一日一福

人生色々あるけどさ・・・ めざせ「日日是好日」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月11日(金)  面白い本はないかのぅ。

ここ10年くらい読書から遠ざかっていた私だが、心の迷い?から禅僧&芥川賞作家の玄侑宗久さんの本を数冊読み、その中の対談集に京極夏彦さんとの顔合わせがあった。
そこで京極さんの『鉄鼠の檻』という本が話題になっており、それを手にしたのがきっかけで、ずるずると京極ワールドの底なし沼に・・・。

アフ1
     「雨だ。退屈だ。」退屈の三重奏。
     ・・・って、あんたら常時水の中だろが。

私、食べ物でもキルトや編み物でも一時期はまった色鉛筆の仏画でも、とにかく自分の中で何かが「ピキッ」と音をたてるまでのめりこみ、その音を感知した瞬間、全てを放り出す・・というタイプ。

京極堂シリーズの本編(番外編が4冊ある)も今読んでる9冊目で終わりとなるのだが、これが終わってしまったら(ま、番外編も買ってあるけど)ものすごい虚脱感にみまわれること請け合いなので、次に何を読もうかと、常々新聞広告などの書評を見ている。

アフ2
     上からだと、楽しそうに見えるのはなぜか。え、見えない?

なかなか読みたいなーって本、ないのよねー。
いっそ水木しげるワールドにでも行こうかしら・・・。

ただ、目に留まった本は何冊か。

心がスッと軽くなる不朽のロングセラー(知らねーなw)
『“いい人”をやめると楽になる』(曽野綾子・祥伝社)
・・・そんなもんかね?
長年のうちに染み付いた人となりは、本性ではなくてもなかなか抜けないもんだ。
やめようと努力している間につぶれるに決まってるw

人生をラクにする「持たない」という考え方
『持たない贅沢』(山武也・三笠書房)
私がこの贅沢を享受できるのは、火葬場で焼かれている時だろう。
持つべきものは持っていないが、持たなくていいものは山ほどw

インターネットゲーム(ネトゲ)に引きこもる
『ネトゲ廃人』(芦崎治・(株)リーダーズノート)
母と子がゲーム中毒、父はうつ病。息子は昼夜逆転ゲーマー、娘は不登校。ラグナロクオンライン(何コレ?)で廃人に。・・・ありえるな。
でも「もぐら叩き」くらいしかできない私には別世界の話。何でハマルのか理解不能w

興味深いが、読みたくない。

アフ3
     ひとり、退屈の舞いw

そして6日の朝刊に、翻訳家・金原瑞人氏が評を書いていた、佐野洋子さんの本が目に留まった。

『あの庭の扉をあけたとき』(偕成社)
本

テーマは「強情」。
ねしょんべんたれの女の子は、よくお父さんと散歩をする・・・まぁ以下どうでもいいので省略。
この女の子の言葉が、私のツボにはまった。

「強情はあんまり泣かないわ。でも泣き始めると強情は強情に泣くもの(中略) ははははは・・・」
「でも私、偉いと思わない?わたし強情だから、あの人と約束したことを果たせたのよ。」

最後の一文を「わたし強情だから、この人と結婚を果たせたのよ。」に置き換えたら、まるで私だ。ははは。
そう、強情は強情に泣くのだ。
確かにめったに泣かないけど、一旦泣くと手が付けられなくなる。赤ん坊より手ごわいぞ。
強情万歳!

アフ4
     大トリは、“退屈の四重奏”をどうぞw

同じく佐野洋子さんので、ちょっとエッチな短編集『クク氏の結婚 キキ夫人の幸福』(朝日新聞出版)も面白そう。
ちなみに以前飼っていたセキセイインコ(メス)はキキという名でした。


朝から1日中雨。歯医者以外、家でどんよりw
このヒトが退屈を紛らわせてくれます。本日の「福」。
牡丹
「寛一様、そ、そんな御無体な・・・」 ひとり金色夜叉を熱演中の牡丹さんw
金色夜叉にこんな台詞があるかどうかは不明。
スポンサーサイト

テーマ:気になる本をチェック!! - ジャンル:本・雑誌

コメント

カエル...美味しそう^^
(串焼き屋さんや中国でカエルを食べたことがあるからです、多分)


んー、面白い本ですか
最近全然本を読んでないですねー

自分のブログを読み返すと最後に読んだのは
ロバート・A・ハインライン 著、「夏への扉」(新訳版)でしたね

これはお薦めですよっ!

