクリーム
     クソ不味かったプリンソフトがやっと終わり、マンゴーになったよ♪
     これは爽やかな味でGOOD!

で・・・月曜日も休みだったので、また「首太り犬」のために涼しそうな山へ。
先日デンデンムシ採集が「ぼうず」に終わった(「ぼうず」って釣り用語?)富士市の岩本山公園。
平日なので、いつにもまして人がいない。デンデンムシもいないが。

岩本山1
     アジサイはまだ見頃。

岩本山2
     2連荘でスイーツが「当たり」だったらしく、ご満悦の亭主w
     私は甘い菓子パンはノーサンキューざます。

散歩の後、車で1時間もかからずに行けそうな長泉町の“鮎壺の滝”を見に行きました。
カーナビのない我が家の車、ロードマップとプリントアウトしたグーグルの地図を頼りに探すも、さっぱり見つからない。
同じ場所をグルグルグルグル・・・疲れてしまった私は帰ろうと訴えたが、だんなは「オヤジの意地」を振りかざし、絶対に見つけると言い張る。

JR下土狩駅から徒歩3分という街中にあるはずなのに、なぜ見つからない?

で、たまたま通りかかった「ナントカカントカ鮎壺公園」と言うマンションの駐車場に迷い込んだら・・・あら、目の前が滝ww
近くの細い急な下り坂をおり、荒れ放題のチョ~小さい鮎壺公園に車を止め、やっと到着。

滝1     
     おお!なんという爽やかな風♪
     落差はないけど水がきれい。黄瀬川という狩野川の支流。

滝2
     マイナスイオンの効果は眠りを誘いますw

滝3
     左を見れば高層マンションと住宅街という不思議な立地。

久しぶりに滝を見たよ。やっぱり気持ちいいね♪
しかし・・・これで見つからなかったら、マイナスイオンどころか活性酸素で満たされ、疲労は10倍になっていたでしょう・・・。
あーめでたしめでたし。


では本日の・・「福」・・かな、これ?
こんなことに「奇遇」なんて言葉は使いたくないけど・・・まさに奇遇。
アラが逝く数日前に、こんな本を注文していた。
本1

メメント・モリ(memento mori)、ご存知でしょうか?
ラテン語で「自分がいつか必ず死ぬことを忘れるな」と言う意味の警句で、「死を想え」とか「死を記憶せよ」と訳されます。
マダム半世紀さんが、この言葉についてブログの中で引用されていたので、つい買ってしまいました。
学生時代から結婚後も随分読みまくったんだよね、藤原新也さんの本(写真集)。

本2
1ページ目の言葉。

本2
写真集部分の最初のページ。

決して陰気とか辛気臭いものではないと思いますが、万人向けかどうかは・・・。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

アラが逝った。

今日はいきなり「冥福」の記事になってしましました。
今年、うめに次いで2度目です・・・。

7月2日(月)昼過ぎ、ヒョウモントカゲモドキ(ノーマル・♀)のアラが逝きました。
まだ生後1年半余りしか経っていないのに・・・ショックです。

アラ1
     昨年1月26日、体長10㎝程でやってきたアラ。
     初めのうちは「シャーッ」と威嚇する威張りん坊でした。

それは突然の出来事でした。
先月25日の朝、いつものように掃除をしようとケースの蓋を開けたら・・・おや?
素焼きシェルターの中から、アラが顔だけ出してる。しかも仰向けで!

背筋に冷たいものを感じながら、あわててシェルターをどけると、体を硬直させてひっくり返っているアラが!
パネルヒーターの上だったので、体は温かいけど、手足も尾もこわばって動かない。

でもひっくり返すと、目をぱちぱち。
あ・・・生きてる・・・腰が抜けそうでした。

何なんだ!?首から下が蝋人形みたいになってしまった、この状態って?
尾は曲がったまま、元に戻らない。

アラ2
     どんどん大きくなり、4月初めにはもうこんなに。
     グレーだった体が黄色くなっちゃったよ。

私は無意識のうちに、アラの体をマッサージし始めました。
なんなんだよ~~~、レオパの脳梗塞とかくも膜下出血とかってあるのかよ~~??

