一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月9日(金)  日本のマグロは渡さぬ!

オマケのチビオタマは、残念ながら到着後3時間ほどであの世へ・・・。

オタマ1
     明らかにガリガリちゃんだったもんなぁ・・・。

何分初めてのオタマ・チャレンジなので、大きい方(とは言え3cmほど)も心配です。
今朝は赤虫を3本たて続けにすすってましたが、この調子でしっかり食べて上手く育って欲しいものです。

オタマ2
     間抜けな顔だ~。おなかの赤いのは赤虫かな?

話は変わりますが、5日に東京築地市場のマグロ初競りで、大間産マグロに963万円の最高値が付きいたと聞き、たまげましたが・・・あれには「裏」があったんですね。
なんつーか、腹立たしいようなアホらしいような・・・。

あれ、実は中国人の寿司チェーン経営者と銀座の有名寿司店「久○衛」の共同購入だって言うじゃないの。

もんちゃん1
     国産ブロイラーの砂肝をお召し上がり中のもんちゃん。

香港やマカオに20店を持つ41歳の中国人は、去年も築地の初売りで中国人として初めて600万円でマグロを競り落とし、今年も予算千数百万円で築地に乗り込んできたそうだ。

対する日本側、「今年も中国に持っていかれたら日本の寿司屋の沽券にかかわる!赤字覚悟で競り落とす!」と気合満々。

迷惑を被ったのは、この二人から「なんとか競り落としてくれ」と懇願された仲卸業者のヒト。
どっちも大切なお得意様なので、悩んだ挙句、初競り前夜、日本橋のホテルのバーに二人を呼び出して「魚も金も半分ずつでどう?」と持ちかけたらしい。

かくしてめでたく話は成立・・・ということに。

日本人のメンツと、「金に物を言わせている」とたたかれる中国人の体裁を上手く相殺した仲卸さんのお手柄か。

べるぴー
     おなか緩めのべるぴーにはワカサギを。食欲はバッチリ。

しかし、中国のマグロ消費量、2000年には年間約200tだったのが、2005年には20倍の4000tに!

バブルだかなんだか知らないけど、チーズやバター、ワインなど突然品薄になったものは、み~んな中国の金持ちの胃袋に収まっちゃってるわけよ(怒)!
肉を食らわば皿までもかっ!?・・・あ、ちょっと違いますか。じゃ、欧米かっ!?

寿司好きな私としては、「マグロよ、おまえもか・・」な心境だ。
くっそーーーーーー!!取られてたまるかーーーーーー!!!

ツナ缶だって値上がりしてるんだ。
大間産マグロなんか食べたことないけど、とにかく日本のマグロを庶民の食卓から奪おうなんざぁ、中国人だろうが欧米人だろうが、許すわけにはまいらぬっ!!

・・・と、珍しく食べ物のことで怒り心頭のとんがりねずみなのでありました。
ちなみに私、赤身しか食べませんが。

もんちゃん2
     もんちゃんの“抱きダコ”撮れました!前足親指の黒い部分。


雨の1日・・・なんだか正月ボケなのか疲れなのか、ぐったり。
そんな本日の「福」。
時計1
私が何度もぶっ飛ばすために照明とスヌーズ機能がイカれちゃったので、目覚まし時計を新調。
これを選んだのには大きな理由が。
時計2
ぶっ飛ばしても電池ケースの蓋がなくならないように、開閉式になっているのだ♪
今まで蓋はセロテープで貼ってあったよ。電池ごと行方不明になるので。



スポンサーサイト

テーマ:食に関するニュース - ジャンル:ニュース

コメント

ん~なんかツッコミたくなったけど‥思いつかない~(涙
>ちなみに私、赤身しか食べませんが。
欧米かっ!
やっぱり、これで(爆

  • 2009/01/10(土) 02:38:05 |
  • URL |
  • マダム半世紀 #-
  • [ 編集]

チビオタマ ご愁傷様です。ショップはサービスのつもりなんでしょうが、こんなことになるのだったらオマケでつけてくれない方が死ぬのを見ずにすんだのにね。「う~ん なんだかな~」 

