一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらゆる生物(人を含む)に対して身勝手なのは人間です。

(注)本日キモ画像ありますw

ウスカワマイマイの“デンちゃんズ”(デンデンムシ2匹ってことでw)のおうちをリフォームしました。

捕獲保護時には、鹿沼土と培養土が少々しかなかったので、それらをテキトーに混ぜて、そこらに落ちてた枯葉を入れておいただけのアバウトな住まいだったのですが(飼ったとこもないし・・)、本によれば夜行性らしいデンちゃんズ、寝てばっかりw

で、あちこちのブログやらHPを参考に快適リフォームをすべく、ホームセンターで赤玉土とカブトムシ用の無農薬枯葉を購入。

デンちゃん1
     赤玉土の上に水苔のせて、その他備長炭と枯葉を
     アレンジ。何分小さいので、プラケはミニサイズでOK。

餌は卵の殻を皿代わりにしてレプトミン(カメの餌)をのせ、キャベツはお好きでないようなので、ニンジンとレタスにカルシウムパウダーをプラス。

するとどうでしょう・・・まだ日も高いうちから動いているでないか~~!!

デンちゃん2
     一番の好物はレプトミンのようです。

そして夕方のぞくと・・・あら?こんな天井で何を?と思ったら

デンちゃん3
     ウンコしてるでないか~!

デンちゃん4
     食べ物によって色が変わるらしい。最初の草色のはレプトミン
     ウンコ?後から出た黒いのは枯葉ウンコ?

いや~、デンデンムシと言えども快適な環境だと、こんなにもゲンキンなほど活動的になるんですねぇ。びっくりびっくり。

適切に扱えば、適切に?反応。
生き物は正直だわ。
おべっか使ったり(犬猫は使うような)せず、快適さを体や行動で表現してくれるので、お世話のし甲斐もあるというものです。

ラムズホーン
     「お~美味い美味い♪」 コリドラスの餌に群がるラムズ。

人工的に作出されたり、害虫・不快虫として駆除対象になっている生き物を嬉々として飼育している私が言える道理もないのですが・・・先日来、ちょっとした明るい?話題になっているあの鳥・・・ホレ、「36年ぶりに野生で雛が孵った」と騒いでいるトキ・・・私、あれには何となく違和感を覚えるのです。

某地方紙では、23日の朝刊1面トップ記事よ!
小沢も原発も蹴散らして・・・アッパレw ・・ってか、日本は平和?

トキ
     親になると、顔がニホンザルに見えるのですが・・w

そもそも保護センターで人工繁殖させた親鳥を野に放ち、餌となるドジョウやカエル、昆虫は、農家の協力(農薬散布止めたり?)で何とか確保し、一般人を近づけないようにし、とりあえずネットや柵の無い場所で“深窓の令嬢”のごとく暮らしているものを“野生”と言えるのか・・・。

トキが絶滅したのは、主に乱獲が原因らしいけど、この繁殖計画には当初農家の反対もあったようです。
だって、彼らにしてみれば、トキは田を荒らす敵だものねぇ。

どーしてそこまで金と労力をつぎ込んで「トキ復活」を望むわけ?
学名がニッポニア・ニッポンだから?(学名って全部ラテン語のはずだけど、これもそう?)
日本にしかいない固有種ならわかるけど、トキは東アジアに分布しており、今繁殖させてるトキだって、中国からつがいを譲ってもらったのが発端なんだから、DNAが違うとか・・・まぁなんでもいいけど、とにかく中国や朝鮮にもいるわけよ、フツーに。

やはり観光や地域おこしに一役かってもらうためか?
手厚い保護の裏に「経済」が見え隠れするように思えるのは、私が歪んでいるせいでしょうか?

べるぴー1
     「あんたほど歪んでいるヒトも珍しい。」
     3年たっても成長を続けるあんたも変わり者よ!