しばらくあちこちさすっていると、尾の硬直が解けてきて、手足をゆっくり曲げたり伸ばしたりしたら、関節も緩んできた。
後足の腿をさすると、尾をくねらせる・・・これは単なる筋肉の反射運動かもしれないけど、かちんこちんに固まった状態は脱し、生きてる感じになってきた。
なんだか私の気持ちがほぐれたかのようでした。

不思議なことに、顔を持ち上げることはできるんです。瞬きもできる。
水を飲ませようと、容器に口を入れると、ごくごく喉を鳴らして飲んだ・・・が、なんか変だなぁ・・・レオパって、犬みたいにベロを出して飲むんだよね、普通。

アラ8
     こんな感じで、ペロペロと。

すると突然アラが大きく口を開け、痙攣したようにカクカクと口を動かし、私の指に噛みついた、すごい力で。
何!?いったい・・・??

アラ3
     これのどこが異常に見えます?
     体は全く動きません。

1日4回くらい、水を飲ませるのとマッサージ、手足の曲げ伸ばしを続けていたら、3日目くらいには前足を自分で前へ出すようになった。
後足は筋肉を刺激しないと動かないけど、尾の振り方が大きくなり、体もくねらせることもあった。

ただ排泄をしないのが心配だったけど、麻痺から5日目には(見た目には)正常な糞と尿酸をドカッと出したので、ほっとした。

ジャイミルの体液を絞り出してワーム汁を作り、舐めさせたら、1匹分全部食べたので、さらにホッ。
前足の動きは次第に良くなり、ほふく前進もできるようになり、口の痙攣も収まって、舌なめずりする顔を見た時は涙が出そうになりました。

一生下半身麻痺で流動食でも、目の輝きが今のままなら、それだけでもいいと思った・・・マジで。

アラ4
     被災地(だんなのデスク)視察にも行きました。

アラ5
     夜は一緒に本を読んだり。

そして7月2日の昼ごろ、またワーム汁を食べて、舌なめずりをした。

1時間くらい後、なんとなくケースをのぞいたら・・・え?
アラが口から黒い水のようなサラサラの液体をいっぱい垂らしてる。
目は開いているけど瞬きをしない。
体を持ちあげたら、力なくだらんと垂れ下がりました。
そこにもう生命が宿っていないことは一目瞭然・・・。

しばらくへたりこんでいました。
嘔吐物はワーム汁ではない・・・あの黒い液体はなに?

とにかくそれが何であれ、1時間のうちにアラの体内で何かが起こったことだけは確か・・・。
分析したところで生き返るわけではないのだが・・・そういう症状を検索しても、全然ヒットしない。

アラ6
     23㎝位あるのに、この狭い場所がお気に入り。
     ここ、水を入れるスペースなんだけどね。

アラ6
     結局、狭い所に入り込むのが好きだったようで。
     この寝方もよくやってた。

くたっと横たわるアラを、横からツイがジーッと見ていました。何を思ったのか・・・。

ケースは木曜になってやっと片づけました。
アラの亡骸は、2月に逝ったうめと同じアンジェラ(ツルバラ)の木の下へ埋葬。

爬虫類と言えども、レオパってどことなく犬猫っぽい人懐っこさがあって、存在感も大きかったです。

寂しくなっちゃったよ、アラ。
辛かったろうね・・・私の自己流リハビリ、よく頑張った。えらかったよ。
ありがとうね。

アラ7

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

動と静の充実。

土曜日は貴重な梅雨の晴れ間だっていうんで、首回りが“もっつり”してきたくりのエクササイズとアンチエイジングのために、エコパスタジアム(の周りの空き地)へ。

この日はスタジアム内でも静岡陸連の大会があったようで、スタートの銃声や歓声が上がっており、ちょっと遠い昔を思い出しました。

「車を降りる=食事」という妙な図式を勝手に作り上げたくりに付き合って早弁w
さっき食べたばかりでも、とにかく車を降りたら食べねばならぬと思い込んでいる妙な犬です。

