一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月23日(水)  命のあり方

命について語れるほど、私には人生経験も学識もないのだが・・・。

今日もまた、医者が患者の人工呼吸器を外したことが大きく取り沙汰されている。

ブルーベリー

     コガネムシの幼虫に生命維持装置を破壊されたブルーベリー。

殺人といえば殺人なのかもしれないけど、脳機能の停止により自力呼吸ができない状態を「生きている」って言うのだろうか?
医学の発達していない時代や未開の地域では、自分で息をしていなければ、みな「天寿を全うした」ってことになるはず。

倫理だ規定だと外野はきれい事を並べ立てているけど、家族の経済的負担や心労、それに患者自身の尊厳についてはどう考えているのだろう?

くり1

     今日はムズカシイ・・・。

小学生の頃、植物状態(今で言う脳死?)になってしまったおじさんを見舞ったことがある。
シューシューという人工呼吸器の音、たくさんの点滴、体のあちこちから伸びた管の先にはなにやら数字やグラフが表示された機械。
ビニールカーテンの向こうに横たわるおじさんは、ヒト・・ではあっても「人間」には見えなかった。

自分も手術後はいろんな機械につながれて「管理」され、そのおかげでいまこうして娑婆に復帰できたわけだから、医学の進歩には心から感謝はしている。

くり2

     おか~さん、頭でも打ったのかしら。妙にまじめ・・。

でも脳機能は将来ずっとOFFのままなのに、体内の循環機能のみONにしておくってのは・・・「生存」ではあっても「生きている」のとは違うんじゃないかと・・・。
医学の進歩も含め、文明の進歩ってのは、思わぬ矛盾や歪みを生み出すような気がする。

実際、自分の家族がそういう事態に直面したらどう対処するかわからないけど、自分は脳が働かなくなったら、そこで「おしまい」だと思っている。
そして私の臓器は他の誰かの体内で息を吹き返し、私のDNAがその人を支配し、よみがえり・・・。

くり3

     やっぱり・・。こんなこと言い出すんじゃないかと・・。
     おか~さん、ホラー映画見すぎ。

やはり「命」は難しすぎて、収拾がつかなくなりました。おしまい。


では生命力あふれる本日の「福」。
ばら

オランダ産マウントバテン。
香りも色もとってもいいんだけど、花の数が少ないのが残念。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/tb.php/54-62fcd2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。