絶滅、もしくはその危機に陥らせた後、手厚く保護し、やがて増えすぎて害をなすからと言って駆除する・・・トキがカモシカやニホンザルみたいな運命をたどらないよう祈ります。
つくづく人間って、身勝手な生き物だと思うわ。

べるぴー2
     「ふんw えらそうに」 この寒い冬を便秘もせずに一人快調に
     過ごしたべるぴー、なぜか2回りほどデカくなったww



では本日の「福」。
農家や園芸家の皆さん・・・こんな本買っちゃってごめんなさい。
本
でも「飼い方」が出てるんだから、文句言われる筋合いもないかw
作物の食害に対する免罪符みたいな感じ(笑)
日本のデンデンムシは、エスカルゴみたいにガーリックバターで食べられないのかしらね?









スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:ペット

コメント

v-22でんでんむしの新居・・・なかなかわびさびもあってええじゃないですかw
それにお食事は、やはり肉食系?
完全なベジタリアンじゃないのですね・・知らなかった

トキ、ニッポニア・ニッポンなの、あれでも?
中国から来た人たちでしょ~?
確かに猿に似ておりまするw
あ、中国の京劇に出てくる人に似ていない?
(なんか一人で納得w)

でんでんむしの本・・・表紙がテンケー的なのね
でんでんむしとアジサイ、で

  • 2012/04/27(金) 22:27:06 |
  • URL |
  • 葉っぱ #yDt/5Vf6
  • [ 編集]

こんばんわ~

とんがりさんが、どこまで走って行くのか、ちょっと楽しみになっています。^^
今は巻物ですね。

次はどこかな?^^


  • 2012/04/28(土) 00:57:48 |
  • URL |
  • マダム半世紀 #-
  • [ 編集]

きょうはポカポカ陽気でしたねえ。
ホームセンター内のペットショップを覗いたら、メダカ3匹を無料で配ってました。
金魚すくいもやっていて縁日のようでした。
犬の餌も無料で配ってましたよ。
春ですねぇ~♪

ところでウスカワちゃんなんですが。
カタツムリの場合、レプトミンを常備?していると栄養過多になるかもしれません。
たま~に与えるのであれば大丈夫かもしれませんが…。
栄養過多に弱いんですよねぇ。
昔の武士のような生活にしないと駄目なようなんです。

これはカタツムリ飼育名人「あききさん」からのアドバイスです。
メールのやり取りをしていました。
私は土飼育ですが、紙飼育のほうがベターでは?と助言されました。
この辺、ナメクジとは真逆なんですよ。
同じ種でも正反対になります。
不思議です。
キセルガイも違うんですよね。

カタツムリに限って言えば。。(私の場合)
白菜をケース内に絶えず置いておきます。
給餌皿にはリンゴ・サツマ芋・人参・ナス等の切れっぱしを置いてます。
そしてオートミルを常備してます。
それらにカットルボーンを指でこすって振りかけてます。
キセルガイならテトラフィンを少し混ぜるんですが…。
これも、危険だそうです。
(たま~になら。。)

ナメクジは2日おきの給餌。
カタツムリは1週間に1度程度。
ナメクジは贅沢なんですよ。
カタツムリは栄養は敵。
手抜きのほうが良いそうです。
ちょっと可哀想になるんですが…。

ナメクジとカタツムリのチビちゃんはミズゴケ飼育でやってます。
この頃は、線虫対策も兼ねて土(ミズゴケ)に有機石灰をばら撒いてるんですよ。
結果は良好のようです。

一思いにナメクジ飼育も行きましょう~♪
いつでも送ります。
アマミヤマナメクジのチビちゃんは可愛いですよぉ。(笑)

  • 2012/04/28(土) 19:30:34 |
  • URL |
  • 髭蟲 #CenICKp6
  • [ 編集]

カタツムリはσ(´・ω・`;)餌としての認識しかなかったので…
北海道から送ってもらった真っ白なサッポロマイマイ
オサムシの餌にしばらくキープしてました
何もせず冷蔵庫に(o・ω・o)ノ ⌒ ゚ ポィッだったんですけど
飼ったら実はちょっと楽しかったんですかね?
とんがりねずみさんの記事見てたらそう思いました(ノω`*)
日本のも調理すれば(`~;´)ムシャ ムシャできそうな気がしますw

