一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月9日(金)  生きたければ挟まるがよろし。

日本での犬猫の殺処分頭数は、欧米に比べると圧倒的に多いと聞きますが、どうしてなんでしょうねぇ?

ペット(家族?)として何年か一緒に過ごしたのに、飼い主の引越しで飼えなくなったとか要介護になったとか、きわめて無責任な事情で、いとも簡単に保健所などに「後はヨロシク」。
そういう人の心情って察しかねます、まったく。

一方で、野良だったのに、数年前話題になった「崖っぷち犬」みたいに劇的に救出された犬猫には貰い手が殺到する・・・いよいよもって理解不能。

崖っぷち犬
     覚えておいででしょうか、“崖っぷち犬”。

6日、東京の首都高1号上り線の側壁の隙間に子猫が挟まっているのが発見され、高速の下を通る道路2車線を通行止めにし、はしご車まで出動してレスキュー大作戦が行なわれた。
脱出に成功した子猫は逃げ出したが、わざわざ1時間もかけて保護されたそうだ。

警視庁上野署では飼い主が現れない場合は、希望者に譲ることも検討しているというが、まぁこういう“ラッキー・キャット”は殺処分にはならないだろう。

世の野良猫、野良犬の皆さん、保健所送りを免れたければ、どこか「人目につく場所」で隙間に挟まったり側溝に落ちたりするがいいですよ。
いいですか、ポイントは「人目につく場所」。くれぐれも。

くり1
     台風一過の青空。最近の稲って、植えるのも刈り取るのも
     時期がばらばらですねぇ。

猫ネタもう一つ。
場所は忘れたけど、道端で保護した猫を小学生が交番に届けたところ、「猫は自分で家に帰る本能があるから、元いた場所に戻してくるように」との上からのお達しで、けっきょく保護した場所へ戻された。
しばらくして「猫が行方不明だ」と、その飼い主が交番に申し出たが、時すでに遅く、結局猫は帰ってこなかったという。

これ、警察的には規則違反らしい。
なんでも届けられた遺失物は3ヶ月間は保管し、書類も作らねばならないのに、保護はおろか、書類すら作らなかったそうだ。

くり2
     3日ぶりの野ションもひときわ爽快♪

しかしなー、犬に比べると、猫って社会的規則は緩いような。
犬は当然放し飼いなんかできないし、そこらにフンを放置するのもダメ。
でも猫の場合、飼い猫でも他所様の庭でウン○しても、夜中に眠れぬほどの声を発して愛を交し合っても、自由気ままに歩き回るのは本能だから仕方ない・・みたいな暗黙の社会的理解(あきらめ?)があるような気がする。まぁ訴訟になったりすることもあるけど。

我家も猫の糞&ゲロ害、逢引きの声に悩まされている。
犯人はわかってるのだ。近所のペットサロンの猫。

本能だからっていうなら、犬だってかなり本能を押し殺して(捨てて?)室内や外で鎖につながれて暮らしているじゃないか。

でも最近は家猫が多くなったおかげで、外で寄生虫に感染したり拾い食いすることもなくなり、猫の寿命が劇的に伸び、平均すると犬よりも長生きになったそうだ。

さざんか
     うちの山茶花、もう咲いちゃったんだけど、早すぎね?

まぁなんにせよ、犬でも猫でもカメでも、人間の心情や都合で拾われたり捨てられたりする生き物たちは、まっこと気の毒じゃ。


台風一過の本日の「福」。
かたつむり
台風で飛ばされてきたのか、玄関に直径2cmほどのデンデンムシが~♪
本物を見たの、10数年ぶりかも。なんか感激だ~。


スポンサーサイト

テーマ:わんことにゃんこ - ジャンル:ペット

コメント

ありゃまた、こんなところに?と思ったのですが、以前のがけっぷち君だったんですね。

「わたし、捨て○○(犬なり猫なり)です。
命を懸けてパフォーマンスします!誰か拾ってぇ~っ!!」ニュースにならないと幸せになれない小動物。
犬集会、猫集会で生き残る方法として話題になっているかもしれませんねぇ。

猫が犬より自由でいられるのは、散歩困難なのと、狂犬病がないからかなぁ?

  • 2009/10/09(金) 18:59:41 |
  • URL |
  • ひびき #Cm9y650Q
  • [ 編集]

「福」のかたつむりですが、本当に見かけなくなりましたね。
なめくじは、よく見るのに・・・

ペットは、最後まで責任を持って!ですね。
我が家に来た、まりんv-286も飼い主さんの引っ越しで
保健所行きだったのを貰い受けたのですから。

まりんの前に飼っていた犬の死で「二度とペットは飼うまい」と決めていた私。
でも、死んだ犬の生まれ変わりのように毛並みや風貌が似ていたので
つい貰ってしまいました。
私が、飼わないと返事をしていたら
まりんはもうこの世には生きていなかったと思うと
複雑な気持ちになります。

  • 2009/10/09(金) 21:17:33 |
  • URL |
  • もも #ZKhxdi3Y
  • [ 編集]

v-535ひびきさん
アメリカでもよくレスキュー隊が動物救出大作戦を繰り広げていますが、あのような事態が人間感情にうったえるのはいずこも同じみたいですね。
最近は野良犬は見かけませんが、野良猫は沢山いるのに、彼らの中身は家猫と大差ないような・・・人を恐がるどころか、餌をねだったりひっくり返ってなでてくれと訴えたり。

でも猫引っ掻き病って話題になりましたよね。
引っかかれると傷口から菌?が入り、人間は高熱にうなされ死に至ることもあるとか。
犬でも猫でも、大事なのはやはり飼い主のモラルですね。多頭飼いの飼い主の中には、「代表者(犬)1頭」だけにしか狂犬病ワクチン打たない人もいるって聞きました。当然登録料も払ってないわけよ。

v-535ももさん
まりんちゃんは「運命の犬」だったってことでしょう。
でも、あんな可愛い小さな犬を平気で保健所へ連れて行ける飼い主って・・・信じられない~!
くりに対しても最初はただの可愛い子犬、それくらいの感情しかなかったけど、年月が経つにつれ、ほんとに私のヘソから生まれてきたんじゃないかって思うことがあります(笑)
だって、だんなより一緒に過ごす時間が長いわけですからねぇ。

カタツムリ、もう絶滅危惧種なのでしょうか?
ナメクジは団子虫が大増殖した頃からあまり見かけなくなりました。団子虫が食べるのかしら?

  • 2009/10/10(土) 15:46:24 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/tb.php/625-ddbb3c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。