  • 2009/12/12(土) 16:31:45 |
  • URL |
  • しすけん #-
  • [ 編集]

この頃めっきり読書量が減って、月に1冊も読まなくなりました。
私の場合、話題作であるとか、なんとか賞受賞とか、名作と言われることよりも、文章が読みやすいかどうかで好き嫌いが分かれますね。

水木しげるワールドはそれなりにおもしろいかも・・・。私は河出文庫から出ている「妖怪文庫」全4冊(新装版になる前の昭和59年発刊の黄色いやつ)を持っているに過ぎませんが・・・。

アフツメを上から見ると楽しそうに見えるのはなぜか? それは、びっくりしたような目と指を含めた手足の様子が何とも間抜けに見えるからでしょうね。

  • 2009/12/12(土) 17:28:31 |
  • URL |
  • しろたん. #mQop/nM.
  • [ 編集]

>びっクリ
大阪では大うけなんですがね~
なわけねーじゃろ
本ね 読まないですね
大昔は、武者小路実篤さん 
ばかりよんでました。
亡くなったばーちゃんは、
「復活」読まれてました。

水木先生なら「悪魔君」
はまりましたわ・・・

  • 2009/12/12(土) 20:56:27 |
  • URL |
  • Tommy #-
  • [ 編集]

そっか、アフリカツメガエルさん達は、常時水中生活なんですね。
だから、いつも水槽の中の画像だったんだ。

強情・・・私も強情だと思います。
性格って直りませんね。
子供の頃は、絶対に人前で泣くことはしない性格でした。
今は、涙線も弱くなってきましたが
何故か旦那さんの前では涙をこらえてしまいます。←強情だから?

  • 2009/12/13(日) 08:50:22 |
  • URL |
  • もも #ZKhxdi3Y
  • [ 編集]

v-535しすけんさん
アフを見て「キモ・・」とか「グロ・・」という意見はよく聞きますが、美味しそうというのははじめてかも。
私も幼稚園くらいの時、ゲテモノ食いのじいちゃんが買ってきたアカガエルの姿焼きを食べた事がありますが、味よりも、あの串に刺された姿が・・・衝撃でしたw

「夏の扉」・・・なんか聞いたことあるような・・・あ?松田聖子の歌かw
以前は外国のものの方が好きだったけど、最近日本語の深さに気づき始めたところです。
京極さんのはややこしすぎるけど、ボケ防止効果はありそう。

v-535しろたんさん
あ、すでに水木ワールドに・・・やはりいつも先を歩まれているしろたん様・・・恐れ入りましてございますv-436

私もベストセラー系は読みませんね。
ただ、わりと一人の作者のを飽きるまで読みまくる癖はあるかも。
いまでも一番好きで、スバラシイ作品だと思っているのは「ムーミン」シリーズですかね。時々読み返したり。
あれは世紀末思想が多分に盛り込まれているので、読み方によっては不気味でもあります。
「ムーミン童話の百科事典」なども、読むだけでも面白いです。
そういえば、登場人物(動物?)の目がアフに似てるような・・・。

アルビノ・RP系って、はじめ背中に光線の加減で色が変わるマーブル模様があったんだけど、ほとんど消えちゃいました~。面白くないわーv-413

v-535Tommyさん
武者小路実篤といえば、「友情」がメジャーですが、高校の時、それの感想文を書かされて、最後に「男の単純さ(だったかな?)を思い知りました」みたいなこと書いて、ものすごく怒られたw
感想なのに何で怒られるんだよーv-403

「悪魔君」・・・スイマセン、知らないw
「妖怪人間ベム」とは違い・・ますよね?

v-535ももさん
カエルって、両生類だから、水陸両用ってイメージでしょうね。
私もこんな金魚生活!?をするカエルがいるなんて知らなかったですよ。
物凄い速さで泳ぎます。なんせあの太もも&足ヒレですから。