  • 2012/04/28(土) 23:13:04 |
  • URL |
  • Zero #-
  • [ 編集]

ベルビーさんお元気そうで何よりです。
そうですね・・・
ベルビーさんたちもでんでん虫も媚びないですものね・

人間だけです・・犬猫もいましたね・・

「媚びるな、へつらうな、堂々としていろ!」・・・霊長類と言われてそっくり返っている人間がこれでいいのでしょうか?飼育できる人間が偉いのか?・・・疑問ですね。

飼育されている彼らの方が・・・ベルビーさんなんぞ、へつらうなんて言葉すらない堂々とした眼力さえ感じます。

「お世話をさせてやってるんだよー!」ってお顔ですよ。そうするとさしずめ人間は今流行りのコンシェルジュどころか、下働き下男、下女ですね。
宇宙全体で見たら、人間のレベルは本当は結構下なのかも・・・

とんがりねずみさんのような人が研究者と呼ばれる人たちなのですね・
とんがりねずみさんは研究者としていられたら、きっと体力がないとか、病気などとは無縁の人ではないかと、ふと思いました。人間界で生きるって半端じゃないですものね。

  • 2012/04/29(日) 09:05:34 |
  • URL |
  • 25 #xgl6jd7M
  • [ 編集]

v-535葉っぱさん
実はナメクジはもちろん、それに「宿」が付いただけのカタツムリでさえ、触れなかった私なのですが・・・なにもかも、ヤドカリの次に苦手なコオロギを克服してしまって以来、もうなんでも生きてるものなら「どんと来い!」みたいなムードになってしまい・・・w
何を食べるかなんて考えたこともなく、とりあえず家にあったカメの餌とエビをあげたら、食うじゃんw
雑食なんだと一人納得していました。
でも生まれ出た環境にたまたま食える肉がなかったから、草食だと「思われ続けて」いたのかもしれませんよ~?ほんとはドッグフードとかも食べたりしてw
でもカメの餌の主成分は野菜です。

トキ、ほんとだわ、京劇役者の顔!
日本に定住するなら、歌舞伎顔にしてもらわんとなv-403

v-535マダム半世紀さま
なんとなく体調不良が続き、かなり引きこもり生活をしていたら、いつのまにか、家に居ながらにして楽しめる(楽しいのは私だけらしいが)モノがぞろそろと・・・ww
趣味「だった」手芸も、途中放棄で、ラムズの掃除はすれども,己の身辺は・・・ははは。まぁそういうことです(笑) 主婦廃業w

v-535髭蟲さん
公園の池でもメダカのチビたちが元気よく泳いでいました。
急に暑くなりましたからねぇ・・・昨日あわてて、くりのノミ、ダニ予防薬をもらいに行ってきました。

うっかりしていました・・・ヌメヌメ系の達人がすぐそこ(どこだw)にいることをw
髭蟲さんはナメクジ専門で、カタツムリは違うと思っていたのですが、考えてみれば、殻があるかないかの違いですよねぇ、おおざっぱに見れば。

いろんなサイトを見ると、飼い方も人それぞれで、もうどれを参考にしていいか迷いに迷って、とりあえず本にあるような基本的な方法にしてみたのですが、うちのヒトたちは水苔があまり好きではないようで、赤玉土や葉っぱの裏にいます。
紙でも飼えるの? レオパみたいにってことですかね?・・・それは初耳です。
たしかに掃除や保湿が楽そうです。

餌は毎日やれ、2,3日に1度やれ、と、人によりいろいろで・・・そうですが、カタツムリは粗食、ね。
レプトミンは野菜が主だし、カルシウムも取れるからいいと思っていたけど、贅沢食なんですね。
これからは、ご褒美(何のだ?)程度にします。

ナメクジ・・・昨日発見しました・・・う~~~~ん、こっちは実害が多くてねぇ・・・道のりは長そうですが、デンちゃんズのおかげで興味は出てきました♪
またいろいろご教授くださいませv-410