中国人は脚のあるものはテーブル、翼のあるものは飛行機以外何でも食べるとよく皮肉られますが、とにかく自分のことしか考えない民族であると中国系某氏が言っていました。

そう言えば「毒入り餃子」問題はどうなったの? うやむやのまま闇に葬り去られるのかっ! よその国まで来てマグロを買い漁る暇があるのなら、中国国内の状況を何とかして欲しいものです。

中国人に限らず、欧米でも日本食、寿司ブームで、マグロの需要は一気に鰻登りならぬ鮪登り状態ですね。

我が国日本では近畿大学水産学部が和歌山でクロマグロの完全養殖に成功していますので近い将来養殖マグロが主流になってくるのかも知れませんね。味もかなりのものらしいですし。

私自身も赤身が好きですね。油ギトギトのトロはあまり好みじゃないです。トロと言えば最近は何でも「トロ」をつければいいような風潮があるのも「なんだかな~」

と長々書いてる私のコメントが一番「なんだかな~」でした。<(_ _)>

  • 2009/01/10(土) 08:53:59 |
  • URL |
  • しろたん. #mQop/nM.
  • [ 編集]

v-535マダム半世紀さま
悩ませてしまって申し訳ありません(笑)
漫才師の苦労が少々わかったのでしょうか?
いやほんと、ネタ探しってたいへんでしょうねぇ・・・しみじみ。

v-535しろたんさん
いえいえ、とんでもない、長コメ歓迎でございますv-410

オタマ、大きい方も食べてるんだかいないんだか・・・フンはしてるから大丈夫かしら?もう胃が痛いです~!
今朝浮いていたので青くなりましたが、今は沈んでおります。あ~~~しんどいv-404

日本も日本ですよね~。
「あの問題のその後は?」みたいなの、山ほどあるよね。
まぁ、こうも次から次へと事件が起こると、ニュースも新聞も取り上げきれないのでしょうが・・・。

近畿大のマグロ、有名ですよね。
うちの方にある東海大海洋学部でもやってるそうです。
ただ、養殖マグロって天然物に比べたら餌にも困らず、運動不足(そりゃスペースが狭いから仕方ないんだけど)なので、「全身トロ」だそうで。
メタボマグロはちょっと・・・。

そういえば豚肉にも「トントロ」とか言うのが。
牛肉だって高級品ほど霜降りがすごくて・・・あれって脂でしょー!?欧米人は不健康だからって好まないとか(でも奴らは食う量で摂ってるから・・)

>中国人は脚のあるものはテーブル、翼のあるものは飛行機以外何でも食べる・・・バカウケ~v-355言いえて妙ですv-424

  • 2009/01/10(土) 10:11:09 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

メタボマグロ

マグロのこぼれ話? というかちょっと暇を持て余していたので・・・

その昔、「マグロは時速160キロで泳ぐ―ふしぎな海の博物誌」って本がありました。そのなかで、「マグロは体を常に浮かすために泳ぎ続けねばならず、通常時速60㎞くらいで泳ぎ、特に身の危険を感じたときなどは最高速度時速280㎞ものスピードを出すらしい」と書かれています。ですから発刊当時(1986年)には「マグロを飼育・養殖化しようとしても、よほど広いスペースがないと、超高速で泳ぎ回るため、水槽や網に激突して死んでしまう」と言われていました。
時代は流れ、21世紀になり、養殖も可能にするほど日本人はマグロへのこだわりがあるのですね。

  • 2009/01/10(土) 16:34:18 |
  • URL |
  • しろたん. #mQop/nM.
  • [ 編集]

v-535しろたんさん
へ~~~~、マグロって160km/時で泳ぐんですか。スゲーv-405
それじゃ壁や網に激突したら鼻面がつぶれたり死んじゃったりしますよねぇ。
日本人って、食べ物の味以前に「見かけ」にこだわる傾向があるから、鼻先がずる剥けたマグロじゃ高値はつかないでしょうね。

高速で泳げないほど幼魚の頃から太らせているのか、遺伝子操作で泳ぐ本能を萎えさせているのか・・・いずれにせよ、不思議なマグロと言うわけですな。
魚は“脂ののっていないヒカリモノ愛好者”の私としては、小さくてもいいから赤身のあるマグロをお願いしたいものです。

  • 2009/01/11(日) 15:44:16 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/tb.php/481-953cc5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。