一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月31日(木)  雨空にテレビを語る

私の夫はとても心優しい。
「嫌いなもの買っちゃうと悪いと思って♪」と気を使ってくれた。
したがって、バースデイプレゼントはなし。無。NOTHING!
お心遣い、どーもありがとう。

お礼にこうしてやる。
レイダーズ

     彼の愛するOAKLAND RAIDERS(NFL)のロゴ。

ところで、最近TVがまったく面白くない。
昔からあまり見る方じゃないが、今じゃスポーツ、映画、政治討論番組
以外見る気もしない。

ドラマは視聴率獲得合戦だし、バラエティなんかどの局のも同じ顔ぶれで、仲間内だけで騒いでる感じ。
日本の伝統文化たる時代劇ですら今一冴えない。

くり1

     なら見なきゃいいじゃん。

実は私、幼稚園の頃から時代劇好き。
あの平和なストーリーが安らぐのだ。
最初からワルモノがはっきりしているから、心安らかに興奮せずに見られる。
でも最後のチャンバラが始まった時点で視聴終了。
チャンバラは「独自性」がうかがえず、興味がわかないので。

池波正太郎My Loveな私としては、「鬼平犯科帳」と「剣客商売」が終って以降、とても物足りない気分。

くり2

     おか~さん、一体何歳?

先日、某新聞のコラムに偉い大学教授がこんなことを書いていた。

テレビ番組はその国の縮図である。
日本の(ハードとしての)テレビは良いが、(ソフトである)番組は米国に比べて断然劣っている。
受信料を払って見られるチャンネル数は、東京で約10局なのに対し、NYでは約100局。しかも100局が差別化の原則に従って制作しているので、それぞれ個性がある。
ところが日本の民放はどれを見ても同じ顔ぶれで「面白きゃいい」精神丸出し。(外国人もそう評価しているらしい。)
特にある問題が起きると、各局がその道の権威の意見だけを横並びで報じる。
真実を2つの対立的な観点から議論する習慣が日本には根付いていない。

同感です。
日本のテレビじゃ悲劇や大事件もほとんど被害者寄りの報道。
死んだら皆、美人OL、いいお母さん、明るい青年、・・・。
(ところが週刊誌だとまったく逆だったり・・・)
アメリカが優れているかどうかはわからないが、日本が偏っていることは否めない気がする。

くり3

     おか~さん、また知恵熱出るよ~♪

あ、ヤバ・・。
今でも微熱あるのに明日は高熱かも。

日本のテレビ局さん、こわ~いサスペンスドラマの秀作をひとつお願いしますよ。

デビ

     あのデビさんをもう一度。
     「あなた、もうちょっとまともな要求ができないんですか?」


なんか疲れちゃったわ。
疲れた頭にうれしい「福」。
菓子

これは実家では「いらない」ということで私に回ってきた駄菓子セット。
高級スウィーツよりバラエティ駄菓子派の私。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/tb.php/61-0ecc3b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。