  • 2012/04/29(日) 11:15:00 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

v-535Zeroさん
どこかでカタツムリをいっぱい見たような気がしていたのですが・・・そうか、Zeroさんところだったんだ。オサムシね・・・たしかに彼らのご飯w
まぁレオパに対するシルクワームみたいなものなので、食物連鎖は仕方ないですよねぇ。

私もね、ぬめぬめ系は苦手だったんですけどね、あまりにも久しぶりに実物を見たのと、これは大きくならない種なので、ちょっと試してみようかと。
ダメそうなら、庭に放っても怒られない種だしね。
カタツムリオタクのサイト、いっぱいあってびっくりしました。
野菜をもしゃもしゃ食べる動画とか見てたら、飼いたくなりまして(笑) Zeroさんも1匹くらい、ペットに昇格させてみては?

v-53525さん
媚びずにへつらわずに生きていけたら、本当に楽で快適でしょうけど・・・やはり「群れで生きる」生き物は、どうしても階級社会を作るので、その結果、嫌でも強者と弱者が生まれ、弱者は程度の差こそあれ、強いものにへつらわないと生きるのが難しい・・・猿や狼の社会でもそうですよね。

あ、でもね、カエルでもウキガエルみたいに数匹一緒に飼っていると、力関係がはっきりわかるんですよ。強いものは、弱いものを押しのけて餌を横取りしますし。
その点ツノガエルは個室住まい(一緒にすると“食い合う”w)なので、みんな「吾輩が王である」状態なのかも(笑)

地球の下僕たるはずの人間も、いつの間にやら「文明」とかいう武器をたてに、地球に挑戦するかのような暴挙に出始め・・・今、その「しっぺ返し」と受けつつあるのかもしれませんね。

私が研究者だなんてとんでもない!
幼稚園児が公園で見つけたデンデンムシを、とりあえず家にあるものを駆使して飼い、観察して喜ぶ程度です(笑)
それにつけても、生物が教えてくれる様々な驚異に感謝です♪

  • 2012/04/29(日) 12:35:41 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

いえいえ、ナメクジに関しては多少飼育経験が長くなりましたが…。
カタツムリに関しては素人同然です。
ナメクジのほうに熱意が行っているのでどうもいけません。

カタツムリは何百匹も子供が生まれました。
でも、生き残ってるのはわずかです。
ナメクジの生存率と比べると、ちょっと考えてしまいます。
どこかに欠陥があるのでしょうね。

どこまでも「あききさん」のメールの内容になってしまいますが。
テトラフィン等の動物分の多い餌を与えると、1ヶ月ぐらい猛烈に成長した後で必ず死ぬそうです。
(週1ぐらいで間隔を空けて食べきれる量を与える場合はOKかも?)
一方、オートミルや野菜等を与えた組は高い生存率だったそうです。

私もウスカワマイマイを飼育した時があるんです。
でも、いつの間にか消えてしまいました。
ナメクジと同居させてましたから…。
餌が全く違うんですよ。
カタツムリたちは喜んだんですがねぇ。。

現在、キセルガイ・ナメクジは大繁殖しています。
私にとってカタツムリは鬼門です。
また、春になってチビたちが大量に生まれてくるでしょうから。
再チャレンジのつもりで頑張ります。

紙飼育に関しては詳しくは聞いてないのですが。。
キッチンペーパー等の吸湿性の高い敷物を使うと思います。
乾きや汚れが早いので、こまめな観察が必要なようです。
でも、この飼育法は数多くのメリットがあります
多くの実績もあるようなので、紙だけでの再チャレンジを考えています。

一度「あきき」さんのサイトに行ってみてください。
彼はアマチュアというよりは研究者ですよね。
カタツムリの知識は深いです。
しろたんさんのリンク集にあききさんのブログへのリンクがのってますよ。