私、結婚するまでわりと穏やか・・ってか、私を怒らせたり泣かせたりする人や事に遭遇しなかったような・・・いや、結婚前の方が「人間ができていた」のかも(笑)
それが、強情と強情が生活を共にするようになって、それまで封印されていた感情が目覚めてしまったというか・・。
最初の大爆発は新婚旅行の時だったので、今も結婚が持続しているのは、ひとえに私の忍耐の賜物に違いありません。・・・傲慢も加わったかw

  • 2009/12/13(日) 10:22:51 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

私も強情ですね…。
他人様からは「やさしい人」扱いをままされますが、
実は自分の譲れない核が非常に小さい(笑)だけで。

強情は強情に泣く…わかりますわぁ(^_^;)

本は好きですが、こうすればいい系は、ほっとけ!という感情が先に出てしまい(笑)、あまり読みません←ここらへん強情で損をしているのかも。
今年はジム・クレイスという作家にはまりましたv-87
無神論者の彼が書く、
イエスの断食「四十日」、死体の過ごす一週間「死んでいる」
が個人的に面白かった~

アフさんは縦並びが多いですねv-344

  • 2009/12/13(日) 10:37:44 |
  • URL |
  • さゆり #-
  • [ 編集]

v-535さゆりさん
やはり、強情な人には「ハウツーもの」はウケないでしょうね。
私も「○○すれば人生が変わる!」的指南書は、「ケッ」くらいな感想しかもてませんw
頭・・いや心か?・・の柔軟な人は(悪く言えば優柔不断か?)、なんでも偏見なく吸収して、もっと広い見識をもてるのかもしれませんが・・・強情は損かしらね?

その本面白そう♪
私の大学の卒論のタイトル「Freedom in the Godless World」で、バリバリの無神論研究でしたので。
ニーチェとかフロイトとか読みつつ、ディスコで踊り狂っていた己の抱える壮大な矛盾・・・はははw

アフ、脅威の三段重ねもあります。
画像が・・・去年UPしたんだけど、いつだったか忘れちゃって・・・見つけますので、また見てやって♪

  • 2009/12/13(日) 16:37:55 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

今日、久しぶりに本屋に行きましたよ!
コンビニで立ち読みって事は多々あっても
考えてみたら、本屋ってすっごく久しぶりでした。って、報告はどうでもいいですよね。苦笑
いい人をやめるかぁ~!なんだか、いろんな意味が隠れていそうで微妙な感じがします。
何か読んでみよかな?歴史ものか、流行の新刊か。。。(結局、今日は買わずじまいでした。)

  • 2009/12/13(日) 18:36:15 |
  • URL |
  • あきと #yl2HcnkM
  • [ 編集]

本はよく読むのですが、j人生の参考書的なのはあまり読まないかなぁ
でもなんか面白そうですね。読んでみようかな

それにしても牡丹ちゃんはナイスパフォーマーだ。
なんかもうこの際EXLEのメンバーになってみたら良いと思います。
可愛い過ぎw

  • 2009/12/13(日) 18:59:19 |
  • URL |
  • shin #-
  • [ 編集]

v-535あきとさん
最近本屋行くの、やめてるんです。
なぜって・・・沢山ありすぎて雑誌でさえうんざりするほどあって、、どれを手に取ったらいいかも悩んでしまい、結局買うどころか背表紙眺めて眼精疲労になって帰る・・・あほくさw
で、結局なんとなく興味のありそうな分野をネットサーフィン・・・ポイントもたまるし、感想も書いてあったりして、便利♪
ただ、ネット買いは大人買いしてしまう恐れが・・・。

今、雑誌も本も売れなくて大変らしいけど、本屋さん、いつも空いてますねー。

v-535shinさん
本も読み出すとたて続けに読みたくなるんですよね。
小学生の頃は、図書館の本全部読む勢いで通いましたっけ(笑)
でも、推理小説と偉人伝、ムーミンに限定されてたような・・・好みのハッキリしている子供でw

牡丹が面白いのは、ジーッと見てるとコテッと横になったり片腕だけピーンとのばして傾くんです。なんか人間味を感じてしまいます(笑)
「カネゴン」もなかなかいい味出してるじゃないですか(笑)

  • 2009/12/14(月) 09:49:54 |
  • URL |
  • とんがりねずみ #IHLSsbW6
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/tb.php/659-642cf0c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。