本日のだんなのスイーツ(スイーツおやじw)は、私がその姿と名前に魅かれ、これを推薦(=強要)。

パン1
     桃パンw
     ホイップクリームと桃ゼリー入りらしい。

パン2
     「父ちゃん・・・なんか卑猥なパンだ~」
     真ん中をほんのり青くした方が・・・(蒙古斑w)

桃って中国などでは、長寿や吉祥の象徴なのに、なぜか日本では「桃○娘」とかが流行った?せいか、どーも男性好みのアイテムを連想させるようで・・・って、え?そんなこと考えるの、私だけ?

お味の方は「う~~~~ん・・・」ということらしい。

そして本日はクールマックス(くりの服)解禁日。
このシャツを濡らして着せると、信じられないことに、クソ暑くても走ります。
生地からアドレナリンが染み出すのでしょうか?

エコパ1
     「さぁ行くよ!」

エコパ2
     どうしても、体が伸びきったところが写せないんだよなぁ。

エコパ3
     「くり、待ってくれ~~!!」
     サブグラウンドの半周は、走ることに決めているくり。

エコパ4     
     さらに今日はスタジアムの周りも爆走w

飼い主はと言えば・・・だんなは膝痛、私は股関節痛でヨボヨボ。

あり
     頑張ってるヒト。ねぇその荷物、大きすぎない?

ところで、近年、子供や老人への虐待やネグレクトが問題になっていますが、それは加害者が幼少期に育児放棄されていた可能性が大であることを、横浜市立大がつきとめたらしい。
乳幼児期のラットを母親や兄弟姉妹から引き離して孤立させると、環境に適応したり新しいことを学習する脳の回路に異常が生じることがわかったそうです。
やはり諸悪は「元から断たなきゃダメ」ってことなのよね。

手で相手に触れることは、人間にとってとても大切なんだそうです。
欧米では、認知症などの緩和に手技が注目されているとか。
スウェーデンの「タクティールケア」や英国の「セラピューティック・ケア」などのように、高齢者の手や背中をゆっくり優しく撫でてあげることで、高齢者は心が落ち着き、自分が大切にされていると感じ、血圧も下がり、自律神経のバランスも保てるようになる傾向があるとか。

犬猫など、人間と密接な関係にある生き物にも同じ効果があると思います。
なので、私もよくくりのマッサージをするのですが・・・最初は自ら気持ちの良いところをこちらに向けるという図々しさをみせるものの、「もういいわよ!」と思うと、唸りだす・・・高齢犬はもっと従順かつ素直になってほしいものです(しつけが悪いw)。

さて、動の後は静。
私が見たかった絵の展示会へ寄ってきました。
学校の中にある美術館なので、犬も入れてくれるのがありがたいところ。

美術館1
     
ナイーブ派とは、アンリ・ルソーに代表される「素朴派」のことで、伝統的な絵画理論にとらわれず、画家が心の赴くままに描いた絵のことです。
本業を別に持っている人も多く、大抵は独学で絵を描いているそうです。

パンフレットに載っていたものをちょっとご紹介。

美術館2

美術館3

美術館4

入館者が、色鉛筆で自由に絵をかけるコーナーがあったので、ちょっと描いてきました。(入館者は我々のみでしたw)

美術館5
     とんがり画伯作、10秒画“歩く白い犬”

充実した1日でした。


では本日の「福」。
散歩中、水路沿いに涼しげな色のアガパンサスが見頃になりました。
アガパンサス1

でもねぇ・・・梅の木の間に植えるってのは、いかがなものかとw
役所の人間も、もうちょっとセンスを磨いてほしい。
アガパンサス2

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。