  • 2012/04/29(日) 21:33:08 |
  • URL |
  • 髭蟲 #CenICKp6
  • [ 編集]

v-535髭蟲さん
ナメクジとカタツムリの孵化後の生存率・・・言われてみれば納得ですね。確かにナメクジは猛烈にのさばってるのに、カタツムリは私、ほんとに10年ぶりくらいに見たんですよ~。
ナメクジは植木鉢の底に潜んでいる奴らが多いので、農薬や外敵などの影響を受けにくいのでしょうか?
その点、沢山生まれても、葉の裏や塀を歩いているカタツムリは、農薬であっという間にお陀仏・・・うちもバラの消毒しますからね~・・・。

あききさんのブログ、カタツムリの所を拝見してきました。どこに行けばあんないろんな種類にお目にかかれるのか不思議だわ~、図鑑でも見たことないものもw
私の観察力が足りない・・・ってか、つい最近まで、あまり好まない種類に入っていたし(笑)
ラムズホーンで完璧に免疫ができたようです。ラムズは爆殖の気配なので、涙をのんで、昨日かなり駆除しました。でもかなりチビの姿が・・・恐w

紙飼育、試してみようと思います。
とりあえず赤玉土の上に一部紙をのせてみようかしら・・・うちのヒトたちは、結構土に潜りたがるので、土を撤去しちゃうのもかわいそうな感じだし。
tさんに教えてもらったブログも女性の方がやってらっしゃるし・・・カタツムリは女性に人気?

そういえば・・昨日コンビニで韓国コスメのコーナーに新しいものが。
カタツムリ顔パックにカタツムリ基礎化粧品一式。成分に「カタツムリ分泌液」とありましたww
そのうちカタツムリも絶滅危惧種に・・なんてことにならないよう、祈ります。しかし・・・私はそれを使う勇気はないわ~v-356

  • 2012/04/30(月) 11:13:54 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

おぉ!

(笑)!

トキの顔ニホンザルって言われて
[あ!ホンマや!]って笑ってもうた~(笑)

いやはやホンマ言われてからは、

ニホンザルにしか見えへん~(笑)

そして!デンデンムシ~!

小さい時に飼った事あったけど

ココまで良く観察なんてしてなかったから

この写真は興味をそそられた~!

デンデンムシも食べ物でお出しになる物は

かわるんですね~(笑)

  • 2012/05/01(火) 01:21:57 |
  • URL |
  • fuuka #-
  • [ 編集]

^^

記事中にキモ画像があるとのこと。
楽しみにしていましたが。
どれがキモ画像かわかりませんでした。
とんがりワールドに慣れた証しでしょうか?w

コリドラスの餌に群がるラムズ。
こんなタコがいたらいいなwwww!!^^)/

  • 2012/05/01(火) 06:36:37 |
  • URL |
  • waravino #-
  • [ 編集]

v-535fuukaさん
率直に申し上げまして・・・丹頂鶴とかトキとか、天然記念物指定の鳥って、「遠目に見れば美しい」のだけど、顔のアップは目が小さくてサル顔だったり・・・ww
顔に羽がないって、なにか生物学的なメリットがあるのでしょうか?謎だわ~。

ふつう子供の頃に飼う生き物を、めっちゃ遅まきながら、今頃その飼育の楽しさに気づいたとんがりねずみでございます。
以前は虫嫌い&ナメクジ系は植物の敵だったので、目の敵にしているところがあったけど、レオパの餌のコオロギを身内に引き入れて(!)以来、もう動くものなら何でも来い!な気分です(笑)

v-535waravinoさん
どれがキモいかわからなかった?
あーーー、それは重症です。いや、我々から見れば「きわめて正常になった」と言った方がいいでしょうか。
これであなたも「キモ部」に入部できたわけです。
おめでとうございますv-314 大歓迎♪
慣れって怖いですね(笑)

ラムズ蛸ww
そこまで妄想を拡大させてしまいましたか・・・いやぁ私もそこまでは思いつきませんでした。
ちなみに蛸、飼えますよ。飼ってくださいよ!
食べるの嫌いだけど、見る分にはめっちゃ好きなんで♪

  • 2012/05/01(火) 10:09:29 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

こちらで放送(とんがりねずみさんとこでもあるかな?)している “探偵ナイトスクープ”って番組で、
カタツムリのうんこで 虹を作りたいってのがあった気がします^^
食べれる色の餌をあげ 赤 紫、他のうんこ製造・・・。。
その時 食べた色そのものがそのまま出るって知ったのだけど、ちゃ~んと作れた。
同じ事 とんがりねずみさんならできそうに思うー!!
以前 同じ考えで 水槽のヌメリとりにと購入したラムズホーンがいたけど 怖いくらい増えてしまい、
可哀想だけど 水換え時 シュプシュポでわざと吸出し、水槽内で絶滅させた事あった^^;
とんがり家で今でも増えてるけど もし ラムズ繁殖の時は 上部フィルター付けてると 
もっと凄いかな(笑) 青ラムズとかもあるみたいだし^^
ほんと 勝手で 購入したものの 絶滅においやる・・・って うるぐる反省ですが、
ほんとに増え続けるのであった(^_^;)

  • 2012/05/01(火) 11:20:10 |
  • URL |
  • うるぐる #-
  • [ 編集]

v-535うるぐるさん
カタツムリのウンコでレインボーe-491
なんて浪漫チック♪・・・でも、気が遠くなるような作業・・・w
飼育先輩の話だと、ナメクジと違ってカタツムリは餌を沢山やると、急激に成長して早死にするらしい。だから、回数も少なく粗食がよいとのことでした。
なかなか奥が深いw

ラムズって、すごいいろんな種類があるのにはびっくり!んでもって、まだ小さいのに、じゃんじゃん卵産むのにもびっくり。
うちの水槽はエアーも濾過機も無いので、2日に1度くらい、私がスポイトで地道に掃除してる(笑)
しぶとく生き残っているチビラムズの姿が見え始めたので、最近は産んだ卵は片っ端からヘラでこそげ取って捨ててるよ~。
でないとほんとにすごいことになりそう・・・カメがいれば、ご飯になるんだけどね。
で、「カメを飼え!」とアドバイスをくれた人も。そうしてどんどん生き物が増えてしまう~~~!(もう飼わないぞ!)

そう言えば、うるぐるさんちのシルクワーム画像・・・一体何匹いるんだ!?産地直送状態じゃないか(笑) よくあんなに手に入ったね。
手っ取り早く太らせたいなら、ハニーワームとかジャイミルなんかはどう?(動きが速くてちょっと嫌だけど・・)

  • 2012/05/01(火) 12:16:22 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

カメ飼おうよー
もったいないなーせっかくオヤツいっぱいあるのに(笑)
今ビッダーズにあれこれデンデンムシいっぱい出品されてるよー
ほれほれほれ
すんごいお高いのもいるから見るだけでも
せっかく本も買ったんだし(`∀´)

この記事の中で1番キモいのはトキです

  • 2012/05/01(火) 14:28:04 |
  • URL |
  • t #qIFa0De.
  • [ 編集]

v-535tさん
カメねぇ・・・好きなんだよね~、ほんとは。
でも以前ミシシッピニオイガメを、2種間であの世送りにしてしまった苦い経験があるので、水棲カメは腰が引けるのだ。
増えすぎたら、ショップのカメのおやつに寄付しようかな。
ビッターズは危険だー。興味の矛先が思わぬ方向へそれたりするし(笑)

トキ、申し訳ないけどかわいくないよね。
と言いつつ、鶏が好きな私w 実際飼いたいと思う(笑)

  • 2012/05/01(火) 15:35:11 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/tb.php/1006-d17c5d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【あらゆる生物(人を含む)に対して身勝手なのは人間です。】

(注)本日キモ画像ありますwウスカワマイマイの“デンちゃんズ”(デンデンムシ2匹ってことでw)のおうちをリフォームしました。捕獲保護時には、鹿沼土と培養土が少々しかなかったので、それらをテキトーに混ぜて、そこらに落ちてた枯葉を入れておいただけのアバウトな?...

  • 2012/04/27(金) 13:45:39 |
  • まとめwoネタ速suru

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。